子供のお金教育をする

親が「お金がない」を口癖にすると、子供に悪影響を与える?

親が「お金がない」を口癖にすると、子供に悪影響を与える?

子供の「買って」攻撃に対し、ついつい「お金がないからダメ」と返してしまうこともあるでしょう。

「お金がない」という言葉は、子供のおねだりを退けるのに有効かもしれません。

しかし子供にとっては、不安や恐怖を与える言葉になる可能性があります。

今回は、親の「お金がない」という口癖が子供に与える影響について考えてみましょう。

また、口癖を改善する方法なども詳しく解説していくので、今現在「お金がない」と言ってしまっている方はぜひチェックしてみてください。

このページで学べること

  • 親が「お金がない」を口癖にしてしまう理由
  • 親の「お金がない」という口癖が子供に与える影響
  • 親の「お金がない」という口癖の改善方法

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

親が「お金がない」という口癖を使うようになる理由

まずは、親が「お金がない」を口癖にしてしまう理由を解説していきます。

親が「お金がない」という口癖を使うよう理由一例

  1. 収入が少ない
  2. 出費が多い
  3. 不安や焦りを感じている
  4. 親の苦労を知ってほしい
  5. 親としての責任を果たせないと感じている

収入が少ない

経済的に厳しい状況にある家庭では、親が仕事で稼ぐ収入が限られていることが多いです。

パートタイムや非正規雇用で安定しない収入源に頼っている場合、生活するのに精一杯で余裕がない状況になることもあります。

そのため子供の教育費や生活費などの必要な支出を賄うことが難しく、「お金がない」という口癖が出てしまうこともあるでしょう。

出費が多い

親の収入が十分にある場合でも、出費が多いと「お金がない」という口癖が出ることがあります。

たとえば子供の習い事や塾に通わせている場合、家賃や住宅ローンの返済額が高い場合などは、固定費や臨時出費が多く家庭の出費は意外と多くなりがちです。

予期せぬ事態に備える余裕がないと、経済的なプレッシャーが大きくなることもあります。

経済的な不安や焦りを感じている

親が経済的な不安や焦りを感じている場合も、口癖として「お金がない」という言葉が出やすくなります。

仕事が不安定だったり給料が下がったりなど親が経済的な不安を抱えていると、子供にお金がないと伝えることで不安を解消しようと口癖として表れることも。

子どもの将来や家族の生活を心配したものとも言えます。

親の苦労を知ってほしい

親が子供に自分の苦労を知ってほしいと感じている場合も、口癖として「お金がない」という言葉が出やすくなります。

たとえば、親が「お金がない」と言うことで、子供に経済的な価値観や節約の重要性を伝えたいと考えていることもあります。

子供もお金の使い方を考えてほしいという気持ちから出てしまう言葉でもあるでしょう。

また、親が仕事で忙しかったり、家計を支えるために苦労したりしている場合、親は大きなストレスを抱えていることもあります。

子供に自分の苦労を理解してほしいとわざと「お金がない」という言葉を使ってしまう方もいるでしょう。

供に親自身の苦労や家計の状態を理解してもらいたいという思いから、口癖になってしまうこともあります。

親としての責任を果たせないと感じている

親が子供に十分な教育や生活をさせてあげられないと感じている場合も、口癖として「お金がない」という言葉が出やすくなります。

たとえば、子供に欲しいものを買ってあげられない場合や進学費用が貯められない時などは、親としての責任を果たせないと罪悪感を感じることもあるでしょう。

その際、子供にお金がないと伝えることで、無力感や責任を軽減しようとすることがあります。

お金がないという口癖は、やり場のないストレスやプレッシャーを緩和するための手段として自然と出てしまうことがあるのです。

親の「お金がない」という口癖が子供に与える影響

親が頻繁に「お金がない」と口にすることは、子供に様々な影響を及ぼします。

子供の経済的な不安や焦りを引き起こすこともあり、家庭内の心理的な環境に大きく影響を与えることもあるでしょう。

親が「お金がない」を口癖にすることにより、子供に及ぼす可能性のある影響を以下にまとめました。

親の「お金がない」という口癖が子供に与える影響

  1. 経済的な不安や焦りを引き起こす
  2. 子供が親の顔色を伺うようになる
  3. 親への信頼感を低下させる
  4. 自己肯定感の低下を引き起こす

経済的な不安や焦りを引き起こす

親から「お金がない」という言葉を頻繁に聞くことで、子供は経済的な不安を感じ始めることがあります。

欲しいものを買ってもらえない、旅行や習い事に行けなくなる、進学できないかもしれないなどの現実的な不安や焦りを抱く可能性もあるでしょう。

子供は将来の安定した生活がない恐れから、強いストレスを感じることがあります。

子供が親の顔色を伺うようになる

「お金がない」という状況は、子供にとって親の行動や意見に対して敏感になるきっかけとなることがあります。

何か必要なものややりたいことがあっても、無意識のうちに親の顔色をうかがい自分の行動を制限するようになることも多いでしょう。

これにより子供は自由に意見述べることが苦手になる恐れがあります。

親への信頼感を低下させる

親が「お金がない」という口癖を頻繁に使うと、子供は親への信頼感を低下させてしまう可能性があります。

親が自分のことを本当に愛してくれているのか、自分のことを大切にしてくれているのか、疑いを感じるようになるからです。

また、親が経済的な困難を乗り越えることができないと感じることで、親に対する尊敬の念が薄れることもあります。

自己肯定感の低下を引き起こす

親が「お金がない」という口癖を使うと、子供は自分が親に迷惑をかけているのではないかと感じ、自己肯定感の低下を引き起こす可能性があります。

また、自分はお金がある家庭に生まれなかったことを後悔し、劣等感を抱くこともあるでしょう。

自分のためにお金が使われないことを理由に自分を責めたり、自分の価値が低いと感じることは、子供の健やかな成長を妨げる要因にもなります。

親の「お金がない」という口癖の改善方法

家計に不安がある親は「お金がない」という言葉をついつい使ってしまうことも多いでしょう。

しかし、子供の健全な成長を妨げたり、親子の関係に悪影響を及ぼすことがあるため改善することが重要です。

ここからは、口癖を改善するための方法を紹介します。

親の「お金がない」という口癖の改善方法

  1. 家計の収支を見直す
  2. 収入を増やす
  3. 貯金や投資を始める
  4. プロに相談する
  5. 子供にも正しい金銭教育をする

家計の収支を見直す

親がお金がないという口癖を使う理由の一つは、家計の収支が赤字になっているからです。

そのため、まずは家計の収支をしっかりと見直し、収入と支出のバランスを整えることが大切です。

収支を把握するには、家計簿をつけるのが一番良いでしょう。

家計簿をつけることで無駄遣いに気づいたり、節約できる部分を見つけやすくなります。

家計を見直せば、貯金用のお金が作れる可能性も高いです。

ノートで家計簿をつけるのが苦手な方は、アプリの家計簿を活用してみてください。

レシートを取り込めたり、支出がグラフで表示されるので見やすいですよ。

収入を増やす

「お金がない」ことへの不安を解消するなら、収入を増やすことが一番の近道でしょう。

現在はインターネットを活用した様々な仕事があり、育児と両立しながら収入を得ることも可能です。

副業や在宅ワークなど、家庭環境に合わせた無理のない方法で収入を得ましょう。

スキルや資格を持っているなら、活用できる仕事を探してみるのも手です。

クラウドソーシングサイトなどを利用すれば、得意なことを活かした在宅ワークが見つけやすいですよ。

貯金や投資を始める

収入が安定してきたら、次は貯金や投資も検討してみてはいかがでしょうか。

将来への不安を軽減するためにも、定期的な貯金は非常に有効です。

給料が入ったら誤って使わないように「先取り貯金」するとよいでしょう。

貯金をするのが苦手な方は銀行のサービスなどを活用し、毎月決まった日に口座から引き落としで貯金されるように設定するのがおすすめです。

また、つみたてNISAのような投資なら、少額から始められるので初心者でも始めやすいのがメリット。

毎月一定額をコツコツ積み立てることで、将来の資産形成につながります。

ただしつみたてNISAも元本割れなどのリスクがあるため、家族と相談してから始めましょう。

まとまったお金が貯められれば、「お金がない」と心配になることも少なくなります。

「お金がない」ではなくポジティブな言い方に変える

言葉遣いを変えることも大切です。

「お金がない」という言葉だけでは突き放したような印象を与えてしまい、子供がネガティブな感情を抱きやすいです。

そのため、「お金がない」ではなく、ポジティブな言い方に変えるようにしましょう。

「将来のために貯金してるからね」「今は買えないけど、〇〇したらご褒美に買ってあげるね」「○○は買えないけど、○○なら買えるよ」など、子供の気持ちに寄り添った前向きな言い方ができるとよいでしょう。

プロに相談する

家計の問題が自己解決できない場合は、専門家に相談するのも一つの方法です。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家は、家計の状況を客観的に分析し具体的な解決策を提案してくれます。

外部に頼るとお金がかかると思うかもしれませんが、プロに意見をもらったほうが貯金できるお金を見つけやすく、将来的にプラスになることが多いでしょう。

お金の悩みは一人で悩まず、誰かに相談したほうが気持ちも軽くなり解決策も練りやすいです。

話を聞いてもらうだけでも不安が解消されやすいので、プロでなくても信頼できる友達などに相談するのも良いでしょう。

子供にも正しい金銭教育をする

子供にお金の大切さを学んでもらうこともおすすめです。

子供が正しい金銭感覚を身に着けられれば、率先して節約してくれたり無駄遣いを減らすことができるでしょう。

親が教育する時は「お金がない」という言葉ではなく、「家計の中で〇〇にお金がかかっているから無駄遣いできないんだよ」などときちんと理由を述べるとよいでしょう。

また、ただ説明するよりも、子供が自ら考えられるように伝えるのがおすすめです。

例えば、普段から一緒に買い物に出かけて食費がどれくらいかかるのか、物の値段はだいたいいくらくらいなのかを学んでもらえば、無駄遣いができないということが理解しやすいでしょう。

買い物リストを見せて商品を探してもらい「値段はいくらだった?」などと聞けば、子供でも相場を覚えやすいですよ。

普段からお金の使い方を話し合ったり、貯金の目標金額を決めたりすれば、子供が不必要なものをおねだりする機会も減らせます。

そうすれば親が子供に「お金がない」と伝える回数も減らせるでしょう。

子供の金銭教育ならキッズ・マネー・ステーションがおすすめ

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

お金がないという口癖を辞めたい方は、親子で正しいお金の知識を身につけるのが良いでしょう。

そこでおすすめしたいのが「キッズ・マネー・ステーション」です。

キッズ・マネー・ステーションは、お金の価値や管理方法を子供から大人まで誰でも学べる金融教育サービスです。

家計管理、貯蓄の仕方、投資の基本など、お金に関する様々な内容を扱う講座を提供しています。

キッズ・マネー・ステーションの講座は、文部科学省検定の高等学校家庭科の教科書に掲載されたほど信頼度の高い内容です。

全国に300名以上の認定講師が関わっており、質の高い教育を受けることができます。

また、オンライン講座もあるので、どこにいても気軽に参加することが可能です。

お金の問題に対する家庭内の会話を前向きなものに変えたいと考えている方には、キッズ・マネー・ステーションで学んでみてはいかがでしょうか。

親子で一緒に学べる講座もあるので、興味のある方は公式サイトで講座内容をチェックしてみてください。

親が「お金がない」を口癖にすると子供に悪影響を及ぼすこともある

親の「お金がない」という口癖は、子供に以下のような悪影響を及ぼす可能性があります。

  • 経済的な不安や焦りを引き起こす
  • 子供が親の顔色を伺うようになる
  • 親への信頼感を低下させる
  • 自己肯定感の低下を引き起こす

子供への悪影響を防ぐためには、親が「お金がない」という口癖を改善する必要があります。

具体的には、以下のような方法を取ることがおすすめです。

  • 家計の収支を見直す
  • 収入を増やす
  • 貯金や投資を始める
  • 「お金がない」ではなくポジティブな言い方に変える
  • プロに相談する
  • 子供にも正しい金銭教育をする

親が子供に「お金がない」と言う機会を減らすには、子供の金銭教育にも力を入れることが大切です。

キッズ・マネー・ステーションでは子供向けの金銭教育の教材やプログラムを提供していますので、ぜひ活用してみてください。

-子供のお金教育をする

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス