海外旅行

海外旅行は危険がいっぱい!スリや盗難・強盗対策にクレジットカードは持って行こう!

更新日:

狙われやすい日本人観光客

海外旅行。今や老若男女だれでも簡単に行ける時代です。観光で世界遺産を観たり、その土地のおいしいものを食べたり楽しみは膨らみますね。

だれでも気軽にいける海外旅行ですがトラブルもその分発生する機会は増えます。

日本人=お金を持っている・だましやすい」というイメージが付いて回ります。実際の日本人はその通りなのでしょうがありませんが。

しかし、とりわけ海外がとても危ないということではありません。

ただ日本が特に平和なのです。例えばどこかで物を無くしたり、落としたりしてもお店や交番に届いていたり、ショッピングをすればおつりは一円単位できちんとくれますし、値段をふっかけてきたしません。

ただし、この日本の常識は世界の非常識なのです。日本と同じ感覚で海外に行き、被害に遭う人はたくさんいます。

特にアジア、ヨーロッパは日本人観光客が多くて、とても狙われやすいのです。

ハワイラブカード ゴールド
ハワイでお得!おすすめクレジットカード厳選3枚 海外旅行傷害保険やお得ポイントを解説 【2017年最新版】

  ハワイ旅行に行く予定なら、クレジットカードがあると便利です。海外旅行傷害保険が付いていたり、海外ではおなじみのチップをクレジットカードで支払ったりもできます。 また、先日話題になった「て …

続きを見る

 海外で被害に遭わないための対策をしっかり頭にいれておこう!

ひと目で旅行者とわかる様な目立つ格好はできるだけ避けてくさだい。

例えばカメラを肩からさげたり、高級時計を付けていたり、日本にいるころのままのおしゃれなファッションでは海外ではとても目立ちます。

また、財布はズボンの後ろポケットに入れないようにしましょう。スリが一番に狙う場所です。

そしてスリなどの犯罪者が狙う場所は限られています。空港や駅マーケットなどの旅行者がたくさんいる人ごみです。そして観光地。逆にいえばそのような場所で注意すれば良いのです。

また、何かトラブルに巻き込まれた際も、きちんとクレームや意思表示をする必要があります。

英語が出来なくてもジェスチャーでの日本語でも大丈夫です。相手に意思が伝われば物事は進みます。日本人は遠慮する民族ですが遠慮は日本国内だけで十分です!

重要なお金の管理について

海外で多くの現金をもちあるくのは大変危険です!

治安の悪い国もあり上記で述べたように、駅や街中の人ごみなかですられたり、財布を落としたりしても戻ってくる可能性はかなり低いのです。

stevepb / Pixabay

そこでおススメの方法としては少額の現金とクレジットカードと現金を調達できる手段(カード)を用意しましょう!

海外ではクレジットカードを使用可能なお店がたくさんあるので、ほとんどの買物はクレジットカードでの支払いができます。

中にはマーケットなどクレジットカードを使用できないところもあるので、現金は少額でも持っていた方がいいでしょう。

現金の持ち合わせがなくても大丈夫です。用意する方法は3つです。

1、両替

現金を用意する一番ポピュラーな方法ですが、現地での両替はレートに上乗せされるのでなるべく避けたいものです。

2、国際キャッシュカード

別名「インターナショナル キャッシュカード」とも呼ばれるもので海外のATMで自分の口座から直接現地通貨を引き出しできるという便利なカードです。

例えば紛失や盗難に遭っても失うのは口座に入っているお金だけですむというメリットですが、手数料のレートが高くつくというデメリットもあります。(ジャパンネット銀行・楽天銀行・シティバンク銀行・新生銀行)

3、クレジットカードキャッシング

このキャッシングとはクレジットを使ってカード会社からお金を借りることです。

利率はカード会社でまちまちで高めですが、空港や街中にATMがおいているのですぐに利用することができます。(利用方法もカンタンです!)

返済方法でほとんどがリボ払いの設定になっているので、カード会社に連絡して解除してもらう必要があります。利率が高目ですので早めの返済をおススメします。

さて、では大半をクレジットカードに頼ることになるであろう、そのクレジットカードは何を選べばいいのでしょうか?

日本国内だけでも1,000種類以上ものクレジットカードが発行されています。特に初めての海外旅行では、尚更どんなカードが海外で有効なのかなんてわかりはしませんね。

今回は海外旅行が初めての方にお薦めの海外旅行向けクレジットカードをいくつか紹介します。

クレジットカード事情についての話

その前に、海外用に選ぶクレジットカードについて、、

  • 海外に行く前に支払方法(一括払い/リボ払い)を確認が必要
  • クレジットカードは最低でも2枚は必要。1枚はVISA。(紛失、盗難、磁気トラブル、有効期限切れの理由)2枚持っていればいざという時に安心
  • 海外旅行傷害保険付きのカードは必須(海外の医療費は高額のため)
  • 英語が苦手な人はJCBカード(JCB会員のみ利用可能「JCBラウンジ」が世界60ヵ所に設置されていて、スタッフが日本語で対応してくれる)
  • 出発前に利用限度額やキャッシング枠を確認(不足の場合は一時増枠が電話にて申請可能)
  • 長期滞在の場合、出発前に有効期限の確認(海外では更新クレジットカードの受け取りが不可なので渡航前)
  • 困ったときの連絡先をメモしておく(海外で紛失や盗難などのトラブルが発生したときも慌てなくて済むように)ただしネット環境があればOK

旅行向けのおススメのクレジットカードの紹介

楽天プレミアムカード

海外に行くと圧倒的に強いゴールドカードの楽天プレミアムカード。

楽天プレミアムカードを作る際にVISAを選択すれば、アメリカ、韓国、イギリス、フランス、イタリア、インドなどの先進諸国からメキシコ、エジプト、トルコ、ナイジェリアなどの新興国でも支払可能。

ゴールドカードならではの手厚い海外旅行傷害保険が付帯。(万が一の事故や急病にもこのカード一枚で安心!)

また海外で空港ラウンジが使えるプライオリティパスを無料で発行できる。

海外だけではなく国内でもとてもオトクで便利に使えるカード!

年会費 1万円
還元率 1.0~5.0%
国内旅行傷害保険 5000万円(自動付帯)
海外旅行傷害保険 5000万円(自動付帯)

アメリカン・エキスプレス・ゴール・カード

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89

30代以上のはじめて海外へ行く人におススメの1枚

海外では場所によっては使えないときもあるが、旅行のサポート機能が他のクレジットカードとは比べ物にならないほど充実している。

例えば帰国後の手荷物宅配サービス・家族(妻子)と一緒に空港ラウンジが無料で利用可能・飛行機の遅延補償など大人の海外旅行をしっかりサポートしてくれる。

昔は入手が困難だったが、今では正社員の方であれば大抵は作れます。

年会費 2万9000円
還元率 0.3~04%
国内旅行傷害保険 5000万円(利用付帯)
海外旅行傷害保険 1億円(うち5000万円自動付帯)

学生専用ライフカード

c_life_card

大学生や専門学生などの学生専用のクレジットカード

学生専用ライフカードは、海外旅行を考えている学生の方のサポートをしてくれる強力なクレジットカードです。

通常だと有料会員のみに提供されている海外旅行傷害保険が、自動付帯。年会費無料で最高2,000万円の補償でついてくる点は他にはないでしょう!

海外旅行に関する特典も多いので、これから海外旅行に行く予定がある方は申込んでおいて損はありません。ただ、国内旅行には補償がないため注意が必要です。

入会資格 日本国内在住18歳以上(高校生不可)
年会費 無料
還元率 0.5~1.33%
海外旅行傷害保険

ライフカード(海外傷害保険付き)

c_life_card

国内・海外旅行傷害保険が付いているので年会費は有料だが、海外ではサポートデスク「LIFE DESK](日本語サービス)が利用可能。

最短3営業日のスピード発行なので海外旅行に行く際にサブカードとして1枚用意するにはおススメ!

電子マネーは楽天エディSuicaICOCAnanacoなど対応と利便性が抜群なので普段使いにも活躍してくれること間違いなし!

入会資格 日本国内在住18歳以上(高校生不可)

年会費(初年度)
2年目以降

無料
1,250円+税

国内旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯)
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)

海外旅行に行くときには安全や安心のためにもクレジットカードは必須!

海外旅行に初めて行く予定の方で時々「現金主義!」とクレジットカードを1枚も持参しないで行く人がいますがおススメいたしません!!

クレジットカードがないと利用不可なホテルやレンタカーなどのサービスがあり、クレジットカードを保有していないだけの理由で旅先で大変な目に合うことが多いのです。

また旅先での現地通貨が足りなくなってしまった場合にもクレジットカード1枚があれば非常にかんたん・便利に用意することができます。

日本から持ってきたお金を両替するよりも手数料が割安なことの方がおおいです。

なににせよいづれかのクレジットカードを1~2枚持っていくことが、安心につながります。

せっかくの海外旅行です。渡航する前にかしこく準備をして不安なく楽しみたいものです!

ハワイに行くならおすすめはハワイラブカード

クレジットカードのハワイラブカードゴールドイメージ
ハワイで最強のクレジットカード!ハワイラブカードゴールドの審査は?保険や特典は?

この記事の目次(もくじ)1 ハワイラブカードゴールドが5分で分かるおすすめポイント!2 ハワイのお店が365日おトクに!3 国際線手荷物無料宅配サービス!4 レンタカー割引サービス!5 空港ラウンジサ …

続きを見る

審査申込み基準が甘いクレジットカード

クレジットカードニュース編集部が自信を持っておすすめする審査申込み基準の甘いクレジットカードは「セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

 株式会社セディナは信販系のカード会社です。審査の申込み基準が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」となっていて、専業主婦やフリーターの方でも申込みが出来るクレジットカード。

セブンイレブンでいつでもポイント3倍!年会費無料なのに傷害保険がついてくるなどお得なクレジットカードに仕上がっています。

カード会社の信用情報を上手に積み重ねるうえでも、最初の1枚に最も適したカードですね!

-海外旅行

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.