子供のお金教育をする

子供にお金の話をする親は毒親?話すタイミングや教育方法を紹介

子供にお金の話をする親は毒親

子供にお金の話をする親は、家計を心配していたり、子供の将来に備えるため教育として話す方も多いでしょう。

しかし伝え方によっては、子供に不安や恐怖を与えたり毒親とみなされることもあるため注意する必要があります。

親が子供にお金の話をすること自体は、適切に行えば子供の金銭感覚を育成する大きなチャンスです。

この記事では、子供にお金の話をする際の適切なタイミングや方法、お金教育の重要性について分かりやすく解説していきます。

このページで学べること

  • 子供にお金の話をする親のメリット
  • 子供にお金の話をする親は毒親なのか
  • 子供にお金の話をするタイミング
  • 子供のお金教育の方法

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

子供にお金の話をする親のメリット

子供にお金の話をするメリットはたくさんあります。

お金の話をすることで、子供にお金の大切さを理解してもらいやすくなるでしょう。

正しいお金の価値観が身につけば、子供が良く考えてからお金を使うようになり無駄遣いが減る可能性が高いです。

普段の生活でお金についてのコミュニケーションを取ることで、節約も家族で協力しやすくなります。

以上の理由から、親が子供にお金の話をすると家族のために使えるお金を貯めやすくなるのです。

単に子供に金銭管理のスキルを教えるだけでなく、家族全員が経済的に健全な生活を送るための基礎を築くことにもつながります。

教育費の積み立てや家族旅行の資金など、家庭のために大切な支出に充てることもできるでしょう。

子供にお金の話をする親は毒親?

子供にお金の話をする親は毒親とは言えません

むしろ、子供にお金の価値や大切さを理解してもらい、正しい金銭感覚をつけるためには重要なことです。

ただし伝え方によっては、子供に悪影響を及ぼす可能性があります。

子供にお金の重要性を教える際には、言葉の選び方が重要です。

ここではお金の話をする際に、子供に悪影響を及ぼしかねない伝え方の例を見ていきます。

子供に悪影響を及ぼしかねない伝え方

  1. 不安を感じさせるようなネガティブな言い方
  2. 脅したり子供の行動をコントロールする言い方
  3. 子供に無力感を感じさせる言葉
  4. お金の話をするのは悪いことのように伝える

①不安を感じさせるようなネガティブな言い方

以下のようにお金の話をする親は、子供に不安や劣等感を植え付ける恐れがあります。

  • 「お金がないから」
  • 「うちは貧乏だから」

子供がおねだりをした時に、ネガティブな理由で断るのは良くありません。

他の家庭と比べて自信をなくしたり、将来の生活に不安を感じやすくなります。

また、子供の時に欲求を抑圧されすぎると、反動で大人になった時に浪費家になる恐れもあるでしょう。

②脅したり子供の行動をコントロールする言い方

子供が言うことを聞かないからと言って、以下のような発言をするのはよくありません。

  • 「あなたにいくらかかってると思ってるの?」
  • 「言うこと聞かないなら子育てにかかったお金を返して」
  • 「そんな態度なら学費を払わないぞ」

例えば、成績が思うように伸びない子供に対し「塾代がかかってるのに」のようにお金の話をする親も多いでしょう。

子供の行動をコントロールする言い方は子供が親に支配されていると感じ、不信感を抱く原因にもなります。

また、お金のことで脅すような発言は、子供がお金を稼げるようになった際に親子関係に亀裂を生じさせる可能性も高いです。

子供の行動や意見を尊重し、一緒に解決策を考える姿勢が大切です。

子供に無力感を感じさせる言葉

次のような言葉を使うと、子供に無力感や罪悪感を抱かせます。

  • 「誰のお金で生活してるの?」
  • 「親はお金を稼ぐために苦労してるけど、あなたは楽してる」

子供が「自分は親の役に立っていない、申し訳ない」といった気持ちになり、自己肯定感の低下を招く恐れがあります。

自己肯定感が低下すると、自身の無さから行動や発言、思考が制限される可能性もあるでしょう。

上記のような発言は、子供の健やかな成長を阻害する恐れがあるため注意が必要です。

お金の話をするのは悪いことのように伝える

お金の話をするのは悪いことのように伝えるのは、子供の価値観を歪めてしまう可能性があるため避けたほうが良いでしょう。

  • 「お金持ちは悪い人だ」
  • 「お金の話をしてはダメ」

上記のような言い方は、子供にお金に対するネガティブなイメージを与えてしまいます。

お金は悪いもの、お金持ちは嫌な人という固定概念を持つと、お金について学ぶ意欲がなくなってしまう可能性も高いでしょう。

早い段階でお金についての正しい知識をつけておかないと、将来苦労する場面も増えます。

次の章で、子供のお金教育を始めるタイミングやその理由について探っていきましょう。

子供のお金教育を始めるタイミング

子供のお金教育を始めるタイミングは、早ければ早いほどよいでしょう。

理由は、以下の2つです。

  • 少子高齢化で社会保障制度が不安
  • 成人年齢が18歳に引き下げられた

少子高齢化が進む日本では、社会保障制度が将来的にどうなるか不安視されています。

そのため、老後の資金を自ら貯めておく必要性も高くなってきました。

お金の教育を早いうちから受けることで子供がお金の価値や大切さを理解し、お金に困らないための準備をすることができるでしょう。

また、2022年4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられ、18歳以上の子供は親の同意がなくてもできることが増えました。

  • 部屋を借りる
  • 携帯電話を契約する
  • ローンを組む
  • クレジットカードを作る

これらの契約をする際には、正しいお金の知識を持っていないと金銭トラブルに巻き込まれる可能性も高いです。

そのため、成人年齢が18歳に引き下げられたことで、より早いうちからお金の教育を始めることが重要となっています。

金銭教育を早期に開始することで、子供は将来の金銭トラブルを未然に防ぐ力を養うことができるでしょう。

以上の理由から、子供が将来の生活で苦労しないために小さいうちから正しいお金の知識をつけておく必要があるのです。

子供にお金の話をする親はどうやって伝えるのがいい?

子供におねだりをされた時にはネガティブな発言をしがちですが、前述の通り良い方法とは言えません。

親が子供にお金の教育をするために、どのような手段を取るべきなのかを解説していきます。

子供におねだりされた時におすすめの避け方や、教育方法は以下の通りです。

子供にお金の話をする時の教育方法

  1. ポジティブな表現で伝える
  2. お小遣い制を取ってみる
  3. 目標を達成したらお小遣いをあげる
  4. 家計簿を見せてみる

ポジティブな表現で伝える

子供が何かを欲しがった時「買えない」「ダメ」と直接的に拒絶するのではなく「今は難しいけど、また今度〇〇の時に買ってあげる」という形で応じるのがよいでしょう。

特に子供が高価なおもちゃを欲しがったら、上記のように伝えることで「簡単に買ってもらえるものではないんだ」と気づくことができます。

子供にお金の価値観を理解してもらいやすくなるため、金銭教育の良い機会となるでしょう。

お小遣い制を取ってみる

お小遣い制を導入して子供が自分で管理させると、正しい金銭感覚を育てることができます。

同時にお小遣い帳をつけさせるのも効果的です。

例えば1ヶ月に1回お小遣いをあげて、おかし代や友達との遊び代をそこからやりくりしてもらうと良いでしょう。

そして、お小遣いが無くなったら買い与えないようにすれば「お金は大事に使わないといけない」ということが感覚で分かるようになります。

お小遣い帳をつけると何にどれくらい使ったのかが分かるので、自分で無駄遣いに気づくきっかけにもなるでしょう。

目標を達成したらお小遣いをあげる

達成感を味わうために、目標達成時にお小遣いを与える方法もあります。

お金を渡さなくても「お皿洗いを◯回やったら欲しい物を買ってあげる」などのご褒美でも構いません。

お手伝いや勉強など、努力をすることで報酬を貰えるということを覚えることもお金の教育の1つです。

家計簿を見せてみる

子供に家計簿を見せることで生活するために必要な支出が分かり、お金の大切さを伝えることもできます。

計算ができる歳であれば、レシートを渡して実際に家計簿をつけさせるのも良いでしょう。

子供が大学進学を考えているなら「授業料を貯めるなら、毎月これくらいの貯金が必要だね」などと考えさせるのも効果的です。

家計簿をつけることはお金の管理方法として有効な手段となります。

子供が将来家計簿の記入を習慣化できるように、子供が小さいうちはお小遣い帳をつけさせて慣れてもらうのもおすすめです。

子供のお金教育にはキッズ・マネー・ステーションの講座がおすすめ

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

子供に正しいお金の知識をつけてもらえば、将来お金のトラブルに巻き込まれるリスクを減らせます。

しかし、子供にお金の話をどう切り込んだら良いのか分からない親もいるでしょう。

子供に楽しくお金のことを学んでもらうには、キッズ・マネー・ステーションがおすすめです。

金融教育業界で18年以上の教育実績があるキッズ・マネー・ステーションでは、お金のことを学べる講座を多数展開しています。

年齢に合わせた講座があるため、幼稚園生から大人まで無理なく学べるのが特徴です。

親子で参加できる講座やオンラインの講座も選べるなど、様々な学び方ができるというメリットもあります。

お金のことをどう子供に伝えたらいいのか分からないという方も、子供と一緒にお金教育を受ければ話しやすくなりますよ。

子供だけでなく、親もお金の基本から資産運用まで様々なことが学べて、不安なことは講師に相談もできます。

また、オンラインの講座なら場所を選ばず学べて、移動時間もかからないので誰でも参加しやすいです。

子供のお金教育で悩んでいる方は、ぜひキッズ・マネー・ステーションの公式サイトから講座内容をチェックしてみてください。

子供にお金の話をする親に対してよくある質問

子供にお金の話をする親に対し、よくある質問をまとめました。

子供にお金の話をする親に対してよくある質問

  • Q1.子供にお金の話をする親は毒親と呼ばれる?
  • Q2.子供にお金の話をするタイミングはいつから?
  • Q3.子供のお金教育の方法は?

Q1.子供にお金の話をする親は毒親と呼ばれる?

A.子供にお金の話をする親は、毒親とは断定できません。

ただし、子供にお金の価値観を知ってもらおうとしていても、間違った伝え方をしてしまうと子供に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

  • 不安を感じさせるようなネガティブな言い方
  • 脅したり子供の行動をコントロールする言い方
  • 子供に無力感を感じさせる言葉
  • お金の話をするのは悪いことのように伝える

上記のような伝え方はしないように気をつける必要があります。

Q2.子供にお金の話をするタイミングはいつから?

A.子供にお金教育をするタイミングは、早いほうが良いでしょう。

小さいうちからお金の価値観を理解することで、早い段階で子供の将来に備えることができます。

子供にお金教育をすると家族で協力して節約したり、貯金ができる良いきっかけとなるため、なるべく早くからの教育がおすすめです。

Q3.子供のお金教育の方法は?

A.子供のお金教育で有効な方法は、以下の通りです。

  • ポジティブな表現で伝える
  • お小遣い制を取ってみる
  • 目標を達成したらお小遣いをあげる
  • 家計簿を見せてみる

子供にお金のことをネガティブに伝えないようにするのがコツです。

子供によって効果的な方法は変わるので、自分の子供の性格に合いそうな方法でお金教育をしてみてください。

子供にお金の話をする親は毒親とは限らない!伝え方が大切

子供にお金の話をする親が毒親とみなされるかどうかは、伝え方によって決まります。

不安や恐怖を与えるようなネガティブな言い方ではなく、ポジティブな表現で、子供の理解度に合わせて伝えることが大切です。

また、子供のお金教育を始めるタイミングは、早ければ早いほど良いでしょう。具体的には、幼稚園や小学校低学年から始めるのがおすすめです。

子供のお金教育の方法で悩む方や、自分もお金の知識を学びたいという方は、キッズ・マネー・ステーションの講座がおすすめです。

子供から大人まで、年齢に合わせた講座があるため誰でも分かりやすくお金の勉強ができます。

親子でも参加できるので、一緒に勉強したい方はぜひ活用してみてください。

-子供のお金教育をする

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス