お金を管理する

家計簿をつける意味は何?お金が貯まる付け方も解説

家計簿をつける意味は何

「家計簿をつける意味はあるの?」

「お金が貯まる家計簿の付け方が知りたい」

節約を効率よく行うためには、家計簿が必須と言っても過言ではありません。

しかし、本当に家計簿をつける意味はあるのか悩んでいる方もいるでしょう。

本記事では家計簿をつける意味について詳しく解説します。

正しい家計簿の付け方やお金が貯まる付け方も解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。
※当記事は2024年現在の情報になります。

このページで分かること

  • 家計簿をつける意味
  • 正しい家計簿の付け方
  • お金が貯まる家計簿の付け方
  • 家計簿の種類ごとのメリット・デメリット

※本ページにはPRが含まれます。

家計簿をつける意味とは

家計簿をつける意味は、自身や家族の支出と収入を正確に把握し、健全な家計管理を行うためです。

家計簿をつけることで、毎月の支出パターンや無駄な出費を把握でき、無駄遣いを減らせます。

また、収入に対してどれだけの支出があるかを把握することで、貯蓄や投資を計画的に行いながら将来の資産形成を進められます。

家計簿をつけることは、経済的な安定を保ち、将来への不安を軽減する手段でもあるのです。

さらに、家族間でのコミュニケーションを促し、節約に対する意識を高める役割も果たします。

家計簿を通して現状を客観的に把握することで、効果的な支出計画を立てられるでしょう。

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけることで以下のメリットが得られます。

お金の流れがわかる

家計簿をつけることで、自身や家族の支出と収入が具体的にどのようになっているかを把握できます。

毎月の支出項目や金額を記録することで、どの分野にお金を使っているかが明確になるでしょう

無駄遣いや必要のない支出を見つけ出せるため、支出を削減することが可能です。

また、支出がどのくらいの割合で収入に対して行われているかも確認できます。

収入に対する支出比率を把握できるため、必要な貯蓄や投資を計画的に行えるでしょう。

節約できる部分がわかる

家計簿をつけることで、支出の内訳が明確になり、無駄な出費や削減できるポイントを見つけられます。

例えば、毎月の支出をカテゴリごとに分類して記録することで、どの項目で多くのお金を使っているかが一目でわかります。

食費や交通費、娯楽費など、節約できる部分が具体的に見えるため、無駄遣いの習慣や過剰な支出を改められるのです。

節約の意識が高まる

家計簿をつけることで、支出の記録をする習慣が身に付きます。

毎日の支出を記入することで、自分自身がどれだけお金を使っているかが明確になるため、無駄遣いや不必要な支出に気づきやすくなります。

自然と節約の意識が高まるため、無理なく日々の支出を減らせることにもつながるでしょう。

お金が貯まる家計簿のつけ方

家計簿はただ単につければいいわけではありません。

正確に家計簿を記入しなければ、うまく家計を管理できないでしょう。

ここからはお金が貯まる家計簿の付け方や注意点を解説していきます。

目標を決める

はじめに具体的な目標を設定しましょう。

具体的な貯金額や投資額を明確にすることで、目標達成のためにどのくらいの支出削減や収入増加が必要かが把握できます。

目標を設定する際は、まずどれだけの貯金や資産を目指すかを考えましょう。

将来のライフプランや目標に合わせて設定するのがおすすめです。

たとえば、新しい家を購入したい、子供の教育資金を準備したい、リタイア後の生活を安心して送りたいなどです。

目標を設定したら、達成するための計画を立てていきます。

どのくらいの期間で目標を達成したいのか、毎月どれだけの額を貯金や投資に充てられるのかを検討します。

また、目標達成に向けて支出を見直すポイントや削減できる部分を洗い出し、具体的な行動計画を立てていきましょう。

目標が明確になることで、家計簿をつける意欲も高まります。

毎月の支出や収入を記録し、目標達成に向けて進捗を確認することで、自分の努力が実を結ぶ過程を実感できるでしょう。

貯蓄・固定費・変動費で分けて予算を決める

貯蓄・固定費・変動費で分けて予算を決めるのも効果的です。

