オススメのクレジットカードの特徴を解説【2019年最新版】

クレジットカードニュース編集部

ANAカード ポイント

マイルが貯まるソラチカカードの能力は?審査基準や口コミを解説!

更新日:

マイルが貯まるソラチカカードの能力は?審査基準や口コミ・ソラチカルートも解説!

ANAが発行しているソラチカカードは陸マイラーの間では有名すぎるほどのマイル最強のカード。ANAマイラーを目指すなら必携です。

クレジットカードを1枚のみに絞るならソラチカカードがまず候補に挙がるといったすごいクレカです。

まー1枚に絞る必要はないと思いますがw

この記事ではソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の特徴や審査基準を詳しく解説していきます。

 🙂 ソラチカカードのキャンペーンについては次の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね!

ソラチカカードのキャンペーンを詳しく解説!最大20,200マイル【2018年8月最新版】

🙂関連のおすすめ記事!

ソラチカカードのキャンペーンを詳しく解説!最大37,700マイル+500メトロポイント【2019年4月最新版】

陸マイラーの方に超有名な通称ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)が2019年4月も大型キャンペーンを実施中です! ANAマイルを効率よく貯めて旅行に行きたいという方は絶対持っておきたいクレジットカードですよ! ソラチカカードは、空(ANA)と地下(東京メトロ)でポイントを貯められるところか …

続きを見る

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)とは?

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

公式サイト最大37,700マイル相当+500メトロポイントプレゼント中!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)公式サイト

空(ANA)と地下(東京メトロ)でポイントを貯められるところから通称ソラチカカードと呼ばれています。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は通常のお買物ではJCBのポイントが貯まり、ANAを利用すると搭乗マイルが貯まり、PASMO機能で東京メトロを利用するとメトロポイントとあらゆるシーンでポイント・マイルが貯まります。

メトロポイント 乗車ポイント

メトロポイントは東京メトロ1乗車につき5ポイント、土日・休日は1乗車で15ポイントたまります。

  • お買物でJCBのOkiDokiポイント
  • ANA利用で搭乗マイル
  • 東京メトロ利用でメトロポイント

メトロポイントの交換率がスゴイ!

ポイント相互交換

ソラチカカードは交通系ICカードのPASMOの機能が一体となったクレジットカードなので、東京メトロの利用でメトロポイントが貯まります。

この貯まったメトロポイントがソラチカカードなら100メトロポイントで90ANAマイルに交換する事が出来ます。

ソラチカカード以外のメトロカードの場合は100メトロポイントで60マイルにしか交換できないので、ソラチカカードなら1.5倍で交換できることになります。

ちなみに楽天カードのポイントは100ポイントで50ANAマイルにしかなりません・・・

  • ソラチカカード:100メトロポイント=90ANAマイル
  • 他メトロカード:100メトロポイント=60ANAマイル
  • 楽天カード:100楽天スーパーポイント=50ANAマイル

この交換率の差がソラチカカードの魅力です。

ソラチカカード公式サイト

公式サイト最大37,700マイル相当+500メトロポイントプレゼント中!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)公式サイト

PASMOオートチャージ・定期券にも対応

定期券搭載可能

ソラチカカードはPASMOへのオートチャージにも対応しているので、設定さえ行えば改札などでの残高不足になることがありません。

また通勤・通学にPASMO定期券を利用している方はソラチカカード1枚で定期券も利用することが出来ますよ。

もちろんオートチャージや定期券購入の際にもJCBのOkiDokiポイントが貯まります。

JCBのポイントもマイルに交換

ソラチカカードはJCBブランドなのでショッピングなどでの利用で、JCBの提供するOkiDokiポイントが1,000円利用ごとに1ポイント貯まります。

またANAカードマイルプラス提携店でソラチカカードを使うとOkiDokiポイント以外に100円または200円で1マイルが貯まるのでマイルも貯まるので2重取りになります。

公式サイトANAカードマイルプラス加盟店一覧

1ポイントは5~10ANAマイルに交換が出来ます。

1ポイントを5ANAマイルに交換する際は無料で交換ができますが、1ポイントを10ANAマイルに交換するには年間で5,400円の手数料がかかります。

ただ5,400円はかかってしまうものの1,000円の利用で10ANAマイルが貯まるのは大変魅力です。

マイルを貯めて海外旅行や家族旅行を考えている方には10マイルコースが絶対お得です。

10マイルコースにしない理由がないというくらいの差がでますよ。

例えば、ソラチカカードで20万円分の買い物をした場合、OkiDokiポイントが200ポイント貯まり、このポイントを10マイルコースで交換すると2,000ANAマイルが貯まります。

20万円の利用で2,000マイルはかなり美味しい話ですよね。

ANAマイルはローシーズンであれば、17,000マイルでシンガポールを往復、韓国なら12,000マイルで往復できます。

公式サイトANAマイルを使う-国際線特典航空券

■マイルの移行の概要
通常獲得ポイント
マイル移行手数料10マイルコース年間5,400円(税込)
5マイルコース無料
マイル移行レート10マイルコース1,000円=1ポイント=10マイル
5マイルコース1,000円=1ポイント=5マイル
移行単位1ポイント以上1ポイント単位
マイル移行手続きマルチポイントコース必要
マイル自動移行コース不要(自動移行)
クレジットカードで貯めたマイル!上手に利用するために知っておきたい「マイルの疑問」

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカードで貯めたマイル!上手に利用するために知っておきたい「マイルの疑問」

  マイルを上手に貯めるならフライトだけではなく、クレジットカードを利用して日常の買い物でも上手に貯めたいところです。 JALカードやANAカードなら普段のお買物代金や公共料金の支払いでもマイルが貯まります。各カード提携の特約店を利用すれば普段使いでどんどんマイルが貯まります。 今回は、貯めたマイルでよくある …

続きを見る

🙂関連のおすすめ記事!

ANAマイルを貯めて旅行に行こう!1年でどれくらいマイルを貯められるかを解説します。

ANAユーザーがANAマイルを貯めるのは難しい事ではありません。 国内線でも頻繁に利用していれば、知らないうちにANAマイルは貯まります。マイルとは別にANAのプレミアムメンバーになる可能性もあります。 でも、「陸マイラー」と呼ばれるANAカードユーザーは、ANAカードの利用方法によってANAマイルの貯まり方も違ってき …

続きを見る

ソラチカカード公式サイト

公式サイト最大37,700マイル相当+500メトロポイントプレゼント中!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)公式サイト

ソラチカカードの審査申込み基準は?

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の審査申込み基準は「18歳以上で、 ご本人様または 配偶者に安定継続 収入がある方、または 18歳以上で学生の方 (高校生を除く)」となっています。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方もOK!

また学生の方も申込みOKです。基本的に学生のうちはクレジットカードを持ちやすくなっています。

ソラチカカードの評判は?

ソラチカカードのネット上での評判を集めてみました。参考にしてみてくださいね。

毎年ボーナスマイル1,000マイルがもらえる

ソラチカカードの年会費は初年度は無料です。

2年目以降からは2,160円の年会費が必要ですが、ANAや東京メトロを利用している方ならソラチカカードで貯めることが出来るマイルから考えると、この年会費は微々たるものですので、ここはケチらずに行きましょう。

またソラチカカードはカード入会時と毎年のカード継続時にボーナスマイルとして1,000ANAマイルがもらえます。

2年目以降の年会費も、毎年1,000マイルもらえると考えれば実質年会費も無料のようなものです。

海外旅行傷害保険が自動付帯

ソラチカカードはANAのクレカだけあって、海外旅行傷害保険が最高1,000万円の補償で自動的についてきます。

海外での購入した商品の盗難や破損などの場合にの補償も最高100万円付きです。

ただソラチカカードを持っているだけで保険に入っていることになるので、とっても便利です。

あと珍しいのですが、国内航空傷害保険が最高1,000万円付いています。

この国内航空傷害保険は、航空機内でのケガや飛行場内でのケガなど空港内での事故に対する保険で、この保険が付いているのは航空系のクレジットカードくらいになります。

保険はいくらあってもうれしいばかりなので、ありがたいところです。

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード付帯の旅行傷害保険を詳しく解説!自動付帯や利用付帯って何?

    多くのクレジットカードについている旅行傷害保険。中身はクレジットカードによって千差万別です。本当に必要な補償をよく理解して自分に合ったクレジットカードを選ぼう! 旅行傷害保険ってなに? クレジットカードに付帯するサービスで「海外旅行傷害保険最高3,000万円」などよく記載されています。 これ …

続きを見る

マイルや割引特典も多数

ソラチカカードは割引や優待の特典も多数受けられます。

  • ANAへの搭乗でボーナスマイルが10%
  • ANAカード会員専用の便利でおトクな割引運賃「ビジネスきっぷ」を利用出来る
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • ANA国内ツアー、ANA海外ツアー商品5%引き
  • ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で5%引き
  • ANAグループ空港内免税店での5%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス

ソラチカカード公式サイト

公式サイト最大37,700マイル相当+500メトロポイントプレゼント中!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)公式サイト

ポイントの有効期限がないから無期限でANAマイルを貯められるANAダイナースクラブもおすすめ!

すぐわかる!ANAダイナースカードの特徴

公式サイトマイルでハワイにいけるかも!?2019年4月30日まで合計最大82,000マイル獲得チャンス!ANAダイナースカード公式サイト

年会費は高めですがANAのマイルを実質無期限で貯めることができます!!もちろん、国内・海外旅行傷害保険が最高1億円の補償や、世界800ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「ダイナースクラブラウンジ」の利用などのダイナースクラブの特典もついてきます。

家族カードの年会費は6,000円(税別)となっていて、配偶者・両親・18歳以上(高校生を除く)の子供であれば何枚でも発行することができます。

なんと、家族カードでも本会員と同じ内容の国内・海外旅行傷害保険が付いていますよ!

ETCカードも年会費無料で5枚まで発行でき、ETCを利用した場合でもポイントが貯まるので通勤などで高速道路を利用している方はポイントがどんどん貯まりますよ!

100円=1ポイント=1マイルを実質無期限で貯められる!

100円=1ポイント=1マイルを実質無期限で貯められる!

ANAダイナースクラブのポイントは、カード利用につき100円につき1ポイントで1マイル相当(3円~5円相当)に移行ができます。

通常、ポイントは長くて2年ぐらいの有効期限が設けられていますが、ANAダイナースクラブのポイントは、有効期限がありません!

しかも、マイル移行上限もないため、ANAダイナースクラブなら期間を気にせずに長い年月をかけて大量のポイントを貯めることが出来きます。

そのため、実質マイルを無期限で貯めることができるということなります!!

 🙂 ANAダイナースクラブカードのポイントはマイル交換するのが一番お得ですよ!

他のクレジットカードでも、マイルに交換することは可能ですが、移行ポイント以下のマイルに交換されることが大半の中、1ポイントがそのまま1マイルになるのはお得です!

他のダイナースクラブの場合は、年会費6,000円(税別)が必要な「ダイナースグローバルマイレージ」に加入する必要がありますが、ANAダイナースカードはANAカードですので、もちろん加入不要なうえに、マイル移行上限なしでマイル移行手数料も無料となります。

移行上限がないので、20万ポイントでも、100万ポイントでもマイルに交換できますよ!しかも1ポイント単位で移行できます!

 🙂 ANAダイナースクラブカードについて詳しくは次の記事で解説していますので参考にしてみてくださいね!

ANAダイナースカードの特徴・審査基準や評判を解説!

🙂関連のおすすめ記事!

ANAダイナースカードの特徴・審査申請基準や評判を解説!

ANAのマイルを貯めたい方で、ハイクラスのカードが欲しい方はANAダイナースカードを作りませんか?100円=1ポイント=1マイルに交換できます。 数年前のダイナースクラブカードは入会資格が厳しく医師、弁護士や大手企業の役職者など、ハイクラスの方しか持てないクレジットカードでした。そのため馴染みがない方もいるかと思います …

続きを見る

ANAダイナースカードの公式サイト

公式サイトマイルでハワイにいけるかも!?2019年4月30日まで合計最大82,000マイル獲得チャンス!ANAダイナースカード公式サイト

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のスペック表

カード券面 ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
年会費

初年度年会費無料

2年目以降 2,000円(税別)

年会費(家族会員)1,000円(税別)
審査申込み基準18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。
旅行傷害保険海外:最高1,000万円
国内:なし
ショッピングガード保険海外:最高100万円
国内:なし
ポイントOkiDokiポイント・メトロポイント・マイル
追加可能カード

ETC

QUICPay

家族カード

ApplePay

設定可能

-ANAカード, ポイント

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2019 All Rights Reserved.