クレジットカード知恵袋

この前仕事を辞めて今アルバイト2カ月目です。クレジットカード申込みの年収欄はどうすればいい?【知恵袋】

更新日:


 

クレジットカード申し込みの際に悩む点として年収欄の記載があります。毎年変わらなければいいのですが、変動が激しい人もいるでしょう。ただ、信販会社は申込書の年収欄をあまりアテにしていません。

この記事の目次(もくじ)

参考程度?

クレジットカードの申込書を入力するときに年収欄の記載に悩む人もいらっしゃるのではないでしょうか。退職直後は次の仕事の見込みなのか、前職の年収なのか迷いますよね。

基本的に前職の数字を書いていただければ問題ありません。

バレることはありませんのでご安心ください。退職後再就職までのツナギとしてアルバイトをする人も少なくないでしょうが、退職後1年以上経過していれば別ですが、前職の数字で問題はないでしょう。

年齢と職業でだいたいわかる

信販会社はクレジットカード申込書の数字については参考程度にしか見ていません。

年収には年齢や職業で「相場」があり、統計的にデータがあるためです。逆に言えばそのデータを大きく外れていなければ審査は通過します。

今まで実際にもらっていた年収をそのまま書いたとしても怪しまれることはありません。もちろん正社員とアルバイトでは年収水準が違うので、職業欄は今までの勤務先を書いておいた方がいいでしょう。

過去の信用情報で推測できる

また、過去の信用情報には今までクレジットカードなどを申し込んだ際の勤務先が登録されています。そのため、前職の在職期間が長ければ退職直後に前職のデータを申込書に入力しても怪しまれることはありません。

信販会社の審査は申込書の内容より、信用情報機関のデータを重視します。また、年収も水増しして記載してくる人も少なくありませんから、審査では先ほど述べたように統計上のデータを併用しているのです。

データとかけ離れていたら電話があります

もし、あまりにも統計上のデータからかけ離れていた年収などを記入すると信販会社から確認の電話があります。実際に年収の入力を間違えてゼロを一つ多く入力した友人が、信販会社から確認の電話があり恥ずかしかったと言っていました。

逆に言えば実際にもらっていた給与の数字を入力すれば怪しまれることはありません。特に気にすることなく申込書を作成すればいいのではないでしょうか。

いいとこ取り

どうしてそんな「いいとこ取り」ができるのかと思われるかもしれません。

でも、ちょっと考えていただければわかる通り、申込書に記載するデータは「過去の数字」です。将来のことはわからないためです。審査自体も過去のデータから将来を推測するのです。

一見こんなことで大丈夫かなと思われるかもしれません。でも超能力者でない限り将来の予測はできません。退職後にアルバイトをしていたとしても、再就職後は前職より条件がいい職場に再就職する可能性も否定できませんし、そのような職場を探して求職活動をするのではないでしょうか。

収入証明は前年データ

クレジットカードの申込の際にキャッシングサービスを申し込むと年収証明書の提示を求められることがあります。

ただし、この際に要求されるのは前年の証明書ですから、退職直後であれば問題ありません。退職すると退職月までの源泉徴収票をもらえますが、それを提示する必要はないのです。

また、キャッシングサービスを利用しなければ収入証明書を求められることはあまりありません。もし求められても前年分でいいわけですから過度に心配する必要はどこにもありません。

退職直後なら前職でもOK

つまり、退職直後であれば申込の記載は前職の勤務先や年収を入力しておけばいいのです。

もちろん職業をアルバイトとして前職の年収を入力してしまうとアンマッチになりますから、信販会社から確認の電話が入ってしまいます。転職直後などは職業を聞かれるとややこしいことになりますから、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

クレジットカードに限りませんが審査は「何事もなく」通過するのが一番です。特に年会費無料で審査が緩めのカードなら、ブラックリストに該当するような登録がなければ審査に落とされることは少ないでしょう。前職のデータを入力して申込することをお勧めします。

楽天カード審査のコツ

🙂関連のおすすめ記事!

楽天カードの審査を解説!よく分かる審査と本人確認の仕組み

  楽天カードが欲しいけど審査が心配という方のために、「楽天カード審査に通過するための申込みフォーム記入方法」や楽天カードの審査時間・楽天カードの本人確認がどうなっているかを詳しく解説します。 この記事の目次(もくじ)1 楽天カード審査通過のコツ1.1 楽天カード審査申込み条件1.2 審査通過のために絶対知っ …

続きを見る

アピールが大切

ちなみにこれと逆の話が新入社員の方について言えます。今までアルバイトだった人が正社員になるわけですから、審査上不利になる「過去のデータ」を入力する必要はありません。

クレジットカードの申込書には入社年月日を入力する欄があるはずですから、新入社員であることはわかるはずです。年収は月給と賞与から推測して入力すればOKです。

ひょっとしたら信販会社から確認の電話があるかもしれませんが、自分が実際にゲットした職場ですから、自信をもって回答すればいいです。

下手にあいまいな返事をするとうそを言っていると思われかねませんし、場合によっては職場に在籍確認の電話がされる場合もあります。何事も自信を持ったアピールが大切です。

ービスを利用しなければ収入証明書を求められることはあまりありません。もし求められても前年分でいいわけですから過度に心配する必要はどこにもありません。

大学生・専門学校生におすすめクレジットカード!審査や限度額・旅行保険も詳しく解説

🙂関連のおすすめ記事!

学生におすすめクレジットカード3選!審査基準口コミ・旅行傷害保険も解説。大学生や専門学生はお得です。

  この記事の目次(もくじ)1 学生向けカードは審査の申込み基準が甘い2 学生向けクレジットカードとはどんなもの?3 学生カードは利用限度額は低め!4 学生のうちから上手にポイントを貯めよう!5 満25歳以下の学生専用ライフカード6 25歳まで限定!三井三友カード デビュープラス7 29歳以下限定の高スペック …

続きを見る

-クレジットカード知恵袋

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.