オススメのクレジットカードの特徴を解説【2019年最新版】

クレジットカードニュース編集部

ニュース

ダークウェブで購入か?クレジットカード情報を不正に使用 日本在住の米国籍男を逮捕

投稿日:


 

ダークウェブ

画像:ASCII.JP

日経新聞によると、日本在住の米国籍の男が、他人名義のクレジットカード情報を不正に使用したとして逮捕されました。

この男は自宅パソコンに、ダークウェブで購入したと思われる約1000件のカード情報を保管していたとの事。現在、カード情報の入手経路を調べているようです。

男は職業不詳のティモー・ディカ・ワー容疑者(36)。2016年11月と今年1月に他人名義のカード情報を使ってバンコク―東京間などの航空券5枚(計71万円分)を不正に購入したとして、同課が7日までに電子計算機使用詐欺容疑で再逮捕した。逮捕は3回目。

捜査関係者によると、ワー容疑者は航空券をネット上で転売して収益を得る目的だったとみられる。ほかにも他人名義のカード情報を使って高級ホテルに宿泊したり、予約した部屋を売ったりしていたという。

 

今回の事件では実際に他人名義のカード情報が使って利益を得ています。こういった犯罪から身を守るためにもクレジットカードの利用明細は細かくチェックした方がいいですね。

ダークウェブとは

ページのアドレス(URL)を知っていても通常のブラウザではアクセスの出来ないサイトの事で、アクセスした情報も匿名化されるため追跡が困難。非合法なコンテンツが蔓延していて今回のようなクレジットカード情報など非合法なコンテンツが売買などされている。

参考リンク:普通のブラウザーではアクセスできない「ダークウェブ」とは?

おすすめ関連記事

🙂関連のおすすめ記事!

ダークウェブで日本のクレジット情報10万人分が売買との調査結果

  イメージ:日本経済新聞/犯罪の温床「ダークウェブ」カード情報10万人分売買 海外調査 日経新聞によると「ダークウェブ」と呼ばれる発信元の特定が困難なインターネット上のサイトで、日本のクレジットカード会社の利用者の約10万人分の個人情報が売買されていることが海外のセキュリティー会社の調査でわかったとの事です …

続きを見る

🙂関連のおすすめ記事!

年間100億円超の被害!クレジットカードのスキミング(磁気データ盗難被害)に気をつけよう!

  カードの不正使用被害は年間100億円超 クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済の比率を今後10年で40%まで高めると金融庁と経済産業省が主導で決済端末の普及に乗り出しました。 日本も欧米のように本格的な「カード社会」に突入しようとしています。カードは大変便利な決済手段ですが、デメリットも持ち …

続きを見る

-ニュース

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2019 All Rights Reserved.