オススメのクレジットカードの特徴を解説【2019年最新版】

クレジットカードニュース編集部

クレカ入門 ニュース

お買い物をスピーディーで安全に!Visaのタッチ決済(Visa payWave)を解説!

投稿日:

お買い物をスピーディーで安全に!Visaのタッチ決済(Visa payWave)とは?

Visaのタッチ決済(Visa payWave)をご存知でしょうか?

Visaのタッチ決済(Visa payWave)は支払いの際、非接触対応のVisaカードをレジにあるリーダーにタッチさせることでスピーディーに支払いを完了させることができます。

世界約200の国と地域で利用でき世界中で最も多くの人に利用されている国際ブランドVISAの新しい支払いスタイルがタッチ決済になります。

一定の金額までの支払いであれば、サインも暗証番号も不要です。

Visaのタッチ決済対応マークのある世界中のVisa加盟店で利用でき、ロンドンやミラノ等では交通機関でも使えるんですよ。

さすが世界No.1シェアの国際ブランドだけあって、世界基準のセキュリティ技術(EMV)を採用していることで高度な安全性を実現させています!

国内でのVisaのタッチ決済が使えるシーンもどんどん拡大されており、そのスピードは2020年の東京オリンピックに向けてさらに加速すると予想されています。

また発行銀行や発行金融機関も様々で、デビットカード、クレジットカード、プリペイドカードなど色々な種類のカードで使えます。

 🙂 この記事ではVisaのタッチ決済(Visa payWave)について詳しく解説します。

Visaのタッチ決済(Visa payWave)とは?

お買い物をしてカードで支払いをする時、当たり前のように店員さんにカードを渡しますが不安に思ったことってありませんか?

暗証番号を入力する機械も、見えないようにカバーはされてますが、店員さんや後ろに並んでいる方の目って気になったりしますよね。

Visaのタッチ決済(Visa payWave)はそういった不安を一蹴してくれる新しい支払い方法です。

利用できるのは、非接触対応のVisaカード(クレジット、デビット、プリペイド)になります。

Visaのタッチ決済をご利用可能な店舗支払いの際、Visa payWaveのマークがついているVisaカードをレジにあるVisaのタッチ決済に対応している専用の端末にタッチさせるだけで支払いを完了させてしまいます。

WAONや楽天Edyなどの電子マネーと同じような使い方ですね。

お店では、「Visaのタッチで」と言えばOKです!

タッチさせるだけなので現金での支払いより、ずっと速くスマートです。

店員さんにカードを渡すことなく支払いを済ませられるので、カード番号を見られることもありませんし、スキミングの被害も防ぐことができます。

Visaのタッチ決済(Visa payWave)は、世界中で利用されている「Visa」の支払い方法になりますので、もちろん海外でも使うことができます。

むしろ、Visaのタッチ決済(Visa payWave)は海外の方が幅広く普及しています。

海外でも国内と同様に、店頭やレジに対応マークのあるVisa加盟店でタッチするだけで支払い完了です。

海外ではさらにスキミングの被害が不安なこともありますが、Visaのタッチ決済であれば安心して利用できるのが嬉しいですね。

約200の国と地域で利用可能となっていますので、海外旅行にはVisaタッチ決済対応のカードがマストアイテムでしょう。

ただし、一定金額(原則1万円)を超える支払いでは、カードを挿し暗証番号を入力するかサインが必要なようなので覚えておきましょう。

世界基準のセキュリティ技術(EMV)とは?

世界基準のセキュリティ技術(EMV)とは?

Visaは世界基準のセキュリティ技術(EMV)を採用し、高い安全性を実現しています。

セキュリティ技術EMVとは、カードについている金色のICチップが搭載されているクレジットカードの統一規格となり、Europay、Mastercard、Visaの頭文字を取って「EMV」となります。

以前のカードに用いられていた磁気ストライプは、スキミングも簡単に行うことが出来てしまっていたため不正使用の被害を食い止めるために、ICチップ搭載型のカードが開発されました。

実際に、EMVを採用したことで、スキミング等の偽装カード被害も減少していますので安心安全に利用することができますね!

使い方はカンタン!

Visaタッチ決済(Visa payWave)の利用はとってもカンタン!

Visaのタッチ決済対応マークがあるVisa加盟店で、Visaカードをタッチするだけです。

  1. Visaタッチ決済対応マークの加盟店へ
  2. 支払いの際、いつも通り「Visaで」もしくは「Visaのタッチ」と伝え、専用端末が光ったらカードをタッチ
  3. 支払い完了

あっという間に支払い完了で本当に簡単なんですが、初めて使うときはちょっと緊張するかもなので覚えておきましょう。

利用可能な店舗

利用可能な店舗

2020年の東京オリンピックに向けて、Visaのタッチ決済(Visa payWave)が利用可能な店舗は続々と増えています。

イオン株式会社も、2019年3月~2020年3月にかけて全国の総合スーパーやドラッグストアなどイオングループ各店10万台のレジで、Visaのタッチ決済が可能な決済端末の導入を決定しました。

外国人の日本でのお買い物も、Visaのタッチ決済(Visa payWave)が使えるようになることで決済手段が増え便利になります。

お買い物がしやすくなると売り上げにも繋がってくるので、たくさんの外国人が来日する東京オリンピックに向けてVisaのタッチ決済導入は店舗にも欠かせないものになりそうです。

■Visaのタッチ決済利用可能店舗
TSUTAYA
マクドナルド
IKEA
ローソン
JTB(JTB提供のC→REX端末を設置する旅館・土産物店)
メガネストアー
表参道ヒルズ
KIX(関西国際空港)
Phiten
Airport Limousine
ぐるなびPay
Hotel Villa Fontaine

日本国内では「2025年までにキャッシュレス決済率40%」という目標を定めています。

キャッシュレス化に向けた動きの1つとして、Visaのタッチ決済が使えるシーンはどんどん拡がっていきそうですね。

Visaのタッチ決済が使えるカードは3種類

Visaのタッチ決済が使えるカードは3種類

Visaのタッチ決済(Visa payWave)は支払い方法になりますので使用するためにはカードが必要です。

カードは3種類あり、対応しているカードはそれぞれです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

Visaタッチ決済対応のクレジットカード

Visaタッチ決済対応のクレジットカード

クレジットカードとは、お買い物の際にカードを利用すれば、その場での現金の支払いはありませんが後日、利用したカード会社にその分の金額を支払う(後払い)ものです。

カードを発行するには審査が必要になります。

ポイントを貯めたり旅行保険や盗難補償がついてたりするので、使い方によれば現金払いより安全でメリットも多いと思います。

Visaのタッチ決済(Visa payWave)が使えるクレジットカードを発行しているのは4社となります。

■Visaのタッチ決済(Visa payWave)発行しているカード会社
イオン銀行 三井住友カード
JACCS Orico

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

公式サイト今なら最大6,000円相当分の特典をプレゼント中!イオンカードセレクト 公式サイト

イオン銀行が発行しているクレジットカードの中で人気No.1はイオンカードセレクトになります。

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード機能+クレジット機能+電子マネーWAONの3つの機能が一つになっている点です。

入会金、年会費無料で、ETCカード、家族カードも無料で作ることができます。

「ときめきポイント」「電子マネーWAONポイント」「WAON POINT」の3つのポイントサービスがあり、利用者に合わせて貯めていけます。

お客さま感謝デーやG.G感謝デーはお買い物代金が5%OFFになる等のお得なサービスも多くポイントも貯まりやすいです。

旅行保険は付帯していませんが、ショッピングセーフティ保険、クレジット盗難保障が付いています。

イオンカードセレクト公式サイト

公式サイト今なら最大6,000円相当分の特典をプレゼント中!イオンカードセレクト 公式サイト

🙂 次の記事でイオンカードセレクトについて詳しく解説しています。

イオンカードセレクトの審査基準や口コミは?特徴を解説!

🙂関連のおすすめ記事!

イオンカードセレクトの審査基準や口コミは?特徴を解説!

イオンカードセレクトおすすめポイントまとめ! 公式サイト今なら最大6,000円相当分の特典をプレゼント中!イオンカードセレクト 公式サイト Apple Payに対応 審査申請基準は18歳以上で電話連絡が可能な方のみ! 主婦・アルバイトでも申込みOK! 発行手数料無料、年会費永年無料 貯まったポイントは電子マネー「WAO …

続きを見る

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

三井住友カードは2019年3月1日からプロパーカードにVisaタッチ決済の搭載を開始しています。

 🙂 三井住友カードのプロパーカードはこちらになります!

三井住友デビュープラス

公式サイト最大8,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!三井住友VISAデビュープラスカード公式サイト

三井住友VISAデビュープラスカードは、年会費は初年度無料で、次年度以降は前年1回以上の利用で無料になりますが利用が無い場合1,250円(税別)になります。

申込みに関して年齢制限があり、高校生以外の18歳~25歳までの方が申込めるカードになっています。

「三井住友VISAデビュープラスカード」とカード名にも「デビュー」がついてるぐらいなので、はじめてクレジットカードを持ちやすくなっており、大学生や新社会人でも審査に通りやすくなっています!

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト

公式サイト最大8,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!三井住友VISAデビュープラスカード公式サイト

🙂 次の記事で三井住友VISAデビュープラスカードについて詳しく解説しています。

学生・新社会人向けクレジットカードの三井住友VISAデビュープラスカードが5分でわかるおすすめポイント徹底解説

🙂関連のおすすめ記事!

学生・新社会人向け三井住友VISAデビュープラスカードの特徴や審査申請基準を解説!

三井住友VISAデビュープラスカードは、日本で初めてVISAカードを発行した歴史のある三井住友ブランドのクレジットカードの一つです。 年会費は初年度無料で、次年度以降は前年1回以上の利用で無料になりますが利用が無い場合1,250円(税別)になります。 申込みに関して年齢制限があり、高校生以外の18歳~25歳までの方が申 …

続きを見る

Visaタッチ決済対応のデビットカード

Visaタッチ決済対応のデビットカード

デビットカードとは、お買い物の際にカードを利用すればその場での現金の支払いはなく、使ったその場で口座から引き落とされる(即時払い)ものです。

クレジットカードのような発行に審査がなく銀行口座があれば作ることができます。

利用金額が通帳に記載されるので、お金の管理に便利で使い過ぎの心配もなく、お子さんに持たせることもできますよ。

万が一の時の不正利用補償もあるので現金感覚で利用でき、現金にはない安心感があります。

ネットショッピングでカードが必要だけどクレジットカードは借金しているみたいで怖いという方や、忙しくてなかなかATMに行けない方におすすめのカードだと思います!

Visaのタッチ決済(Visa payWave)が使えるデビットカードは12種類です。

対応しているカードがクレジットカードより多いので、自分に合ったものを選びやすいですね。

■Visaのタッチ決済対応デビットカード
銀行 デビットカード
三井住友銀行 SMBCデビットカード
ゆうちょ銀行 mijica
三菱UFJ銀行 三菱UFJデビットカード
あおぞら銀行 あおぞらキャッシュカード・プラス
GMOあおぞらネット銀行 Visaデビット付きキャッシュカード
楽天銀行 楽天銀行デビットカード
北國銀行 北國Visaデビットカード
埼玉りそな銀行 埼玉りそなデビットカード
ジャパンネット銀行 JNB Visaデビットカード
住信SBIネット銀行 Visaデビット付きキャッシュカード
近畿大阪銀行 近畿大阪りそなデビットカード
りそな銀行 りそなデビットカード

 🙂 おすすめのデビットカードについて詳しくは次の記事で解説していますので参考にしてみてくださいね!

おすすめのデビットカード9枚の審査や特徴を詳しく解説!

🙂関連のおすすめ記事!

おすすめのデビットカード9枚の審査や特徴を詳しく解説!

デビットカードはクレジットカードと違い、銀行の口座が開設できれば発行でき、VISAやJCBの加盟店でキャッシュレスで決済することができるカードです。 申込みも年齢15歳~16歳以上からOKです。 日本ではクレジットカードが主流ですが、海外では圧倒的にデビットカードの方が利用されていますよ! 現在、日本国内ではクレジット …

続きを見る

プリペイドカードとスマートウォッチ

プリペイドカードとスマートウォッチ

クレジットカードとデビットカード以外には、プリペイドカードとスマートウォッチがあります。

プリペイドカード

プリペイドカード

プリペイドカードにもVisaのタッチ決済(Visa payWave)が使えるものがあります。

それが、アプラスから発行されている海外プリペイドカードGAICAです。

国内初のVisaのタッチ決済(Visa payWave)対応プリペイドカードで、タッチ決済が普及している海外ではかなり使える1枚です。

使い方も、Visaのタッチ決済対応の端末にGAICAをタッチする(かざす)だけでOK。

あらかじめチャージして、支払いはタッチで完了なので、電子マネーのようにスピーディーです。

カード残高も会員専用サイトから簡単にチェックできるので安心ですね。

円でのチャージが可能で、海外でもキャッシュカードのように海外ATMから現地通貨を引き出すことができます!

審査、入会金、年会費無料で、13歳から入会が可能です。

公式サイトGAICAの公式サイト

Gamin Pay×三菱UFJ-VISAデビット

Gamin Pay×三菱UFJ-VISAデビット

「Garmin Pay」はGarmin社製のスマートウォッチにVISAデビットを登録して利用する支払い方法です。

ガーミンジャパン社が提供する非接触決済サービスで、現在、日本では三菱UFJ銀行から発行されている三菱UFJデビットカードのみ利用することができます。

ランニングの後にコーヒーを飲んだり、ドライブスルーでの注文時など、財布もスマホも取り出さずにウォッチだけで簡単に購入できるのはかなり便利ですね。

支払いの際はカードと同じく「Visa(Visaのタッチ決済)で」と伝えればOKです。

支払いに使っているカードはデビットカードですので、即時払いになっています。

Garmin Payが利用できるGarminウォッチは6種類あり、デザイン性も高いのでファッションの1つとして男女問わず楽しめそうです。

三菱UFJデビット公式サイト

公式サイトVISA・JCBが選べる!最大1,000円プレゼント中!三菱UFJデビット公式サイト

三菱UFJデビットカードの特徴や申込み基準を解説!

🙂関連のおすすめ記事!

三菱UFJデビットの特徴や申込み基準を解説!

三菱UFJ銀行の口座を持っている方でクレジットカードに抵抗がある方は、三菱UFJデビットを作成してはいかがでしょうか? デビットカードは、クレジットカードと異なり基本的には利用時と支払いがイコールとなるため、使いすぎるという事がなくなります。 クレジットカードは後払いのため、使いすぎて支払うことができなくなるというリス …

続きを見る

まとめ

Visaのタッチ決済(Visa payWave)は、キャッシュレス化が進む世界中で幅広く普及しています。

日本でも2020年の東京オリンピックに向けて急速に増えていくサービスだと思います。

国内外問わず使えるので、対応しているカードを1枚は持っておきたいですね!

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードと、使えるカードも様々なので、ライフスタイルに合わせて選び、上手に使っていきましょう!

🙂 次の記事で東京2020公式Visaカードも登場していますよ!

東京2020公式Visaカードが登場!抽選で観戦チケットが当たるキャンペーンも!

🙂関連のおすすめ記事!

東京2020公式Visaカードが登場!抽選で観戦チケットが当たるキャンペーンも!

東京オリンピックまで気づけばあと少し・・・東京オリンピックが決まったのが2013年なので本当にあっという間ですね! 東京2020オリンピックに向けて、国を挙げて準備中なのは間違えありません。 オリンピックイヤーを来年に控えた2019年1月21日、東京2020組織委員会は東京2020大会の公式決済カードである「TOKYO …

続きを見る

おすすめ
クレジットカード審査申請基準が甘い厳選25枚を比較!審査のポイントを解説【2019年最新版】

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選29枚を比較!審査のポイントを解説【2019年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の申請基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへ …

続きを見る

-クレカ入門, ニュース

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2019 All Rights Reserved.