カテゴリに分けて予算を決めることで、無駄な支出を抑えつつ、効果的な貯蓄を実現できるでしょう。

まず、収入を「貯蓄」「固定費」「変動費」の3つに分類します。

貯蓄には将来のための貯金や投資、固定費には家賃や光熱費などの毎月一定の支出、変動費には食費や交際費など変動する支出を含めます。

次にそれぞれのカテゴリごとに予算を設定しましょう。

貯蓄の額や投資の金額、固定費・変動費の上限を決めることで、ムダな出費を抑えられる可能性が高まります。

予算が設定されていることで、無駄な支出に気付きやすくなり、計画的な生活を送れるようになるでしょう。

例えば、固定費を見直したことで生活費に余裕が生まれれば、浮いたお金を貯蓄や将来の投資に充てることが可能です。

変動費も予算を守ることで、無駄遣いを減少させられるでしょう。

このようにカテゴリごとに予算を設定することで、収入と支出のバランスを保てるようになるため、お金を有効活用しやすくなります。

使いやすい家計簿を選ぶ

お金を効果的に貯めるためには、「使いやすい家計簿を選ぶ」ことも重要です。

使いやすい家計簿を選ぶことで、日々の収支を正確に記録し、支出の把握や予算管理がスムーズに行えるようになるでしょう。

使いやすい家計簿アプリやツールを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてみてください。

使いやすいかどうか

家計簿アプリやツールを選ぶ際は、使いやすさが重要なポイントです。

直感的な操作が可能かどうかを確認しましょう。

豊富な機能が備わっているか

豊富な機能が備わっているかどうかも重要です。

収入と支出をカテゴリ別に分類してグラフやチャートで可視化できる機能があると、どの項目にどれだけのお金を使っているかが一目でわかります。

また、予算設定や目標達成のトラッキング機能があると、目指すべき方向性を明確にできるため、収支のバランスを保ちやすくなるでしょう。

さらに自動で計算してくれる機能も助かります。

計算が苦手な方でも、自動計算機能があれば間違いなく記録を残せます。

使いやすい家計簿を選ぶことで日々の支出を正確に記録でき、予算の範囲内で生活することが容易になります。

無駄遣いも抑えられるため、お金が効果的に貯まる環境を整えられるでしょう。

手書きの家計簿のメリット・デメリット

手書きの家計簿アプリやツールの使用が苦手な方に向いています。

以下で手書きの家計簿のメリットとデメリットをみていきましょう。

手書きの家計簿のメリット

簡単に記入できる

手書きの家計簿は紙とペンを使って記録するため、複雑な操作は必要ありません。

複雑な操作や技術が不要なので、誰でも始めやすいです。

自己反省の機会を得られる

手書きで記入することで、毎日の支出や収入を手作業で見直せます。

自己反省の機会を得られるため、節約の意識をより高められるでしょう。

一眼でわかりやすい

手書きの家計簿は支出を文字や数字で表現するため、一眼で把握しやすく、どの項目にお金を使っているかが一目瞭然です。

支出をすぐに把握できるため、予算計画もスムーズに立てやすいでしょう。

手書きの家計簿のデメリット

手間と時間がかかる

手書きの家計簿は毎日の収支を手作業で記入する必要があるので、手間と時間がかかります。

家事や仕事などで忙しくて時間がない方にとっては、負担になることもあるでしょう。

また、計算や集計作業も手動で行う必要があるため、簡単な操作ができる電子家計簿アプリと比べると手間がかかります。

計算が苦手な方にとっても、集計作業が煩わしいと感じることがあるかもしれません。

分析機能が限られている

手書きの家計簿はデータの分析が限られています。

複雑なグラフやチャートを作成するのが難しく、収支の詳細な分析には向いていません。

バックアップの難しさ

紙の家計簿は紛失や損傷のリスクがあり、データのバックアップが難しい点があります。

紛失や損傷してしまった場合は一から書き直ししなければいけないため、大きな時間と手間がかかるでしょう。

家計簿アプリのメリット・デメリット

近年では様々な種類の家計簿アプリが誕生しています。

家計簿アプリにもメリットとデメリットがあるので、以下で詳しく見ていきましょう。

家計簿アプリのメリット

自動集計してくれる

家計簿アプリは支出や収入を入力するだけで、自動的に集計や計算を行ってくれます。

手間を省きながら正確な収支管理ができるため、計算が苦手な方に向いています。

グラフや分析機能が豊富

家計簿アプリではアプリ内で収支のグラフやチャートを生成できるため、視覚的に支出の傾向やパターンの確認が可能です。

支出を瞬間的に把握できるため、節約のポイントや改善策を見つけやすくなります。

バックアップと安全性

家計簿アプリはクラウド上にデータを保存できるため、紙の家計簿と比べてデータの紛失や損傷のリスクが低く、安全に保管できます。

設定のカスタマイズ

家計簿アプリによっては自分が使いやすいようにカスタマイズできるものもあります。

アプリ内で予算を設定したり、支出項目をカスタマイズしたりすることで、自分に合った家計管理が可能です。

定期的なリマインダー

家計簿アプリは支出の記録や支払いの期限をリマインドしてくれる機能を持っていることが多いため、見逃すことなく支出を管理できます。

つけ忘れを防げるため、毎日しっかり収支を記録できるでしょう。

家計簿アプリのデメリット

アプリの操作が難しい場合もある

一部の人にとってはアプリの操作や設定が難しい場合もあります。

使い慣れるまで時間がかかることも。

依存する可能性がある

アプリを使っているうちに、支出の記録をアプリに頼りすぎてしまい、実際のお金の感覚が鈍る可能性があります。

家計簿アプリはとても便利なものですが、依存しすぎないようにしましょう。

セキュリティリスク

クラウド上にデータを保存するため、アプリのセキュリティ対策が不十分な場合は個人情報の漏洩のリスクが考えられます。

多くの家計簿アプリがあるため、信頼できるものかどうかを十分に確認してから利用しましょう。

月額料金がかかるものもある

一部の高機能な家計簿アプリには月額料金がかかることもあります。

使用料の有無を事前に確認しておきましょう。

エクセル家計簿のメリット・デメリット

エクセル家計簿はオフィスソフトを使用した家計簿のことです。

最後にエクセル家計簿のメリットとデメリットを見ていきましょう。

エクセル家計簿のメリット

カスタマイズ性がある

エクセルは柔軟なデータ入力とカスタマイズが可能です。

支出項目や収入の分類、グラフの作成などを自分のニーズに合わせて設定できます。

グラフやチャート

エクセルを使用すれば、支出の傾向やパターンをグラフやチャートで視覚的に分析できます。節約のポイントが見つかりやすくなるため、効率よく無駄遣いを防げるでしょう。

データの所有権

エクセルは自分のコンピュータにデータを保存するため、クラウド上にデータを預けることなく安全に管理できます。

エクセル家計簿のデメリット

手動入力の手間がある

エクセル家計簿は手動で支出を入力する必要があります。

自分で入力しなければいけないため、一定の時間と手間がかかります。

またエクセルは便利な機能が豊富ですが、初心者には操作が難しいことも。

設定や計算の方法を習得するには時間がかかるかもしれません。

グラフの作成が手間

グラフやチャートを作成するためには専門的な知識が必要な場合があります。

簡単なグラフも作成できますが、高度なデータ分析をしたい場合は難しいかもしれません。

バックアップの必要性

エクセルデータはコンピュータ上に保存されるため、データの紛失や故障のリスクがあります。

データの紛失や故障のリスクを避けるためにも、定期的なバックアップが必要です。

家計に関する悩みならキッズ・マネー・ステーションに参加してみよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

家計に関する悩みがあるならキッズ・マネー・ステーションへの参加がおすすめです。

キッズ・マネー・ステーションには家計の負担を軽減するコツや節約のコツなどが学べるプログラムが豊富に揃っています。

お金のプロや子育て経験のあるプロから学べるので、実際の家計に活用できるアドバイスをもらえるでしょう。

まとめ

今回は家計簿をつける意味やお金が貯まる家計簿の付け方などについて解説しました。

家計簿はただ記録しても意味がありません。

ポイントや注意点を意識して記録することで、家計のやりくりができるポイントを見つけられるのです。

本記事では家計簿をつけるポイントも詳しく解説したので、ぜひ参考に今日から実践してみてください。

-お金を管理する

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス