お金をためる

学資保険はいつから始める?タイミング・ポイントを解説

学資保険はいつから始める

教育費は年々高騰しており、子供の将来のために学資保険に加入しようと考える方も多いでしょう。

しかし学資保険は、いつから始めれば一番効率よく貯められるのでしょうか。

加入時期によっては保険料の負担が軽減されることもあれば、逆に高くなるケースもありますよ。

本記事では、いつから学資保険に加入するのが最適なのかという疑問にお答えします。

加入する年齢ごとのメリットとデメリットについても詳しく書いていきますよ。

今現在お子様が6~7歳だという方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんが生まれる前から考えるべきなのか、それとも少し成長してからの方がよいのか、迷っている方の参考になれば幸いです。


※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

学資保険はいつから始めるのが最適?

学資保険の加入は、早ければ早いほどメリットがあります。

学資保険には年齢制限もあるため、気がついたら入れるプランが無くなっていることも。

一般的には6~7歳を上限としているところも多いので、入れる時に入っておきましょう。

また、学資保険に早く加入したほうがいい理由は、他にもあります。

学資保険を早く始めるメリット

  1. 保険料が安くなる
  2. 将来的に貰える保険料が多くなる
  3. 生命保険料控除の対象になる

月々の保険料の安さ・貰える金額の多さ・税金負担の軽減の3つを重視している方は、なるべく早く加入することをおすすめします。

以下に、それぞれ詳しく解説していきますよ。

保険料が安くなる

学資保険に加入する際のタイミングが早い方が、保険料が安くなります。

最終的に貯める金額が同じなら、早く加入した方が月々の支払い負担が軽くなるためです。

親の年齢も影響することもあるため、費用を抑えたい方は早めに加入しましょう。

将来的に貰える保険料が多くなる

保険料が安くなるだけでなく、貰える保険料が多くなることも。

早めに学資保険を始めることで預ける金額も多くなり、運用してもらえる期間が長くなるからです。

返戻率を上げたい方は、準備ができ次第すぐに加入した方が良いですよ。

生命保険料控除の対象になる

学資保険の保険料は、生命保険料控除の対象になります。

保険料を所得税や住民税から控除でき、税金負担を軽減できますよ。

早めに学資保険に加入しておけば、税制優遇を長期間受けることができるのです。

学資保険は長期間行うので、控除される時期が長いほど貯蓄を増やせる大きな要因となるでしょう。

学資保険の加入時期の違いによる特徴

なるべく早い時期に学資保険に加入すべき、ということをお伝えしました。

とはいえ、「早すぎてもデメリットがあるのでは…」と慎重になる方も多いでしょう。

何歳で学資保険に加入すべきか迷う人向けに、加入時期の違いによる特徴をご紹介します。

加入時期の違いによる特徴

  1. 生まれる前~乳児期
  2. 1~2歳
  3. 3~6歳
  4. 7歳以降

学資保険に加入時の年齢によって、どんなメリット・デメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう!

生まれる前~乳児期

学資保険は最短で、赤ちゃんがまだお腹の中にいる時期から加入できます。

まずは、生まれる前~乳児期に学資保険に入った場合のメリット・デメリットについて解説します。

【生まれる前~乳児期に加入すると】

  • 長期の積み立てができ、沢山貯金ができる
  • 保険料の負担が少ない
  • プランを選ぶ時間がたっぷりある
  • 将来の計画が立てにくい

保険料は、病気がちだったり健康に不安がある場合には高くなります。

しかし、まだ赤ちゃんの場合は健康リスクが低いとされ、保険料がかなり抑えられますよ。

また、この時期の加入で一番のメリットとして挙げられるのは「長期間の積み立てができる」という点です。

早い段階で加入することで、返戻率も高くなり、将来的に受け取れる金額が高くなります。

生まれる前~乳児期の注意点

生まれる前や乳児期では、まだ子供の性格や好きなものが分かりません。

教育の計画を立てるのが難しく、合わないプランを選んでしまうリスクが高くなるのがデメリットです。

途中解約すると損失が大きくなるため、慎重に決める必要があります。

 

1~2歳

続いて、1~2歳になった時に加入した場合の特徴を解説していきます。

【1~2歳に加入すると】

  • 選べるプランが多い
  • 乳児期に加入する時よりも将来の見通しが立てやすい
  • まだまだ十分な積み立て期間がある
  • 幼稚園に通う前なので、お金の心配が少ない
  • 乳児期の加入と比べると、将来的に貰えるお金は少ない

1~2歳になると少しずつ性格が分かってくるので、乳児期よりも将来設計が立てやすくなります。

この時期に学資保険に加入する人も多く、選べるプランも豊富です。

乳児期での加入に比べると将来貰える金額は少なくなります。

しかしまだまだ十分な積み立て期間があり、返戻率も100%以上のプランもあるでしょう。

また、1~2歳なら幼稚園に通う前なので、大きな出費も少ない時期です。

学資保険を始めても負担になりにくいので、1~2歳での加入もおすすめですよ。

1~2歳の加入でお得に貯めるなら

この時期の加入で返戻率をアップしたいなら、保障や特約の追加は避けましょう。

1~2歳であれば保険にかかるお金も安いため、付けたい場合は別の保険でカバーした方が貯金効率が高まります。

また、学資保険の特約で付けた保障は、学資保険の満期と同時になくなるので注意が必要です。

 

3~6歳

3~6歳での加入になると、デメリットも増えてきます。

【3~6歳に加入すると】

  • 性格がはっきりしてくるので、教育方針を立てやすい
  • 年齢制限で加入できない学資保険が増えてくる
  • 忙しくなり考える時間が確保しにくい
  • 返戻率が100%に満たない場合も
  • 積み立て期間を補うための対策が必要

3~6歳になると、性格や好みがかなりはっきりしてきます。

教育方針が立てやすくなり、学資保険も選びやすくなりますよ。

ただし、3~6歳での加入は、返戻率は100%を切るものも多くなってきます。

さらに幼稚園に入る時期なので、忙しくて学資保険のことを考える余裕が無くなっていることも多いでしょう。

また、3歳になると学資保険以外の保険料も上がってきます。

学資保険に入るとしたら、「貯蓄型」よりも保険料払込免除特約がセットになっている「保障型」にしてみても良いでしょう。

3~6歳の加入なら、積み立て期間の短さを補う

3~6歳で学資保険に入ると、0~2歳の加入と比べると貰える金額が下がってしまいます。

積み立て期間の短さを補うために、月の支払いを増やして払込期間を短くしたり、月払いではなく、年払い・半年払いで一気に払うのも手ですよ。

 

7歳以降

7歳以降に学資保険に入る場合は、以下のような特徴があります。

【7歳以降に加入すると】

  • 性格が確立されてくるため、進学の計画は立てやすい
  • 選べるプランがかなり減る
  • 保険料が割高になる
  • ほとんどの場合、払うお金>貰えるお金になる
  • 保険料払込免除特約がついたプランが最適

7歳以降に加入するなら、いくつかの点で注意が必要です。

まず、保険の貯蓄効率が悪くなる傾向があります。

返戻率が100%未満になるケースも多く、将来貰える金額が少なくなるのが主な要因です。

次に、月々の保険料が増加します。

積み立てられる期間が短くなり、0~6歳までと同じ保障を得るためには高い保険料が必要になるからです。

さらに、7歳以降での加入では、選べる保険プランがかなり少なくなります。

7歳で加入するメリットもある

7歳になると子供の教育方針が明確になりやすいため、特定の教育プログラムや学校に合わせてプランを選べます。

それでもデメリットが多いので、オプションや特約を付けたり、学資保険以外での貯金も並行して行うのが良いでしょう。

 

学資保険に不安がある方はキッズ・マネー・ステーションの講座に参加してみよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

キッズ・マネー・ステーションのおすすめポイント

  • 全国に300名以上の認定講師が在籍
  • 金融教育業界で18年以上の実績
  • 文部科学省検定の高等学校家庭科教科書に掲載されており安心
  • 貯金や資産形成方法について学べる講座がある
  • 幼稚園児から大学生、保護者も参加できる

学資保険の加入を検討しているなら、それと並行して金融教育もスタートさせてみてはいかがでしょうか。

金融教育サービス「キッズ・マネー・ステーション」なら、子供と一緒にお金のことが学べますよ。

将来のお金に心配がある方も、キッズ・マネー・ステーションの講座に参加するのがおすすめです。

教育資金の計画や、資産の運用についての専門的な指導を受けられますよ。

また、オンライン講座も用意されており、全国どこからでも参加可能です。

地方在住や忙しい親御さんにとって、場所を選ばず参加できるのは嬉しいポイントですね。

興味のある方は、ぜひ公式サイトで開催されている講座をチェックしてみてください!

学資保険をいつから始めるかによって保険料が異なる

学資保険はいつから始めるかによって、月々の保険料や将来受け取る金額が大きく変わります。

返戻率の高さで学資保険を選ぶなら、加入は早ければ早いほどよいと言えます。

学資保険を早く始めるメリット

  1. 保険料が安くなる
  2. 将来的に貰える保険料がが多くなる
  3. 生命保険料控除の対象になる

生まれる前や乳児期に加入すれば、積み立てられる期間が長くなるので受け取れる保険料が高くなりますよ。

「乳児期に加入するのは怖い」という方は、1~2歳の時に加入すると良いでしょう。

0歳よりも受け取れる保険料は少なくなりますが、返戻率は高いので貯金効率も良いですよ。

また、7歳以降に加入すると教育方針は立てやすいものの、保険料が高くなったり選べるプランが少なくなります。

加入時の年齢が上がるに連れてデメリットが増えていくので、準備が整い次第申し込みを検討しましょう。

学資保険だけで教育費用を賄うのが厳しそうだと感じたら、NISAなどの積み立て投資なども併用するのがおすすめです。

家庭の経済状況や他に加入している保険なども考慮して、一番最適な方法で効果的に貯金しましょう!

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス