お金をためる

高校入学までにいくら貯蓄しとくべき?家庭ごとの平均値も解説

高校入学までにいくら貯蓄

「子どもが高校に入学する前にいくら準備しておけばいいの?」

「教育資金が貯まらなくて悩んでいる」

近年の値上がりラッシュで思うように貯蓄もできず、このように悩んでいる方も少なくないでしょう。

子どもには自分が思う進路に進んでほしいと思うもの。

しかしそのためには十分な教育資金を用意しておく必要があります。

そこで今回は、高校入学までにいくら貯蓄しておくべきなのか、家庭ごとの平均値も解説していきます。

※当記事は2024年現在の情報になります。

このページで分かること

  • 高校入学までにいくら貯蓄しとくべきなのか
  • 家庭ごとの平均値
  • 教育資金をためる方法
  • 節約のポイント

※本ページにはPRが含まれます。

高校入学までにいくら貯蓄しとくべきなのか

文部科学省の調査を参考にしてみると、高校までの学費は最低でも574万円程度かかることがわかりました。

ただし、574万円という数字は幼稚園から高校まですべて公立に通った場合なので、私立に通うとなればより高い学費が必要になります。

すべて私立の学校に通った場合は、公立の3倍の1838万円程度かかることがわかっています。

公立と私立で用意しておくべき金額に大きな差があるので、よく話し合うことが大切です。

教育費はどう準備するのが良いか

節約しようと思ってもうまく行動できなくて、なかなか教育資金を貯められないと悩んでいる方もいるでしょう。

ここからは教育費をどう準備すれば良いのかについてご紹介します。

児童手当を貯める

児童手当は子供を養育する世帯に支給される公的な給付金のことです。

児童手当を貯金として活用することで、将来の教育資金を効率よく積み立てられます。

児童手当は子供の人数や世帯の所得によって支給額が異なるため、受給額に応じて活用することが大切です。

手当を受け取った後に、必要な教育費用の積み立てに充てるか、定期的な貯金口座に入れておくかを検討しましょう。

また、手当を貯金として活用するだけでなく、その他の教育資金を貯める方法と組み合わせて効果的に活用するのもおすすめです。

地域や収入に応じた児童手当の支給条件や申請手続きは異なるので、事前に確認しておきましょう。

自身の状況に合わせて活用方法を検討し、教育資金を貯める一つの手段として参考にしてください。

教育資金用の口座を作る

将来の子供の教育費を専用の口座に積み立てておく方法もおすすめです。

まず、銀行や金融機関で教育資金専用の口座を開設します。

教育資金専用の口座は、教育費の積み立てを目的としているため、他の用途に使わないように注意しましょう。

積み立て額や頻度は自身の収入や家計の状況に合わせて決められます。

教育資金専用の口座を作る方法のメリットは、教育資金を明確に管理できることです。

口座を作れば資金の活用用途が決まっているため、教育費を無駄に使わずに済みます。

また、利子がつく場合もあり、資金を増やす手段としても有効です。

教育資金用の口座は、将来の教育費をコツコツと貯めるための一つの道となるでしょう。

定期預金の活用

定期預金とは、一定期間(例えば1年や3年など)にわたって一定金額を預けておく取引のことです。

毎月一定額を定期預金に積み立てていくことで、教育資金を着実に貯められるでしょう。

定期預金の特徴は、一定の期間内にお金を引き出すのが難しい点です。

簡単に引き出せるものではないため、誘惑に負けずに資金を貯められます。

また、定期預金は利息が付くケースが多く、お金を預けておくだけで増えるので資金を増やす手段としても有効です。

ただし、定期預金の解約時には解約手数料がかかる場合があるため、無駄にしないためにも万が一の場合を除いて解約しないようにしましょう。

定期預金を活用する際には、預ける期間や金額、利率などをよく検討し、自身の家計に合ったプランを立てることが大切です。

財形貯蓄制度の活用

財形貯蓄制度は、給与から一定の金額を天引きして貯金する制度で、通常は雇用主や公的機関から行われるのが一般的です。

毎月給与から一定額を自動的に貯金するため、無理なく着実に資金を積み立てられるでしょう。

財形貯蓄制度の特徴は、天引きだからこそ自分でお金を取り崩すのが難しいことです。

自分で引き出せないため、計画的に教育資金を貯めることが可能です。

また、一般的に利息がつくため、預けたお金が増えていくメリットもあります。

ただし、制度によっては一定の条件が設けられている場合があるため、詳細な利用方法や利率などを事前に確認しておくことが重要です。

財形貯蓄制度を活用する際には、自身の収入や支出に合わせて適切な金額を選び、長期的な目標に向けて積み立て計画を立てることが大切です。

学資保険の利用

学資保険は将来子供の教育資金を確保するために保険会社から提供される商品です。

一定の期間にわたって保険料を支払い、保険期間終了時になると引き出せるので、そのタイミングで子供の進学や教育資金に貯めたお金をあてられます。

学資保険のメリットは、定期的な保険料の支払いによって積み立てを行うため、将来の教育資金を確実に準備できる点です。

また、予期せぬ事態が起こった場合も保険金が支払われる場合もあります。

ただし、学資保険には様々な種類があり、商品ごとに特徴や利率が異なるため、選ぶ際には注意が必要です。

保険料や保険内容、保険金支払いの条件などをよく理解し、自身の家計に合ったプランを選びましょう。

学資保険を利用する際には、将来の子供の教育資金を見据えて計画を立て、適切な商品を選ぶことが大切です。

NISAを活用する

教育資金を貯める方法の一つとして、NISA(少額投資非課税制度)の活用が挙げられます。

NISAは、株式や投資信託などの金融商品への投資に対して、一定の範囲内で利益が非課税となる制度です。

NISA制度を教育資金の貯蓄に利用する場合、長期的な資産形成を計画できます。

NISAを利用する際のメリットは、利益が非課税となるため、投資から得られる利益をそのまま教育資金に充てられる点です。

また、NISAは複数年間にわたって利用ができ、リスク分散を図りながら資産を増やせるのも魅力です。

ただし、NISAには投資商品の選択や市場の変動リスクがあるため、十分な情報収集を行う必要があります。

さらに、投資には元本保証がないため、慎重な判断が必要です。

教育資金をNISAを通じて増やす際には、自身のリスク許容度や投資目標に合った投資プランを立て、適切な商品を選びましょう。

教育費を貯めるには「固定費の削減」が必須

教育費を貯めるためのポイントは「固定費の削減」です。

具体的にどう行動すれば固定費を削減できるのか、以下で解説していきます。

マイホームの購入を検討する

賃貸住宅から自分の住まいに変えることで、将来的な家賃支払いが不要になり、長期的に固定費を削減できます。

ただし、マイホーム購入には初期費用やローン返済などが発生するため、慎重な計画が必要です。

購入時には予算を明確にし、自身や家族の生活スタイルに合った住まいを選びましょう。

また、ローン金利の選択や保険加入など、細かなポイントにも注意が必要です。

マイホームは資産としての側面もあり、将来的な価値の向上が期待できる一方、固定資産税などの維持費も発生します。

将来の価値だけではなく、維持費なども考えて慎重に計画を立てましょう。

水道光熱費の見直し

家庭の水道代や電気・ガス代は毎月の支出に影響を与えがちです。

まず、電気やガスの契約プランを見直し、自分の生活パターンに合ったプランを選ぶことで無駄な支出を減せるでしょう。

また、節水や節電の意識を高めることも重要です。

無駄な電気や水の使用を避け、効率的な使い方を心がけることで光熱費の削減につながるでしょう。

さらに、家電や照明の効率の良い機器への切り替えや断熱材の導入など、長期的な視点で省エネ対策を行うことも重要です。

定期的なメンテナンスや異常の早期発見も光熱費の削減につながるので、こまめに依頼しておくといいでしょう。

水道光熱費の見直しは家計の支出を抑える手段として効果的なので、地道な努力を続けることで固定費の削減が目指せます。

スマホやネットのプランの見直し

通信費は現代の生活に欠かせない支出ですが、節約につながりやすいポイントです。

まずは自分や家族のスマホやネットの使い方を分析し、現在のプランが本当に必要なものかを検討しましょう。

使っていない機能や余分なデータ容量などは見直しの対象となります。

また、複数の通信会社のプランを比較することで、よりコストパフォーマンスの高いプランを選べます。

さらに、キャッシュバックや特典を活用するなど、お得なキャンペーンを利用するのも効果的です。

ネット回線の速度や品質も検討ポイントです。

定期的にプランを見直す習慣を持ち、最新のプランに切り替えるのもポイントです。

スマホやネットのプランを見直すことで、無駄な支出を削減でき、固定費の節約につながるでしょう。

教育費用の悩みがあるならキッズ・マネー・ステーションがおすすめ

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

教育費用に関して悩みがあるなら、ぜひキッズ・マネー・ステーションに参加してみてください。

キッズ・マネー・ステーションでは一人一人の詳細な悩みに対応できるように、豊富なプログラムが用意されています。

「高校入学までにお金を貯める方法を知りたい」「日常生活の中で節約できるポイントが知りたい」など、悩みに合わせてお金のプロからアドバイスがもらえます。

高校入学に向けて教育資金を貯められるように、講座を通してサポートしてくれるのが特徴です。

まとめ

今回は、高校入学までにいくらくらいの教育資金が必要なのかについてまとめていきました。

公立に通うのか、私立に通うのか、も資金が大きく異なるため、子供とよく話し合うことが大切です。

将来の教育資金に不安があるなら、キッズ・マネー・ステーションへの参加をおすすめします。

キッズ・マネー・ステーションでは子育て経験があるプロからもアドバイスがもらえるので、口座の内容を実際の家計にも役立てられるでしょう。

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス