オススメのクレジットカードの特徴を解説【2019年最新版】

クレジットカードニュース編集部

ニュース

スマホ決済活況 ポイント還元の「次のニーズ」浮き彫りに「スマホ決済に関する意識調査(第三回)」について解説

投稿日:

スマホ決済活況 ポイント還元の「次のニーズ」浮き彫りに「スマホ決済に関する意識調査<第三回>」

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマークは、「スマホ決済に関する意識調査」を実施し、調査結果を発表しました。

調査期間は、2019年9月13日(金) ~ 9月16日(月)で、全国の20代~60代男女(スマホ決済を現在利用していて、利用頻度が月1回以上の方)を対象にしています。

2019年8月20日に第一回、9月18日に第二回の調査結果を発表し、今回で3回目となります。

 🙂 調査結果の概要です

  • 消費増税に伴う「キャッシュレス決済ポイント還元政策」 認知度、利用意向ともに高くなっている

「キャッシュレス決済ポイント還元政策」の認知度は、消費増税前の調査にも関わらず7割を超えており、利用意向については、スマホ決済現利用者の4人中3人が今まで以上にキャッシュレス決済を利用したいと答えています。

「キャッシュレス決済ポイント還元政策」は、スマホ決済を含むキャッシュレス決済利用の促進を後押ししているといえます。

  • スマホ決済利用者のニーズは「使える場所の多さと分かりやすさ」「安心・安全サービス」に集まっている

スマホ決済サービスへの要望は、「対応店舗の拡大」「対応店舗の分かりやすさ」となっており、更なる利便性の向上に期待が寄せられています。

また、「セキュリティ強化」「補償サービス」など、安全・安心へのニーズも依然として高くなっています。

  • 「利用時のストレス」では決済型別で差がでている

スマートフォンなどを端末にかざすだけで決済できる「非接触型決済」と、アプリでQRコード等を表示する必要のある「コード型決済」とでは、利用時のストレスに差があることがわかりました。

アプリ起動というステップの煩わしさがストレスとなっているようです。

スマホ決済といえば「ポイント還元」「お得」というイメージが先行しますが、今後は「使用できる店舗の多さ」、「手間なく使える快適さ」、「安全・安心につながるサービスの有無」がスマホ決済サービスの「選ばれる基準」になりそうです。

🙂この記事ではアスマークの第三回「スマホ決済に関する意識調査」について解説します。

スマホ決済の利用状況は?

スマホ決済の利用状況

スマホ決済の利用状況

スマホ決済を利用している人の割合は全体で34.7%となり、3人に1人以上が利用していることがわかりました。

これは、2019年7月に実施した「スマホ決済に関する意識調査(第一回)」の調査結果では、スマホ決済を利用している人の割合は全体で31.9%だったので、比較すると2.8ポイント増加したことになります。

総務省統計局公表のデータをもとに人口換算(総務省統計局平成30年10月1日公表 20~69歳の人口79,902,000人中の割合から算出)すると、2ヶ月で約200万人利用者が増えたものと考えられ、スマホ決済市場は拡大傾向にあると言えるでしょう。

 🙂 JCBが20%キャッシュバックキャンペーンを実施中!参考にしてくださいね

【必読】本気のJCB!持っているカード1枚に付き20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

🙂関連のおすすめ記事!

【必読】本気のJCB!持っているカード1枚に付き20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBがとんでもないキャンペーンを仕掛けてきました! 2019年8月16日~2019年12月15日までの期間中の利用金額に応じて、JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーンを実施中なんです! このキャンペーンの凄いところは、本会員も家族会員も、さらに対象のJCB発行のカードを複数持っていても、すべてで …

続きを見る

「キャッシュレス決済ポイント還元」政策 認知度・利用意向は?

「キャッシュレス決済ポイント還元」政策 認知度・利用意向

「キャッシュレス決済ポイント還元」政策 認知度・利用意向

消費増税に伴い実施される「キャッシュレス決済ポイント還元政策」について聞いたところ、75.2%の人が、スマホ決済現利用者に限っては、83.9%が認知している事がわかりました。

「キャッシュレス決済ポイント還元政策」の実施をうけ、今後のキャッシュレス決済の利用意向を聞いたところ、全体の57.0%の人がますます利用したいと答えています。

中でも現利用者においては78.6%、実に4人中3人以上がこれからもキャッシュレス決済を積極的に利用したいと答えています。

現利用者および、利用意向のある離脱者、未経験者にスマホ決済を利用し始めた理由、利用したいと思う理由を聞いたところ、下記の回答が上位1位と2位になりました

  1. ポイントやマイルが貯まりやすいから(22.4%)
  2. 消費増税にともなうキャッシュレス決済ポイント還元に向けて(15.0%)

特に離脱者、未経験者は『キャッシュレス決済ポイント還元政策』をきっかけに、スマホ決済を利用したいと考えているようです。

キャッシュレス決済ポイント還元政策」は、スマホ決済を含むキャッシュレス決済利用の促進を後押していくものと言うことができます。

スマホ決済を利用し始めた理由

スマホ決済を利用し始めた理由

 🙂 JCB CARD Wとキャッシュバックキャンペーンの組み合わせで最大30%還元が実現!参考にしてくださいね

JCBの20%キャッシュバックキャンペーンとJCB CARD Wの組み合わせで驚異の30%還元が実現!

🙂関連のおすすめ記事!

JCBの20%キャッシュバックキャンペーンとJCB CARD Wの組み合わせで驚異の30%還元が実現!

絶賛開催中の、「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」という大型キャンペーンがあります。 利用金額に応じて20%キャッシュバックされるというこのキャンペーンだけでもすごいのですが、さらにJCB CARD Wの「新規入会限定ポイント10倍キャンペーン」と、「キャッシュレス・ポイント還元制度」を組み …

続きを見る

スマホ決済のサービス別利用状況は?

スマホ決済のイメージ

スマホ決済のイメージ

現在利用しているスマホ決済サービスを聞いたところ、「PayPay」(54.6%)、「LINE Pay」(38.1%)、「楽天ペイ」(35.7%)の順になりました。

決済方法を「コード型決済」と「非接触型決済」の2つに分類して利用率を比較したところ、「コード型決済のみ利用」が73.2%、「非接触型決済のみ利用」が7.1%、「どちらも利用」が19.7%となり、圧倒的にコード型決済が多くなっています

  • コード型決済:アプリ等を起動しQRコードやバーコードを読み取らせて行う決済
  • 非接触型決済:スマートフォンなどを端末にかざして行う決済

🙂 キャッシュレスは現金より会計が16秒早いことが判明!参考にしてくださいね

キャッシュレスは現金より会計が16秒も速いことが判明!JCBの調査結果について詳しく解説!

🙂関連のおすすめ記事!

キャッシュレスは現金より会計が16秒も速いことが判明!JCBの調査結果について詳しく解説!

ポイント 対象店舗でJCBカードを使って決済するとキャンペーンや通常ポイントに加え、さらに最大5%還元! (2019年10月1日~2020年6月30日の9ヵ月間) 株式会社JCBは、2019年10月の消費税増税および、キャッシュレス・消費者還元制度に伴い、支払い方法においての決済速度の実証実験を行いました! 調査内容は …

続きを見る

今後更に拡大して欲しいスマホ決済対応場所

スマホ決済を利用している場所

スマホ決済を利用している場所

普段どんな場所でスマホ決済を利用しているかを質問したところ、トップは「コンビニ」(75.4%)、次点で「ドラッグストア」(43.8%)、「スーパー」(33.5%)という結果になりました。

利用決済型別で比較したところ、最も差が大きかったのは「交通機関」(16ポイント差)となりました。

「非接触型決済」は交通ICを利用したサービスも多く、「コード型決済」に比べて交通機関ですでに多く利用されていることが影響しているようです。

あわせて、今後更にスマホ決済対応を拡大して欲しい場所を聞いたところ、トップは「スーパー」(55.2%)、次点で「ドラッグストア」(41.0%)、「飲食店」(39.9%)、「交通機関」(35.8%)という結果になりました。

現時点でスマホ決済利用可能なコンビニは比較的多く、スーパーやドラッグストア、飲食店は今後の拡大に期待が寄せられていることが見て取れます。

スマホ決済を利用している場所、拡大して欲しい場所ともに、「日常使い」を想起させる場所がトップとなっています。

「利用している場所」と「今後さらに対応を拡大して欲しい場所」を比較したところ、現状の利用度はそれほど高くないが、今後拡大して欲しい場所として、「病院」(29.8ポイント差)、「交通機関」(25.7ポイント差)、「レジャー施設(プール・動物園・水族館・温泉・海の家・スキー場等)」(21.3ポイント差)がトップ3となりました。

拡大してほしい場所

拡大してほしい場所

🙂 JCB CARD W に新規入会でポイント最大30倍!キャンペーンを詳しく解説しているので参考にしてくださいね

JCB CARD W/JCB CARD W plus L に新規入会の方はポイント最大30倍!キャンペーンについて解説します

🙂関連のおすすめ記事!

JCB CARD W に新規入会でポイント最大30倍!キャンペーンを詳しく解説

現在、JCB CARD WとJCB CARD W plus L に新規入会すると、ポイントが最大で30倍になるキャンペーンを開催中です! 🙂 JCB CARD Wってどんなカード? 入会資格が39歳以下と年齢制限がありますが、年会費無料にもかかわらず、サービスが充実! Oki Dokiポイントが常に2倍になる JCB …

続きを見る

利用しているスマホ決済 不満点

スマホ決済サービスの不満点

スマホ決済サービスの不満点

今利用しているスマホ決済サービスについて不満点を聞いたところ、「支払いのたびにアプリを起動するのが面倒」(53.7%)がトップです。

決済型別で比較すると、「コード型決済」が57.4%なのに対し、「非接触型決済」は28.7%。となっており、その差は他と比較して最も大きく28.7ポイントとなりました。

言いかえれば、「非接触型決済」利用者は支払い時にそれほど面倒を感じていないことがわかりました。

次にポイント差が大きかったのは「アプリ起動がスムーズにいかずレジでもたつく」(44.8%)で、「コード型決済」(47.4%)と「非接触型決済」(27.1%)との間に20.3ポイントの開きがあり、「アプリ起動の面倒さ」と同様に不満度に差が出でています。

スマートフォンなどをかざすだけで決済できる「非接触型決済」と、アプリ等でQRコードやバーコードを表示する必要のある「コード型決済」とでは、利用時のアプリ起動に対するストレス度合いに差があることが見て取れます。

🙂 非接触決済のQUICPay(クイックペイ)について解説しています。参考にしてくださいね

🙂関連のおすすめ記事!

解説!QUICPay(クイックペイ)の特徴と上手な利用方法!

コンビニの支払どうしてますか?財布から現金を出してますか?クレジットカードで支払っていますか? でももっと簡単な方法がありますよ。QUICPayです。 電子マネーは便利です! 電子マネーを使えば、コンビニのレジで時間をかける必要はありません。スマホをレジの読み取り機にタッチするだけで支払が完了します。 今まではアンドロ …

続きを見る

スマホ決済 改善・追加して欲しいポイント

スマホ決済で改善や追加して欲しいポイント

スマホ決済で改善・追加して欲しいポイント

今利用しているスマホ決済サービスについて、改善もしくは追加して欲しいポイントを聞きました。

結果は、「対応店舗を増やして欲しい」(80.2%)、「対応店舗を分かりやすく提示して欲しい」(74.6%)、「よく利用する店舗で使えるようになって欲しい」(71.7%)と、トップ3はすべて『対応店舗について』となっています。

次点では、「セキュリティ機能を強化して欲しい」(69.6%)、「補償サービスを付けて欲しい」(68.4%)と続き、安全・安心につながるサービスが求められているけっかになっています。

前項の不満点、および改善・追加して欲しいポイントを聞いた各設問において、すべての項目で、「非接触型決済」よりも「コード型決済」で数値が高くなっています。

「コード型決済」利用者の方が、今利用しているスマホ決済サービスに対して要望が強くあることが分かります。

スマホ決済といえば「ポイント還元」「お得」というイメージが先行しますが、今後は「使用可の店舗の多さ」、「手間なく使える快適さ」、「安全・安心につながるサービスの有無」がスマホ決済サービスの「選ばれる基準」になりそうです。

🙂 手に入れやすいクレジットカードをまとめました!参考にしてくださいね!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選29枚を比較!審査のポイントを解説【2019年最新版】

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選29枚を比較!審査のポイントを解説【2019年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の申請基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへ …

続きを見る

まとめ

消費増税前の3か月間で3回にわたり実施した「スマホ決済に関する意識調査」により、スマホ決済利用者は拡大傾向であることが明らかです。

利用者の多くは「買い物が便利になった、お得に生活できるようになった」と実感している一方、「セキュリティへの不安」は利用者、非利用者ともに強く抱いており、「万一の場合の補償サービス」を求める声も多くありました。

混戦を極める「スマホ決済市場」ですが「ポイント還元」や「使える場所」等に関するサービス向上は当然として、今後は、「コード型」や「非接触型」などの決済の形式による使い勝手や機能面の違いや、使える場所の数等に利用者の注目が集まって行くことが予測されます。

そして、利用者の不安をあおる「セキュリティトラブル」は、絶対に避けなければならないのは言うまでもありません。

キャッシュレス・ポイント還元事業がスタートし、ますます盛り上がってきたキャッシュレス業界。

今後の発展が楽しみですね!

JCBカードのクレジットカード11枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!

🙂関連のおすすめ記事!

JCBカードのクレジットカード11枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!

JCBはVISAやMastercard・アメックスなどと同じように、クレジットカードの国際ブランドとして普及している唯一日本発のブランドとして地位を確立しています。 JCBは国際ブランドでもありますが、JCB自身がJCBオリジナルシリーズとしてクレジットカードを発行しています。 JCBカードは2003年には5.0兆円だ …

続きを見る

-ニュース

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2019 All Rights Reserved.