お金を管理する

夫婦で共有できるおすすめ家計簿アプリ5選!

夫婦におすすめの家計簿アプリ5選

「家計簿アプリは本当に便利なの?」

「夫婦で共有できる家計簿アプリはある?」

このように悩んでいる方もいるでしょう。

家計簿アプリはスマートフォンがあればいつでもどこでも家計の確認ができる優れものです。

夫婦で共有することでお互いの意識が高まり、節約のモチベーションも維持しやすくなるでしょう。

そこで今回は、夫婦で共有できるおすすめの家計簿アプリをご紹介します。

家計簿アプリのメリットや便利な機能などについてもまとめていくので、ぜひ参考にしてみてください。

※当記事は2024年現在の情報になります。

このページで分かること

  • 夫婦で共有できるおすすめの家計簿アプリ
  • 家計簿アプリとは
  • 家計簿アプリのメリット
  • 家計簿アプリのデメリット

※本ページにはPRが含まれます。

家計簿アプリとは

家計簿アプリは、個人や家族の日々の収入と支出を管理できるツールです。

スマートフォンやタブレットなどのデバイスにインストールし、支出や収入を記録することで、財布やノートを使わずに家計の管理ができます。

家計簿アプリには支出のカテゴリ分けやグラフ表示機能があるので、お金の流れを可視化しやすいのが特徴です。

また、定期的な支払いや予定された支出を予測し、赤字にならないようにサポートも行ってくれます。

さまざまな機能や使いやすい操作性を備えており、賢いお金の使い方をサポートするのに役立つツールです。

家計簿アプリのメリット

家計簿アプリには多くのメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

簡単に記録できる

家計簿アプリの最大のメリットは、簡単に収入や支出を記録できることです。

スマートフォンやタブレットを使ってアプリを操作するだけで、日々の支出や収入を素早く入力できます。

手書きの家計簿と比べて、ボタン操作や選択肢から選ぶだけで情報が入力されるため、手間がかかりません。

また、いつでもどこでも記録できるため、外出先や買い物中でも簡単にデータを追加できます。

正確なデータを効率的に集められるため、財務管理が容易になるでしょう。

便利な機能が備わっている

家計簿アプリには便利な機能が備わっており、日常の財務管理を効率的にサポートしてくれます。

便利なのが自動でカテゴリーを分けてくれる機能です。

自動でカテゴリ分けされるため、支出を食品や交通費、娯楽などのカテゴリに分類してくれます。

どの項目にいくら使ったかを一目で確認できるため、無駄な支出を把握しやすくなります。

また、定期的な支払いや予算の管理を補助する機能もあります。

アプリ内で支払いのスケジュールを登録しておくことで、支払い日に通知がきます。

通知が来ることで支払い忘れを防げるため、延滞料金などのリスクも避けられるでしょう。

さらに、予算を設定することで実際の支出と比較できる機能があるため、自身のお金の使い方を客観的に確認できます。

無駄遣いしている部分などが一目でわかるため、節約にもつながるでしょう。

その他にも、グラフやチャートで収支の推移を視覚的に確認できる機能や、複数のデバイスでデータを同期する機能、セキュリティ機能によるデータの保護などがあります。

家計簿アプリにしかない便利な機能が豊富に備わっているので、毎日の家計管理も簡単になるでしょう。

口座残高やクレジットカードの利用状況を一元管理できる

ユーザーが複数の銀行口座やクレジットカードを持っている場合でも、家計簿アプリを活用することで情報を一元管理できるのがメリットです。

通常は、複数の銀行やクレジットカード会社から提供される明細書や通知をひとつずつ確認するのは手間がかかります。

しかし、家計簿アプリを使用すれば、情報をアプリに一元的に取り込めます。

取引履歴を自動的に同期できるため、口座残高やクレジットカードの利用状況をリアルタイムで表示してくれるのです。

上記の機能により、ユーザーは常に自身の資金状況を把握しやすくなります。

支出と収入をこまめに把握することで、予算オーバーや無駄遣いの予防にもつながるでしょう。

また、アプリが自動的にデータを集計してくれるため、正確な財務情報を得られ、効率的な家計管理が可能となります。

レシートを入力する手間が省ける

従来の方法では、毎回の買い物ごとにレシートの情報を手動でアプリに入力する必要がありました。

しかし、家計簿アプリを活用することで、この手間を大幅に削減できるのです。

家計簿アプリにはレシート読み取り機能があるものが多いです。

ユーザーがレシートの写真を撮るだけで自動的に情報を抽出できる画期的な機能の1つでもあります。

商品名や価格、購入日などの詳細が正確に読み取られ、支出データとしてアプリに記録されます。

手作業にかかる時間やヒューマンエラーのリスクを軽減できるだけではなく、支出の漏れを防げるので正確な支出管理が可能です。

さらに、複数のレシートを同時に処理することもできます。

アプリは高度な画像認識技術を活用するため、短時間で多くの情報を解析してくれます。

正確な情報を簡単に家計簿アプリに記録できるため、毎日の記入が面倒に感じる方でも続けやすいでしょう。

いつでもどこでも確認できる

家計簿アプリでは、いつでもどこでも支出や収入を確認できるのもメリットの1つです。

スマートフォンやタブレットにアプリをインストールしておけば、外出先や家の中など、どんな場所でも財務情報をリアルタイムでチェックできます。

いつでもどこでも家計の状況を確認できるため、健全な財務管理を維持するのに役立つでしょう。

家計簿アプリのデメリット

家計簿アプリには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

メリットとデメリットを比較した上で、家計簿アプリを検討することが大切です。

機能によってはお金がかかることも

家計簿アプリには便利な面がありますが、一方でデメリットも存在します。

その一つに、アプリの機能によっては有料であることが挙げられます。

一部の高度な機能やプレミアムバージョンを利用する際は、月額料金や一度の支払いが必要な場合も。

無料版と比べて追加の費用がかかるため、使いたい機能に応じてコストが増える可能性があります。

ただし、必要な機能だけを選べば無駄な支出を避けられます。

アプリを選ぶ際には、自身のニーズに合ったプランを検討し、コストと利便性をバランスよく考えることが重要です。

セキュリティーリスクがある

家計簿アプリには便利さがある一方で、セキュリティー面のデメリットも考慮しなければいけません。

アプリに個人の収支情報や金融データを入力するため、ハッカーや不正アクセスのリスクがあります。

万が一、アプリが不正に侵入された場合、個人情報が漏洩する可能性があるため、セキュリティー対策は欠かせません。

信頼性の高いアプリを選び、パスワードや指紋認証などのセキュリティー機能を活用して、データを徹底的に守ることが大切です。

また、アプリの更新やセキュリティーパッチの適用も怠らずに行い、セキュリティー上のリスクを最小限に抑えましょう。

機種変の際は再設定が必要な場合も

機種変更やデバイスの乗り換え時に再設定が必要なのもデメリットの1つです。

新しいスマートフォンやタブレットにアプリを移行する際、過去のデータや設定を再度入力しなければいけないことがあります。

手間がかかるだけでなく、正確なデータを再度入力する必要があるため、面倒な作業となるでしょう。

また、データの移行がうまくいかない場合、過去の記録や履歴が失われるリスクもあります。

アプリのデータのバックアップや移行方法を事前に確認しておき、スムーズな切り替えができるように工夫しておくことが大切です。

家計簿アプリを選ぶときのポイント

近年では多くの家計簿アプリが誕生しています。

自分に合った家計簿アプリを選ぶためにも、以下のポイントに注目してみてください。

家計簿アプリを選ぶときのポイント

  • 機能性を確認する
  • 無料で利用できるか
  • 使いやすいか
  • 共有機能の有無
  • セキュリティー
  • 支出をグラフ化できるか
  • パソコンにも対応できるか

以下で上記のポイントをそれぞれ詳しく解説します。

機能性を確認する

家計簿アプリに備わっている機能を確認しましょう。

連携機能やレシート読み取り機能、自動集計機能などの基本的な機能が適切に備わっているかチェックしてみてください。

基本的な機能が整っていることで、手動作業を最小限に抑えつつ正確なデータ収集が可能になります。

また、アプリのカテゴリ分類やグラフ表示、予算設定などの機能も便利なので、備わっているか確認してみてください。

その他にも、アプリの利用料金や広告の有無、データのバックアップとセキュリティ対策なども考慮すべき点です。

家計簿アプリを選ぶ際には、財務目標に合わせた機能性を重視して選ぶことが大切です。

無料で利用できるか

家計簿アプリを選ぶ際、無料で利用できるかどうかも重要なポイントです。

無料の家計簿アプリでも機能が豊富に備わっていたり、使いやすかったりなど多くのメリットがあります。

余計な費用を負担する必要もないので、家計に影響が加わることもありません。

無料アプリのメリットは、手軽に導入できることです。

コストを気にせずに試すことができ、自分に合ったアプリを見つける手助けとなります。

しかし、無料アプリには制限が設けられていることもあります。

高度なカスタマイズや詳細な分析機能、広告の表示の有無などは有料アプリと比べると劣ってしまうでしょう。

一方で、有料プランを選ぶと上記の機能が提供されることもありますが、利用料金がかかってしまいます。

無料アプリを選ぶ場合は、自分のニーズと目標に合った基本機能を提供しているかを確認し、その後に有料プランのオプションを比較することがおすすめです。

使いやすいか

家計簿アプリを選ぶ上で重要なのが、使いやすさです。

アプリが使いにくいと、正確な家計管理が難しくなる可能性があります。

使いやすいアプリは、直感的な操作性を持ち、スムーズに操作ができるというのが特徴的です。

アプリ内の機能やボタンが分かりやすく配置されていることで、新しいデータの入力やカテゴリ分類、支出の追跡が簡単に行えるでしょう。

また、アプリのデザインやカラーリングも重要です。

視覚的に情報を理解しやすいデザインは、効果的な家計管理をサポートしてくれるでしょう。

カスタマイズや表示方法の選択肢が豊富なアプリであれば、自分の好みに合わせて調整できるので、より使いやすくなる可能性が高いです。

使いやすさはユーザー体験に直結するので、評価や口コミを参考にするのも良いでしょう。

さらに、デモやトライアル版があれば積極的に試してみるのがおすすめです。

デモやトライアル版を試すことで、自分がどれくらい快適に使用できるかを確認できます。

共有機能の有無

共有機能の有無も重要なポイントの1つです。

共有機能が備わっていることで、家族やパートナーと共同の財務管理を行う際に役立てられるでしょう。

共有機能があれば、複数のアカウントで同じアプリを利用しながら、収入や支出、予算に関するデータを共有できます。

同じデータを共有することで、家族全員が実際の経済状況を把握できるため、協力して予算設定や支出の管理を行えるでしょう。

共有機能の中には、特定のデータを選んで共有したり、コメントを残したりする機能もあります。

意思疎通がスムーズに行えるので、共同で家計を管理する際のミスや誤解を防げるのも魅力の1つです。

セキュリティー

個人の財務情報や取引履歴を扱うアプリは、高いセキュリティー対策が不可欠です。

セキュリティー対策が甘いと、ハッカーや第三者のアクセスにより個人情報が流出してしまうかもしれません。

個人情報を守るためにも、アプリがどのようにデータを保護しているかを確認しましょう。

最新の暗号化技術を使用しているか、ユーザー認証やパスワードの強度を強化できるかをチェックしておくと良いです。

また、アプリ提供者がセキュリティーに関する詳細情報を提供しているかも確認すると良いです。

アプリがどのようにデータを扱うのかも調べておきましょう。

データはクラウド上に保存される場合もあるため、その際の暗号化やバックアップの方法を確認しておいてください。

セキュリティー対策は絶えず進化するため、アプリ提供者が積極的にアップデートを行っているかどうかも確認し、個人情報が流出しないように徹底リサーチをしておくことがおすすめです。

支出をグラフ化できるか

支出をグラフ化できるかどうかも選ぶ際の重要なポイントです。

支出を視覚的にわかりやすいグラフやチャートで表示できる機能は、財政状況を把握しやすくするのに役立ちます。

グラフ化された支出データは、特定の期間やカテゴリごとの支出傾向をスムーズに把握できるため、ムダな支出や節約のポイントを見つけやすくなります。

効果的な予算設定や節約できるポイントが見つかりやすくなるので、効率よく家計管理ができるでしょう。

ただし、家計簿アプリごとにどのようなグラフ化機能を取り扱っているのかが異なるので、自分が使いやすいかどうかも確認しておくことが大切です。

日ごと、週ごと、月ごとの支出トレンドを確認したり、カテゴリ別の支出比率を見られると便利でしょう。

また、自分の好みに合わせてグラフのスタイルや色を調整できるかどうかも考慮すべき点です。

パソコンにも対応しているか

家計簿アプリはスマートフォンがあればいつでもどこでも確認できるのが魅力ですが、できればパソコンに対応しているものがおすすめです。

パソコン対応のアプリであれば、モバイルデバイスだけでなく、大きな画面で利用できます。

大きな画面で支出やグラフを見ることで、見間違い等も防げるでしょう。

またパソコンで家計簿を管理することは、複雑なデータ入力や分析作業を行う際に特に便利です。

キーボードやマウスを使ってデータを入力できるため、素早く正確な情報を登録できます。

大画面での表示はグラフやレポートがより見やすくなるので、目が悪い方にもおすすめです。

さらに、パソコン対応のアプリはファイルのエクスポートやバックアップがしやすい場合があります。

重要な財務データをデスクトップのアプリケーションで管理することで、データの保護や整理も効率的に行えるでしょう。

おすすめの家計簿アプリ5選

近年では多くの家計簿アプリが誕生しているので、どれを選べば良いか分からないと迷っている方もいるでしょう。

今回は数多くある家計簿アプリの中でも、特におすすめのアプリをご紹介します。

おすすめの家計簿アプリ5選

  • マネーフォワード ME
  • おカネレコ
  • Zaim
  • OsidOri
  • Moneytree

それぞれの家計簿アプリの特徴や魅力を解説していくので、自分に合ったアプリを見つけてみてください。

マネーフォワード ME

おすすめポイント

  • 豊富な機能が備わっている
  • 分かりやすいグラフを作成できる
  • 入力の手間を省ける

マネーフォワード MEは、銀行口座やクレジットカードを連携し、収入と支出を自動的に集計することで、正確な家計管理を実現できるのが特徴です。

支出や収入をわかりやすいグラフで表示してくれるため、トレンドやカテゴリの比較を視覚的に把握できます。

グラフを一眼見るだけで簡単に家計の把握ができるので、初めて家計簿アプリを使う方にもおすすめです。

また、豊富な機能が備わっているのも魅力の1つです。

連携機能だけではなく、レシート読み取り機能も備わっているため、写真を撮るだけで簡単に情報を読み取ってくれます。

手間を省きながら支出データを記録できるので、家事や仕事などが忙しくて時間がない方でも使いやすいでしょう。

使いやすさと便利な機能が組み合わさったマネーフォワード MEは、効果的な家計管理をサポートしてくれる画期的なアプリです。

おカネレコ

おすすめポイント

  • シンプルな操作でわかりやすい
  • レシート読み取り機能が便利
  • 適切な予算設定が出来るようにサポートしてくれる

おカネレコは使いやすい操作性で、収支の記録がシンプルに行えるのが特徴です。

豊富な機能の中でも特に便利なのが、レシート読み取り機能です。

レシート読み取り機能を活用すれば、取引情報の自動入力ができます。

支出のカテゴリごとに予算を設定し、目標に対してどれだけの余裕があるかをリアルタイムで確認できるのも魅力の1つ。

また、支出と収入の履歴をグラフや表で可視化できるので、自身の財政状況を簡単に把握できます。

おカネレコは効率的な家計管理をサポートする上で頼りになるアプリです。

Zaim

おすすめポイント

  • シンプルな操作性
  • 通知機能が備わっており、記録忘れを防げる
  • グラフ表示がわかりやすい

Zaimはシンプルな操作で家計簿を管理できるアプリです。

支出や収入をグラフで表示できるため、トレンドやカテゴリ別の比較がわかりやすくなります。

Zaimでは基本的な機能だけではなく、便利な機能が備わっているのも魅力の1つです。

中でも通知機能は、家計簿の付け忘れを防げるので、初めて家計簿をつける方にも向いているでしょう。

Zaimはシンプルさと便利な機能を組み合わせた家計簿アプリなので、賢い財務管理をサポートしてくれますよ。

OsidOri

おすすめポイント

  • 初心者の方でも使いやすい
  • グラフ表示がわかりやすい
  • 柔軟なカスタマイズ性

OsidOriは初心者の方でも使いやすく家計簿を管理できるアプリです。

支出と収入をわかりやすいグラフで表示してくれるため、トレンドやカテゴリをそれぞれ簡単に把握できます。

また、カスタマイズ性が高く、自分の好みに合わせてカテゴリや表示方法を調整できるのも魅力の1つです。

さらに、予算の設定や通知機能も備えており、支出をコントロールするのに役立てられるでしょう。

OsidOriは自分が使いやすいようにカスタマイズできるので、家計簿をつけるのが面倒だと感じている方でも続けやすいでしょう。

Moneytree

おすすめポイント

  • 連携機能が便利
  • 銀行口座やクレジットカードも一元管理できる
  • 複数通貨に対応している

Moneytreeは複数の銀行口座やクレジットカードを一元管理できるアプリです。

さまざまな金融機関との連携が可能で、収支情報を自動的に集計して表示してくれます。

またレシート読み取り機能を使えば、写真を撮るだけで支出データを登録できます。

毎日の記録が面倒に感じる方でも、レシートを写真で撮るだけで記録できるので、続けやすいでしょう。

さらに、複数通貨にも対応しており、海外旅行や国際取引の支出も管理できます。

よく海外旅行に行く方や仕事で海外に行く機会が多い方に向いているアプリです。

家計管理で悩んでいるならキッズ・マネー・ステーションに参加してみよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

家計をやりくりする上で家計簿をつけるのは欠かせないポイントだといえます。

しかし、家計簿といってもどのようにつければ良いのか悩んでいる方も多いでしょう。

家計簿や家計管理で悩んでいるならキッズ・マネー・ステーションへの参加がおすすめです。

キッズ・マネー・ステーションではそれぞれの悩みに対応できるように、豊富なプログラムを整えています。

家計管理に特化したプログラムも備わっているので、ぜひ参加してみると良いでしょう。

実際に子育て経験のある人やお金のプロが講師として教えてくれるので、日常生活に役立てられる家計のポイントなども勉強できますよ。

まとめ

今回は夫婦で共有できて便利な家計簿アプリをご紹介しました。

家計簿アプリと言っても様々な種類が誕生しているので、どれを選べば良いか迷ってしまうもの。

家計簿アプリを選ぶ際は使いやすさや機能性など、いくつかのポイントを比較検討した上で自分に合ったものを選ぶことが大切です。

1つの家計簿アプリではなく、複数のアプリを比較しながら決めていくと良いでしょう。

使い慣れるまでに時間がかかることもあるかもしれませんが、レシート読み取り機能や自動集計機能など便利な機能が備わっているので、毎日の家計管理も簡単に行えるようになります。

家計簿アプリで毎日の収支を簡単に管理しましょう。

-お金を管理する

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス