子供のお金教育をする

お金がないと子供に伝えると成長に悪影響を与える?対処方法を紹介

お金がないと子供に伝えると成長に悪影響を与える?

「お金がない」と​​ 子供に伝えることは子育てにおいて避けがたい状況かもしれませんが、その言葉が子供の心理に及ぼす影響は無視できません。

親が経済的な事情を説明する際には、子供が不安を感じたり、必要以上の我慢をさせないように注意が必要です。

この記事では、お金がないと子供に伝えることに対する影響について詳しく解説します。

親がどのように言葉を選ぶべきかや、お金についてどのように子供に伝えて教育するかについても考察していきましょう。

このページで学べること

  • お金がないと親が子供に伝えることで与える影響
  • 子供のおねだりへの対処方法
  • お金がない時の対処方法

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

子供の「買って」に対し、「お金がない」と子供に伝えて我慢させるべき?

子供が「買って」と頼んで来た時、親としては一体どう対応すべきなのでしょうか。

ここで重要なのは、我慢させるべきかというよりも、どう教えるべきかという点でしょう。

子供に無理やり我慢させるのではなく、お金の価値や使い方を理解させる教育が肝心です。

親としては子供に「買って」と言われた際にただ我慢させるのではなく、その状況を教育の機会と捉えることも大切になります。

子供がきちんとしたお金の管理や使い方について学ぶと、将来的に自立した金銭感覚を身に付けることができるでしょう。

また、親が「お金がない」と子供に伝えることは悪影響を及ぼすこともあります。

子供にお金がないと繰り返し伝え続けることで考えられるデメリットを、次の章で見ていきましょう。

親が子供にお金がないと伝えることで与える影響

「お金がない」と子供に伝えることは、親としても苦しい状況でしょう。

しかし、この言葉が子供の心理に与える影響は、思っているよりも大きい可能性も高いです。

言葉の裏に隠れた感情や状況を理解できない子供に対しては、心理的影響を及ぼし成長の妨げになることもあります。

親がお金がないと繰り返し子供に伝えることで、及ぼしてしまうかもしれない影響を以下にまとめました。

お金がないと親が子供に伝えることで与える可能性がある影響

  1. 不安や引け目を感じる
  2. 親の顔色を伺うようになる
  3. 成長後、反動で物欲が抑えきれなくなる

不安や引け目を感じる

親がお金がないと子供に伝えると、子供は「自分は貧乏なんだ」と感じてしまう可能性があります。

また、他の子供と比較して劣等感を感じてしまい、結果として自己肯定感の低下を引き起こすこともあるでしょう。

自己肯定感の低下は、子供が自分を必要以上に責めるようになったりと心の成長に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

親の顔色を伺うようになる

親が経済的な悩みを抱えていると感じると、子供は自分の欲求を抑えて親の顔色を伺うようになることがあります。

顔色を伺うのは親を気遣う心からくる行動ですが、子供自身の感情を抑圧することにも繋がり、感情を出すことが困難になる可能性も高いです。

自分の意見が言えない状態になることも考えられるため、日常的に子供の感情を抑圧してしまうのは良くありません。

成長後、反動で物欲が抑えきれなくなる

親が「お金がない」と子供に伝えるのは、子供に正しい金銭感覚を身に着けてほしいという思いもあるでしょう。

ただし子供の頃にお金がないことを理由に抑圧し続けると、成長後、反動で物欲が抑えきれなくなる可能性があります。

衝動買いを繰り返してしまったりと、幼少期に経験した欠如感が消費への過剰な欲求として表れるのです。

1人暮らしになった時に物欲が抑えきれなくなれば、将来の生活がままならなくなる可能性もあります。

お金がないと子供に伝えるのではなく、それ以外の方法も検討しよう

「お金がない」という言葉は、子供にとって否定的な印象を与えがちです。

しかし、親がお金がないと子供に伝えるのは避けたほうが良いとはいえ、毎回何かを買い与えるのも問題です。

子供のおねだりを教育の良い機会と捉え、上手に返答することで子供にお金の価値を学んでもらうと良いでしょう。

それでは、子供のおねだりへの具体的な対処方法を紹介します。

子供のおねだりへの対処方法

  1. 欲しい物を全て買えるわけでは無いと子供に伝える
  2. 買ってあげられない理由をポジティブに述べる
  3. どうしたら買ってあげられるのか提案する
  4. お小遣いでやりくりさせる
  5. どうして買ってあげられないのか、家計簿を見せる

欲しい物を全て買えるわけでは無いと子供に伝える

子供に「買って」と言われたら「欲しい物を全て買えるわけじゃない」ということを子供に伝えましょう。

ここで重要なのは、お金がないから買ってあげられないとは言わないことです。

「今は買えないけど、誕生日に買ってあげるね」など、適切なタイミングなら買えることを明確に伝えると子供も納得しやすくなります。

お金は無限に使えるわけではなく、おもちゃなどは特別な時にもらえるものと認識させると良いでしょう。

買ってあげられない理由をポジティブに述べる

欲しい物を買ってあげられない時、お金がないなどのネガティブな理由を述べるのは良くありません。

「将来〇〇に使いたいから」「今は〇〇を買うのを優先しないといけないから」など、ポジティブな理由を子供に伝えましょう。

家族の生活のために、お金は大切に使わないといけないという点を子供に伝えることが大切です。

上記の理由で納得してもらえたら、家族のために我慢できたことを目一杯褒めてあげましょう。

どうしたら買ってあげられるのか提案する

子供におねだりされた時は、どうしたら買ってあげられるのか条件を提案するのも有効です。

お手伝いや勉強のご褒美にすれば、子供のモチベーションを上げることにも繋がります。

進んでお手伝いや勉強をしてくれる可能性も高いでしょう。

物を得るためには努力が必要ということを子供に伝えることもできます。

ただし、「ワークを◯ページ終えたら」「お手伝いを◯回やったら」など、買ってあげる条件は明確にしてください。

また、この方法を使う場合は、子供が条件を達成したら必ずご褒美を渡しましょう。

親が定めた条件を達成したのに反故にすれば、子供からの信頼を失うことに繋がります。

お小遣いでやりくりさせる

子供に一定額のお小遣いを渡して、自分でやりくりさせるのも一つの方法です。

もし子供がお小遣いを使い切ってしまった場合は、おやつなどをねだられても買わないのが良いでしょう。

自分のお金で何を買うべきかを考えさせることができ、お金の価値や使い方を学ばせることができます。

どうして買ってあげられないのか、具体的な数字を見せる

お金の価値を良く分かっていない子供は、大人はお金を持っているのにどうして自分に使ってくれないんだろうと疑問に思っていることもあります。

もし子供が算数を勉強しだしたら、家計簿などで具体的な数字を提示してしまうのも手です。

家計簿を見せなくても「月に大体いくらの出費があるから、自由に使えるのは何円?」などと計算させるのも良いでしょう。

生活するのに何に何円かかっているかを教えると、お金を大切に使うべきだということが理解してもらいやすいです。

子供にお金のことを考えさせるにはキッズ・マネー・ステーションの講座がおすすめ

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

お金がないと子供に伝えるのではなく、子供にお金の価値をしっかり知ってもらうことが大切です。

子供にお金教育をするには、キッズ・マネー・ステーションの活用をおすすめします。

キッズ・マネー・ステーションは、金融教育業界で18年以上の教育を行っているサービスです。

文部科学省検定の高等学校家庭科教科書に掲載されており信頼性も抜群で、小さな子供でも安心して学んでもらえます。

幼稚園児から大人まで、ターゲットに合わせた授業があるので、無理せず楽しく勉強できるのがメリットです。

さらに、オンラインでも参加できる講座もあり、忙しくて現地に行けなくても家で勉強できます。

親子でも参加できるものもあるので、子育てのお金問題に悩む方は参加してみてはいかがでしょうか。

詳しい講座内容は公式サイトに載っていますので、ぜひチェックしてみてください。

子育てお金の教育に悩む親によくある質問

子育てで悩む親によくある質問と回答をまとめました。

子育てお金の教育に悩む親によくある質問

  • Q1.お金の話を小さな子供に伝えるのは良くない?
  • Q2.子供に我慢させるのは悪いこと?
  • Q3.本当にお金が無い時の対処方法は?

Q1.お金の話を小さな子供に伝えるのは良くない?

A.小さな子供でも、教え方次第ではお金の大切さを理解できるでしょう。

むしろ、早いうちからお金の大切さや使い方を学んでおくことで将来の経済的自立に繋がります。

子供に教える自信が無い方は、キッズ・マネー・ステーションなどのサービスを利用すると良いでしょう。

キッズ・マネー・ステーションでは、幼稚園児から参加できる講座が用意されています。

Q2.子供に我慢させるのは悪いこと?

A.必要以上に我慢を強いたり、子供の気持ちを完全に無視するのはNGです。

ただし、我慢をすることは、自分の欲求をコントロールする力や目標に向かって努力する力を養うために必要なものです。

無理矢理我慢させるのではなく、できない理由をポジティブに伝えて考え直してもらうというのが一番良いでしょう。

Q3.本当にお金が無い時の対処方法は?

A.お金がない場合は、以下の方法で貯金を増やすことを考えましょう。

  • 家計の支出を明確にする
  • 支出のムダな部分を探す
  • いらないものを売る
  • 収入を増やす
  • どうしても赤字になる場合は、プロを頼る

家計簿アプリなどを活用して、毎月何にいくら使っているのかをチェックしてみてください。

詳細な支出が分かれば、無駄な部分を削減しやすいです。

特に通信代・家賃・保険・サブスクリプションなどを、もっと安いものに替えられないかなどを検討してみるとよいでしょう。

また、収入が少ない場合は副業をしてみるのもおすすめです。

現在はクラウドソーシングなどを活用し、在宅などで得意なことを副業にできる可能性があります。

色々見直してみたけれど、どうしても貯金ができないという場合は行政サービスを活用したり、プロに頼るのが一番良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーなど、お金に関する専門家に相談すれば解決方法が見つかりやすいです。

お金が無いと子供に伝えるのではなく、親が上手に返答しよう

「お金がない」と子供に伝えるときは、子供が感じる不安やプレッシャーに注意する必要があります。

子供に不要なストレスや我慢を強いるのではなく、子供にネガティブに伝わらないような親の言葉の選び方が大切です。

親が上手に返答することで子供の成長に悪影響を与えずに、お金の大切さや我慢する力を身につけさせることができるでしょう。

具体的には、以下の方法が考えられます。

  • 欲しい物を全て買えるわけではないと子供に伝える
  • 買ってあげられない理由をポジティブに述べる
  • どうしたら買ってあげられるのか提案する
  • お小遣いでやりくりさせる
  • どうして買ってあげられないのか、家計簿を見せる

また、子供にお金のことを考えさせるには、キッズ・マネー・ステーションの講座もおすすめです。

子供がお金の価値を正しく理解すれば、親子で健全な金銭観を共有することが可能になるでしょう。

-子供のお金教育をする

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス