楽天カード

海外に赴任や留学の予定がある方必見!楽天海外販売の配送代行サービスが安全です。楽天海外販売を詳しく解説。

更新日:


 

今回は楽天市場が展開する「楽天海外販売」ってどんなサービスなのかを分かりやすく解説します。海外赴任や留学が決まっている方は知っておいた方がいいですよ!

日本では自由に購入ができる楽天市場も海外では必ずしも自由ではありません。海外勤務や海外留学をした人の中には楽天ファンの方もいらっしゃるでしょう。そんな方に楽天市場の商品を海外から簡単に購入できる仕組みが楽天海外販売です。

海外からでも楽天市場

海外留学は楽しみだけど、いつも利用している楽天はどうなのだろうと不安に思っている人も少なくないでしょう。でも、楽天市場は海外からでもアクセスできます。ネット通販ですから当然と言えは当然です。

でも、日本国内からの利用と全く同じというわけではありません。海外の通販業者から買い物をしたことがある人はご存知の通り送料は高いし、手元に届くまでの時間がかかります。

少なくとも翌日配達というようなことは無理です。でも、現地で販売されているものと全く同じものを買えますよね。

楽天海外販売も同じです。楽天市場で買ったものを海外に配送してくれるサービスなのです。これで海外留学も海外赴任も安心ですね。

日本での利用と大差なし

とはいえ、海外で買い物をしたことがない人にとって「海外通販」に不安を持っているかもしれません。しかし実際に利用していただければわかる通り、日本で買い物をするのとほとんど変わりません。

海外でも楽天のサイトを日本語のまま見ることはできますし、支払をクレジットカードにしている人ならば支払もできます。配送に手間がかかるとはいえ、実際の発送はお店や代行業者がやってくれます。

支払は円ベース

海外に住んでいる人が日本のものを買いたいという場合に楽天市場を利用することも多いでしょう。

その場合、支払手段は現地発行のクレジットカードでもOKです。ただし、支払は円ベースになるので、為替動向によっては支払額が割高になることがあります。

クレジットカードの外国為替のルールは決済時の為替レートで換算されます。

特に急いでいるのでなければ現地通貨が日本円に比べて強い時期、つまり円安の時期に買い物をすることをお勧めします。

また、海外からの利用であっても楽天スーパーポイントは付きます。この楽天スーパーポイントも「円換算」です。海外に長く住んでいると頭の中が現地通貨ベースになっているため「数字の感覚」に違和感を覚えることもあるでしょう。ちょっとした注意点です。

楽天海外販売の注意点

とはいえ、送る先は日本ではないのでそれなりに注意点はあります。

国境を越えて荷物を送る際には日本と現地国の税関という壁を超える必要があります。場合によっては荷物を開封して中身をチェックされることもあります。

短期間の海外赴任や海外留学の方は、現地の事情をしっかり確認しておくことが必要です。日本の常識が海外でもそのまま通用するという保証はありません。

違うのは配送手段

海外へ荷物を送る際、通常は航空便で送ります。そのため、配送料はちょっとびっくりする金額になることがあります。本一冊でも厚手の書籍は千円以上の配送料になるケースもあるのです。

特に日本の食料品を海外に送ろうとする場合、重量がかさみますから金額が跳ね上がることがあります。

ちょっと大きなものを購入する際には、事前にショップに見積もりを依頼した方がいいでしょう。

ちなみに航空便は高いからと船便を検討する人もいらっしゃいますが、時間がかかる割に送料は思ったほど安くなりません。

家具のような10キロ単位の荷物を送らない限り航空便の方が賢明です。

まとめれば送料も割安

楽天海外販売には「配送代行サービス」があります。

簡単に言うと、複数のショップで購入した商品をまとめて送ってくれるのです。楽天という大きな通販の中で購入するメリットと言えるのではないでしょうか。

配送代行サービスを提供してくれるのは、いずれも海外発送のエキスパートです。海外発送の経験がないショップで購入すると相手が戸惑って場合によっては販売を断られることがあります。

しかし、配送代行サービスを利用すれば、そのような心配はありません。買った商品は代行業者が預かってくれるので安心です。

輸入規制品には注意

国によっては輸入規制をしている物品があります。

例えばアメリカであれば牛肉やたばこを送ることはできません。

海外留学生の多いオーストラリアもお菓子を送る際に条件があったりします。また、海外赴任者の多いイギリスでは卵や魚を送る際に条件があったりします。

現地の人でも知らないような話がありますから、先ほど挙げた配送代行サービスを利用することで事前にトラブルを防ぐことができます。

税関で没収される程度ならいいのですが、最悪の場合警察などから呼び出しを受ける場合もあるため注意が必要です。

返品・キャンセルにはちょっと注意

また、日本で購入する場合は遠慮なくしている返品やキャンセルは楽天海外販売ではできない場合があります。

これは、いったんショップから販売のために出荷されてから買った人に届くまで時間がかかるためです。

買った側は届いていないと思っていても、既にショップから出荷されて配送代行サービスの業者に引き渡されている場合もありますし、輸送中の場合もあります。

日本での買い物とは話が違うという点はちょっと頭に置いておく必要があるでしょう。

まとめ

今回は「海外に赴任や留学の予定がある方必見!楽天海外販売の配送代行サービスが安全です。楽天海外販売を詳しく解説。」でした。

海外から楽天を利用するのであれば配送代行サービスを利用して、より安全・安心に楽天市場を利用するのがいいですね。海外ではどうしても手に入れにくい商品などに楽天海外販売は威力を発揮してくれますよ。

楽天学割の年会費や使い方を詳しく解説!楽天モバイル3ヶ月無料などお得だらけだぞー

  学生の皆さん知ってますか?楽天市場は学生の皆さんにむけてお得な「楽天学割」ってものを用意していますよ。 「楽天学割」はお得の規模が違います。他の通販ではこんな大盤振る舞いはありません。是 …

続きを見る

 😛 クレジットカードニュース編集部のフォローを是非ともお願いします!

審査申込み基準が甘いクレジットカード

クレジットカードニュース編集部が自信を持っておすすめする審査申込み基準の甘いクレジットカードは「セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

 株式会社セディナは信販系のカード会社です。審査の申込み基準が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」となっていて、専業主婦やフリーターの方でも申込みが出来るクレジットカード。

セブンイレブンでいつでもポイント3倍!年会費無料なのに傷害保険がついてくるなどお得なクレジットカードに仕上がっています。

カード会社の信用情報を上手に積み重ねるうえでも、最初の1枚に最も適したカードですね!

-楽天カード

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.