子供のお金教育をする

子どものお年玉はどこに貯金すればいい?貯金方法は親子で相談して決める?

子どものお年玉はどこに貯金

「子供のお年玉はどこに貯金すればいいの?」
「貯金方法は親子で相談して決めるほうがいい?」

子供のお年玉をどこに貯金しようか、使い道はどうしようかなど悩んでいる人も多いでしょう。

子供名義の口座を作って管理するのか、学資保険の積み立てに利用するのかなど、様々な使い道があります。

このページでは、お年玉をどこに貯金すればよいのか、使い道などについて解説していきます。

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

子どものお年玉はどこに貯金すればいい?

まずは子供のお年玉をどこに貯金すれば良いのかを解説していきます。

基本的にお年玉の貯金方法は以下の4つが挙げられます。

  • 銀行で普通預金
  • 銀行で定期預金
  • 学資保険の積み立てに利用する
  • ジュニアNISAで資産運用

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

銀行で普通預金

普通預金は、お金をいつでも引き出せる預金口座のことです。

基本的に利息はつきませんが、場合によってはごくわずかな利息がつく場合もあります。

利息がつかずいつでも引き出せるため、お年玉の預け先としては適していると言えるでしょう。

お年玉で何か物を買う場合でもすぐにお金を引き出せるため、立て替える必要もありません。

また、口座の開設や手続きも比較的簡単なので、すぐにお金を預けたい場合にも適しています。

銀行で定期預金

定期預金は、一定期間お金を預けられる預金口座のことです。

預金期間中は自由にお金の引き出しができず、場合によっては利息がつく可能性もあります。

定期預金は一度預けると期間内は引き出しができなくなるため、子供の将来のための貯金をしたい方に向いています。

利息の金額や預けられる最低金額、預ける期間などは銀行によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

学資保険の積み立てに利用する

学資保険は、将来の教育費用を賄うための保険商品のことです。

お年玉を学資保険の積み立てに利用することで、子供の将来の教育費用を計画的に貯められます。

学資保険は定期的に一定金額を支払うことで、将来給付金が受け取れる仕組みとなっています。

保険会社やプランによって条件や特典が異なるため、比較検討して最適な学資保険を選ぶことが重要です。

ジュニアNISAで資産運用

ジュニアNISAは子供のための資産形成をサポートする制度のことです。

お年玉をジュニアNISAに積み立てることで、長期的な資産運用ができるでしょう。

ジュニアNISAでは、株式や投資信託などの金融商品を選択して運用させることで、配当金などを非課税で受け取れるのが一般的です。

ただし、投資はリスクを伴うため、適切な運用をしなければいけません。

子どものお年玉は本人と相談して貯金方法を決める

子供のお年玉は本人と相談して貯金方法を決めることが大切です。

親の独断で使い道を決めると、後々親子間で金銭トラブルが起きてしまうかもしれません。

お金の問題はデリケートなので、些細なことでも揉め事に発展する可能性があるのです。

お互いが納得するためにも、しっかり相談しながらお年玉の使い道を決めていきましょう。

親の独断で使い道を決めるのは避ける

お年玉の管理を親がしている家庭も少なくないでしょう。

しかし、お年玉の使い道を親の独断で決めるのは良くありません。

あくまでもお年玉は家族や親戚、知人から子供のためにいただいたお金です。

自分がいただいたものなのに、勝手に使い道を決められてしまうと、子供も不満を感じてしまうでしょう。

子供にとってお年玉は一大イベントでもあるので、独断で決めるのではなく、子供と話し合って使い道を決めることが大切です。

全額貯金せず本人に一部を渡してもよい

お年玉を全額貯金するのではなく、本人に一部渡すのも1つの手です。

実際に現金を渡すことで、どのようにお金を使うのか、効率よくお金を使うためにはどうすれば良いのかなどお金の勉強になります。

お金に関する勉強をするのも大切ですが、実際にお金を使う経験をするのも重要なことです。

子供のことを信頼している旨を話した上で、本人に一部渡してみるのも良いでしょう。

資産運用で迷ったら「キッズ・マネー・ステーション」の講座に参加してみよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント

  • 金融教育に関して18年の歴史を誇る
  • 親子で楽しく学べるプログラムが揃っている
  • 子育て世代のためのプログラムが充実

キッズ・マネー・ステーションでは幅広いプログラムを取り扱っており、資産運用に関する講座も豊富にあります。

自分の目的に合った講座が選択できるため、知りたいお金の知識を効率よく学べるでしょう。

また、親子で楽しく学べるプログラムも揃っています。

親子で一緒に考えながらお金の勉強ができるため、子供の自立する力も育てられるでしょう。

将来お金に関するトラブルで悩まないためにも、今のうちから金融教育をしておくことをおすすめします!

まとめ~子どものお年玉をどこに貯金するか検討しよう~

このページでは子供のお年玉はどこに貯金するのかについて解説しました。

子供のお年玉を貯金・資産運用する際は親が独断で決めるのではなく、子供と話し合って決めることが大切です。

きちんと話し合いをした上で預け先を決めることで、将来の親子間での金融トラブルも避けられるでしょう。

また、資産運用で悩んでいる人はぜひキッズ・マネー・ステーションの講座に参加してみてください。

キッズ・マネー・ステーションには資産運用だけではなく、お金に関する幅広い知識が学べるプログラムが揃っています。

お金に関する知識を子供の頃から学ばせることで、将来たくましく生きていく力を育めるでしょう。

-子供のお金教育をする

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス