お金をためる

学生におすすめの効率的な貯金の仕方とコツを徹底解説!気を付けるべきポイントとお金が貯まる方法を紹介

学生が貯金を続けられる方法やアドバイス

学生時代は自由に使えるお金が限られているため、貯金が難しいと感じる人も多いでしょう。

しかし、将来への安心感や自立後に役立つなど、貯金を始めるメリットはたくさんあります。

この記事では学生向けの貯金の仕方や、将来の資産形成や生活設計に役立つ情報を提供します。

継続可能な貯金の仕方を学んで、学生のうちから無理なく貯金をしましょう!

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

なぜ学生が貯金を始めるべきなのか

学生はアルバイトや仕送りなどで一定の収入を得られるので、貯金を始めるのに適した時期と言えます。

では、貯金を始めると具体的にどんなメリットがあるのかをご紹介します。

なぜ学生が貯金を始めるべきなのか

  1. 将来への安心感を持つため
  2. 資金が自立後に役立つ
  3. 貯金習慣が身につくと社会人後も安定した生活が可能

将来への安心感を持つため

大学生は多くの場合、生活費や学費の大部分を親や奨学金で賄っています。

しかし、突発的な支出や予期せぬ出来事に備えて貯金をすることは非常に重要です。

万が一のための保険として、ケガや病気、急な修理や購入が必要になった際に備えがあれば安心ですね。

また、母子家庭などで親に負担をかけたくない場合や、精神的にも安定感を求めている人にとっても、貯金は非常に効果的な手段です。

将来への不安を減らすためにも、学生は貯金を始めるべきです。

資金が自立後に役立つ

就職活動費や将来の生活費を、自分で貯金している人もいます。

早いうちから貯金をすることで、自立後にも非常に役立ちますよ。

貯金があれば、卒業後すぐに引っ越し費用・生活費を工面できます。

貯金習慣が身につくと社会人後も安定した生活が可能

大学生のうちから貯金の習慣を身につけることは、社会人になった後も非常に有用です。

貯金習慣が身についていると、将来的にも計画的な生活を送ることができ、急な支出やリスクにも柔軟に対応できます。

また、貯金をしていることで自分の欲しいものや目標に対するモチベーションも高まり、仕事にも良い影響を与えることも。

貯金習慣が社会人になっても続くことで、より安定した生活を送ることが可能になります。

貯金を難しくしている学生特有の浪費ポイント

はじめに、貯金の大敵である「浪費」の面から見ていきましょう。

浪費を減らすことができれば、貯金を貯めることが可能なはずです。

貯金を難しくしている学生特有の浪費ポイント

  1. 食費に使いすぎている
  2. 週末の遊びや飲み会での出費
  3. 少額でも積み重なる買い食い

上記に心当たりがある方は、解説をしっかり読んで対策を練りましょう。

食費に使いすぎている

高校生や大学生はエネルギーが必要な年代であり、食費にかかる費用が多くなってしまうのは仕方ありません。

しかし、問題はその使い方にあります。

例えば、便利なコンビニばかりで買い物してしまうと積み重なると大きな出費に。

スーパーマーケットと比較すると、コンビニの価格帯が高いためです。

まずは、食費を抑えられるお店や方法を探してみましょう。

週末の遊びや飲み会での出費

学生の場合は、友達と遊んだり、サークルなどで飲み会の機会も多いでしょう。

しかし、頻繁に遊びや飲み会に行くと、かなりの出費になってしまいます。

特に、一日中遊ぶ場合は移動費、食費、そして何かしらの娯楽費が追加でかかりますよね。

飲み会であれば、一回あたり数千円はかかってしまいます。

盛り上がって終電を逃し、カラオケに行くというパターンになれば、出費はどんどん増えていくので注意が必要です。

少額でも積み重なる買い食い

買い食いは1度にかかる費用が少ないのでついつい増えてしまいがちです。

しかし、少額でも出費が積み重なると、一年後、数年後には大きな金額になってしまいます。

例えば、毎日100円のスナックを購入すると、一年で3万6,500円、10年で36万5,000円の出費に。

これが高額な商品だと更に額は膨らみます。

また、電子決済を利用することでお金を使っていると認識しづらく、結果として費用が増えてしまうこともあります。

ちょっとした買い食いであっても意識することが、貯金成功への道となります。

成功へ導く6つの貯金の仕方

貯金を成功させるための方法を解説していきます。

貯金の成功へ導く6つの方法

  1. 月末には支出を確認し、次月の計画を立てる
  2. 短期間の目標貯金額を設定してモチベーションを保つ
  3. 食費節約のために自炊を取り入れる
  4. 時間があるときに短期バイトをする
  5. 在宅ワークも視野に入れる
  6. 節約チャレンジを友達と一緒に始める

しっかり計画を立てて、無理なく削れる部分から削っていき、モチベーションを下げないことがポイントです。

そのための貯金の仕方を詳しく見ていきましょう。

月末には支出を確認し、次月の計画を立てる

貯金に有効なのが、月末に支出を確認することです。

家計簿やスプレッドシートなど媒体は何でも構いませんので、支出をカテゴリごとに整理してみましょう。

1ヶ月間で何にいくら使ったのかを明確に把握することができます。

家計簿アプリなら、収支をすぐに記録でき、グラフや表で可視化もできるので便利ですよ。

結果をもとに翌月の支出計画を立てることで、使えるお金の目安が分かります。

さらに、貯金目標に対する達成状況も確認する良い機会になりますよ。

毎月継続的に行うことで、貯金が計画通りに進んでいるかどうかも把握しやすくなるでしょう。

短期間の目標貯金額を設定してモチベーションを保つ

貯金は長期戦になります。

短期間の目標を設定することで、達成感を得られる機会を増やすのがおすすめです。

例えば、◯ヶ月後には〇〇万円貯めるという具体的な目標を立てると良いでしょう。

貯金に対するモチベーションが上がり、計画的に行動する意欲も湧きます。

目標を達成した際には、自分に小さなご褒美を用意するなどして次の目標達成につなげましょう。

食費節約のために自炊を取り入れる

外食やデリバリーは便利ですが、頼るあまり食費が膨らむことも少なくありません。

自炊を取り入れることで、食費を大きく節約できます。

最初は簡単なレシピから始め、徐々に料理の幅を広げていくと良いでしょう。

また、大量に作って冷凍保存するなど、工夫次第でさらに節約できます。

自炊は健康面でもメリットがあり、外食よりも栄養バランスを考えやすくなります。

時間があるときに短期バイトをする

時間がある時に短期バイトをすれば、収入を増やすことが可能です。

特に時給が良いバイトを選べば、少ない時間でもしっかりと収入を得られますよ。

単発のバイトなら、忙しくてもスキマ時間を有効活用できますね。

例えば、イベントスタッフ・レジ業務・チラシ配りなどがあります。

リゾートバイトなどなら、長期休暇を使ってしっかり稼ぐことも可能です。

スキルや資格が活かせるバイトもあるので、活用することでより高収入が期待できますよ。

在宅ワークも視野に入れる

在宅ワークは、忙しい学生でもスキマ時間を活用して稼げますよ。

自宅でできるため通勤時間が不要で、時間の節約にもなります。

文章作成、データ入力、プログラミングなど、多岐にわたる仕事があり、自分の持っているスキルをお金に換えることが可能です。

節約チャレンジを友達と一緒に始める

節約は1人で行うよりも、友達と一緒に取り組む方が楽しみながら続けられます。

例えば、「今月は何日自炊できたか」といった小さな競争を仕掛けてみるのも効果的です。

お互いを高め合いながら貯金を増やせますよ。

貯金が苦手な学生へのアドバイス

貯金をしようとするものの、どうしても苦手!という人向けのアドバイスをお伝えします。

自分の性格に合う貯金の仕方を見つけてみてくださいね。

貯金が苦手な学生へのアドバイス

  1. 高時給のアルバイトを選ぶ
  2. 固定費、特に通信費を見直す
  3. 専用の貯金口座を作って、一定額を自動振り込み
  4. 貯金アプリを使って楽しく節約

高時給のアルバイトを選ぶ

時間に縛られる生活では、どうしても稼げる金額に上限があります。

そこでおすすめなのが、高時給のアルバイトを選ぶことです。

例えば、深夜勤務やスキルが求められる職種では、時給が一般的なアルバイトよりも高い場合が多いですよ。

短時間でも高収入を確保できれば、貯金に回せる額も大きくなります。

ただし、学業とのバランスも考慮しながら働きましょう。

固定費、特に通信費を見直す

毎月かかる固定費の中で、特に見直しやすいのが通信費です。

多くの人が契約している大手キャリアのスマホプランを、格安SIMに切り替えるだけで節約効果が高まります。

通信費の削減は短期間で実感できる上、長期間にわたり続く節約効果があります。

まずは現在のプランを確認し、必要以上のサービスに加入していないかを見直してみてください。

専用の貯金口座を作って、一定額を自動振り込み

貯金専用の口座を作成し、収入が入った瞬間に一定額を自動振り込む設定にするのがおすすめです。

先取りして貯金することで、使えるお金と貯金が明確に分かれるため無駄遣いを抑制できます。

この貯金の仕方であれば、意識しなくても貯金額が増えていくので貯金が苦手な人にもおすすめです。

貯金アプリを使って楽しく節約

貯金を楽しむためには、過程を可視化することが有効です。

スマートフォンの貯金アプリを利用すれば、いくら節約できたのか、目標額まであとどれくらいか、といった情報を一目で把握できます。

一部のアプリでは節約した金額をゲーム感覚で増やせる機能があったりと、貯金が苦手な人でも楽しみながら取り組むことができます。

アプリを使って貯金を楽しめれば、継続するモチベーションも高まりますよ。

よくある質問とその回答

学生の貯金に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問

  1. 貯金ができない場合の対策は?
  2. 100万円を貯めるには?
  3. 貯金用の口座でおすすめなのは?

気になるものがあれば、ぜひチェックしてくださいね。

貯金ができない場合の対策は?

どうしても「貯金」という行為ができない人は、収入を増やす方向で考えると良いでしょう。

節約には限界がありますが、収入を増やすには色々な手段があります。

具体的な方法としては、高時給のアルバイトを探す、シフトを増やす、掛け持ちでアルバイトをするなどです。

また、まかないのあるバイトを選べば食費を削減できますよ。

学業とのバランスも考慮して、収入を増やせる方法を考えてみましょう。

100万円を貯めるには?

大学生を例に考えてみると、4年間で100万円を貯めるには、毎月約21,000円の貯金が必要になります。

月単位で考えれば、達成できない無理な金額ではありません。

まずは、収入と支出をしっかり管理し、不必要な支出を削減してください。

その上で、収入が入ったら先取りで貯金する方法が効率的です。

貯金用の口座を作り、目標に必要な金額が貯まるように設定しましょう。

貯金用の口座でおすすめなのは?

金利が高く、入出金の際に手数料がかからない銀行の口座を作るのがおすすめです。

1度の手数料は数百円でも、積み重なれば損失が大きいですよ。

こういった手数料の削減も、長期的に見れば貯金額に大きく影響します。

貯金を効率よく増やすためには、手数料無料で入出金できる回数が多い口座が最適です。

「キッズ・マネー・ステーション」の講座に参加してみよう

キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント

  • 日本の金融教育のパイオニア
  • 資産形成・資産運用について学べる
  • オンラインでも参加できる

キッズ・マネー・ステーションは、マネー教育、キャリア教育、消費教育、金融教育を行う団体です。

金融庁の金融リテラシー・マップに対応したカリキュラムになっており、貯金に役立つ情報を得られます。

約300名の認定講師が在籍し、ほとんどが子育て経験者や教職経験者であるため、実践的な教育が受けられるのが強み。

学生の内からお金に関することをしっかり学んでおけば、将来どれくらいお金が必要かが見えてきます。

貯金のモチベーションや金融リテラシーが上がる手助けとなるでしょう。

まとめ:学生時代から始める貯金の重要性とその方法

貯金は決して楽な作業ではありませんが、学生から始めることで将来的に多くのメリットがあります。

緊急時の備えが整い、将来の生活設計も立てられるので、心に余裕が生まれますよ。

本記事で紹介した貯金の仕方やテクニックを活用し、計画的に貯金習慣を身につけましょう。

自分に合った効率的な貯金の仕方を取り入れて、無理なく続けられる方法を模索しましょう!

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス