お金をためる

子供といたいけどお金がない!子供との時間と仕事ならどっちが大事?

子供といたいけどお金がない

子供といたいけどお金がない、そんな悩みを抱える方は少なくありません。

専業主婦・主夫でいられれば子供との時間がしっかり取れるものの、教育費を貯められるか不安になる方も多いでしょう。

子育ての時間と仕事、どちらが大事なのでしょうか?

職場復帰をするにも専業主婦・主夫のままでいるにも、メリットとデメリットをしっかりと比較して考えることが大切です。

今回は子供といたいけどお金がないという方に向けて、対処方法などを解説していきます。

このページで学べること

  • 子供との時間か仕事か、どちらを選ぶべきか
  • 専業主婦・主夫のままでいる場合と働く場合のメリット
  • 子供といたいけどお金がない場合の対処方法

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

子供との時間か仕事か、どちらを選ぶべき?

子供との時間を優先するか、仕事を選ぶかは、家庭の状況や子供の将来設計に大きく左右されます。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、比較して決定するとよいでしょう。

専業主婦・主夫でいることのメリット・デメリット

専業主婦・主夫であることには、子供との貴重な時間をたくさん持てるという大きなメリットがあります。

子供が成長する瞬間を目の前で見守れるため、子供も寂しい思いをせずに済むでしょう。

デメリットとしては、お金が貯めにくいことが挙げられます。

将来子供が行きたい学校ができても、貯金が足りずに行かせてあげられなくなる可能性も高いです。

貯金の不安だけでなく、稼いでいないことへの罪悪感からストレスになることもありえます。

働くことのメリット・デメリット

一方で、仕事を持つことで子育てに必要な費用を確保でき、家族の生活を安定させることができます。

子供のやりたいことができた時に、我慢させることも少なくなるでしょう。

また、社会との関わりを持てるので、精神的な充実感を得ることもできます。

親が仕事を頑張る姿を見せることで、子供にお金の大切さを伝えるのにも役立つでしょう。

デメリットとしては、子供を構ってあげられる時間が減ることです。

仕事と育児の両立が大変で、忙しさから心に余裕がなくなることも考えられます。

子育てをしながら働く場合は、工夫が必要になるでしょう。

子供といたいけどお金がない場合はどうすればいい?

「子育てをしっかりしたいから子供と一緒にいたいけど、子供の将来を考えるとお金が不安…」と悩む方向けに対処方法をまとめました。

子供といたいけどお金がない時の対処方法

  1. 家計を見直す
  2. 助成制度を活用する
  3. 節約する
  4. 育児休暇を取る
  5. 緊急時の貯金を貯めてから専業主婦になる
  6. 時短勤務で職場復帰する
  7. 自宅でできる仕事を探す

特に①②は働くか専業主婦・主夫でいるかどうかを決めるための指針にもなるので、ぜひ試してみてください。

①家計を見直す

まずはじめにやるべきことは、家計をしっかり見直して支出を明確にすることです。

「毎月だいたい◯円くらい使っていると思う」というような感覚には頼らず、「毎月何に何円使っていて、家計の何割を占めているのか」というところまで調査しましょう。

家計を見つめ直すには、アプリの家計簿を使うのがおすすめです。

レシートを取り込むことで収支を種類別にグラフにしてくれるので、支出を見える化できます。

何にお金を使っているのかを知ることで、無駄遣いになっている部分を見つけやすくなるでしょう。

毎月少しでも無駄遣いを減らして貯金に回すことができれば、長期的に考えると大きな利益になります。

やりくり上手になれば、無理に仕事をしなくてもお金を貯められる可能性も高くなるでしょう。

②助成制度を活用する

子育てに関する助成制度を調べて活用しましょう。

子育てで使える助成制度として、以下のようなものが一例として挙げられます。

制度 支援内容
育児休業給付金 産休後、子供が1歳になるまでの育児休暇期間に支給
児童手当 中学校卒業までの間、毎月1万円~1万5,000円を支給
児童扶養手当 ひとり親で、満18歳の最初の3月31日までである子供がいる世帯に、月額1万410円~4万4,140円支給
※子供に一定以上の障害がある場合は条件が20歳未満となる
子育て世帯生活支援特別給付金 収入の少ない家庭を対象に子供1人あたり5万円を支給
高等学校等就学支援金 高校の教育費を無償化または支援金を支給
高等教育の修学支援新制度 大学・短期大学・高等専門学校・専門学校の教育費を無償化または支援金を支給
返済不要の奨学金 優秀な生徒に対し、返済不要の支援金を支給

自治体や国が提供する様々な助成金や給付金があり、利用することができればお金の心配を減らしつつ子供との時間を確保できます。

助成制度は自分で申請して初めてもらえるものも多いです。

本当は利用できるのに、活用できていない制度がある可能性もあります。

地域の役所や子育て支援センターで情報を収集し、利用できる制度を確認しましょう。

エリア限定の助成制度などもあるので、お住まいの地域の制度も今一度しっかり調べてみることをおすすめします。

③節約する

節約をすることで家計のムダを無くしましょう。

おすすめの節約方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 保険料・通信料金・サブスクリプションを見直す
  • 家賃が安いか、子育て支援が整った地域に引っ越す
  • 車の利用を減らす
  • セールの時に買い物する
  • クーポンやポイントを活用する
  • 外食を減らして自炊の回数を増やす
  • 消耗品はまとめ買いで安く買う
  • 不用品をフリマサイトで売る

特に保険料やスマホの月額料金は、今よりも安いものに変えられる可能性が高いです。

保険の相談窓口に行って変更したり、格安SIMのスマホに買い替えなどを行うと月々の支出を大幅に改善できることがあります。

また、節約をする際に気をつけたいのは、無理をしすぎないことです。

無理やり食費を削ったり、必要な衣料品を買わずにいると、子供の成長を妨げる可能性もあります。

過度な節約は長続きしにくいため、自分が無理せずできる範囲で行うことがコツです。

④育児休暇を取る

育児休暇を取ることも一つの方法です。

育児休業給付金や児童手当、子育て世帯生活支援特別給付金など、育児休暇中に利用できる支援金や助成金があります。

制度を活用しつつ育児休暇を取れば、経済的な負担を軽減しながら子供との時間を確保できるでしょう。

⑤緊急時の貯金を貯めてから専業主婦になる

貯金をある程度貯めてから専業主婦・主夫になるという選択肢もあります。

専業主婦・主夫になりたいけど、貯金が全く無いという場合は要注意。

子育てには思わぬ出費が発生する可能性も高いです。

将来の不測の事態に備えるために、ある程度の貯金をしておくと安心でしょう。

⑥時短勤務で職場復帰する

子育てをしつつ職場復帰を検討している場合、時短勤務で復帰するというのも手です。

時短勤務なら仕事と子育てのバランスを取りやすく、経済的な安定と子供との時間の両立が期待できます。

出産前にフルタイムで働いていた会社に戻る場合は、時間や日数を減らせないか上司に相談してみてください。

もし元の会社で時短勤務ができないと言われたら、子育てサポートが手厚い会社へ転職するのも1つの方法です。

⑦自宅でできる仕事を探す

勤務先に出勤せずとも、自宅でできる仕事はたくさんあります。

在宅ワークなら子供の面倒を見つつ、収入を得ることも可能です。

  • データ入力
  • ライティング
  • アフィリエイトブログ
  • 画像・動画編集
  • イラスト作成
  • アンケートサイト報酬をもらう

語学が堪能など、スキルや資格を持っている場合はクラウドソーシングなどで在宅の仕事を請け負うのもおすすめです。

元々働いていた会社で在宅ワークを取り入れられそうなら、相談してみても良いでしょう。

子育て費用に悩む方は、キッズ・マネー・ステーションの講座を受けよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

「子供といたいけどお金がない」というジレンマに直面している親御さんには、キッズ・マネー・ステーションの利用もおすすめです。

キッズ・マネー・ステーションでは、家計管理から子供の教育資金まで幅広い金融知識を学べる講座を展開しています。

基本的なお金の貯め方や、長期的な資産形成のやり方を知りたい方にピッタリです。

特に子育て世代の親御さんにとって役立つ情報が満載で、家計の見直しから資金計画の立て方までプロに相談もできます。

また、親子で参加できるプログラムもあり、子供にお金の大切さや管理方法を教えながら、親も一緒に学べるのが特徴です。

親子でお金についての理解を深めれば、将来に向けての準備が進めすくなるでしょう。

オンライン講座も提供されているので、時間的制約や地理的な問題に左右されずにどこからでも参加できます。

子供との貴重な時間を大切にしながら、経済的な安心感を得るためにキッズ・マネー・ステーションの講座は大きなサポートとなるでしょう。

興味がある方は、ぜひ公式サイトを訪れて詳細を確認してみてください。

子供といたいけどお金がない方によくある質問

最後に、子供といたいけどお金がないという方のよくある質問に答えていきます。

子供といたいけどお金がない方によくある質問

  • Q1.フルタイムで働くべき?
  • Q2.出産前の会社に職場復帰と在宅ワークの副業ではどちらがいい?
  • Q3.専業主婦・主夫でも受けられる支援制度はある?
  • Q4.専業主婦・主夫でも安心できる貯金額は?

Q1.フルタイムで働くべき?

A.フルタイムで働くべきかは、家庭の状況によります。

まずは家計簿をつけて収支を見直し、今のままで毎月いくら貯金ができるのかを調査しましょう。

その後、子供の将来設計に合わせていくら貯金が必要になりそうか概算してみてください。

このままでは目標金額に達しないと判断したら、家計で削れる部分が無いか、または利用できそうな助成制度がないかを調べてみましょう。

ファイナンシャルプランナーなどお金のプロに相談し、毎月の貯金額を捻出する方法はないか探るのもおすすめです。

それでもお金が足りないと判断して初めて、足りない分を補える勤務方法を考えるとよいでしょう。

Q2.出産前の会社に職場復帰と在宅ワークの副業ではどちらがいい?

A.職場復帰も在宅ワークも、どちらもメリット・デメリットがあります。

元の会社への職場復帰なら、新しいことを覚える必要もなく得られる収入も明確です。

ただし時短勤務や在宅ワークなど、子育てとの両立に対応できる会社ではない可能性もあります。

在宅ワークの副業なら自宅にいられるので、子育てをしつつ収入を得るのに最適です。

しかし収入が少なかったり、毎月一定額がもらえない仕事なら貯金できる金額が安定しないなどのデメリットもあります。

メリット・デメリットを比較して、家庭に合う方を選ぶと良いでしょう。

Q3.専業主婦・主夫でも受けられる支援制度はある?

A.専業主婦・主夫でも利用できる支援制度はあります。

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 子育て世帯生活支援特別給付金
  • 職業訓練給付金(求職目的で職業訓練校に通っている場合)

地域限定の支援制度もある可能性が高いので、お住まいの地域の制度も調べてみてください。

Q4.専業主婦・主夫でも安心できる貯金額は?

A.子育てする上で安心できる貯金額は、家庭によって異なります。

特に、子供の進学先の教育費で大きく変わるでしょう。

大学の教育費だけで考えても、国公立大学なら卒業まで約200万円、私立の文系なら約400万円、私立の理系なら約500万円程度必要になります。

医学部を志望する場合は、大学だけで2,000万円以上かかることも多いでしょう。

公立の小・中学校へ進学したい場合の教育費はそこまでかかりませんが、私立への進学を考えている場合はさらにお金が必要です。

まずは教育費を概算してみて、あとどれくらいお金が必要なのかを調べてみましょう。

教育費の場合は助成制度や奨学金なども使えるので、そういった要素も考慮し必要な貯金額を考えてみてください。

子供といたいけどお金がない場合に働くべきかは、メリット・デメリットを比較して考える

子供といたいけどお金がない場合に働くべきかは、メリット・デメリットを比較して考えてみましょう。

専業主婦・主夫でいることのメリット・デメリットは主に以下の通りです。

  • 子供と一緒にいられる
  • 子供の成長を見守れる
  • 子供に寂しい思いをさせない
  • お金が貯めにくい
  • 収入が得られないことへの不安や罪悪感が生まれる
  • 子育てする上で孤独を感じる

仕事を始めるかどうかを考える前に家計のムダを省いたり、育児休暇の利用を検討したり、使える支援制度が無いかをチェックするのも大切です。

一旦職場復帰をしてある程度貯めてから、専業主婦・主夫に戻るという方法も検討してみてください。

続いて、子育て中に働く場合に考えられるメリット・デメリットは以下になります。

  • 子育てのお金が貯められる
  • 収入があることで罪悪感を抱かなくなる
  • 社会との関わりが持てる
  • 子供との時間を捻出しにくい
  • 忙しくなり心に余裕が持てなくなる
  • 家事・育児が疎かになる

子育てしながら働くのは負担が大きいため工夫が必要でしょう。

例えば育児に協力的で時短勤務が可能な会社で働いたり、在宅ワークができる仕事にするのがおすすめです。

お金がない中での仕事と育児、どちらを優先すべきか迷ったら、金融のプロに助けを求めるのも良いでしょう。

今回紹介したキッズ・マネー・ステーションなどを活用してお金の管理方法を学べば、働かずに貯金費用を捻出する方法が見つかるかもしれません。

ぜひ、色々な機関を頼ってみてくださいね。

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス