お金をためる

中学生向けの貯金の仕方!貯められない理由や対処法

中学生向けの貯金の仕方!貯められない理由や対処法

中学生となると、お金が必要になる場面も増えてきます。

これからのことを考えると、なるべくお金は貯めておきたいもの。

貯金をすることで得られるメリットは多いので、中学生のうちから貯金を始めるのがおすすめです。

しかし、「貯金の仕方が分からない」「貯金するためのお金がない」という方も多いでしょう。

この記事では、そんな疑問を解消する貯金のコツを詳しく解説します。

貯金が続かない理由についても書いていきますので、貯金の仕方に悩む中学生はぜひチェックしてみてください。

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

貯金って、中学生でも必要?

「まだ中学生なのに、貯金は必要なの?」と思う方も多いでしょう。

結論から言えば、中学生から貯金を始めるべきです。

中学生のうちからお金を貯めておくと、大きなメリットがあります。

中学生で貯金するメリット

  1. 欲しい物が買える
  2. 突発的な出費に備えられる
  3. 将来に役立つ

欲しい物が買える以外にも、得られるメリットは多いですよ。

それぞれ詳しく解説していきます。

欲しい物が買える

当たり前ですが、貯金があれば欲しいものを自分で買えます。

ゲームの新作や、おしゃれな服を自分の意志で購入できるのは嬉しいですよね。

何かを手に入れるために計画的にお金を使う経験は、将来絶対に役立つスキルとなります。

親に頼らずに欲しい物を手に入れましょう!

突発的な出費に備えられる

中学生でも突然の出費は避けられません。

例えば、部活で必要な道具が壊れて買い替えが必要になったり、友達の誕生日にプレゼントを贈ることもあるでしょう。

思ってもみない出費があっても、貯金があれば余裕を持って対処できます。

将来に役立つ

この先高校、大学と進学する際に、お金が沢山必要になります。

無駄遣いを減らしてお金を貯めておけば、将来の自分のためにもなるでしょう。

また、今のうちに貯金を習慣づけておくと、大人になっても計画的にお金の管理ができるようになりますよ。

未来への投資として、貯金をしておくことは自分にとって必ずプラスになります。

中学生が陥る貯金できない理由

貯金をしたいのに、どうしても貯まらない…という方も、原因が分かれば対処可能です。

中学生が貯金に失敗する理由は、主に3つ挙げられます。

中学生が陥る貯金できない理由

  1. お小遣いの使いすぎ
  2. 目的が不明確
  3. 管理方法が甘い

貯金の仕方だけでなく、意識を変えるだけでも貯金は成功しやすくなりますよ。

ここからは、貯金できない理由を詳しく解説していきます。

お小遣いの使いすぎ

中学生であれば、お小遣いが基本的な収入源でしょう。

しかし、お小遣いが足りないと感じる場面も少なくないはず。

お小遣いが足りなくなる原因は、お小遣いの使いすぎも考えられます。

遊びやマンガ、おやつ代など、毎回使う額は少額であっても、積もり積もれば大きな出費になりますよ。

まずはお小遣いを使いすぎていないか、毎月の出費を見直してみることをおすすめします。

小さな出費からちょっとずつ減らしていきましょう。

目的が不明確

お金を貯めるには、明確な目的を立てることが大切です。

なんとなく貯金しているだけでは、結局途中でやる気を失いやすいでしょう。

貯金の目的が明確になれば、貯金に対するモチベーションも自然と上がります。

例えば、ゲーム機を買いたい、服が欲しいなど、具体的な目的を持つことで貯金が習慣化しやすくなるのです。

ちょっとした目的でもいいので、貯金のゴールを決めてみてください。

管理方法が甘い

お金の管理方法がしっかりしていないと、どれだけお小遣いがもらえても貯金はうまくいきません。

貯金箱を持っていない方や、毎月のお金の出入りをメモしていない方は要注意です。

貯金が失敗しやすいのは、貯金をする場所を作っていないことや、自分の支出がいくらか把握できていないことも要因となります。

自分が1ヶ月にどれくらい使っているのかを把握することで、余分な出費を削減でき、貯金を増やすための第一歩となるのです。

貯金に成功するためにもまずは管理方法を見直して、お金の出入りが1目で分かるようすることが大切ですよ。

無理なく続けられる貯金の仕方やコツ

お金が貯まらない理由が分かったら、後は貯金の仕方を変えるだけです。

中学生でも無理なく続けられる貯金の仕方やコツをご紹介します。

無理なく続けられる貯金の仕方やコツ6選

  1. 貯金額を決め、それを目標に
  2. お小遣い帳やアプリを活用する
  3. 貯金箱は目につく場所に設置
  4. お小遣いのうち貯金に回す額を決めておく
  5. 家族との協力体制を築く
  6. なるべくコンビニでは買わない

1つ1つ見ていくと、難しいことはありません。

ちょっとのことでも積み重ねていけば目標に近づきますよ。

それでは、貯金の仕方やコツについて詳しく解説していきます。

貯金額を決め、それを目標に

貯金には明確な目的が大切ですが、一方で具体的な額も設定しておくと良いでしょう。

例えば「クリスマスまでに◯万円貯める」というような目標を設けることで、目標に対しての意識が高まります。

ゴールが分かれば、月に何円貯めればいいのかも把握しやすくなりますよ。

小さな目標でも構いませんので、最低限「貯金額」と「貯めるまでの期間」を決めておくのがおすすめです。

お小遣い帳やアプリを活用する

貯金を効率的に行うためには、支出をしっかりと把握することが重要です。

お小遣い帳や、スマホの家計簿アプリなどが役立つでしょう。

どれくらい無駄遣いしているかが分かるので、貯金への意識も高くなりますよ。

ゲーム感覚で使える貯金用のアプリなどもあります。

目標金額にどれくらい近づいたかが一目で分かり、楽しみながら貯金できるのでおすすめですよ。

貯金箱は目につく場所に設置

貯金を続けるコツとして、貯金箱を目立つ位置に置くのが効果的です。

貯金しようと思ってもついつい忘れてしまう人には特におすすめ。

視界に貯金箱があることで「貯金しなければ」という意識が働きます。

お小遣いのうち貯金に回す額を決めておく

毎月のお小遣いから、決まった額を貯金する習慣をつけましょう。

例えば、お小遣いが1,000円なら、その内200円をすぐに貯金箱に入れる、などと決めておきます。

残りの800円を月に使えるお金として、200円は元々無いものとして生活すれば無理やり貯金をしている感覚もありません。

貯金で失敗しやすいのは、「余ったお小遣いを貯金箱に入れる」というパターン。

お小遣いをもらってすぐに貯金することで、貯金に回すお金が無い、ということがなくなりますよ。

家族との協力体制を築く

貯金が続かない人は、家族に協力してもらうのも手です。

家族に貯金の目標金額を伝えておけば、無駄遣いをしそうな時にアドバイスを貰えるでしょう。

どうしてもお金を使ってしまう人は、お小遣いを貰う前に貯金分を引いておいてもらうのもおすすめです。

また、貯金用の銀行口座を作れば簡単にお金を使いにくくなります。

親の同意があれば中学生でも口座が作れるので、相談してみてください。

なるべくコンビニでは買わない

色々なところにお店があり、便利でついつい利用してしまうコンビニ。

しかしコンビニの商品は、他店よりも割高になることが多いです。

コンビニ限定の商品もありますが、大抵のものはスーパーで同じものが売っています。

欲しいお菓子などがあればコンビニでは買わず、安く買えるお店で購入しましょう。

数十円の差でも、何度も買っていると大きな支出になります。

貯金をするためには、細かい出費にも目を向けて無駄使いを減らしましょう。

中学生向けの「キッズ・マネー・ステーション」の講座もおすすめ

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント

  • 金融教育業界で18年以上の実績
  • どこに住んでいてもオンラインで参加できる
  • 親子で一緒に参加できる講座もある
  • 中学生を対象とした講座も多数

中学生が貯金に困る理由は、正しい金融知識がないことも要因の1つ。

そこで、金融教育サービス「キッズ・マネー・ステーション」の講座を受講するのもおすすめです。

年齢に合わせた金融教育講座を展開しており、中学生向けのコースもあります。

文部科学省検定の教科書に掲載されるほど質の高い講座なので、分かりやすいのがメリット。

全国に300名以上の認定講師がいるため、テーマに応じた最適な指導が受けられます。

今身につけておくべきお金の知識がしっかり学べたり、グループワークによってお金についての理解を深めることが可能です。

お金や金融・経済の基本的な役割が分かる講座を受講すれば、貯金をするメリットも学べてモチベーションも上がりますよ。

また、親子での参加やオンラインでの受講も可能なので、気になる方はぜひ活用してみてください。

まとめ:中学生でもできる貯金の仕方で賢く貯めよう

自分の欲しい物や将来のために、今から貯金の習慣をつけておきましょう。

今回は、中学生でも無理なく始められる貯金の仕方やコツを紹介しました。

【中学生でもできる貯金の仕方まとめ】

  • 貯金額を決め、それを目標に
  • お小遣い帳やアプリを活用する
  • 貯金箱は目につく場所に設置
  • お小遣いのうち貯金に回す額を決めておく
  • 家族との協力体制を築く
  • なるべくコンビニでは買わない

支出を可視化して、しっかりとした目標を立てるのが貯金のコツです。

目標金額が決まったら、コンビニでの買い食いや小さな買い物などは避け、無駄遣いを減らしていきましょう。

毎月どれくらい使っているか分からない方は、お小遣い帳や貯金専用のアプリなどを活用してみてくださいね。

お金のことをもっと知りたいなら、キッズ・マネー・ステーションの講座を受講してみましょう。

中学生向けの講座が用意されているので、今必要なお金の知識を楽しく学べます。

「将来どれくらいお金が必要か」なども分かるので、貯金のモチベーションも上がりますよ。

今回ご紹介した方法を試してみて、自分に合った貯金方法を見つけてみてくださいね。

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス