オススメのクレジットカードの特徴を解説【2019年最新版】

クレジットカードニュース編集部

クレカ入門

マイナンバーカードを用いた本人認証アプリ「GaaS(Government as a service)」を開発!

投稿日:

マイナンバーカードを用いた本人認証アプリ「GaaS(Government as a service)」を開発!

株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:渋谷 順、以下:スマートバリュー)は、マイナンバーカードを用いた本人認証アプリ(以下、本人認証アプリ)を開発しました。

2019年5月に公開した住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」(以下、GaaS)と連携し、行政サービスや手続きのデジタル化で必要となる本人確認にを簡単にできるようになります。

政府は、デジタルファースト法(通称)の意義に基づき、マイナンバーカードの普及に向け、マイナポイントの実施や健康保険証としての利用をはじめ、あらゆる活用方法の整備を進めています。

スマートバリューは、GaaSと本人認証アプリは、開発を予定する各種サービスの提供を通じ、今後普及を急ぐマイナンバーカードの利用シーンを創出し、利便性の高い行政サービスの実現!

本人認証アプリ「GaaS」とは?

本人認証アプリ「GaaS」とは?

対応するNFCスマートフォンへ本人認証アプリをインストールし、マイナンバーカードをかざすことにで簡単に登録できます。

公的個人認証サービスを用いてインターネットを通じた安全・安心な本人確認を行うことが可能です。

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するものです。

マイナンバーカードに搭載されるICチップを用いた電子証明の仕組みになります。

スマートバリューは、今後、GaaS上でデジタル化された行政サービスの展開を予定しています。

オンライン申請・手続きサービスをはじめ、キャッシュレス機能による地域通貨や地域ポイント、チケッティングによる施設予約や移動手段の提供などを計画しています。

マイナンバーカードに搭載されるICチップを用いた電子証明の仕組みになります。

マイナンバーカードを用いた本人認証アプリの提供により、地域住民にとり、利便性が高く、安全・安心にデジタル化された行政サービスが利用できる環境を提供すると同時に、今後普及が見込まれているマイナンバーカードの利活用シーンの創出がもっと便利になります。

 スマートバリューは、住民ID基盤であるGaaSとマイナンバーカードを用いた本人認証アプリの展開を通じて自治体・企業と協働し、より利便性の高い行政サービスを展開していく予定です。

公式サイト 「GaaS(Government as a Service)」に関する発表の公式サイト

スマートバリューの今後の取り組み!

スマートバリューの今後の取り組み!

スマートバリューは、2019年5月31日より、日本初のブロックチェーンを用いた住民ID基盤「GaaS」の展開を開始し、石川県加賀市にて第一弾を公開しています。

「GaaS」では、LGWAN(統合行政ネットワーク)内で取り扱われる行政サービスの各種データと利用者情報を適切なセキュリティレベルで結び付けるようにします。

それにより、行政サービスのデジタル化を目指しています。

スマートバリューは、「行政手続きの電子化」「地域交通のデザイン」「健康寿命の延伸」「ラボの設立」を段階的に行い、加賀市における行政サービスの拡充を行います。

🙂 おすすめ記事になります!

おすすめのクレジットカード厳選23枚!審査基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2019年最新版】

🙂関連のおすすめ記事!

おすすめのクレジットカード厳選23枚!審査基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2019年最新版】

自分にぴったりのクレジットカードが分かる!おすすめのクレジットカード 今回は「おすすめのクレジットカード23枚!審査申請基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2019年最新版】」をお届けいたします。 クレジットカードを持ちたくなった時に何を基準に選ぶかでクレジットカード選びは変わってくるので約1,000種類ある …

続きを見る

-クレカ入門

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2019 All Rights Reserved.