電子マネー

電子マネーを使用するメリットを知っておこう!

電車やバス・コンビニ・ドラッグストアと当たり前のように使用されている電子マネー。現代生活においてはもはや必須のアイテムになります。
電子マネーには「カードを端末にかざすだけで支払いができる」・「小銭を持ち歩かなくていい」といった便利さがあるだけではなく、ポイントが貯まるなどのメリットがあります。

電子マネーっていったい何?

電子マネーとはチャージ(入金)しておくことで対応する端末のある駅や店舗などで支払いができるツールです。
一般的にカード式のものが普及しています。
主にスーバー・コンビニ系・交通系・その他一般系があります。

電子マネーのメリット

電子マネーの最大のメリットは、小銭が不要になる点でしょう。持ち歩きだけではなく、支払いの際の受け渡しの煩わしさからも解放されます。

クレジットカードと紐づけする事でポイントを獲得できる特典も魅力的なメリットになります。

チャージや紐づけ方法

専用端末でチャージ

チャージにはカードごとに専用の端末を利用します。
交通系では券売機やATM、スーパー・コンビニ系ではレジや専用チャージャーなどがあります。
端末にはオートチャージなどの設定ができるものもあります。

専用端末かネットで紐づけ

専用端末やWebサイトでクレジットカードを登録します。利用できるカードは電子マネーごとに異なり、ポイントなどの特典にも違いがあります。
クレジットカード一体型の電子マネーもあります。

電子マネーのお得ポイント

クイックペイ

クイックペイは毎月9日を「クイックペイの日」としていてキャンペーンを行っています。
抽選で当たればキャッシュバックなどを受けれたりします。

解説!QUICPay(クイックペイ)の特徴と上手な利用方法!

nanaco

nanacoは毎月8日にイトーヨーカ堂ハッピーデーを実施。
nanaco利用で食料品・衣料品・住まいの品が5%OFFになります。

ハッピーデー

電子マネー「nanaco」とは?特徴を詳しく解説!

WAON

イオンで毎月20日・30日の「お客様感謝デー」にWAONを使うと5%OFFになります。
また、10日は「ありが10デー」でポイントが5倍になります。

ありが10デー

電子マネー「WAON」とは?特徴を詳しく解説!

交通系電子マネー

電子マネーの中でも多いのが交通系電子マネー。
クレジットカードと紐づけすることで利便性がぐっとあがります。

Suica

suica

JR東日本が中心に展開するSuica。普通列車やグリーン車の利用や、お買物にも使えます。
KIOSKなどの加盟店での支払いでポイントが貯まる上にビューカードからチャージすると1.5%プラスになります。

SuicaとPASMOはどっちがいい?SuicaとPASMOの違いや基本情報と特徴をを分かりやすく解説!

PASMO

PASMO

紐づけするクレジットカードによってオートチャージ時の獲得ポイントや乗車ポイントに差があります。
東京メトロが発行する「To Me CARD」の場合、平日2P、土日祝6Pの乗車ポイントが付与されます。

PiTaPa

PiTaPa

交通機関の割引サービスは利用状況によって約20%引きになることも!
関西圏の私鉄やバスなどの交通機関のエリアで利用する際は後払い(ポストペイ)、全国相互利用の対象エリアでは先払いになります。

nimoca

nimoca

西日本鉄道が中心となり、九州北部で展開。
エリアの電車・バスの利用で付くカードポイント、買い物利用で付くセンターポイントがあります。カードポイントは特にバスの利用が高還元率。

-電子マネー

© 2022 クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部