お金をためる

高校生におすすめな貯金の仕方!効率的な節約術を紹介

高校生におすすめな貯金の仕方

高校生は大学進学や就職、一人暮らしに備えて貯金を始める絶好の時期です。

しかし、限られたお小遣いの中では、貯金がなかなか上手くいかないという方もいるでしょう。

この記事では、高校生が取り組みやすい貯金の仕方や、日常で使える節約術を詳しく解説します。

アルバイトができない場合でも、お金を得る方法についても書いています。

貯金が続かない方や、将来のためにお金を貯めたい高校生は要チェックです。

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

高校生の貯金:なぜ今から始めるべきなのか

高校生のお小遣いは5,000円前後

高校生のお小遣いの平均額は5,000円程度とされています。

しかし、高校生になると交際費がかかることも多くなってくるでしょう。

外食や友達と遊ぶための費用、部活の費用、交通費、趣味にかかる費用などで消えてしまい、気がつくと貯金をする余裕が無くなっていることも。

急にお金が必要になった時のことを考えて、意識的にお金を貯めておく必要があります。

貯金するメリットとは?

貯金を始めるメリットは、主に3つあります。

高校生から貯金するメリット

  1. 急な出費に対応できる
  2. 未来の自分への投資ができる
  3. お金の使い方・貯める習慣が身につく

欲しい物が買えたり、急な出費に対応できることだけでなく、未来の自分への投資ができることも大きなメリットです。

例えば、大学進学や資格取得など、将来的に自分がやりたいことにかかる費用に使えるので、貯金があると選択肢が広がります。

今やりたいことがなかったとしても、この先夢ができた時に、お金が原因で諦める必要はなくなりますよ。

また、高校生でお金を貯める習慣をつけておくと、社会人になった時にも無駄遣いが減ります。

計画的なお金の使い方を身につけられ、将来の選択肢も増えるので、今からでも貯金を始めるのがおすすめです。

高校生の貯金の仕方:お小遣い内で実践できる節約法

貯金を成功させるには、無駄遣いを減らすために工夫しましょう。

高校生でも実践できる節約方法をまとめました。

高校生の貯金の仕方:節約方法

  1. 1ヶ月に使うお金を決める
  2. 買い物をする時は上限を設定
  3. 買う前によく考え、迷うなら買わない
  4. クーポンを使う
  5. プチプラのものを選ぶ
  6. 描いて覚えるものはコピー用紙を使う

1ヶ月に使うお金を決める

月の初めに、1ヶ月に使えるお金を決めておきましょう。

例えば、月に使えるお金を5000円とすると、1週間に使えるのは約1250円になります。

週の初めに1250円を財布に入れて、それ以上は使わないという規則を設けるのがおすすめです。

余ったお金は次の週に回すか貯金に回して、計画的に過ごしましょう。

買い物をする時は上限を設定

買い物をする時には、予算を超えないよう上限額を決めて出かけましょう。

上限を決めずに出かけると、予定していなかったものも欲しくなって予算オーバーになる可能性があります。

今日使えるお金は◯円まで」と決めておけば、無駄な買い物を控えることが可能です。

また、買う予定だったもの以外は、なるべく買わないようにするのも大切です。

買う前によく考え、迷うなら買わない

商品を手に取って、購入するか少しでも迷った場合は買わないのが賢明です。

迷う時間があるということは、その商品は今すぐ必要ではないということになります。

一旦購入をやめて、後から「やっぱり買うべきだった」と思ったら、再度購入するという手もありますよ。

買い物は必要最低限で済ませて、無駄な支出を減らしていきましょう。

クーポンを使う

高校生になると、食費や遊びに使うお金が増えてしまいます。

しかし、付き合いもあるため、交際費を無くすことは難しいです。

そんな時の節約法として、クーポンを使うのもおすすめですよ。

多くの飲食店や小売店は、公式アプリやウェブサイトで割引クーポンを提供しています。

クーポンを駆使すれば、ちょっとでも費用を抑えられますよ。

プチプラのものを選ぶ

高校生活では、メイクやファッションに関心を持つようになることも多いでしょう。

制服が指定されていてメイクが禁止であったとしても、スキンケア商品や遊びに行く服が必要になることも増えてきます。

化粧品や服を買う時に高いものばかりを選ぶと、お小遣いはあっという間に底をついてしまいます。

そこで活用したいのが、プチプラ商品です。

最近ではプチプラ化粧品の品質も向上しており、手頃な価格でありながら優れた商品もたくさんあります。

また、YouTubeやブログ、通販サイトのレビューを参考にすることで、コスパの良い商品を見つけやすいですよ。

描いて覚えるものはコピー用紙を使う

暗記系の教科を勉強する時に、コピー用紙を使うのもおすすめです。

たくさん書いて覚えたい人ならば、ノートやルーズリーフを使っているとすぐに無くなってしまうことも多いでしょう。

コピー用紙は数百枚単位で売られており、価格も手頃です。

置いておく必要がない書き物は、コピー用紙を活用すればコストを大幅に削減できます。

大型スーパーやホームセンター、100均やネットショップなどに売られているので、すぐに手に入るのもメリットです。

高校生の貯金の仕方:効率よく貯める方法

効率よく貯金をするには、お金を稼いだり、使いすぎないように注意することも大切です。

アルバイトができない高校生でもお金を得る方法はありますよ。

高校生の貯金の仕方:効率よく貯める方法

  1. 先取り貯金と口座の活用
  2. アルバイトする
  3. ポイントサイトやモニターで稼ぐ
  4. 不用品をメルカリで販売する
  5. アプリを使って支出を可視化する

ここでは、効率よくお金を貯める方法を1つずつ詳しく解説します。

先取り貯金と口座の活用

手元にお金があるとつい使ってしまう方は、「先取り貯金」がおすすめです。

先取り貯金とは、お小遣いやアルバイトの給料が入ったら、一定の額を別口座に移して貯金することです。

お金を使う前に貯金し、すぐに使える場所から遠ざけることでお金を貯められます。

アルバイトなどで既に口座を持っている場合は、貯金専用の口座を作るのがおすすめです。

ネットバンキングなら来店せずに簡単に作れるので、授業や部活で忙しくても口座開設しやすいですよ。

銀行によっては金利が高い口座もあり、効率よくお金を増やせます。

アルバイトする

高校生になればアルバイトができるので、働いてお金を稼ぐことも可能ですね。

社会経験も積めますので、時間に余裕がある場合はアルバイトをするのもおすすめです。

イベントスタッフや飲食店、コンビニやカラオケなど、高校生でも働ける場所はたくさんあります。

学業と両立できるアルバイトを選びましょう。

ポイントサイトやモニターで稼ぐ

「アルバイト禁止の高校に通っているけど、お小遣いだけでは足りない」という方も多いでしょう。

そんな高校生におすすめなのは、ポイントサイトやモニターでのお小遣い稼ぎです。

アンケートに答えたり、小さなノルマをクリアすることでポイントやお金が貯められるサイトがあります。

ポイントは電子マネーや商品券と交換できるのが一般的なので、コツコツ貯めればお金を稼ぐことができますよ。

不用品をメルカリで販売する

家中の不用品をメルカリで売ることで、まとまったお金が手に入ることもあります。

クローゼットの中に眠っている不要な服・読まない本・クリアしたゲームなどは、売ってお金にしてしまいましょう。

部屋もすっきりし、なおかつお小遣いにもなります。

意外なものが高値で売れる可能性もあるので、まずは家にある不用品を検索し、相場をチェックしてみてくださいね。

アプリを使って支出を可視化する

貯金で一番大事なのは、何にいくら使ったかを把握することです。

家計簿をつけるのは面倒という方でも、アプリを使えば簡単に記録できますよ。

毎月の出費がカテゴリーごとに表になるものがほとんどなので、無駄な出費を見つける手助けになります。

買うたびに記録をつけることで出費を自覚できるので、お金の使い過ぎを防止できますよ。

貯金成功のための注意点

貯金を成功させるための注意点をお伝えします。

貯金成功のための注意点

  1. 極端な節約は避ける
  2. アルバイトを詰めすぎない

無理な貯金の仕方では、長続きせず失敗しやすいので注意しましょう。

極端な節約は避ける

貯金したいからと言って、極端な節約をするのは避けましょう。

例えば、必要な食費を無理して削ってしまうと健康にも良くないですし、長続きもしません。

お金がかかるからと友達との遊びを断り続ければ、交友関係にも影響が出る可能性が高いです。

無理のない範囲で、小さなところから節約するのが貯金が続くコツです。

アルバイトを詰めすぎない

一気にお金を稼ごうとして、アルバイトを沢山掛け持ちしたり無理なシフトを出すのはやめましょう。

高校生で一番優先すべきなのは学業です。

アルバイトが理由で勉強が疎かになるのは本末転倒ですし、無理な働き方をすれば身体を壊してしまう可能性もあります。

将来の可能性を潰してしまうことにもなりかねないので、アルバイトは学業や普段の生活に支障が出ない程度にしましょう。

貯金の仕方は「キッズ・マネー・ステーション」の講座で学ぼう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント

  • お金のことを楽しく学べる
  • 高校生を対象とした講座もある
  • オンラインの受講も可能
  • 全国に300名以上の認定講師がいる

お金の知識を学ぶなら、金融教育サービス「キッズ・マネー・ステーション」がおすすめです。

キッズ・マネー・ステーションでは高校生を対象にした専門の講座も展開しており、18年間の教育実績があります。

全国に300名以上の認定講師がいるため、貯金の基本から投資に至るまで様々なことが学べますよ。

先生や子どもにもわかりやすい教材と独自の教育メッソドで、貯金をさせ以降に導くスキルをしっかりと身につけさせてくれます。

地方に住んでいる人や多忙な人には、オンラインでの受講も可能です。

興味がある方は、公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね。

まとめ:高校生が知るべき貯金の仕方と効率的な節約術

高校生が実践できる貯金の仕方と具体的な節約方法を解説しました。

お小遣いやバイト代を賢く管理し、無理なく続けられる貯金の仕方を身につけましょう。

貯金はなるべく早めに行うことで、将来の選択肢が広がりますよ。

ご紹介した内容を実践して、貯金を成功させましょう!

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス