子供のお金教育をする

子供にお小遣い制を導入するデメリット3つ|お小遣い制を導入するメリットもあわせて解説

子供にお小遣い制を導入するデメリット3つ|

「子供にお小遣い制を導入するのはあまり良くないの?」
「子供にお小遣いをあげるときはどうすればいい?」

子供のお小遣いについていろいろな悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

例えば何歳になったらお小遣いを渡すのか、金額はいくらにするのかなど、考えれば考えるほど疑問が湧き出てきます。

子供に正しいお金の使い方を学ばせるためにも、「お小遣い」は重要な機会となるでしょう。

このページではお小遣い制を取り入れるメリット・デメリットについて解説していきます。

お小遣い制を取り入れることでどのようなメリットとデメリットがあるのか理解した上で、採用するか検討してみてください。

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

お小遣い制を子供に導入するデメリット3つ

お小遣い制といっても、様々な種類があります。

お小遣い制の種類 詳細
定額制 毎月決まった金額を渡す方法のこと。
もらえる周期と金額が決まっているため、お小遣いの計画を立てやすい。
アルバイト制 家の手伝いをしたときなどにお小遣いを渡す方法のこと。
働いた分だけお小遣いがもらえるため、モチベーションが上がりやすい。
ミックス制 定額制とアルバイト制を組み合わせた方法のこと。
毎月決まったお小遣いをもらいながら、お手伝いなどで頑張った分だけ追加でお金が入る。

それぞれの制度によって特徴が異なりますが、注意点があります。

以下でお小遣い制度のデメリットを詳しく解説していきます。

①定額制にすると定期的にもらえるのが当たり前と捉えられかねない

定額制を採用した場合は、定期的にお小遣いをもらえるのが当たり前と捉えられかねない可能性があります。

努力せずとも毎月一定のお小遣いがもらえるため、お金は労働や社会への貢献の対価によって得られるものだということを学びにくくなってしまうかもしれません。

定額制を取り入れる場合は、あくまでも「お小遣い」と理解させた上で、お金を渡す必要があります。

②アルバイト制だと報酬がないと頑張らなくなる恐れがある

アルバイト制の場合は家の手伝いなど、頑張った分だけ報酬がもらえる制度です。

しかし、アルバイト制を採用すると、報酬がなければ積極的に家の手伝いなどをしなくなる可能性があります。

誤った認識のまま成長すると、お金をもらわなければ何も行動しない大人になってしまうかもしれません。

子供のモチベーションを高めつつ無償のお手伝い精神を育むためにも、日常生活に必要な手伝いとお小遣いをもらえる手伝いを分けておくと良いでしょう。

③ミックス制だと無駄遣いが増える恐れがある

ミックス制の場合は、無駄遣いが増えてしまう可能性があります。

毎月一定のお金だけではなく、お手伝いをした分だけお小遣いが増えるので、「お金はあるから」「来月からまた手伝いをすればいいから」と、無駄なものまで購入してしまうかもしれません。

ミックス制を取り入れる際は、お小遣いの管理ができるかどうかも判断した上で決めることが重要です。

お小遣い制を子供に導入するメリット3つ

お小遣い制を導入することで無駄遣いが増えたり、お金をもらわなければ手伝いをしなくなったりなどのデメリットが考えられます。

とは言え、お小遣い制度にはデメリットだけがあるわけではありません。

お小遣い制度を取り入れることで子供のお金の管理能力を高めたり、社会貢献に対するモチベーションをあげたりなどのメリットもあります。

ここからはお小遣い制を子供に導入するメリットについて見ていきましょう。

①定額制だとやりくりをしやすい

定額制の場合は、子供のお小遣いをやりくりする力をはぐくめる可能性があります。

毎月決まったお金の中で何を購入するか、いくら貯金に回すかなどを自然に考えるようになるため、管理能力が養われていくでしょう。

手伝いをした数や学校の成績などで増額や前借りの可否などを決めるのもおすすめです。

②アルバイト制だと子供がやりがいを感じやすくなる

アルバイト制の強みは頑張った分だけ報酬が増えることです。

手伝いをこなすごとにお小遣いがもらえるため、子供のやりがいにつながるでしょう。

お小遣いをもらうために努力するようになり、目標達成のために頑張る力も養われます。

とは言え、上記のデメリットで挙げたように、お金をもらわなければ何も行動しない大人にならないように注意しなければいけません。

例えば、皿洗いや洗濯物をたたむお手伝いなどは日常的なものとしてカウントし、内職などのお手伝いはお小遣いカウントにするなど、工夫することが重要です。

内職などは自分の労働の対価としてお金がもらえるため、社会勉強の1種にもつながるでしょう。

③ミックス制だと定額制・アルバイト制両方のメリットがある

ミックス制は定額制とアルバイト制を組み合わせた方法なので、両方のメリットが得られます。

お金の管理能力を養えたり、子供の努力する力を高めたりできるため、メリットは多いと言えるでしょう。

しかし、メリットが多い分デメリットも増えるため、ミックス制でも子供がしっかり管理できるかどうかを確認した上で取り入れることが大切です。

子供が間違ったお金の使い方をしようとしていたら、さりげなく諭し、うまく管理できるようにサポートしてあげましょう。

<子供のお小遣いについて悩んでいる人は「キッズ・マネー・ステーション」の講座に参加してみよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

お小遣い制にもいろいろな種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

子供の性格やお金に関する興味などに合わせて選ばなければ、うまく管理できないかもしれません。

もちろん、子供がお金の使い方で迷った場合は大人がサポートすることが大切ですが、大人でもどのように教えれば良いかわからないと悩むこともあるでしょう。

子供のお小遣いについて悩んでいる方は、「キッズ・マネー・ステーション」の講座に参加してみてください。

キッズ・マネー・ステーションでは幼児向け、小学生向け、中〜高校生向け、大学生向けなど、それぞれの講座を多数用意しています。

親子向けのプログラムもあるので、親子で一緒に楽しんで学ぶこともできます。

実際に子育て経験や教職経験のあるプロから実体験をもとにした講義が聞けるため、子供だけではなく親にとっても身になるでしょう。

また、お小遣いに関する講義だけではなく、正しいお金の使い方や投資の知識などを学べる講義もあります。

それぞれの段階や目的に合わせた講義を選択できるため、お金の知識に興味がある方はぜひ参加してみてください。

まとめ~子供にお小遣い制を導入するときのデメリットも押さえよう~

このページでは、子供にお小遣い制を導入する際のメリットとデメリットを解説していきました。

お小遣い制にも、定額制、アルバイト制、ミックス制の3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

例えば定額制の場合は、毎月一定のお金が入るため、決められた金額の中でやりくりをする管理能力を養えるでしょう。

しかし、何もしなくてもお金をもらえるという誤った認識を持たせてしまうかもしれません。

このように、制度によってメリットとデメリットがあるため、子供の性格に合わせた方法を導入することが重要なポイントです。

もし子供のお小遣いで不安点や疑問点があるなら、キッズ・マネー・ステーションの講座を受講してみることをおすすめします。

キッズ・マネー・ステーションでは親子で楽しんで学べるプログラムも揃っているため、難しく感じるお金の知識もスムーズに身に付けられるでしょう。

-子供のお金教育をする

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス