ハピタス

ハピタスポイントって何?ポイントの還元の仕組みを分かりやすく解説します。

投稿日:


 

今回はポイントサイトのハピタスについて解説したいと思います。

クレジットカードの申し込みなどをする際に「ポイントサイト」と呼ばれるサイトを通過すると、信販会社などのキャンペーン以外にそのサイトからキャッシュバックを受けられます。知らない人も多いようですが、ちょっとしたお小遣いになります。

そのポイントサイトの中で評判が高いサイトとしてハピタスが挙げられます。ハピタス経由でクレジットカードの申込や買い物をすると「ハピタスポイント」をもらえます。このポイントは1ポイント1円でキャッシュバックされます。

ハピタスの内容

ハピタスには広告がいっぱいです。その広告を利用することでポイントをもらうことができます。広告にはアンケートや無料モニターのようなものもあれば、カードローンや銀行もあります。ポイントはそれぞれの広告に応じて決まります。

中でも利用者が多いのは通販ではないでしょうか。Amazonの広告ではポイントは付きませんが、他の大手通販サイトはポイント付きの広告を出しています。信販会社でも「ポイントモール」として自社サイトを通過することでポイントを割増していますが、ハピタスを利用した方がお得なことが多いです。

クレジットカード広告

ハピタスを初めて利用する人は、クレジットカードの広告目当ての人が多いようです。カードによってかなり差がありますが、平均すると5千円ほどのキャッシュバックをもらえます。

プレミアムブランドのアメックスやダイナースも登録しており、一時期ダイナースの広告で4万円程度のキャッシュバックをしていた時期がありました。

さすがに現在はそのようなことはありませんが、ダイナースはハピタスのクレジットカードで一番高いキャッシュバック額を提示しています。

もちろん年会費無料の一般カードも多く登録しており、エポスカードや楽天カードなどは「常連」です。ただし、これらのカードを一気に申し込むと「申込ブラック」となり無条件に審査で落とされます。カード詐欺などではないかと警戒されるようです。

通販

先ほど述べたとおり、多くの通販業者がハピタスに広告を出しています。

楽天のような大手は購入額の1%をキャッシュバックしていますし、ビックカメラのような家電量販店の通販サイトは2%弱のことが多いです。

信販会社の「ポイントモール」で20倍とかの高倍率でポイントを出している通販は、ハピタスでもかなり高い割合のキャッシュバックをしています。

ポイントサイトを利用する前にハピタスもチェックすることをお勧めします。

ハピタスには「ハピタス堂書店」という本屋があります。ハピタスポイントが貯まったら買い物代金に充てることができますが、購入代金の7%という高い還元率でキャッシュバックをしてくれます。電子書籍でもないのにこんな高還元率な書店は他にないでしょう。

FX

穴場というべき高ポイントの広告としてFXが挙げられます。口座開設と取引で1万円以上のキャッシュバックがゲットできます。

キャンペーン時期によっては2万円を超えることもあるので要チェックです。ハピタスと組んで広告を出している業者がお勧めですが、FXにはリスクがあります。その点だけは注意する必要があるでしょう。

キャッシュバックの方法

ハピタスの利用方法は難しくありません。登録をして、ハピタス経由で目的のサイトを見るだけです。

ただし、一度登録するとメールがいっぱい届くことがありますから、OutlookやGmailのような無料メールを一つ作り、そのメールで登録することをお勧めします。

広告を利用することでキャッシュバック対象になります。広告主である信販会社などが利用を確認したらハピタスポイントをもらうことができます。

もらったハピタスポイントはサイト右上の「通帳」から確認することができます。ただし、確認までに2か月程度かかることが多いので、気長に待つ必要があります。

300ポイントから

ハピタスにログインすると右上部分に獲得ポイントが表示されています。ちなみにキャッシュバックをもらう場合は300ポイント以上必要です。

条件を満たしたらポイント数の右側にある「ポイント交換」をクリックすると交換のメニューが表示されます。

Amazonギフト券などにも交換可能ですが、キャッシュバックを希望するのであれば、下の方にある「各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行」をクリックします。手数料はゼロなのでポイント数だけのキャッシュバックができます。

青色の「交換申込み」のボタンを押すと振込先銀行などの入力画面が表示されます。ただし、振込は登録した際の氏名名義の口座、つまり本人名義の口座に限られます。

振込手続が終わると、3営業日以内に振り込まれます。ただ、たいてい翌々日には振り込まれています。

1か月3万円が限度

こんな感じでキャッシュバックができます。ただ、注意点として1か月のキャッシュバック上限は3万円という点は知っておいた方がいいでしょう。

高額の買い物をしたり、クレジットカードやFXを申し込んだりすると一時期に多くのハピタスポイントをゲットできます。

ただし、1か月間のキャッシュバックは3万円までしかできません。他の交換商品と併用するか、次月まで待つ必要があります。

まとめ

以上、ハピタスポイントって何?ポイントの還元の仕組みを分かりやすく解説します。でした。普通に申し込むとほとんどポイントバックなどがない商品でもハピタスをのぞいてみるとポイントバックがある場合があるのでたまにはのぞいてみたいですね。

ポイントバックでは現在イオンカードが大きなポイントバックをしていますので、まだイオンカードを持っていなければ以下の記事で詳細について解説していますので参考にしてみてくださいね。

2017年4月1日から主婦の味方イオンカードが最大6,000円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中なので詳しく解説しています。

  イオン系列のイオン・イオンモール・ダイエー・マックスバリューなどの対象店舗で「いつでもときめきポイント2倍」のイオンカードセレクトが6,000ポイントをもらえるキャンペーンを実施中ですの …

続きを見る

 😛 クレジットカードニュース編集部のフォローを是非ともお願いします!

審査が甘いクレジットカード

クレジットカードニュース編集部が自信を持っておすすめする審査の甘いクレジットカードは「セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

 株式会社セディナは信販系のカード会社で、「IBIS」という変わった審査システムを採用していて、この審査システムのおかげで一般的なクレジットカードより審査が甘くなっています。

このシステムは「お金を返してもらえそうになくても利益がでると判断したらカードを発行する」というスゴイ審査です。

セディナカードJiyu!daはリボ払い専用で審査が激甘なクレジットカードですが、年会費無料や傷害保険がついてくるなどお得なクレジットカードに仕上がっています。

カード会社の信用情報を上手に積み重ねるうえでも、最初の1枚に最も適したカードですね!

-ハピタス
-

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.