イオンカード

イオンカードセレクトのお得なメリットを解説!イオン銀行普通貯金金利も0.1%上乗せ!

更新日:


 

イオンカードセレクトのお得なメリットを解説!イオン銀行普通貯金金利も0.1%上乗せ!

イオンカードを持っている人の中には支払口座をイオン銀行にしている人も少なくないでしょう。イオン銀行のATMはイオン店内に限らず、駅のコンコースなどにも多く設置されています。

しかし、一番お得な利用方法は「イオンカードセレクト」にすることです。

イオンカードセレクトは何かとお得

イオンカードやイオン銀行は他の信販会社や銀行に比べてお得なメリットが多いです。

しかし、両方を組み合わせることでメリットが膨らみます。その手段が「イオンカードセレクト」です。

イオンカードセレクトは、単にイオンカードとイオン銀行のキャッシュカードが一体化しただけではありません。イオンカードとしてのメリットはそのままで、イオン銀行のメリットが拡大しているのです。

今まではイオンカードの深いブルーのカードしかありませんでしたが、ディズニー・デザインも登場しました。

ディズニー・デザイン目的でイオンカードを利用していた人はチャンスです。

  • イオンカードセレクトにディズニー登場

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードセレクトの審査基準や口コミは?特徴を解説【専業主婦もOK】

  この記事の目次(もくじ)1 イオンカードセレクトが5分で分かるおすすめポイント!2 イオンカードセレクトの口コミ・評判は?3 WAONポイントがおトクにたまる!4 WAONの300円の発行料金が必要ない5 貯めたいポイントを選択することができる6 ポイントの交換のしやすさは、WAON7 イオンシネマの映画 …

続きを見る

オートチャージでもWAONポイントが貯まる

通常のイオンカードでWAONへのオートチャージを設定しても、オートチャージではポイントは発生しません。

しかし、イオンカードセレクトではチャージ額の0.5%相当額がWAONポイントとして付きます。

WAONを利用すると、その都度0.5%のWAONポイントが付きますから、事実上1%の還元率になるわけです。

イオンカードセレクトポイント還元率

オートチャージに対してポイントを付けると、ポイント還元率が信販会社の予想に反して上がってしまいます。そのため、通常はこのようなことをしません。しかし、冒頭に述べた通りイオンの「イチオシ」カードなので、特別待遇なのです。

  • イオンカードセレクトはオートチャージで0.5%WAONポイント還元!

給与振込口座にすると更にお得

イオンカードを利用する人は自分の生活口座をイオン銀行にしている人も少なくないでしょう。その場合、イオン銀行を給与振込口座とすることでメリットが拡大します。

給与振込口座にすることで毎月10WAONポイントが付きます。しかし、それだけではなく、1回の振込手数料相当額をWAONポイントでもらえます。

利用しないと権利放棄になりますが、事実上1回分の振込手数料が無料になるのです。

更に公共料金の支払をイオン銀行に指定するごとに毎月5WAONポイントが付きます。
家計管理をイオンカードセレクトに任せれば、こんなメリットがあるのです。

  • 給与振込口座に設定で、毎月10WAONポイント
  • 1回分の振込手数料相当のWAONポイントが貰える
  • 公共料金の支払い設定で毎月5WAONポイント

普通預金金利は定期預金並み

 

銀行の普通預金金利は、小数点以下にゼロが並ぶ低金利です。ほぼゼロに近い水準の金利なので、利息という概念自体なくなってしまっています。

しかし、イオンカードセレクトを利用しているイオン銀行ユーザーは違います。

現在、0.12%という定期預金クラスの高金利を提供しています。普通預金ですから、定期預金と違い出し入れ自由なことは当然です。

  • イオン銀行の通常金利0.02%に0.1%上乗せ!

これだけでもイオンカードセレクトにしてみようと考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードの審査を通過するコツや在籍確認を解説!審査の口コミは?

