電子マネー

解説!QUICPay(クイックペイ)の特徴と上手な利用方法!

更新日:


 

コンビニの支払どうしてますか?財布から現金を出してますか?クレジットカードで支払っていますか?

でももっと簡単な方法がありますよ。QUICPayです。

電子マネーは便利です!

電子マネーを使えば、コンビニのレジで時間をかける必要はありません。スマホをレジの読み取り機にタッチするだけで支払が完了します。
今まではアンドロイドスマホだけの特権でしたが、iPhoneでも可能です。

電子マネーは多くの種類がありますが、選ぶポイントとしてはクレジットカードと連携していることです。

プリペイド方式の電子マネーもありますが、オートチャージにしておくと無駄な支出になるかもしれません。鉄道系プリペイドカードのように毎日確実に利用するものなら役立ちますが、そうでなければあまりお勧めできません。

その観点で今一番お勧めできる電子マネーはQUICPayです。

QUICPayに競合するiDに比べて利用できる店舗が多い点がメリットです。

iDはドコモの電子マネーですが、加盟店が少ないためコンビニでしか利用できません。

これに対し、QUICPayはJCB加盟店の飲食店で端末を置いていることが多いです。

QUICPayならコンビニで楽勝

電子マネーは支払が楽です。

今までクレジットカードで支払っていた際には財布を出して支払をしていたのとは大違いです。

スマホと財布でどちらが取り出しやすい場所にあるかと言えばスマホでしょう。そのため、スマホで支払ができると便利なのです。

もちろん、スマホを読み取り機にタッチさせるのと、財布からカードを出すのではどちらが簡単かは言うまでありません。

QUICPay(クイックペイ)はコンビニ以外でも使えます♪

QUICPayは、コンビニ以外でも利用できるメリットがあります。

先ほど述べたようにJCBの電子マネーなので端末を置いてもらえる加盟店が多いのです。

電子マネーが役立つ場所はコンビニだけではありません。カフェなどで休憩する際には荷物を置いて一息つくことが多いです。自分の荷物整理をして、落ち着いてから再出発と言うことも多いでしょう。

そんな際にカバンからまた財布を出すのはちょっと面倒ですよね。そんな際にスマホが支払手段になれば便利ですよね。

 iPhone7使いが一番使いやすいクレジットカードは何?

QUICPayはこのように使い勝手のいい電子マネーです。

しかし、スマホ利用者の中で多数派を占めていたはずのiPhoneでは電子マネーは使えませんでした。iPhoneは世界同一規格だったので電子マネーの規格を付けていなかったのですね。

中には読み取り防止シールドを付けてiPhoneの裏にカード形式の電子マネーを付けていた人もいました。でも、せっかくのiPhoneのスタイルが崩れますよね。

これではみっともないです。でも、iPhone7以降のiPhoneなら心配無用です。

本家JCBがお勧め

ではQUICPayを使う場合、どのクレジットカードにすればいいのでしょうか。

ポイント重視であればオリコのOrico Card THE POINTがベストの選択です。しかし、一番のお勧めはJCBです。

ポイント還元率はオリコの半分です。しかし、ポイント還元率が違うとはいえ0.5%の違いです。1年間に100万円利用して5千円の違いです。

それならば本家の安心感があった方がいいでしょう。

JCBのメリットは各種のセキュリティです。

通販サイトを利用してもMyJCBの暗証番号を入力しないと認証されません。だから本家がいいのです。

🙂関連のおすすめ記事!

JCBカードの審査基準や特徴は?口コミや評判も詳しく解説

  公式サイト最短翌日自宅に届く!Amazon・セブンイレブンでいつでもポイント3倍のJCBカード公式サイト close この記事の目次(もくじ)1 JCB一般カードおすすめポイントまとめ!2 JCBカードの審査基準は?3 JCBカードのポイントは「Oki Dokiポイント」4 年会費は初年度無料!5   充 …

続きを見る

QUICPayはAppleWatchでも使えます!

