お金を管理する

子供のお年玉は運用した方がよい?貯金するよりもメリットが得られる

子供のお年玉は運用

「子供のお年玉は運用した方がいいのか?」

「子供の財産をもっと増やしてあげたい」

このように考えている方もいるでしょう。

基本的に、子供がもらったお年玉は貯金している方がほとんどです。

しかし、もらったお年玉を運用させることで、より資金を増やせるチャンスがあります。

子供の将来のためにも資金を増やせるチャンスがあるのは、とても魅力的なことだと言えるでしょう。

本記事では、子供のお年玉は運用した方が良いのかについてまとめていきます。

貯金するのと比べてどのようなメリットが得られるのかを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

このページで分かること

  • 子供のお年玉は運用した方が良いのか
  • 貯金するのと比べてどのようなメリットが得られるのか
  • お年玉を運用する方法
  • お金の運用を学びたいならキッズ・マネー・ステーションがおすすめ

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

お年玉は貯金している家庭がほとんど

皆さんは、子供がもらったお年玉をどのように管理していますか?

子供がもらったものだからと子供が欲しいものを買ったり、貯金したりしている家庭がほとんどでしょう。

しかし、近年ではお年玉を運用している家庭も増えてきています。

現代では投資や資金運用などの言葉が普及してきており、子供の資産を増やすためにお年玉を運用させているのでしょう。

お年玉を運用するメリット

お年玉は貯金するよりも運用した方が多くのメリットが得られます。

ここからは、お年玉を運用するメリットについて見ていきましょう。

お年玉を運用するメリット

  • 資産を増やせる
  • 長い時間をかければ資産を増やせる期待値が高くなる
  • 子供の金融教育につながる

資産を増やせる

もらったお年玉を貯金に回しても、ほとんど資産は増えません。

預金に回すことで利息はもらえるものの、大きい金額ではありません。

例えば、都市銀行や郵便局の場合の金利は、普通預金で年0.001%、定期預金で0.002%となっています。

上記の計算式に当てはめると、たとえ定期預金に100万円が入っていたとしても、年間20円の利息しかつかないことになるのです。

100万円の価値に対してたった20円の利息しかつかないとなれば、損した気分になりませんか?

子供の将来のために貯金に回していても、全く増えないため非常にもったいないです。

しかし、運用させることで資産を増やすチャンスが多くあるため、子供に残せるお金を大きくできるかもしれません。

運用する際は多少のリスクがあるものの、長い目で見て運用させれば、利益の増額が期待できるでしょう。

長い時間をかければ資産を増やせる期待値が高くなる

お年玉の運用は長い時間をかければ資産を増やせる期待値が高くなるのが特徴です。

投資や運用と聞けば、リスクが高い、損失が大きいというイメージを持つ方も多いでしょう。

確かに、資金を短期間で一気に増やすことを狙うと、リスクが高くなって、損失も大きくなる可能性が考えられます。

資金運用の本来の意味は「じっくりお金を育てる」というもの。

短期間で考えるのではなく、長期間で考えることが大切なのです。

長期的な目で見れば、お金を運用させることで資産を増やせるチャンスが高まるので、活用しないのはとてももったいない。

とはいえ、お金を運用する際はある程度の知識が必要です。

特に投資する際はリスクなどの知識も必要なので、事前に金融教育を受けてからお年玉を運用させましょう。

子供の金融教育につながる

お年玉を運用に回すことで、子供の金融教育にもつながります。

子供が幼い頃は、「お年玉で〇〇の株を買ったよ」と言っても全く伝わらないかもしれません。

しかし、株を購入した事実だけではなく、株を購入したことでどのようなメリットが得られるのかも説明することで、子供の興味や関心を高められるかもしれません。

例えば、「〇〇ちゃんのお年玉でオリエンタルランドの株を買ったよ。株を買うとお店や施設を応援することにつながるの。応援した分、キャラクターに会いに行けるチケットをくれたり、お小遣いをくれたりするんだよ。」と詳しく説明しましょう。

もちろんこれだけでは完全に理解することはできませんが、子供は単純に定期的にキャラクターと会えるチャンスがあるならラッキーと思ってくれるはず。

最初はそれだけで充分です。

自分のお金がどのように使われ、どのようなメリットが得られるのかを少しでも感じ取ってくれれば、金融教育の第一歩につながります。

毎年続けることで子供のお金に関する興味が高まり、段階的に金融教育を進められるかもしれません。

お年玉を運用する方法

お年玉を増やしたい場合は、利息がつかない貯金よりも利益が期待できる運用に回した方が有効だと言えます。

とはいえ、お年玉は子供たちにとって1年に1度のイベントでもあります。

幅広い物事に興味を示しやすい子供だからこそ、「お年玉を運用する」と伝えても理解は得られにくいかもしれません。

そもそもお年玉は子供がもらったものです。

親が独断で決めるのではなく、お年玉の使い道を子供と考えながら決めることが大切です。

少しでも将来のために残したいと思うのが親心。

そのためには、お年玉を全額運用に回すのではなく、1部のみ利用するのも1つの手です。

例えば総額30,000円のお年玉をもらったのであれば、20,000円を運用に回して、10,000円を子供が自由に使えるお金として分けるのも良いでしょう。

ここからは、お年玉の運用方法について具体的に解説していきます。

お年玉を運用する方法

  • 株式投資
  • NISAにて投資信託のつみたて

株式投資

株式投資は、企業の所有権を象徴する株式を購入し、企業の成長や収益増加に連動して資産を増やす投資手法です。

株を保有し、株価の変動に応じて利益を追求できるのが特徴です。

株式投資はリスクを伴いますが、資産を増やす機会を提供し、資産の多様化や財務目標の達成に役立つ方法として広く利用されています。

株を購入するとなればまとめて買う必要があり、多額の費用を用意しなければいけないと思っている方もいるでしょう。

近年では、1株単位で株を購入できるサービスもあります。

数千円程度のお金でも気軽に株式投資ができるので、子供のお年玉を運用させるのにぴったりの手だと言えるでしょう。

ちなみに、証券会社の口座は未成年でも開設可能です。

子供の口座を開設する際は、親が管理する必要があるので注意しましょう。

株式投資の大きなメリットは値上がりや配当益です。

成長が期待できる企業を見つけられれば、お年玉でも数年後には大きな利益になるかもしれません。

NISAにて投資信託のつみたて

NISAとは、日本の政府が提供する特別な税制優遇の個人投資口座のことです。

この制度は、個人が長期的な資産形成を促進し、将来の貯蓄や投資に向けた取り組みを支援するために設けられました。

NISAを利用すると、特定の金融機関で定期的に一定額を積み立てていくので、株式や投資信託などのリスク資産に投資できます。

投資益が発生した場合は、一定の期間内に得た利益に対して税金が免除されるか、軽減される税制上の優遇を受けられるのが特徴です。

近年では、小額でも積み立て投資ができる証券会社が増えてきました。

月2,000円でも積み立てをすれば年間12,000円を運用に回せることになるため、お年玉の金額でも十分に投資できます。

お金の運用を学びたいならキッズ・マネー・ステーションがおすすめ

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント

  • 金融教育のパイオニアとして多数の実績を誇っている
  • お金に関するプロが多数在籍している
  • オンラインでも気軽に受講できる

お年玉を運用したいと思っても、どのように行動すれば良いか迷ってしまいますよね。

お年玉を正しく運用するためにも、まずは運用に関する知識を身に付けることが大切です。

近年では金融教育が受けられる講座が多く誕生していますが、その中でもおすすめなのがキッズ・マネー・ステーション

キッズ・マネー・ステーションでは日本国内でもトップクラスの実績を誇っており、金融教育のパイオニアとして名を連ねています。

これまで多くの生徒を育てあげており、実際に資金の運用に成功した方も数多くいます。

キッズ・マネー・ステーションでは豊富なプログラムが揃っているだけではなく、レベルの高い講師が揃っているのも魅力の1つです。

お金の運用と言えば、難しく複雑な知識が必要なのではないかとつい不安になってしまいますよね。

確かに複雑な知識が必要になる場合もありますが、プロの講師が初心者でも分かりやすいように丁寧に説明してくれます。

講座を終えたらすぐに行動できるようにサポートしてくれるので、お年玉の時期に備えられるでしょう。

まとめ〜お年玉は貯金するよりも運用した方がいい〜

まだまだお年玉を全額貯金に回している方が多いですが、運用した方が大きなメリットを得られる可能性が高いです。

貯金に回しても、資産はほとんど増えません。

資産を増やせるチャンスがあるのに、その機会を逃してしまうのはとてももったいないです。

子供の将来に備えるための資金として貯金したいなら、運用してみてはいかがでしょうか?

お年玉を運用するおすすめの方法

  • 株式投資
  • NISAにて投資信託のつみたて

運用方法は豊富にありますが、特におすすめなのは上記の2つです。

資金の運用はもちろんリスクがありますが、長期的な目で見ればリスクを少なくして運用させることも可能です。

また、子供と一緒に挑戦すれば金融教育の機会にもつながります。

子供と一緒に勉強しながら資金を運用して、利益を増やしてみてはいかがでしょうか。

-お金を管理する

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス