電子マネー

SuicaとPASMOはどっちがいい?SuicaとPASMOの違いや基本情報と特徴をを分かりやすく解説!

更新日:


 

SuicaとPASMOとは?

今回は交通系ICカード・電子マネーのSuicaとPASMOの違いについて解説したいと思います。

両方とも鉄道系電子マネーですから、改札機にタッチすれば鉄道利用ができます。都心部に限らず全国で利用できるため、都心部に出張の機会がある地方在住者も便利に利用できます。まずはSuicaとPASMOの基本的な情報から解説いたします。

Suica基本情報

Suicaは、切符やお財布代わりに利用できるJR東日本が発行する交通系ICカード・電子マネーです。Suicaを決済手段とし導入している加盟店は全国で38万店にのぼるので電子マネーとしての利用範囲に困ることはないですね。

JRの改札ではSuicaをかざすだけで自動的に清算されて改札を通過できるので、切符を毎回購入する手間も省けます。

Suicaで、北海道から九州までKitaca、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、icscaの各エリアにおける鉄道・バス等のご利用が可能になります。

発行会社 利用交通機関 加盟店
JR東日本 全国のJR 38万店

Suicaに残高をチャージする方法は、コンビニ・モバイルSuica・クレジットカードのオートチャージでチャージすることができます。

  • モバイルSuicaでチャージ
  • コンビニで現金チャージ
  • クレジットカードでオートチャージ

スポンサーリンク

モバイルSuicaでチャージ

モバイルSuicaはJR東日本が提供する会員制のサービスになっていて、利用している携帯電話を登録すると、携帯をかざして電車にのったり電子マネーでの買い物が出来るようになっています。

このモバイルSuicaに登録するとSuicaへのチャージが簡単にできるようになります。

  1. 登録しているクレジットカードからチャージ
  2. 自動改札でオートチャージ
  3. 銀行口座からチャージ
  4. 携帯電話会社のキャリア決済でチャージ

では、各チャージ方法について解説しますね。

1番のモバイルSuicaに登録しているクレジットカードからのチャージは、モバイルSuicaのメニューから「SF電子マネー」を選び入金(チャージ)を選択して金額を入力すればSuicaにチャージが簡単にできます。

1回のチャージ金額は1,000円単位で10,000円まで出来るようになっています。

2番の自動改札でオートチャージはモバイルSuicaをかざして自動改札を通る時にSuicaの残高が設定した金額より少なくなっていたら登録しているクレジットカードから自動で設定した金額がチャージされます。

オートチャージを設定していれば改札を通る時にSuicaの残高を気にしなくてもいいのでかなり便利な機能になります。

このオートチャージに登録できるクレジットカードは決まっているので注意が必要です。

Suicaにオートチャージ出来るクレジットカードは以下になります。

「ビュー・スイカ」カード 「ビュー・スイカ」リボカード ビューゴールドプラスカード
ルミネカード アトレビューSuicaカード JALカードSuica
ビックカメラSuica 大人の休日倶楽部ミドルカード 大人の休日倶楽部ジパングカード
ジェクサービュー・スイカカード フェザンカード ペリエビューカード
weビュー・スイカカード エスパルカード イオンSuicaカード
横浜バンクカードSuica ANA VISA Suicaカード みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
SMBC CARD Suica スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ VISA」  

オートチャージ機能は便利なのでSuicaを日常的に利用する場合は、上記のオートチャージ機能が利用できるクレジットカードを持っておくといいですね。

3番の銀行口座からのチャージは、「みずほ銀行」「三菱東京UFJ銀行」「じぶん銀行」の3行が対象です。この銀行口座でモバイルバンキングの手続きが済んでいることが利用の条件になります。

ただ銀行口座からのチャージの場合はチャージするときに銀行に手数料を支払わなければならないので、あまり現実的なチャージ方法ではないと思います。

  • 指定銀行3行で事前にモバイルバンキング登録が必要
  • チャージする際に手数料が発生する

4番の携帯電話のキャリア決済でチャージは、毎月の携帯電話料金から請求される形でチャージできます。ただ、1ヶ月で3,000円までの利用に限定されているので実際にはあまり使えないのかなーと思います。

  • 携帯代金に合わせて請求される
  • 1ヶ月で3,000円までのチャージ
  • 手数料は無料

PASMO基本情報

PASMO(パスモ)は株式会社パスモが発行する交通系ICカード・電子マネーです。都心部の私鉄が共同発行しているPASMOなので、私鉄利用者はPASMOの方がお勧めであることは言うまでありません。

PASMOは都心部の私鉄利用者にお勧めの鉄道系電子マネーです。

加盟している各鉄道会社で発行しているクレジットカードにはPASMO機能がついていることがほとんどです。

また、Suica同様に定期券と一体化したクレジットカードも発行していますから、通勤の際にも便利です。

SuicaもPASMOも共通利用できますから、鉄道利用という面では両者に差は全くありません。

PASMOのチャージ方法

PASMOに残高をチャージするには、駅の券売機でチャージ・バス車内でチャージ・コンビニでチャージとオートチャージ対応のクレジットカードでチャージする方法になります。

  • 駅の券売機でチャージ
  • バス社内でチャージ
  • コンビニでチャージ
  • クレジットカードでオートチャージ
  • クレジットカードでクイックチャージ(2017年3月18日から)

PASMOのオートチャージ機能は、改札機を通過するときのあらかじめ指定した金額よりPASMOの残高が少なくなっていた場合に登録しているクレジットカードから自動でチャージする機能で、とっても便利です。

PASMOのオートチャージ機能に対応したクレジットカードは以下になります。

 小田急OPクレジットカード  京王パスポートカード  京急プレミアポイント ゴールド/シルバー
 京成カード  SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/SEIBUプリンスカード  相鉄カード
 東急カード  東武カード  Tokyo Metro To Me CARD
 横浜交通hama-eco card    

クイックチャージは2017年3月18日から開始の新しいチャージ方法で、オートチャージ機能付きPASMOを利用している方なら自動券売機で必要な金額をチャージすることができます。

申込書はPASMO鉄道事業者の駅、もしくはカード会社にて配布されています。

PASMO利用が多い方ならクレジットカードが一体型になったカードがおススメです。一体型カードは以下になります。

パスタウンPASMO(JCB) パスタウンPASMO(三井住友カード) パスタウンPASMO(三菱UFJ二コス)

SuicaとPASMOの違い

モバイル対応の違いでSuicaがお勧め

では、実際にどちらを利用した方がいいのでしょうか。Suicaはモバイル対応をしています。つまり、スマホがSuicaになるのです。

この機能はアンドロイド系のスマホだけではなく、iPhone7も対応しています。モバイル機能がついたSuicaは定期券として利用できます。つまり、定期券入れが必要なくなるのです。

スマホタッチでコンビニ支払が楽勝になります。これが駅の改札でも実現するのです。モバイルSuica定期券を利用すれば、定期券入れも必要なくなります。

スマホだけでお出かけできるわけです。外出にカバンはいりませんよね。

PASMOは提携先の豊富さがメリット

ただし、クレジットカードとして考えると、提携先の多いPASMOは魅力的です。

どの鉄道会社も自社系列の百貨店などを持っていますが、その提携カードは当然と言えます。

しかし、それだけではなくJALANAとの提携カードもあります。地方都市から都心部に出張する人にとっては見逃せないはずです。

電子マネーしての機能や使い勝手はSuicaの方が上です。

しかし、提携している相手が多いという点はPASMOのメリットです。

鉄道系電子マネーは定期券や乗車券だけと割り切れば、モバイル機能はいらないでしょう。

それより会社帰りに百貨店で買い物をする際のメリットを重視する人も少なくないはずです。

自分の行動パターンに合わせてSuicaとPASMOのどちらにするかを選べばいいのではないでしょうか。

クレジットカードのANA VISA Suicaカードが5分でわかるおすすめポイント徹底解説

  この記事の目次(もくじ)1 ANA VISA Suicaカードが5分で分かるおすすめポイント!2 マイルがどんどん貯まる3 旅行傷害保険自動付帯で安心4 ANAカードとSuica機能が1 …

続きを見る

まとめ

今回は「SuicaとPASMOはどっちがいい?SuicaとPASMOの違いや基本情報と特徴をを分かりやすく解説!」でした。

SuicaとPASMOは自分の利用する交通機関がJR・私鉄どちらをメインに利用しているかでかわってくるのでJRメインの方ならSuicaのオートチャージ機能付きクレジットカードがいいですね。

審査申込み基準が甘いクレジットカード

クレジットカードニュース編集部が自信を持っておすすめする審査申込み基準の甘いクレジットカードは「セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

 株式会社セディナは信販系のカード会社です。審査の申込み基準が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」となっていて、専業主婦やフリーターの方でも申込みが出来るクレジットカード。

セブンイレブンでいつでもポイント3倍!年会費無料なのに傷害保険がついてくるなどお得なクレジットカードに仕上がっています。

カード会社の信用情報を上手に積み重ねるうえでも、最初の1枚に最も適したカードですね!

-電子マネー

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.