イオンカード

少しわかりにくいイオンカードの「ときめきポイント」と「WAONポイント」の違いを分かりやすく解説

更新日:


 

イオンカードにはクレジットカードとしての機能とプリペイドカードとしてのWAONの二つの機能があります。

  • クレジットカード機能
  • WAONのプリペイド機能

しかし、それぞれのポイントは別です。何が違うかはわかりにくいですが、その違いを知ることでポイントを効果的に獲得することができるはずです。

2つとも還元率は基本0.5%

イオンカードに二つの機能があるにもかかわらずポイントは別なのでちょっと戸惑いますよね。

でもクレジットカードとプリペイドカードも還元率は0.5%です。買い物をする都度ポイントが貯まりますから、お得ことは間違いありません。

イオンは全国にありますし、取扱商品も非常多いです。イオンだけで買い物のすべてを終わらせることも可能でしょう。

すると、イオンカードを利用して買い物をするのが一番賢明です。ポイント還元率だけではなく、ご存知20日と30日のお客様感謝デーには5%引きの買い物ができます。

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードの審査を通過するコツや在籍確認を解説!審査の口コミは?

  毎月20日30日に5%OFFになる「お客様感謝デー」に魅力を感じてイオンカードを申し込む人も多いのではないでしょうか。 でもイオンカードには審査があり、WEBには「勤務先に申込確認の連絡をさせていただく場合がございます。」と気になる文言。実際にはイオンカードの審査はどうなのでしょうか。 この記事の目次(も …

続きを見る

クレジットカードを使えば「ときめきポイント」

ではポイントの違いはどうなのでしょうか。

 💡 イオンカードをクレジット機能で利用すると「ときめきポイント」が貯まります。

先ほど述べた通り、還元率は0.5%です。イオンでの買い物でもイオン以外の買い物でも還元率は変わりません。

ただし、一部の店舗では1%になりますし、毎月10日は「ときめきWポイントデー」でやはり1%です。

この「ときめきポイント」は他の信販会社のように商品への交換やキャッシュバックを前提にしていません。その代わり、ポイント移行のメニューが充実しています。

イオン各店舗での買い物が多い人であれば「ときめきポイント」の貯まり方は半端ではないでしょう。

公式サイトポイントがどんどん貯まって割引もある!イオンカードセレクト 公式サイト

WAONを使えば「WAONポイント」

これに対し、WAONは電子マネーになります。

電子マネーにはプリペイド方式とクレジットカードと組み合わせた後払い方式がありますが、WAONはプリペイド方式です。

 💡 WAON利用の都度0.5%の「WAONポイント」がもらえます。

WAONを利用できるお店は結構多く、コンビニでも広く利用することができます。ただ、さすがにセブンイレブンでは利用できません。nanacoをイオンで利用できないのと話は同じです。

でも、コンビニ以外でもWAONを利用可能な店舗は非常に多くなりました。

 💡 「WAONポイント」はそのままで買い物に利用できず、ポイントチャージをすることでWAONに交換します。

コンビニの買い物をWAONに一本化することで、ポイントを無駄なく利用することが可能です。

「ときめきポイント」は「WAONポイント」に等価交換

「ときめきポイント」はポイント移行メニューが充実していると述べましたが、当然「WAONポイント」へも移行できます。

  • ときめきポイントはWAONポイントに交換可能

移行は等価交換なので、「ときめきポイント」の還元率が目減りすることはありません。

イオンカードを年間100万円利用すると、年間5千円のWAONポイントに交換できます。毎年1回交換することで、まとまったチャージを無料でできることになります。

効率的な貯め方

両方とも「ポイント」なので貯め方によって有利不利が発生します。効率的なポイントの貯め方は、カードの集中利用です。

イオンカードもWAONもポイント還元率は高くありません。

しかし、イオンカード利用者はポイントのことを特に意識しなくても、その利用額が多いためかなり貯まります。

日常生活で特に意識せずにポイントを貯めることができれば、気楽にポイントゲットができるのではないでしょうか。

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードセレクトの審査基準や口コミは?特徴を解説【専業主婦もOK】

  この記事の目次(もくじ)1 イオンカードセレクトが5分で分かるおすすめポイント!2 イオンカードセレクトの口コミ・評判は?3 WAONポイントがおトクにたまる!4 WAONの300円の発行料金が必要ない5 貯めたいポイントを選択することができる6 ポイントの交換のしやすさは、WAON7 イオンシネマの映画 …

続きを見る

メインは「ときめきポイント」

クレジットカードとプリペイドカードではクレジットカードの方が利用頻度は高いでしょう。つまり、ポイントを貯める際には「ときめきポイント」を貯めることを重視する方が自然です。

イオンカードには多くの種類があります。

イオン銀行のキャッシュカードと一体化した「イオンカードセレクト」やETCカードと一体化した「イオンETCカード」などです。

 💡 どのカードでもお客様感謝デーにはイオン店舗で5%引きになり、かつ「ときめきポイント」も貯まります。

WAONはポイントの使い先

これに対し、WAONはクレジットカードではないので使い道が限られます。

 💡 そのため、WAONはポイントの使い道として割り切った方が賢明です。

もちろんWAONの利用でWAONポイントが貯まります。

100WAONポイントごとにWAONに交換できます。最長2年間で期限切れになりますが、こまめな交換ができるので無駄にはならないでしょう。

 💡 WAONはイオンカードからオートチャージ可能です。

ポイント交換によるWAONがなくなってもコンビニなどのレジで焦ることはありません。

他のポイントを「WAONポイント」に集約できます

イオンカードは使い道が広いですが、還元率が低い点がデメリットです。そのため、イオンカードをサブカードにしている人も少なくないでしょう。

この場合でも、メインカードのポイントをWAONポイントに移行できれば問題ありません。

 💡 例えば、オリコカードの「Orico Card THE POINT」はポイント還元率1%で、イオンカードの倍です。しかも「WAONポイント」への移行は等価交換ですからロスがありません。

他のクレジットカードでも同様に移行が可能で、JCB・三井住友カード・DCカードのポイントも移行できます。

それだけではなく、電力会社やガス会社のような公共料金関連のポイントや銀行・証券会社のポイントもWAONポイントに移行できます。

1年分のWAON利用額のすべてをポイント移行で賄うことは無理でしょう。でも、オートチャージと組み合わせることで使いやすく、かつ節約ができる一石二鳥を狙うことができます。

クレジットカードニュース編集部のおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説【2017年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへとス …

続きを見る

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードセレクトの審査基準や口コミは?特徴を解説【専業主婦もOK】

  この記事の目次(もくじ)1 イオンカードセレクトが5分で分かるおすすめポイント!2 イオンカードセレクトの口コミ・評判は?3 WAONポイントがおトクにたまる!4 WAONの300円の発行料金が必要ない5 貯めたいポイントを選択することができる6 ポイントの交換のしやすさは、WAON7 イオンシネマの映画 …

続きを見る

クレジットカードのハワイラブカードゴールドイメージ

🙂関連のおすすめ記事!

ハワイで最強のクレジットカード!ハワイラブカードゴールドの審査は?保険や特典は?

この記事の目次(もくじ)1 ハワイラブカードゴールドが5分で分かるおすすめポイント!2 ハワイのお店が365日おトクに!3 国際線手荷物無料宅配サービス!4 レンタカー割引サービス!5 空港ラウンジサービス!6 充実の旅行傷害保険!7 プレミアムグルメサービス!8 ワイキキ・トロリー乗り放題!9 サービスラインナップ! …

続きを見る

-イオンカード

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.