Appleファンの中にはiPhoneより手軽に利用できるAppleWatchを利用する人も多いでしょう。

このAppleWatchもQUICPayを利用できます。

スマホをポケットに入れて外出する人も多いのでしょうが、AppleWatchは更に小型です。このAppleWatchでコンビニの支払ができるのですから便利ですよね。

特にAppleWatchなら腕を改札に近づけるだけで通過できます。これも快感ですよね。

ポイント重視なら

クレジットカードを利用する際ポイント重視の方も多いのではないでしょうか。

ただ、先ほど述べた通り還元率の高いカードとはいえ、その還元率は1%程度です。100万円利用しても1万円と言うことは知っておくべきでしょう。

ポイントとはいえ信販会社からすれば一種の「おまけ」です。この「おまけ」にはいろいろな仕掛けがあります。新規加入会員を増やすための販促ツールだったり、リボ払い促進ツールだったりします。

リボ払いは便利なのですが、使いすぎると返済が長くなり、かつ多額になります。最悪の場合、債務整理に追い込まれることも皆無ではありません。

とはいえ、自分の支払える範囲内での利用なら問題はありません。使い過ぎや無駄遣いに気を付けてポイントゲットをしたいものです。

nanacoなら還元率2%

セブンイレブンのヘビーユーザーの方はセブンカードを利用しているでしょう。

セブンイレブン系列のプリペイドカードはご存知のとおりnanacoです。このnanacoにJCBのセブンカードからチャージするとポイントが2倍貯まります。

一種の販売促進ツールですが、セブンイレブンの利用が多い方は見逃せない情報ではないでしょうか。

nanacoはスマホにインストールできませんが、還元率重視の方はこのような方法もあるのです。

🙂関連のおすすめ記事!

電子マネー「nanaco」とは?特徴を詳しく解説!

  セブンイレブンで利用できる電子マネーとして有名なnanacoですが使い道は広いです。 セブン系の店舗で利用できるのは当然ですが、他の店舗でも利用できるのです。クレジットカードのポイントの交換先としてもnanacoは多く採用されています。そんなnanacoを効率よく利用したいものですね。 この記事の目次(も …

続きを見る

ANAも入った優れもの

JCB限定ですが、「ANA QUICPay+nanaco」を使うと一枚のカードでANAのマイレージも貯めることができます。

スマホに入れることはできませんが、キーホルダー型の小型カードなのでキーケースに入れることができます。財布よりキーケースの方が小さいので、実際にコンビニなどで利用する際には便利です。

また、ANAのスキップサービスも利用することができますから、搭乗の際に非常に便利です。

ANAの利用が多い方にはスマホのQUICPayより便利かもしれません。

もちろんANAのマイレージを貯めることができます。これらの機能が一枚のカードに集約されているわけですから便利なことは間違いありません。

ポイントの狙いすぎに注意

とはいえ、ポイントを狙いすぎるあまり、無駄遣いをすることは控えるべきでしょう。

先ほど述べた通り、クレジットカードのポイントは「おまけ」です。おまけをもらうために買い物をする人はいないでしょう。

ポイントの狙いすぎはポイント以上の無駄遣いになります。QUICPayはキャンペーンが多いので、どうしても使いたくなるものです。

また、コンビニの利用は金額が少ないです。どうしても使いすぎることは事実でしょう。

便利さ追及なら

利便性の高さもポイントのメリットもあるQUICPayですが、一番のメリットは利便性の高さではないでしょうか。

iPhoneユーザーはQUICPaySuicaを使えることでiPhoneが更に便利になるでしょう。

電子マネーの同時利用はエラーにならないかと不安に思う人もいらっしゃるかもしれません。しかし、両方ともFelicaという規格に対応しています。

この規格は複数枚数の電子マネーを同時認識しますから、JRなどの改札口でエラーになりません。

iPhoneユーザーの方もアンドロイドユーザーの方同様にモバイルSuicaの利用が可能になります。

モバイルSuicaは定期券機能があります。利便性の高さはお判りでしょう。

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカードのANA VISA Suicaカードが5分でわかるおすすめポイント徹底解説

