ダイナースクラブ

グルメ派だけではないダイナースクラブカードの大きなメリット

更新日:

ダイナースクラブという名前を聞いてどんなイメージが浮かびますか?

結構、グルメ派御用達というイメージが強いかもしれません。しかし、それだけではないのがダイナースです。

最近、親会社がシティバンクから三井住友に変わったので危ない会社だと思われる人もいらっしゃるかもしれません。でも運営母体が変わっただけですから心配いりません。

pak85_pinktecyoutohusen_tp_v

ダイナースクラブのメリット

ダイナースクラブは、名前の通りグルメ派を対象としたカードです。米国系のクレカですが、最初はレストランで「ツケ払い」できる証明書のようなカードだったようです。

今ではVISAやMASTERといった二大陣営にかなり水を開けられていますが、これらのメガ級のカード会社では対応できないような細かいサービスがダイナースの魅力です。

ダイナースクラブは基本的に年会費が2万2千円必要です。年会費1万円のゴールドカードでも割高だと思っている人にとっては用がないと思われるかもしれません。

でも、ダイナースのサービスを使いこなせば、この年会費はバーゲン価格以外の何物でもありません。

ダイナースクラブって何?

ダイナースクラブのWEBを見ると、日本最初のクレジットカードと紹介されています。しかし、それだけではなく、世界的にも最初に現在のクレジットカードの仕組みを作り上げた信販会社です。その内容は先ほど述べた通りです。

ダイナースと競合していると言われるのがアメックスです。

しかし、アメックスがセゾンにカードのライセンス発行をさせたり、低めの年会費でカードを発行したりするのに対し、ダイナースは年会費のディスカウントはしません。

一番年会費が安いカードが「ベーシック」な年会費2万2千円なのです。

グルメ派御用達で有名

ダイナースはグルメ派御用達で有名です。では、何がいいのでしょうか。

ダイナースクラブに入会すると、毎月月刊誌が送られてきます。しかし、内容は他のゴールドカードとは違います。

JCBやMUFGなともゴールド会員向けに月刊誌を発行していますが、ダイナースはターゲット層が明確なので会員にも好評です。

また、月刊誌に載っている「イベント」も簡単に出入りできないような料亭やレストランで開催されています。

このイベントに参加できるだけでも年会費2万2千円の価値があると言えるのではないでしょうか。

ポイント重視の方にはお勧めできません

ただし、ダイナースのポイント還元率ははっきり言って低いです。キャッシュバック同様の効果がある利用代金と相殺する場合、還元率は0.3%です。

商品券や旅行代金への利用であれば0.4%ですが、ポイントはあまり期待できません。

ただし、そこはダイナースも確信犯的な考えがあると思われ、ポイント重視の方は会員として見ていないと思われます。

ダイナースは、グルメ派などを満足させるサービスを重視するカードであり、それ以外の方を対象としていないのです。

ポイント還元率を最重視するクレジットカード業界に完全に背を向けているダイナースクラブですが、利用者の満足が最優先です。このカードの利用者にとって、ポイントは「おまけ」に過ぎません。

年会費は高いのか?

ここまで読んでいただければわかると思いますが、ダイナースクラブの年会費は決して高くありません。ただし、それはサービスを使いこなせばという話です。

とはいえ、グルメ派でなければサービスが使いこなせないわけではありません。

歌舞伎講座舞妓さんの撮影会神戸ゴルフクラブでのコンペなどのようにグルメ以外のイベントも少なくありません。

もちろん一般的なゴールドガードについている空港ラウンジサービス海外旅行傷害保険も付いています。

一般的なゴールドカードより、1万2千円高い年会費をどう考えるかは、カード会員の利用頻度により決まります。

一見さんお断りにも入り込めるステイタス

東京吉兆本店という有名な料亭があります。WEBもあるので見ていただければいいのですが、一見さんお断りです。

しかし、よく見ると「ダイナースクラブ料亭プラン」というプランがあります。ダイナース会員は出入りできるのです。

ダイナースにはこのような料亭が全国にいくつもあります。「料亭プラン」と呼ばれる料亭の紹介制度を利用すれば、一見さんお断りではないものの、簡単に予約できない店舗にも予約をすることができます。

また、このような料亭を利用したイベントも開催されています。一度行ってみたいけど、敷居が高そうだからと思う人は、まずイベントに参加してみることをお勧めします。

思ったより気楽に利用できることがわかるはずです。

「エグゼクティブダイニング」で有名店を試してみよう

ダイナースには「エグゼクティブダイニング」というサービスがあります。

最近、大手信販会社のプラチナカードで増えてきましたが、二人以上で行けば一人タダというサービスです。

参加しているレストランは名が通った店舗ではないものの、これから売り出そうとする意欲的な有名レストランが勢ぞろいしています。

二人で行けば一人タダですから、事実上半額でレストランの高級メニューを楽しむことができます。

実際に提供されるのは、各店舗の一番高いメニューですが、質も量もハイレベルなので、満足すること間違いなしです。

使いこなせばバーゲン価格

ダイナースのサービスはこれらだけではありません。

国内や海外のホテルを優待価格で利用できるサービスもあります。

ダイナースに入会すると対象ホテルのリストが送られてきます。出張だけではなく、レジャーの際にも重宝すること間違いなしです。

また、ゴルファーにとって名門コースでのプレーは一つの夢でしょう。とはいえ、会員以外の予約が難しい場合も少なくありません。ダイナースではこのような名門コースの予約をしてくれます。

宿泊プランもありますから、帰りの渋滞などを気にせずプレーに没頭できます。

サブカードはこう選ぼう

とはいえ、ダイナースも万能ではありません。

利用できる店舗がVISAやMASTERに比べれば少ないのです。アメックスはJCBに相乗りしていますが、ダイナースにはそのような提携先がありません。

そのため、ダイナースを利用する際にはサブカードを作ることをお勧めします。

もちろんサブカードですからゴールドカードである必要はありません。実用的な年会費無料カードを探せばいいでしょう。

最近はiPhoneにおサイフケータイの機能が付いています。この機能を使えば、コンビニの支払が非常に楽です。

このような観点で探してみるといいでしょう。

利用可能店が少ないデメリット

クレジットカードの加盟店を利用可能カードで大別すると、VISAとMASTERだけか、又は他のカードも利用できるかで大別できます。

この中間として、VISA・MASTER・JCBが利用可能な店舗が少なからず存在します。

しかし、JCBほどの営業力がないダイナースに同じことは要求できません。サブカードとしてVISAかMASTERを1枚作ることをお勧めします。

どちらかといえば、利用できる店舗数が多めのVISAがお勧めです。

おサイフケータイはお勧め

コンビニのレジでスマホを出して支払いをしている人を見たことはありませんか?

ダイナースもAppleIDに登録できますが、サブカードを利用する際にはiDなどの電子マネーが多く利用できたほうが有利です。

先ほど述べた通り、ダイナースはポイント重視のカードではないので利用額を少しでも多くしようとする努力は必要ありません。

コンビニなどの小口の支払はサブカードに任せればいいのです。コンビニだけではなく、街の店舗でもスマホ読み取り端末が設置されていることが多くなりました。

このような店舗はダイナースが利用できないことが多く、おサイフケータイをより便利に利用することができます。

近くのスーパーなどでハウスカードを探してみよう

また、おサイフケータイではなく、近くのスーパーなどでハウスカードを作ってみるのも一つの方法です。

最近は、スーパーなどのポイントカードがクレジットカードと一体化されることが多くなりました。

このようなハウスカードはイオンカードのように月に何日間か5%引きで販売することが多いです。サブカードなので何枚もいらないでしょうが、お得なクレジットカードを一枚持つのも悪くないでしょう。

だからダイナース

このように一長一短あるダイナースですが、年会費を回収するほど使いこなすことができるクレジットカードであることも事実です。

万人にお勧めできるクレジットカードではないことは確かですが、自分の毎日を豊かにすることができるネタが詰まったクレジットカードです。

グルメ派の方だけではなく、海外旅行をしたい人、ゴルフが好きな人、自分が知らない世界の話を聞きたい人というように、巷にあふれるクレジットカードとは一味も二味も違うカードを使いたい人におすすめです。

ランクが違うサービス内容

ここまで読んでいただければわかるでしょうが、一般的なクレジットカード、特にプラチナカード級のカードと比べていかがでしょうか。

現在のダイナースは冒頭に述べた通り三井住友系ですが、三井住友カードが発行するプラチナカードと比べて全く遜色ないサービスが提供されています。

ちなみに三井住友カードのプラチナカードは年会費5万円です。ダイナースの年会費って安いと思いませんか?

利用限度額は表示しません

ダイナースに入会し、カードが送られてきても利用限度額がどこにも表示されていません。

とはいえ、ダイナースが利用限度額を無制限にしているわけではありません。きちんと限度額を決めているものの、表示していないだけです。

ダイナースと年会費無料のサブカードしかクレジットカードを持っていなければ、収入にもよりますが利用限度額はかなりの金額になります。

興味があれば電話確認すれば教えてくれますから、不安なら確認したほうがいいかもしれません。

ダイナースにはBMWとの提携カードがあります。

その気になればウン百万する高級外車の購入も可能です。

あなたの毎日が一変するかも

ある程度の給料もあり、会社での地位もある。でも、毎日の生活が何となくマンネリ化して、つまらないという人はいませんか。

そんな人にダイナースが効きます。

自分だけではアクセスできない世界にダイナースがアクセスさせてくれるのです。あなたの毎日が一変します。会社帰りや休日が楽しみになるでしょう。

年会費はバーゲン価格だと思いませんか?

タイプ別に厳選!おすすめのクレジットカード7枚!審査基準やポイント還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2017年最新版】
タイプ別に厳選!おすすめのクレジットカード7枚!審査基準やポイント還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2017年最新版】

  この記事の目次(もくじ)1 自分にぴったりのクレジットカードが分かる!おすすめのクレジットカード1.1 審査申込み基準が甘いカード1.2 マイルが貯まるカード1.3 ポイント還元率が高い …

続きを見る

審査申込み基準が甘いクレジットカード

クレジットカードニュース編集部が自信を持っておすすめする審査申込み基準の甘いクレジットカードは「セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

 株式会社セディナは信販系のカード会社です。審査の申込み基準が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」となっていて、専業主婦やフリーターの方でも申込みが出来るクレジットカード。

セブンイレブンでいつでもポイント3倍!年会費無料なのに傷害保険がついてくるなどお得なクレジットカードに仕上がっています。

カード会社の信用情報を上手に積み重ねるうえでも、最初の1枚に最も適したカードですね!

-ダイナースクラブ

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.