クレカ入門

リボ払いの落とし穴を分かりやすく解説!リボ払いで債務整理に陥ることがあるのはなぜ?

更新日:


 

リボ払いの落とし穴を分かりやすく解説!リボ払いで債務整理に陥ることがあるのはなぜ?

ちょっと高いものを買う際に便利なリボ払い。でも、一歩間違うと真綿で首を絞められるようなことになりかねません。ひとつだけなら少額の支払でも、たくさん利用すると支払額は増加して手に負えなくったという人も多くなります。

では、リボ払いを利用するうえで知っておきたいことを解説します。リボ払いを検討されている方は是非、参考にしてみてくださいね。

リボ払いの本質

まず気を付けたいのが、毎月の支払額は少ないからと喜んでいると手数料しか支払っていないことも多いです。買い物代金を全く支払っていないことになりますから、残額は減りません。つまり、手数料だけ延々と支払っている状態になります。

どこかでこの現実に気が付けばいいのですが、気が付かない人も少なくありません。気が付くのはリボ払いの限度額をオーバーした時です。一括払いしかできないと、支払が厳しくなるのは目に見えています。

リボ払いは借金です

このようにリボ払いは一種の借金です。手数料という言葉になっていますが、利息なのです。消費者金融のような総量規制はありませんが、借りたお金は返済しなければいけません。

しかし、リボ払いの毎月の返済額は結構少額です。自分で返済額を決定できますが、往々にして「最低限」の金額です。毎月5千円の支払でアレもコレもと買い物ができるはずがありません。

残額が次第に膨らむと手数料の額も増えます。これは、消費者金融でお金を借りているのと変わりがないのです。カードローンの利用限度額まで借りてしまうとそれ以上の借入ができません。リボ払いも同様なのです。

総量規制対象外の弊害

ただ、消費者金融には総量規制という融資制限があります。年収の3分の1以上は借りることができないため、ある意味歯止めがかかります。

リボ払いにも同様の規制はありますが、その限度額ははるかに緩いです。買い物代金だから心配はいらないと考えられているのでしょう。

しかし、買い物代金だからとはいえ、代金を支払っていないことは確かです。未払の買い物代金はどこかで支払をしなければいけません。消費者金融に比べて利用可能額が大きいリボ払いは、危険もいっぱいなのです。

このような弊害を防ぐためには、自分でリボ払いの残高を把握する必要があります。そして、リボ払いはできるだけ早期に完済することが大切です。

審査が甘いクレジットカード

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説【2017年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへとス …

続きを見る

スポンサーリンク

使いすぎの危険が高い

リボ払いは自分の利用金額がわからなくなってしまう性格があります。きちんと利用額を管理している人は利用明細を確認するでしょう。

しかし、リボ払いを使いすぎる人の多くは利用明細を確認していません。だから、支払額が多くなって支払不能になるのです。

一括払いだと請求明細を見れば「たくさん買い物をした」とわかります。しかし、リボ払いは請求されないため、買い物をしたという意識が薄くなるのです。結果として使いすぎになりやすいのです。

だからこそリボ払いで買い物をしたら残額がどの程度あるのかを意識しなければいけません。

直接の理由ではないが・・・

とはいえ、リボ払いだけで債務整理に陥る人は案外少ないです。リボ払いの支払ができなくなる人にはパターンがあります。このパターンを知っていると、自分が危ない位置にいるという事がわかるはずです。

引き金はカードローンが引く

リボ払いの支払が多くなると、毎月の支払日に口座残高が不足しそうになります。一度か二度の支払遅延を経験すると、さすがに請求明細を確認するようになります。しかし、それは支払額だけであることが少なくありません。

最初は意識して、口座残高を維持するように節約などをするものです。その習慣がつくことでリボ払いの残額が少なくなる人も少なくありません。

しかし、逆に「節約疲れ」になる人もいます。何かのタイミングで浪費をしてしまう事もあるのです。下手にリボ払いの残額が復活していると「リバウンド」も激しくなります。

結局、また支払が厳しくなります。しかし、口座残高が不足すると面倒なことになると知っていますから「対策」を立てます。

消費者金融のカードローンを利用するのです。しかし、リボ払いの残額が減るわけではなく、事態は改善しません。結局支払不能になり、債務整理に陥ります。

楽天カード審査のコツ

🙂関連のおすすめ記事!

楽天カードの審査を解説!よく分かる審査と本人確認の仕組み

楽天カードが欲しいけど審査が心配という方のために、「楽天カード審査に通過するための申込みフォーム記入方法」や楽天カードの審査時間・楽天カードの本人確認がどうなっているかを詳しく解説します。 この記事の目次(もくじ)1 楽天カード審査通過のコツ1.1 楽天カード審査申込み条件1.2 審査通過のために絶対知っておきたい事1 …

続きを見る

リボ払いにしなければよかったのに・・・

要するに、最初からリボ払いを選択しなければよかったのです。

もちろんリボ払いは悪だとは言いません。高額商品を買う際にはリボ払いは便利です。

手数料率も15%前後と大手消費者金融の18%より低率です。

でもどんな借金であっても「返済計画」は必要です。リボ払いを利用したのであれば、その月の支払明細に支払予定表がついています。その支払明細表を確認すべきだったのです。

もちろん支払明細通りに支払うだけではなく、余裕があるときには追加で支払ことも大切です。

最近の信販会社はJCBのようにコンビニATMでリボ払いの残額を追加返済できるようになっています。こうすることでリボ払いの残額を減らし、手数料の負担も減らせるのです。

件数が多くなるほど悲劇になる

リボ払いの枠はクレジットカードを利用すると付けてくれることが多いです。

先ほど述べた通り、総量規制より規制が甘いのです。そのため、一つのカードでリボ払いの限度に達しても、別のカードを利用すればいいのです。

最近は信販会社が手数料収入を目当てに、リボ払いの大キャンペーンをしています。そのため、リボ払いを選択することについて全く抵抗はないはずです。しかし、実際にはこのような大きな落とし穴があります。

リボ払いを利用しているクレジットカードが多くなり、毎月の支払額が増加すると次第に支払は大変になります。利用額が多くなれば、手数料が増加し、毎月の支払額はすべて手数料支払に消えるのです。

無理は禁物

このようにして支払額が増加し、自分の給料だけで支払ができなくなったら赤信号です。

こうなったら消費者金融のカードローンを頼るのではなく、抜本的な対策を取る必要があります。それが債務整理なのです。

消費者金融のカードローンで当座の資金を確保しても、消費者金融の返済は残ります。しかも、先ほど述べたように消費者金融の利率はリボ払いの手数料率より高いのです。

このようなことを繰り返していても何も解決しません。どこかで踏ん切りをつけて決断が必要になります。

対策はお早めに

債務整理と聞くと自己破産を思い浮べる人も少なくないでしょう。

しかし、自己破産を選択する人は収入の目処が立たない人が対象です。又は、収入に比べてあまりに多い借金を抱えてしまった人が選択する手段です。

自己破産は巷で言われるような「救世主」ではありません。官報に名前が載ることで、自分が知らないうちに永遠に自己破産の経歴が残ります。また、官報を見たヤミ金や詐欺師が続々と自分の周りに集まってきます。

こんな事態になる前に債務整理を得意とする弁護士さんなどに相談することが必要です。自分の給料だけで支払ができなくなったら、消費者金融ではなく弁護士さんの力が必要です。

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードの審査を通過するコツや在籍確認を解説!審査の口コミは?

  毎月20日30日に5%OFFになる「お客様感謝デー」に魅力を感じてイオンカードを申し込む人も多いのではないでしょうか。 でもイオンカードには審査があり、WEBには「勤務先に申込確認の連絡をさせていただく場合がございます。」と気になる文言。実際にはイオンカードの審査はどうなのでしょうか。 この記事の目次(も …

続きを見る

おまとめローンは効かない

こんな話をすると「おまとめローン」があるじゃないかと言われるかもしれません。

しかし、残念ながらおまとめローンは効果がありません。もちろんいくつもの信販会社や消費者金融に支払っている借金は一本化されます。ただ、肝心な利息支払額はさほど変わりません。

おまとめローンの宣伝では毎月の支払額が減ると書いてあります。しかし、その金額は大きくありません。借入金の利率は借入額が大きくなるほど低くなります。

ただし、おまとめローンを利用するような「多重債務者」は貸倒リスクが高いです。万が一に備えて保証料の積み増しが必要になります。つまり、利率は下がらないのです。

任意整理なら傷は浅い

これに対し、任意整理は基本的に利息を棒引きにします。今まで利息しか支払っていなかったわけですから、これでやっと元本返済が実現します。

また、自己破産のように官報に載ることはありませんから、周囲にバレることもありません。コッソリとリボ払いの問題を解決することができるのです。

スポンサーリンク

どうすればいいのか

では、債務整理に陥らないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。ここまで読んでいただければ答えは明白でしょう。

クレジットカードの支払はできる限り一括払いにするのです。

また、一括払いでは支払ができないような場合は、ボーナス払いができる店舗を探すのです。家電量販店の多くはボーナス払いが可能です。

ボーナスが出ない会社の方も、支払期限が無利息で伸びるので、支払日までに少しずつでも貯金をする余裕ができるわけです。

それでも対応できなければリボ払いを利用することになります。

クレジットカード審査の年収は自己申告!年収の仕組みを解説します。

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査の年収は自己申告!年収の仕組みを解説します。

クレジットカードの審査申込みの時に必ず入力を求められる「年収」の部分。実はこの年収は自己申告になっていて収入証明等は必要ありません。 では、なぜ年収は自己申告制なのかと年収が審査にどのくらいの影響があるのかを詳しく解説します。 この記事の目次(もくじ)1 なぜ年収は自己申告?2 主婦の方の年収は?3 1年目の場合は見込 …

続きを見る

リボ払いは繰上返済できる

消費者金融のカードローンは繰上返済ができると知っている人が多いです。しかし、クレジットカードのリボ払いも繰上返済ができるのです。

これは信販会社によって対応が分かれています。できる限り、繰上返済ができるクレジットカードでリボ払いを利用した方が有利です。そして、資金的な余裕を自分で作って繰上返済するのです。

消費者金融より低率だとはいえ、手数料率の年利15%は決して低くありません。繰上返済をすることで手数料支払額を軽減しましょう。

使うなら計画的に

また、リボ払いを利用したら、今後どのように支払をするかの計画を立てることが大切です。もちろん、毎月の支払を節約することで繰上返済を併用することは必須です。家計簿などを付けていれば、自分の支払可能額を算定して、繰上返済の予算も捻出すべきです。

先ほど述べた通り、リボ払いの選択は「最後の手段」です。

しかし、リボ払いを利用しないと、どうしても必要な家電製品などを買うことができない場合もあります。夏にエアコンがなかったり、冬にヒーターがなかったりしたら、生命の危険もあり得ます。

とはいえ、利用するのではあれば返済計画をしっかり立てることも大切です。

残額を把握しよう

そして、一番大切なことはリボ払いの残額を把握することです。毎月の請求額だけではなく、リボ払いの残額がどの程度あるかを把握するのです。そして、現在の支払額で、この残額を完済するまでにどれほどかかるかを考えてみることが大切です。

このようにすることで早く完済しなければいけないと思うようになります。このような意識を持つことができるだけで、リボ払いを原因とした債務整理を回避することが可能になります。

🙂関連のおすすめ記事!

毎月のカードの支払いが困難になったときに考えたい自己破産と債務整理について分かりやすく解説します。

  債務整理と聞くとは他人事だと考えている人も多いようですがしかし、実際にはクレジットカードの使い過ぎによる債務整理も少なくありません。 今回はクレジットカードの支払いがどうしても困難になってきた場合の自己破産と債務整理について解説していきたいと思います。なるべく参考にしたくはない話題です。 この記事の目次( …

続きを見る

タイプ別に厳選!おすすめのクレジットカード7枚!審査基準やポイント還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2017年最新版】

🙂関連のおすすめ記事!

おすすめのクレジットカード厳選7枚!審査基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2018年最新版】

この記事の目次(もくじ)1 自分にぴったりのクレジットカードが分かる!おすすめのクレジットカード1.1 審査申込み基準が甘いカード1.2 ミニオンズデザインのイオンカードも大人気!1.3 マイルが貯まるカード1.4 ポイント還元率が高いカード1.5 5.最短翌日手元に届くカード1.6 6.年会費無料で旅行保険が充実のカ …

続きを見る

 😛 クレジットカードニュース編集部のフォローを是非ともお願いします!

-クレカ入門

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.