  この記事の目次(もくじ)1 ANA VISA Suicaカードが5分で分かるおすすめポイント!2 マイルがどんどん貯まる3 旅行傷害保険自動付帯で安心4 ANAカードとSuica機能が1つになった万能カード5 ANAカード限定サービス ANA VISA Suicaカードが5分で分かるおすすめポイント! A …

続きを見る

チャージがいらない気軽さ

QUICPayは、プリペイド形式ではないのでチャージなしで利用することができます。

オートチャージができることも多いのですが、実際に利用した感覚がないため無駄遣いの原因になります。

これに対し、QUICPayはクレジットカードとしての機能ですから、利用の都度明細書をもらいます。プリペイドカードの明細書は気にしなくても、後払いのクレジットカードの明細書には気を遣うのではないでしょうか。

もちろんチャージをする煩わしさから解放されることは言うまでありません。この気軽さもQUICPayのメリットだと言えるのではないでしょうか。

QUICPayはスマホがクレジットカードになったようなものです。

利用できる店舗が他の電子マネーより多いことはすでに述べましたが、財布とスマホではどちらが出しやすいかは言うまでないでしょう。

これこそQUICPayのメリットだと言えます。

ETC一体型JCB

JCBカードにはETC一体化のクレジットカードがあります。

もちろんQUICPayを付けることができます。このカードはドライブ好きの方には応えられないメリットがあります。

都心部在住の方の中には自家用車がない人もいます。そのような人は遠出の際にレンタカーを利用するでしょう。

その際、ETC一体型のクレジットカードはカード枚数を増やさずETCのメリットを受けることができます。

自家用車を持っている人は、車のETCリーダーにETCカードを付けっぱなしのことも多いでしょうが、レンタカーではそうはいきません。

必然的にカード枚数が増えます。しかし、一体型なら1枚です。

しかもQUICPayを付けることができるため、ドライブの際に財布いらずの旅ができます。

ドライブの際にはETCでお得な高速道路料金になり、サービスエリアなどでは便利な支払ができます。コンビニなどでお茶を買う際にも便利でしょう。

ETCとQUICPayは関係ないと思っている人も多いでしょうが、組み合わせればこんなメリットがあるのです。

AMEXユーザーも付けれますよ!

案外知られていないようですが、AMEXはJCB加盟店で利用できます。

AMEX自体の加盟店が日本では非常に少ないので、JCBと提携しているのです。

そのため、AMEXの電子マネーはQUICPayです。

利用範囲が広いのでQUICPayでも全然問題はないわけで、先ほど述べたメリットを利用することができます。もちろんスマホ利用もOKです。

AMEXのサイトからは探しにくいのでが、AMEX QUICPayという名前で提供されています。

🙂関連のおすすめ記事!

アメリカン・エキスプレスの事がよくわかる徹底解説

アメリカン・エキスプレスは、世界中から認められているステータスの高いカードです。ステータスのみならず、サービス面においても、充実したラインナップが揃っています。 特に旅行に特化したサービスは、あなたの快適な旅を約束&サポートしてくれるでしょう。ワンランク上の上質なサービスを受けることができる一流のカードです。 この記事 …

続きを見る

🙂関連のおすすめ記事!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは最短即日で入手可能!ApplePayにも対応!特徴とポイントを分かりやすく解説します。

  この記事の目次(もくじ)1 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードが5分でわかるおすすめポイント!2 永久不滅ポイントがどんどん貯まる!3 優待サービスがすごい!4 ヘアサロン「Ash(アッシュ)」ご優待サービス5 国内や海外で割引優待が受けられる!6 万が一に備えてのプロテクションサービス7 海 …

続きを見る

-電子マネー

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.