  毎月20日30日に5%OFFになる「お客様感謝デー」に魅力を感じてイオンカードを申し込む人も多いのではないでしょうか。 でもイオンカードには審査があり、WEBには「勤務先に申込確認の連絡をさせていただく場合がございます。」と気になる文言。実際にはイオンカードの審査はどうなのでしょうか。 この記事の目次(も …

続きを見る

利用額に応じてゴールドカード

イオンゴールドカードイメージ

イオンカードには「ゴールドカード」があります。イオンカードセレクトを利用して所定の条件を満たすとゴールドカードへの招待が届きます。

ゴールドカード会員になるとイオン店舗内の「イオンラウンジ」を利用することが可能です。あまり利用する機会がない空港ラウンジより利用頻度は高いでしょう。

イオンの買物につかれた時の休憩所として最適です。利用できる人は多くないので、ちょっとした優越感を味わえます。

もちろん年会費は無料です。

しかも、海外旅行傷害保険なども付いていますし、羽田空港のラウンジは利用できます。ショッピングセーフティー保険もありますから、海外旅行をする際にも安心です。

  • 年会費無料で旅行傷害保険の付いたゴールドカードが手に入るかも・・

イオンカードのお得さはそのまま

もちろんイオンカードとしてのメリットはそのまま引き継いでいます。20日と30日のお客様感謝デーにはイオン店内商品のほとんどが5%引きです。

イオンカードのポイント還元率は高くないと言われています。しかし、お客様感謝デーの買い物なら5%の還元と同じです。

また、毎月10日の「ときめきWポイントデー」はポイントが2倍ですから、還元率は1%になります。ちなみにこの特典はイオンだけてなく、どこの店舗で利用しても適用されます。

  • 毎月20日・30日は、イオングループ各店舗でお買物代金が5%OFF!
  • 毎月10日はイオングループ以外の加盟店でもときめきポイントが2倍!
審査が甘いクレジットカード

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説【2017年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへとス …

続きを見る

便利さも格別

クレジットカードのメリットとしてポイントなどの「お得さ」が強調されがちですが、使い勝手も重要です。イオンカードセレクトは、使い勝手も十分高いカードです。

オールインワンのありがたさ

財布の中にカードがいっぱい入っていて、膨れ上がっている人も少なくないでしょう。

そのような方に、イオンカード・イオン銀行・WAONの3種類が一体化したカードは魅力的ではないでしょうか。

イオンへのお買物は、この1枚だけで十分です。確かに現金を引き出す際には財布も必要でしょう。しかし、カードがいっぱい入った財布を持って行く必要はありません。外出が非常に身軽になります。

クレジットカードは一本化した方がポイントゲットという観点では有利です。防犯上のメリットもありますから、利用しないカードは解約してイオンカードセレクトに一本化することをお勧めします。

  • イオンカードセレクトは、クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーが一つになったカード!

コンビニではおサイフケータイ

イオンカードセレクトはおサイフケータイのiDを利用することができます。自分のスマホがイオンカードに変わる優れものです。

これを利用すれば、コンビニの買物だけではなく、イオンの買物もスマホタッチで支払できます。イオンカードも持たず、スマホだけで買い物に行けますから、身軽に買い物ができますよ。

  • 現在イオンカードが一番プッシュしているのが「イオンカードセレクト」です。

利用する側のメリットも非常に多く、財布の中がすっきりなるメリットもあります。イオンカード単体で持つより、銀行利用のメリットが拡大するイオンカードセレクトはお勧めです。

イオンカード(ミニオンズ)

🙂関連のおすすめ記事!

イオンから大人気ミニオンズのデザインカード発行!口コミや評判は?記念キャンペーン開催中です。2017年10月31日まで

  ミニオンかわいいですねー。今回イオンカードにWEB限定でミニオンズデザインのクレジットカードが登場しました。 発行記念キャンペーンでお得なプレゼントが実施されていますので、ミニオンズ好きの方は是非チェックしてみてください。 公式サイトWeb限定!イオンカード(ミニオンズ)公式サイト この記事の目次(もくじ …

続きを見る

楽天カード審査のコツ

🙂関連のおすすめ記事!

楽天カードの審査を解説!よく分かる審査と本人確認の仕組み

  楽天カードが欲しいけど審査が心配という方のために、「楽天カード審査に通過するための申込みフォーム記入方法」や楽天カードの審査時間・楽天カードの本人確認がどうなっているかを詳しく解説します。 この記事の目次(もくじ)1 楽天カード審査通過のコツ1.1 楽天カード審査申込み条件1.2 審査通過のために絶対知っ …

続きを見る

-イオンカード

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.