おすすめ

2017年3月7日スタート!ハピタス・Pollet(ポレット)Pollet Visa Prepaidは国際ブランド付きプリペイドカード!特徴を分かりやすく解説します。

更新日:


 

ハピタスから2017年3月7日から新サービスの「Pollet(ポレット)」が始まりました。サービスの内容や登録方法を分かりやすく解説してみたいと思います。

ハピタスポイントをVISA加盟店で利用できる!

Polletカードは国際ブランドのVISAが付いたプリペイドカードになります。カード発行手数料無料・年会費無料です。プリペイド式のカードですので前払いになりますので、もちろん審査も不要となっています。

チャージ方法は、ポイントチャージ、クレジットカードチャージ、Pay-easy(ペイジー)チャージとなり開始当初のポイントチャージはハピタスポイントが対応しています。今後は他社のポイントからの交換も可能とのことです。

注意点として、クレジットカードチャージとPay-easy(ペイジー)チャージの場合、セディナ発行以外のクレジットカードの場合はチャージ1回につき300円の手数料が必要になります。セディナカードを持っている方にはとっても便利です。またクレジットカードチャージは、セディナ発行のカードかVISA・マスターカードブランドのみなります。JCBやAMEXからのチャージは出来ないことになりますね。

チャージ方法

  • ポイントチャージ
  • クレジットカードチャージ
  • Pay-easy(ペイジー)チャージ

Polletカードの特徴として、利用時にポイントが貯まるのではなく、チャージする時に0.5%のが上乗せされるようになっています。貯まっているハピタスポイントをチャージしても0.5%増量となるため、高額なハピタスポイントを保有している場合はPolletカードにチャージして使うとお得ですね。

1ヶ月あたり30万ハピタスポイントまでチャージすることが可能のため、1,500円分が上乗せとなり、301,500円分の利用が可能となります。

ハピタスポイントをPolletカードにチャージすればVISAの加盟店で利用できることになります。

プリペイド型ならでは利点は以下のようになります。

  • チャージした範囲内での利用のため使いすぎない
  • 盗難・紛失の際にチャージした分以上の損害がない

Polletカードの運営母体はPollet株式会社という「ハピタス」運営会社である株式会社オズビジョンの子会社になります。VISAプリペイドカードを発行しているのは株式会社セディナとなります。

審査が甘いクレジットカード

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説【2017年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへとス …

続きを見る

Polletの利用開始は専用アプリからが便利

Polletのサービスは、スマホのアプリ上で完結するように設計されています。便利ですよね。ポレットカードの申し込みもアプリから行えるので、まずは次のストアからDLしましょう。

●iOS用 Visaプリペイドカード-ポレット 眠ったポイントをこの一枚に
●Android用 Visaプリペイドアプリ「ポレット」チャージするたび増える

カードの申し込みも、アプリ内からできます。ハピタスとの認証は、最初の一回だけ。二回目以降のチャージに関しては、ハピタスを経由する必要はなく、アプリ内で手続き完了です。

アプリでチャージの手続きをしてからカード残高に反映されるまで、遅くても2時間以内となります。

期間限定で5%ボーナスキャンペーン中!

2017年3月7日(火)13:00~5月31日(水)までに初めてハピタス・ポイントをポレットにチャージすると、5%のボーナスがつくキャンペーンを実施中です(2回目以降のチャージでは0.5%のボーナスとなります)。

ハピタス・ポイントの月間チャージ上限は、30万ポイントまでなので、最大で1万5千円分のボーナスポイントがもらえるということですね。

Polletカードのチャージ上限は?

Polletカードのチャージ上限額は100万円まで!

1回のチャージで50万円までと、かなり高額になっています。(ポイントチャージは30万まで)

チャージ上限 100万円まで
1回のチャージ上限 50万円まで
1回のポイントチャージ上限 30万ポイントまで

Polletカードのデメリット

現状ではハピタスポイントをすでに持っている方でないとカードの発行が出来ません。ハピタスポイントからチャージをした際にはじめてカードが発行される仕組みになっています。

またプリペイドカードなので月額課金サービス等の支払いに利用できない点がデメリットとなります。でもプリペイドとしてショッピングにVISA加盟店が使えるだけで十分だとは思います。

●利用できない主なサービス

公共料金 電話料金 衛星放送・CATV視聴料
プロバイダ料金 WiMAX利用料 新聞購読料
保険料 レンタルサーバー 各種月会費など

以上、2017年3月7日サービス開始のPolletカードの解説でした。新しい情報が入ったら追記いたします。現状ハピタスポイントを持っている方はキャンペーンで5%もボーナスが付くので早速申し込みたいサービスですね。

🙂関連のおすすめ記事!

VISAデビットカード人気の理由!ポイントは?保険は?審査は?

  最近VISAデビットカードが人気ですが、VISAデビットカードって何?という人も少なくないかもしれません。 クレジットカードは締め日の1か月程度後に利用代金を支払います。これに対し、VISAデビットカードは利用と同時に銀行口座から引き落しになります。 支払がすぐに終わるので預金残高に注意する必要があります …

続きを見る

🙂関連のおすすめ記事!

Visa デビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET 」が発行1年で22万枚突破!

    当初の予想を超える好評の理由 『即時引き落としで管理しやすい』『デビットカードの中でも高めのキャッシュバック率』のほか、『外貨預金からも即時引き落とし』『海外ATMでの預金引き出しに対応』など、外貨預金と連動した海外利用での利便性が支持されている点があげられる。 発行後も、『Sony Ban …

続きを見る

-おすすめ

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.