オススメのクレジットカードの特徴を解説【2019年最新版】

クレジットカードニュース編集部

QRコード決済 ニュース

消費増税の追い風で、スマホ決済アプリPayPayが独走!1日の起動ユーザー数は900万人以上に

投稿日:

消費増税の追い風で、スマホ決済アプリPayPayが独走!1日の起動ユーザー数は900万人以上に

株式会社ヴァリューズは、マーケティング分析サービス「VALUES EMark+」を使用して、消費税増税前後の決済アプリ利用ログから、キャッシュレス決済の利用実態を調査しました。

昨年2018年12月のPayPay「100億円あげちゃう! キャンペーン」を端緒としたキャッシュレス決済アプリ市場の最新動向を分析したところ、スマホ決済アプリのPayPayが圧倒的な強さをみせて、独走状態となっていることがわかりました。

 🙂 この記事では、株式会社ヴァリューズのキャッシュレス決済の利用実態・キャッシュレス決済やポイ活の認知度などのアンケート調査の結果について詳しく解説します。

※株式会社ヴァリューズの調査結果をもとに記事を作成しています

圧倒的な強さを見せるPayPayが独走状態!

圧倒的な強さを見せるPayPayが独走状態!

2019年9月-10月の主要決済アプリ日次起動ログからは、昨年からスマホ決済市場拡大を牽引してきた「PayPay」の圧勝ぶりが明らかになりました。

1日平均414万人前後で推移していた9月の日次の起動ユーザー数は、9月最終週から急増し、消費増税当日の10月1日(火)には683万人に。さらに増税後最初の週末である10月5日(土)には、PayPayの1周年を記念したキャンペーン「PayPay感謝デー」を開催しなんと911万人に!

10月の1日の消費税増税当日の平均起動ユーザーは677万人に達しました。

続いて利用が多かったのはau WALLETやd払いといった通信キャリア系決済アプリです。

1日平均起動ユーザーの増加数は、au WALLETが9月278万人から10月313万人へ、d払いは9月181万人から10月269万人とこちらも大幅に増加しています。

7月に投入されたコンビニ系決済アプリ・ファミペイは、キャンペーン等の影響なのか日によってばらつきがあります。

多い日だと約400万人程度が起動していますが、9月と10月で日次平均起動ユーザーに大きな差異はなく、他のアプリほどは消費増税の影響を受けていないのが特徴です。

主要キャッシュレス決済アプリの起動日数

9月と10月で主要キャッシュレス決済アプリの起動日数を比較すると、ほとんどのアプリで日数が増えていますが、増税の影響度合いにはアプリによって異なります。

月に11日以上起動している、日常的に利用するユーザーは、もともと30%ほどだったPayPay、au WALLET、ファミペイで増加が顕著です。

そのなかでも、月に21日以上、ほぼ毎日起動するというヘビーユーザーは10月にau WALLETが21.4%、ファミペイは15.5%、PayPayは14.3%に達しています。

主要キャッシュレス決済アプリの起動回数

アプリ起動回数も同様の傾向で、10月はLINE Payを除きいずれのアプリも11回以上起動するユーザーが増加

その中でもPayPayとau WALLETは、起動回数を1時間毎に計測した結果、21回以上起動するヘビーユーザーが、それぞれ33.1%、29.6%と3割近く増加しています。

🙂 PayPayを使うならヤフーカードがオススメ!詳しく解説しているので参考にしてくださいね

ヤフーのクレジットカードYahoo! JAPANカードの特徴や審査基準・口コミを解説!ソフトバンクユーザーの16%還元の方法とは?【専業主婦・アルバイトもOK】

🙂関連のおすすめ記事!

Yahoo!のクレジットカード ヤフーカードの特徴や審査基準・口コミを解説!ソフトバンクユーザーの19%還元の方法とは?【専業主婦・アルバイトもOK】

ポイント 対象店舗でクレジットカードを使って決済するとキャンペーンや通常ポイントに加え、さらに最大5%還元! (2019年10月1日~2020年6月30日の9ヵ月間) ヤフーカードの特徴 💡 年会費永年無料でポイントの還元率もいつでも1%以上。Yahooショッピングでの利用なら最低3%還元。 JCBブランドを選択すれば …

続きを見る

新規のインストール数もPayPayが独走!楽天ペイも健闘している

主要キャッシュレス決済アプリの月次起動ユーザー数推移

「100億円あげちゃう! キャンペーン」以来、熾烈なキャンペーンバトルを繰り広げてきたキャッシュレス決済アプリ。

勢いには差があるものの、年間で見ると今のところほとんどのアプリがユーザーを増やしていて、市場自体は着実に拡大しているのが分かります。

月次の起動ユーザー数の推移をみると、9月以降はPayPayが独走態勢に入っていますが、d払いや楽天ペイもどんどん伸びています。

 主要キャッシュレス決済アプリの日次インストールユーザー

2019年9月-10月の日次の新規インストールユーザーログからは、消費増税がキャッシュレス決済ユーザーの裾野拡大にも貢献したことがわかります。

新規ユーザー獲得でも圧倒的な強さを示したのはPayPayです。

増税当日の10月1日(火)には約50万人がインストールしており、最初の週末10月5日(土)は約60万人に到達、第1弾「100億円あげちゃう! キャンペーン」期間中2018年12月8日(土)にマークしたインストールユーザー数とほぼ同規模にまで伸びました。

10月1日(火)は楽天ペイも約30万人がインストールしていますが、新規獲得に関してはPayPayほど大きな動きではありませんでした。

また、経済産業省のポイント還元対象店舗検索アプリは、9月最終週からインストールユーザー数が10万人を超えて急増しました。

10月1日(火)当日には約57万人を獲得していて、2ヶ月間の新規インストール数は330万人と顕著に伸びています。

🙂 PayPayの使い方にを詳しく解説しています。参考にしてくださいね

PayPay(スマホ決済アプリ)の導入方法や特徴について解説!

🙂関連のおすすめ記事!

導入費用0円!PayPay(スマホ決済アプリ)の導入の流れと特徴について解説!

PayPayは、2018年10月から利用可能となり、12月に100億円あげちゃうキャンペーンを開催して社会現象にまでなったスマホ決済アプリです。 最近では、かなり耳にするようになっている支払い方法になります。 クレジットカードに比べると取り入れやすさから中小企業問わず導入している店舗が、かなり増えてきています。 キャン …

続きを見る

キャッシュレス・消費者還元事業の認知度は7割超、ポイ活の認知が高いのは20-40代女性

「キャッシュレス・消費者還元事業」と「ポイ活」の認知度及び行動

スマホ決済アプリユーザーは着実に増え、政府の発表によると実際1日平均10億円ほどのポイントが還元されていると言われています。

そんな中、国内の20歳以上の男女18,517人を対象に、キャッシュレス決済やポイ活の認知度、利用意向に関するアンケート調査を実地しました。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は全体の71.8%と7割以上の人が認知しています。調べたユーザーも40.4%に上り、関心の高さがうかがえます。

男女ともおおむね年代と比例して認知度が上がる傾向で、60代以上の女性は77.5%が「知っている」と回答しました。

実際に調べたユーザーは30代男性43.2%、40代男性42.2%、20代男性41.9%が他を上回り、還元に対するニーズがより切実といえそうですね。

ポイントを貯めたり使ったりしてお得にしようという活動、略して「ポイ活」は男性の認知度17.7%に対し女性は30.6%と、男性に比べて女性は約2倍と、男女差が見られます。

とくに30代女性41.2%、20代女性39.2%、40代女性30.4%の認知度が高くなっており、実際ポイ活を行っている層も20-40代女性が中心となってます。

男性は30代12.9%を除くと認知度・行動とも低く、とくに60代男性でポイ活を行っているのは4.6%にとどまりました。

女性の方がポイントを有効活用しているのが伺えます。

🙂 キャッシュレス・ポイント還元事業について詳しく解説しています。参考にしてくださいね。

キャッシュレス・ポイント還元事業がスタート!ポイント還元が5%に!【2019年10月~2020年6月まで】

🙂関連のおすすめ記事!

キャッシュレス・ポイント還元事業がスタート!クレカ決済で最大5%還元に!詳しく解説します。【2019年10月1日~2020年6月30日まで】

2019年10月より、いよいよ始まるキャッシュレス還元事業制度。 対象店舗でキャッシュレス決済を行うことでポイント還元が最大5%まで還元されるというビッグチャンスの時期です! 増税により、家計の負担がますます重くなる中、キャッシュレスでの支払いを行うことによってある程度カバーができるようになります。 現金からキャッシュ …

続きを見る

まとめ

2019年10月1日から開始された、キャッシュレス・消費者還元事業の影響で、ほとんどのキャッシュレス決済の利用者数は大幅に増加しています。

その中でも、後発ながらPayPayが圧倒的な強さを見せており、決済アプリの中では独走状態となっています。

また、消費税増税という生活に直結することから、ポイントによるキャッシュバック還元を受けられる制度である「キャッシュレス・消費者還元事業」の認知度も7割超と高くなっていまいす。

貯めたポイントを有効利用してお得にしようとする「ポイ活」は女性の方が積極的に行っていることもわかりました。

消費税の増税は、結果的に収入減と同じことなので、「キャッシュレス・消費者還元事業」によるポイント還元や、ポイ活等を上手く活用したいですね。

おすすめのクレジットカード厳選23枚!審査基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2019年最新版】

🙂関連のおすすめ記事!

おすすめのクレジットカード厳選23枚!審査基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2019年最新版】

自分にぴったりのクレジットカードが分かる!おすすめのクレジットカード 今回は「おすすめのクレジットカード23枚!審査申請基準や還元率を初心者の方にも分かりやすく解説【2019年最新版】」をお届けいたします。 クレジットカードを持ちたくなった時に何を基準に選ぶかでクレジットカード選びは変わってくるので約1,000種類ある …

続きを見る

-QRコード決済, ニュース

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2019 All Rights Reserved.