お金を管理する

手書きのライフプラン表の作り方を解説!作成メリットや作成の注意点は?

手書きのライフプラン表の作りかた

「ライフプランはどうやって考えればいいの?」

「ライフプラン表の作り方が知りたい」

このように悩んでいる方もいるでしょう。

ライフプラン表とは、将来の目的達成に向けて計画を立てるためのツールです。

目標を決めることでどのように行動すれば良いのか、貯蓄を進めていけば良いのかが視覚化できるため、家計の負担を減らしたいと思っている方におすすめです。

しかし、実際にライフプラン表を作るとなると、どのように考えればいいかわからず戸惑っている方も少なくないでしょう。

本記事ではライフプラン表の作り方を詳しく解説します。

このページで分かること

  • ライフプラン表の作り方
  • ライフプラン表のメリット・重要性
  • ライフプラン表の注意点
  • ライフプラン表とは

※本ページにはPRが含まれます。

ライフプラン表とは

ライフプラン表は、将来の目標達成に向けた計画を立てるための重要なツールです。

個人や家族の将来のライフスタイルや経済的な目標を具体化し、収入と支出のバランスを把握するために作るものです。

ライフプラン表の必要性

次にライフプラン表の必要性について見ていきましょう。

目標を明確にできる

ライフプラン表を作成することで、将来の目標が明確になります。

日々の忙しさや現状の課題に追われると、目標達成が難しく感じ、諦めてしまうこともあるでしょう。

ライフプラン表を作成しておけば、もう一度目標達成に対するモチベーションを高められるため、目的に向けて行動できるようになります。

また、具体的な目標を設定することで、自分が何を望んでいるのかを整理し、心に描いた未来を具体的な形で捉えやすくなるのも特徴の1つです。

何を優先して取り組むべきか、何を達成すべきかが明確になるため、効率よく目標達成のために行動できるでしょう。

収支の把握

ライフプラン表は収入と支出を可視化するため、現在の収支のバランスを把握できます。

現実的なライフプランを立てるためには、自分がどれだけ収入を得ているか、どのくらい支出をしているかを正確に把握することが大切です。

収支を把握することで、ムダな支出や無駄な出費を見つけやすくなります。

また、収入が支出を上回る場合は余裕があると言えますが、逆に収支がマイナスになっている場合は借金や負債が増えている可能性があります。

ライフプラン表を作成しておけば収支のバランスが健全かどうかを把握できるため、万が一トラブルが発生した場合も適切な対策を考えられるでしょう。

計画的な行動がしやすくなる

ライフプラン表を作成することで、計画的な行動がしやすくなるのが特徴の1つです。

現在の収支状況や目標に対して不足している資金や準備があれば、それを埋めるための具体的な施策を立てられます。

たとえば、教育費の準備が不十分な場合は、教育貯金を始めたり、奨学金制度を調べたりなどです。

また、将来のために十分な貯蓄が必要な場合は、投資を始めたり、年金制度を活用したりもできます。

計画的な行動によって将来の不安要素を軽減できるため、より安心した生活を実現しやすくなるでしょう。

自己成長と達成感につながる

ライフプラン表の作成は自己成長に繋がる可能性があります。

目標を設定し、それに向けて努力する過程は、自己成長の機会となるでしょう。

また、目標に向けて計画を立てて実現するために日々努力することで、自分自身のスキルや能力も磨かれていきます。

努力を重ねた上で目標を達成したときには、強い達成感を得られるでしょう。

家族とコミュニケーションをとる機会につながる

ライフプラン表は家族とのコミュニケーションを深める手段にもなります。

将来の目標や希望について話し合うことで、家族の共通の意識を持てるため、協力して目標達成に向けて取り組めます。

家族が一体となって同じ目標に向かって努力することで、絆が深まり、家族全体の幸福度が向上するでしょう。

また、家族との協力やサポートがあることで、困難な局面でも乗り越える力を得られるのもメリットの1つです。

ライフプラン表の作り方を解説!

ライフプラン表は将来の目標達成に向けた計画を立てるための重要なツールです。

ここからはライフプラン表の作り方を具体的に解説していきます。

難しいステップではなく、誰でも簡単に作成できるので、ぜひ今日から実践してみてください。

STEP1:ライフプランについて知る

まずは自分のライフプランを考えてみましょう。

将来の目標や希望、夢を具体的に考えてみてください。

家族の成長や教育、住居、リタイアメントなど、様々な要素を考慮して、どのような生活を送りたいかをイメージします。

また、ライフプランに必要な資金や期間も把握し、具体的な数値を把握するための情報収集も行いましょう。

最初のステップで自分のライフデザインを明確にすることが大切なポイントです。

STEP2:ライフデザインの設計

次に、ライフデザインの設計を行います。

具体的な目標を達成するために必要なステップやプランを考えましょう。

収入源や貯蓄、投資、保険など、資金面やリスク面を含めて戦略を練ります。

また、将来のライフステージごとにライフプランを細分化し、段階的に目標を立てることで、具体的な計画を立てられるでしょう。

STEP3:ライフプラン表の作成

ライフプラン表を作成する際には、Excelなどの表計算ソフトを活用すると便利です。

まずは行に時間軸を、列に収入と支出の項目を配置しましょう。

収入には給与や事業所得、投資収益などを、支出には生活費、住居費、教育費などを入力します。

具体的な金額や期間を記入することで、将来の収支のバランスがどのような感じになるかを可視化できます。

STEP4:キャッシュフロー表の作成

ライフプラン表では収支が見えますが、さらに詳細なキャッシュフロー表を作成することをおすすめします。

キャッシュフロー表では、現金の流れを月次や年次で記載しましょう。

収入がどの時点で発生するか、支出がどの時点で発生するかを把握することで、ライフプランの具体的な調整や改善点を見つけやすくなります。

STEP5:結果を確認

最後に作成したライフプラン表とキャッシュフロー表の結果を確認しましょう。

将来の目標達成に向けた計画が具体的かつ現実的かを確認して、必要に応じて修正や調整を行います。

また、ライフプランにおけるトラブルや変化に対する対策も計画し、柔軟にプランを考えておくのが大切です。

経済状況やライフイベントによって変化する可能性もあるため、定期的な振り返りと見直しを行いながら、ライフプランの実行に向けて進めていきましょう。

ライフプラン表を作成するメリット

ライフプラン表の作成には多くのメリットがあります。

具体的なメリットを以下で詳しくみていきましょう。

人生に必要なお金や入ってくるお金・貯金額が明確になる

ライフプラン表を作成することで、将来の人生設計に必要なお金や現在の収入・支出、貯蓄額が明確になります。

収入源や支出項目を詳細に記入することで定期的な収支のバランスを把握できるため、将来のライフイベントに備えて必要な資金を計画的に確保できるでしょう。

また、貯蓄額や資産の増減を可視化することで自分の経済的な状況を客観的に把握できます。

現在の状況を客観的に把握することで、無駄な支出を見直したり、適切な投資をしたりなど、柔軟に計画の修復や改善に向けて行動できるでしょう。

ライフイベントにおける出費が明確になる

ライフプラン表は将来のライフイベントにおける出費を明確にできます。

結婚や子供の教育、住宅購入など、ライフイベントには大きな出費が伴います。

ライフプラン表を活用することで、それらのイベントに必要な資金を把握し、出費に向けた計画を立てられるのがメリットです。

早めに計画立てや貯蓄を行うことで、ライフイベントによる負担を軽減し、スムーズに目標を達成しやすくなるでしょう。

保険の見直しができる

ライフプラン表を作成することで、保険の見直しができます。

適切な保険に加入することで、将来のリスクに備えられるでしょう。

例えば、家族の生活を守るための生命保険や医療保険、住宅ローンの債務保険など、ライフプランに適した保険を選ぶことが重要です。

ライフプラン表を活用して家族のニーズや将来のリスクを把握し、保険プランを見直すことで、必要な保障を受けられるでしょう。

将来のお金に関する不安を軽減できる

ライフプラン表を作成することで、将来のお金に関する不安を軽減できます。

トラブルやリスクを考慮した計画を立てることで、将来に対する不安や心配を減らせるのです。

また、ライフプラン表を定期的に見直すことで、経済的な変化に対応する柔軟性を養えます。

自分の将来に対して具体的な計画を立てることで、心の余裕や安心感を得られるでしょう。

ライフプラン表を作る際の注意点

ライフプラン表を作成する際には、以下の点に注意することが重要です。

ライフプラン表をうまく活用するためにも、以下の注意点を理解してから行いましょう。

現実的な目標設定をする

将来の目標は大切ですが、現実的で具体的な目標を設定することが重要です。

過度に理想的な目標を設定してしまうと、計画が現実的でなくなり、実現が難しくなる可能性があります。

目標を達成するために必要な期間や資金を考慮し、目標を細分化してアプローチを立てることで、計画の具体性と実現性を高められるでしょう。

収入と支出の詳細な記録ができる

正確なライフプランを立てるためには、収入と支出の詳細な記録を行うことが重要です。

収入源や支出項目を見落とさずに把握し、毎月の収支を正確に記録しましょう。

給与や事業所得だけでなく、副収入や投資収益なども含めて収入を洗い出し、生活費、住居費、教育費、保険料、税金などの支出を細かく分類します。

細かく分類することで、現在の経済状況を把握しやすくなり、将来の計画にも効果的に反映させられるでしょう。

不測の事態への対応策

ライフプランは将来の予測に基づいて立てるものなので、必ずしも予定通りに進むとは限りません。

予期せぬ出来事や不測の事態に対応するためにも、予備計画やリスクに対する対処法を考えておくことが大切です。

例えば、万が一の場合に備えて適切な保険に加入したり、非常時の資金を準備したりなどです。

不測の事態への対応策を考えておくことで、計画の安定性を高められるでしょう。

インフレや税制の変化への対応

ライフプランは長期的な計画なので、インフレや税制の変化など経済環境の変動を考慮する必要があります。

将来の経済状況を予測し、何が起きても対応できる柔軟性を持つことが重要です。

インフレによる価値の変動や税制の変更に対応できるよう、プランの見直しや修正を定期的に行い、計画の安定性を保ちましょう。

家族に共有する

ライフプランは個人だけでなく、家族全体の未来を見据えた計画であるため、家族とのコミュニケーションが重要です。

家族の意見や希望を尊重し、共通の目標を持つことで、家族全員が一体となって計画に取り組めるでしょう。

また、専門家のアドバイスやファイナンシャルプランナーのサポートを受けることで、より正確かつ効果的なライフプランを立てられるのでおすすめです。

定期的な見直しと改善

ライフプランは変化する人生に合わせて定期的に見直しと改善を行うことが重要です。

結婚や出産、転職などのライフイベントや経済環境の変化に合わせて、プランを柔軟に修正し、現在の状況に合わせて考えていきましょう。

常に最適なプランを保つためにも、年に数回の見直しやプランの修正を行うのがポイントです。

ライフプラン表を作る時のコツ

ライフプラン表を作成する際には以下のコツを参考にしてみてください。

コツを意識することで、より効果的で具体的な計画を立てられるでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談する

ファイナンシャルプランナーに相談することは、ライフプランを立てる上で非常に効果的です。

ファイナンシャルプランナーは専門知識を持つ経験豊富なプロフェッショナルです。

個々の状況や目標に合わせた最適なプランを提案してくれるため、迷ったり不安を感じたりすることなく、適切な計画を立てられるでしょう。

また、ファイナンシャルプランナーは税制や保険などの知識にも精通しているため、将来のリスクや節税対策などにもアドバイスしてくれます。

プランの設計から実行、定期的な見直しまで、ファイナンシャルプランナーと相談しながら行うことでより安心できるライフプランを計画できるでしょう。

家計簿アプリの活用

家計簿アプリを活用することで、収入と支出の詳細な記録を効率的に行えます。

アプリでは手軽に日々の収支を記入できるため、正確な家計状況を把握しやすくなるのです。

また、家計簿アプリは収入源や支出項目を自動で集計してくれる機能が備わっている場合もあり、手作業での入力を削減できます。

さらに、支出のカテゴリを細かく設定しておけば、どの項目にいくらのお金を使っているかを可視化できるでしょう。

お金の流れを細かく把握することで、無駄な支出を発見でき、効果的なコストカットが可能になります。

家計簿アプリは家族全員で共有が可能なので、家族で収支を把握し合い、共通の目標に向けて協力していきましょう。

シミュレーションサイトを使う

シミュレーションサイトを利用すると、ライフプランを立てる際に役立つ情報を簡単に取得できます。

例えば、投資や保険、住宅ローンなどのシミュレーションを利用すれば、将来の金融プランに関する具体的な数字やデータを入手できます。

投資の場合はリスク許容度やリターン率を考慮した上で、適切な投資プランを立てられます。

保険の場合はライフイベントに応じた保障額や保険料を比較でき、最適な保険商品を選べるでしょう。

住宅ローンの場合は返済計画や金利の違いをシミュレーションできるため、自分に合った返済プランを検討できます。

シミュレーションサイトを利用することで、客観的な判断ができるため、迷いや不安を軽減し、より正確性のあるライフプランを立てられるでしょう。

ライフプランを考えたときに資金が足りない場合の対処法

ライフプランを立てる際には、資金不足になるかもしれないことも考慮することが大切です。

資金不足を解決するためにも、以下の対処法を参考にしてみてください。

積立貯蓄をする

積立貯蓄は決まった金額を一定期間、定期的に貯金する方法です。

ライフプランを立てる際に、将来の目標やライフイベントに必要な資金を積極的に貯めるために有効な手段だといえます。

例えば、子供の教育資金や住宅購入など、将来に備えて必要な資金を確保するなどの目的に向いています。

定期的に一定の金額を自動で貯蓄口座に積み立てることで、無理なくコツコツと貯金できるのがメリットです。

また、投資信託や定期預金などの積立方法を選択することで、効率的に資産を増やすこともできるでしょう。

生活費の節約

生活費を節約することで将来への貯蓄に回せます。

以下で節約のポイントをまとめていくので、参考にしてみてください。

予算を立てて支出を管理する

毎月の収入と支出を明確に把握し、予算を立ててコントロールすることが大切です。

必要な支出や優先順位を考慮して、無駄な出費を削減しましょう。

節約の見直し

光熱費や通信費などの固定費、食費や交通費などの変動費を見直し、削減できる部分を見つけます。

節約方法を見直すことで、資金を確保しやすくなるでしょう。

無駄な出費の抑制

衝動買いや無駄遣いを避けるために、買い物の際には計画的に行動することが重要です。

必要なものと不必要なものを区別し、無駄な出費をしないように計画して買い物を楽しみましょう。

副業などで収入を増やす

資金不足を解決するためには、収入を増やすのも1つの手です。

副業を始めることで、本業以外に収入を得られます。

副業の選択肢は多岐にわたりますが、主に以下のような方法があります。

オンラインビジネス

インターネットを活用して商品の販売やサービス提供を行うオンラインビジネスは、時間と場所に縛られることなく、副収入を得られる可能性があります。

趣味や特技を活かす

趣味や特技を生かした手作り品の販売や講座の開催など、個人のスキルを活用して収入を得る方法もあります。

アフィリエイトマーケティング

自分のブログやSNSなどで広告を掲載し、商品やサービスを紹介するアフィリエイトマーケティングは、成果に応じて報酬を得られる手法です。

副業を行う際は時間や労力、リスクを考慮し、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

副業を通して収入を増やすことで、ライフプランの資金不足を解消でき、目標達成が近づくでしょう。

ライフプラン表を作るために必要なポイント

ライフプラン表を作成するためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

人生の目標を立てる

まずは、自分や家族の人生の目標を明確にしましょう。

将来のビジョンや望むライフスタイル、達成したい夢などを明確にすることで、具体的な目標が定まります。

例えば、子供の教育費をしっかり賄いたい、海外旅行をしたい、家を購入したいなどの目標が挙げられます。

目標は短期的なものから長期的なものまでさまざまですが、どの目標もライフプランの土台となる重要な要素なので、時間をかけて考えましょう。

具体的な家族構成を考える

家族構成はライフプランに大きな影響を与えます。

結婚や出産、子供の教育など、家族構成によって必要な資金や支出が変わってきます。

将来の家族構成を考慮して、ライフプランを立てることで、家族全員が共通の目標に向けて一致団結できるでしょう。

また、家族構成が変化する可能性もあるため、柔軟な対応も必要です。

支出を考える

ライフプランを立てる際には、現在と将来の支出を考慮することが重要です。

毎月の生活費や住宅ローン、子供の教育費、保険料、老後の生活費など、支出項目を細かく洗い出しましょう。

また、無駄な支出を抑えるために、見直しが必要な項目を検討することも大切です。

収入を考える

収入はライフプランの基盤となる要素です。

現在の収入や将来的なキャリアアップ、副収入などを考慮して、将来の収入を見積もりましょう。

収入がライフプランの目標を達成するために十分かどうかを確認し、必要に応じて副業などの収入アップの計画を立てるのも1つの手です。

貯金残高を考える

ライフプランを実現するためには、十分な貯金が必要です。

現在の貯金残高や将来的な積立貯蓄、投資収益などを考慮して、必要な貯金額を算出しましょう。

貯金目標を立てることで、具体的な行動計画を立てやすくなります。

リスク管理を考える

ライフプランにはリスクがつきものです。

仕事の失業、健康の問題、災害などのリスクに備えるために、保険の見直しや予備費の準備などを検討しておきましょう。

リスクを軽減することで、ライフプランの安定性と持続性を高められます。

お金に関する勉強ならキッズ・マネー・ステーション

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

将来の生活に対して不安を感じているなら、キッズ・マネー・ステーションへの参加がおすすめです。

キッズ・マネー・ステーションでは豊富なプログラムが揃っているため、自分のお悩みに合わせた講座を受講できます。

お金のプロだけではなく、子育てのプロからアドバイスももらえるので、小さなお子さんがいる新米ママさんやパパさんにもおすすめです。

お金に関する正しい知識を身に付けることで、効率よく将来の貯蓄ができるようになるでしょう。

まとめ

今回はライフプラン表を作るメリットや作成方法などについて詳しく解説しました。

ライフプラン表を作ることで将来の目標が明確になるので、貯蓄などもしやすくなります。

家族と共有することで協力しあえるため、より目標達成が近づくでしょう。

ライフプラン表の書き方や将来の生活に関して不安がある方は、ぜひキッズ・マネー・ステーションに参加してみてください。

親子向けのプログラムも豊富に揃っているので、お子さんもしくは家族全員で参加してみると良いでしょう。

-お金を管理する

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス