おすすめ

国民年金保険料の2年分前払いがクレジットカードで払えるようになったよ!について調べてみました。

更新日:


 

smiley-1966857_1280_580

こんにちは、エビフライマンです。

平成29年4月より国民年金保険料の「2年前納」制度が、これまでの口座振替に加え、新たに現金・クレジットカードでの納付が可能になりました。

2年分の保険料をまとめて収めた場合、2年間で最大15,000円程度の割引でお得を得られます。これは、国民年金保険を収めている方にとっては嬉しいサービスになるのではないでしょうか。

クレジットカード払いで2年前納を支払うと割引額15,000円+ポイントが加算されます。仮にポイント還元率1%とすると3,700円分のポイントが付与されます。

つまり、割引額と合わせて18,700円のお得になります。支払い金額が大きいため高還元率のクレジットカードを利用すれば、さらにお得を手にできますね。

国民年金保険料の2年前納の概要について

【参考】平成28年4月に2年前納を収めた場合

口座振替2年前納

28年度保険料16,260円×12カ月+29年度保険料16,490円×12カ月=393,000円

393,000円-15,690円=377,310円

 6カ月前納1年前納2年前納
平成28年度96,450円
 (1,110円)
191,030円
 (4,090円)
377,310円(※)
(15,690円)
保険料額は厚生労働省告示により確定した金額です。
 ( )は毎月納める場合と比較した割引額です。

※実際に口座から引き落とされる金額は「国民年金保険料口座振替額通知書」にてご確認ください。

また、平成29年度のそれぞれの納付方法における割引額は厚生労働省告示により金額が確定します。

現金およびクレジットカード納付による2年前納の割引は、2年間で15,000円程度となります。(平成28年度保険料額からの推計)

現金・クレジットカードの2年前納の期間

平成29年4月よりご利用いただけるクレジットカード納付の2年前納申込期限は平成29年2月末です。

クレジットカードでの納付

新たに2年前納が可能です。4月分から翌々年3月分までの保険料を4月末に納付できます。

現金での納付

任意の月から翌年度末までの前納が可能です。最大で4月分から翌々年3月分までの2年分の前納が可能です。

2年前納の手続き方法

(1)お申込期限
毎月2月末(平成29年度分は平成29年1月20日から受付開始になります)

(2)お申し込み方法
「2年前納」で納付するためにはお手続きが必要です。

※郵送の場合、郵便物の到着までに日数がかかるため、早めの投函を心がけましょう。

クレジットカード払いの場合

「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入の上、年金事務所(郵送も可)へご提出します。
なお、日本年金機構のHPにて申出書のダウンロードもできます。

現金払いの場合

「2年前納保険料を現金で納付したい」旨を年金事務所にお伝えした後、申出書が送られてきます。

お申込みした後、納付書を送付します。納付書を使用して、金融機関(郵便局を含む)にて納付できます。

※納付額が30万円以上の場合、コンビニエンスストアでの納付は利用できません。

なお、日本年金機構のHPにて申出書のダウンロードもできます。

口座振替の場合

国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書」に必要事項を記入の上、預貯金口座をお持ちの金融機関(郵便局を含む)の窓口、または年金事務所(郵送も可)へ提出します。

※口座振替のお申し込みには、基礎年金番号の記入が必要です。年金手帳や納付書で基礎年金番号をご確認ください。また、金融機関届出印の押印が必要となります。

なお、日本年金機構のHPにて申出書のダウンロードもできます。

photographer-1888333_1280_580

国民年金保険料支払いにおすすめのクレジットカード

国民年金保険料がクレジットカード払いに対応したことでポイントやマイルを貯めている方にはとってもお得に利用できるようになりました。

また、今年度からクレジットカード払いの切り替えを検討している方に、おすすめのクレジットカードを紹介します。

もちろん既にクレジットカードを所持している方でもお得になること間違いなしです。この機会にご検討されてみてはいかがでしょうか。

リクルートカード

recruit_card_jcb_300

リクルートカードは年会費永年無料なのに、還元率が驚異の1.2%と業界トップクラスの高還元クレジットカードになっています。

また、海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内旅行傷害保険が最高1,000万円が利用付帯の補償付きです。

さらに、ショッピング保険も年間200万円まで補償と、年会費無料で還元率も旅行保険も充実したリクルートカードはクレジットカード業界でもトップレベルのサービスを提供しています。

電子マネーのチャージと利用で最大3%の還元率になる「nanaco」はリクルートカードとの相性も抜群で利便性もぐーんと広がりますね。

ライフスタイルで「nanaco」を利用しているユーザーには特におすすめの組み合わせです。またポイントがPontaポイントと統合され、さらに使いやすくなりました。

dカード

dcard_regular_300

dカードは初年度年会費無料で、年一回でも利用すれば次年度も年会費無料になります。

「実質年会費無料」と言えるクレジットカードです。

通常の還元率は1%になりますが、ローソンで利用した場合、利用分は請求時に3%OFFになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現します!

ドコモユーザーの方なら毎月のドコモ利用料金でもポイントが貯まるので無理なくポイントを貯めることができます。

もちろんドコモユーザーでない方でもおすすめできる高還元クレジットカードです。

dカードでは、ポイントが2倍になる「dカード特約店」があり特約店を上手に利用することでポイントが貯まりやすくなります。

また、電子マネー「iD」を利用することでローソンやマクドナルドで最大5%もお得になるなど使い方次第でポイントがみるみる貯まっていきます。

ApplePayにも対応して利便性もさらに広がりました。

JALカード

card_JAL_VISA_01

JALマイルを貯めるなら、やっぱりこのカード「JALカード」ですね。

JALの普通カードは入会後1年間年会費無料ですが、2年以降は年会費が2,160円かかります。

年会費はかかりますがJALマイルを貯めるなら公式のJALカードの右に出るクレジットカードはないでしょうってくらいに安定したサービスと特典になっています。

また、年会費が3,240円かかりますがショッピングマイル・プレミアムに入会するとマイルがいつでも2倍貯まります。

ショッピングマイル・プレミアムはJALカード会員の8割の方が入会している人気のオプションとなっておりマイラーには欠かせないサービスです。

電子マネーは「WAON」との紐づけでマイルがより貯まりやすくなります。イオン系列を良く利用されるマイラーの方にも大変人気のあるサービスです。

また、日本全国に約52,000店舗あるJAL特約店で利用すればマイルがお得に貯まります。これからJALマイルを貯めたい方には絶対におすすめのクレジットカードです。

ANA VISA Suica カード

anacard_suica_300

ANAマイルが空でも陸でも貯まる基本サービス充実の「ANA VISA Suicaカード」は、お得な一枚三役のクレジットカードです。

ANA VISA Suicaカードは初年度年会費無料ですが、マイ・ペイすリボの登録と年一回以上の利用で751円+税と、お得に利用できます。

また、Suicaを利用している方にはSuicaチャージでマイルが貯まるメリットがあります。貯まったポイントをSuicaに交換できる利便性もおすすめできる要素です。

入会時のほか、毎年のカード継続時に最大10000マイルのボーナスマイルをプレゼントなど使い続けるほどお得になっています。

ショッピングやお食事などANAカードによるお支払いで貯まったワールドプレゼントのポイントは、1ポイント=10マイル(10マイルコースをご選択の場合)で換算し、自動的にANAマイレージへ移行できます。

ANAマイラーの方やこれからANAマイルを貯めたいSuicaユーザーーの方には特におすすめできる一枚です。

※ポイントの移行にはカードの種類によって所定の移行手数料(6,000円[税抜]/年度ごと)が必要です。

まとめ

いかがでしたか。

国民年金保険料の「2年前納」がクレジットカードで支払いができるようになることでポイントやマイルを貯める選択肢が増えたことはとっても喜ばしいことですね。

最近は税金等のクレジットカード払いがだいぶ増えてきました。利便性を考えても大変良いことだと思います。

もうあと何年かすると電子マネーで支払える時代がやってくるかもしれません。そうなると現金の価値がどうなるのか不安もありますが…。

何はともあれ、国民年金保険料の2年前納がクレジットカードに対応したことは良いことですね。

ぜひこの機会にライフスタイルに合ったクレジットカードでお得を手に入れてみてはいかがでしょうか。

今回は「国民年金保険料の2年分前払いがクレジットカードで払えるようになったよ!について調べてみました。」の、お話でした。

税金に関連するコチラの記事もおすすめです。

-おすすめ

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.