クレカ入門

毎月のカードの支払いが困難になったときに考えたい自己破産と債務整理について分かりやすく解説します。

更新日:


 

債務整理と聞くとは他人事だと考えている人も多いようですがしかし、実際にはクレジットカードの使い過ぎによる債務整理も少なくありません。

今回はクレジットカードの支払いがどうしても困難になってきた場合の自己破産と債務整理について解説していきたいと思います。なるべく参考にしたくはない話題です。

スポンサーリンク

クレジットカードを安易に考えない

クレジットカードの使い過ぎで債務整理になるなんてちょっと信じられないかもしれません。

しかし、支払ができないほどの買い物をしてしまうと債務整理に追い込まれます。また、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化も債務整理の原因になります。

リボ払いを利用する人が債務整理の対象者としては多いです。

リボ払いが危険だけと言われるのは、支払が繰り延べられるためです。自分がいくら買い物をしているかわからなくなるのです。知らないうちに返済できない規模の債務を負っているのです。

しかし、金利の低いカードローンを契約していると一括払いを利用することがあります。この場合、信販会社で債務整理にはなりませんが、消費者金融などで債務整理の可能性があります。

自己破産は最後の手段

毎月の支払いが収入を完全にオーバーするしてどうしようもなければ債務整理を検討することになります。

しかし、最初から自己破産を考えることはありません。まず、支払方法の変更を交渉する任意整理がお勧めです。

任意整理は専門の弁護士さんなどに依頼して、利息を棒引きにして元本返済だけに契約変更をすることです。信販会社なども自己破産をされて全額回収不能になるよりマシですから、話に乗ってきます。

もうけ主義の法律事務所は最初から自己破産を勧める場合があります。手続はさほど難しくないのに40万円から50万円の報酬をゲットできるためです。しかし、自己破産が危険なことを知っている弁護士さんは決してそのようなことをしません。

自己破産は最後の手段なのです。

寄ってくるヤミ金や詐欺師

では、どうして自己破産は危険なのでしょうか。

自己破産をすると官報に住所と氏名が載ります。官報など誰も見ていないだろうと言われるかもしれませんが大間違いです。

現在の官報はデジタル官報なので、自分が死んだ後にもデータが残ります。デジタル化されていますから、その気になれば検索も可能です。こんなリスクを一生負い続けることになります。

しかも話はそれだけでは終わりません。官報に掲載されると、自宅に変なセールスマンが多く訪れます。ヤミ金や詐欺師です。中には犯罪の片棒を担がせようとする「人材派遣」のスカウトまで来ます。

だから自己破産は危険なのです。

債務整理は専門家に任せよう

残念ながら債務整理を決断することになった場合、誰に依頼するかは大切なことです。債務整理を自分でしようとする人も少なくないのですが、信販会社などとは勝負になりません。

特に交渉が重要な任意整理は専門の弁護士さんでないと相手にされません。

このように債務整理を誰に任せるかは非常に重要ですが、この際気になるのが弁護士報酬です。弁護士さんに何かを頼むということを今まで考えたこともない人が多いでしょう。

しかし、あまり心配はいりません。最初の相談だけは無料のことが多いです。また、支払方法もうまいコツがあります。

自分で申し出ても相手にされない

最近は自己破産を自分でしようとする人もいるようです。裁判所の担当者も親切に教えてくれますから、やってできないことはありません。しかし、裁判所までの定期券か回数券を買った方がいいほど、何度も行く必要があります。

また、先ほど述べた通り自己破産はリスクが高くお勧めできません。

それより、元本だけ返済するように契約変更をする交渉は、よりメリットがあります。つまり任意整理です。

ただ、任意整理は弁護士さんの経験で信販会社の対応も変わります。慣れた弁護士さんであれば交渉も上手ですからうまくいきます。しかし、自分でやろうとしたり、慣れない弁護士さんだったりすると相手にされません。

任意整理は案外安い

また、任意整理の弁護士費用は案外安いです。大体1つの信販会社や消費者金融で4万円程度です。5件なら20万円です。

任意整理をお勧めする理由は官報に載らないというだけではなく、費用が安いことも理由の一つです。また、慣れた弁護士さんであれば、任意整理後にどのような生活をしていけばいいかと言うアドバイスもしてもらえることが多いです。今までの自分の生活態度を反省するいい機会にはなるでしょう。

交渉中に支払おう

債務整理は早ければ2か月程度で終わります。この2か月間が報酬支払のチャンスです。

任意整理に限りませんが、債務整理が始まると弁護士さんは信販会社や消費者金融に「受任通知」を送ります。

債務整理の開始宣言です。この通知が届くと、取り立て等をすることができなくなります。また、自分も支払をストップしなければいけません。

今まで借金返済に苦慮していた資金を弁護士報酬に全額充てることができます。うまくいけば全額の支払も可能です。

今後の生活指導も

このように債務整理を得意としている弁護士さんは依頼者の生活指導もしてくれることが多いです。また、最初の相談の際にも「そんなことをしているから債務整理になるんだ」と言うようなことは間違っても言いません。過ぎてしまったことは仕方ないけど、今後の人生を再スタートしようとする話なのです。

債務整理は暗いイメージがありますが、今まで借金だらけの生活を送っていたことを考えれば、明るい兆しが見えたということもできるのです。

債務整理後はどうするか

債務整理をすると信用情報機関に登録されます。俗に言われるブラックリストです。

自己破産のように官報に載らなくても、最低5年間は登録内容が消えません。しかし、この5年間で借金に頼らない生活を身につけることができます。

この登録があると、クレジットカードもカードローンも利用することができません。新規の申込は不可能ですし、更新も断られます。それより、早めにすべてのクレジットカードやカードローンを解約する方が賢明です。

ブラックリスト明けにどうするか

5年後に信用情報を照会し、すべての事績が消滅したことを確認します。

しかし、スーパーホワイトと呼ばれる信用情報は、信販会社の警戒対象です。クレジットカードの申込をしても審査に落とされることが多いです。

しかし、スーパーやガソリンスタンドのクレジットカードは審査が緩めです。ひょっとしたら審査に通るかもしれません。そうしたらチャンスです。

以下に審査の甘いくれじっとカードの記事があるので時間がある時にでも参考になさってください!

少しずつ信用を回復させよう

なんとか審査を通過したクレジットカードは信用を作る手段です。間違っても支払遅延を起こしてはいけません。そして、毎月少額でいいので使い続けることも大切です。

毎月の利用があり、かつ支払遅延もなければ「優良顧客」です。そんな実績を作ることで、多少は審査が厳しい別のクレジットカードの審査にも通るようになります。

このようにしてゆっくりと自分の信用を回復させ、再度クレジットカードを自由に利用できるようにするのです。任意整理であれば、信用情報機関のデータが消えれば、債務整理対象の信販会社以外にこのことを知る人はいません。

信用回復とともに、新しい人生を再出発させることができます。

今回は、毎月のカードの支払いが困難になったときに考えたい自己破産と債務整理について分かりやすく解説しますという話題でした。なるべく債務整理にはお世話になりたくないですね。リボ払いは気を付けないと雪だるま式に債務が膨らんでいくのでシッカリと管理して有効に使いった方がいいですね。

参考リンク:

審査の甘いクレジットカードは消費者金融系のライフカードが有名です。審査に不安のある方は以下の記事もあわせてどうぞ。

🙂関連のおすすめ記事!

リボ払いの落とし穴を分かりやすく解説!リボ払いで債務整理に陥ることがあるのはなぜ?

  ちょっと高いものを買う際に便利なリボ払い。でも、一歩間違うと真綿で首を絞められるようなことになりかねません。ひとつだけなら少額の支払でも、たくさん利用すると支払額は増加して手に負えなくったという人も多くなります。 では、リボ払いを利用するうえで知っておきたいことを解説します。リボ払いを検討されている方は是 …

続きを見る

 😛 クレジットカードニュース編集部のフォローを是非ともお願いします!

-クレカ入門

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.