ニュース

ぴあ 新たにクレジットカード情報6500件分流出か?2017年5月18日公表

投稿日:


 

ぴあのクレジットカード情報流出の問題で新たな情報流出の可能性があるとの事です。

チケット販売大手のぴあは5月18日、4月25日に公表した、運営を受託しているバスケットボールのB.LEAGUEのチケットサイトとファンクラブ受付サイトのサーバで不正アクセスがあり、個人情報が流出した恐れがある件について、新たに6508件のクレジットカード情報が流出した可能性があることを公表しました。

カードの不正使用被害もこれまでに発表した197件、630万円から379件、約880万円(8日時点)に増えた。

Bリーグのチケットサイトとファンクラブサイトは3月上旬ごろから不正アクセスを受け、氏名や住所などの個人情報約15万件が流出した恐れがあることが判明。

ぴあは4月25日、運営しているサイトがアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けたと公表。

流出したのは、ぴあが受託運営しているB.LEAGUEのチケット販売サイトとファンクラブ受け付けサイトに登録されていた個人情報。

2016年5月16日~17年3月15日に会員登録した利用者の住所、氏名など個人情報15万4599件と、ファンクラブ会費支払いやチケット購入に利用されたクレジットカード情報。

ぴあは、再発防止策を進めています。

 💡 今回の件での不正使用分は、ぴあが全額補償するとしています。

🙂関連のおすすめ記事!

チケットぴあで約15万5000件の個人情報流出!クレジットカード情報も一部不正利用を確認

  この記事の目次(もくじ)1 大型のクレジットカード個人情報流出のニュースが入ってきました。2 利用者はカード会社に連絡を3 クレジットカードニュース編集部おすすめ記事 大型のクレジットカード個人情報流出のニュースが入ってきました。 日本最大級のチケット販売サイト「ぴあ」は25日、運営を受託しているバスケッ …

続きを見る

-ニュース

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.