子供のお金教育をする

親がお金の話で喧嘩すると子供に悪影響を与える?夫婦喧嘩しないための対処方法を解説

親がお金の話で喧嘩すると子供に悪影響を与える?

親がお金の話で喧嘩することはよくある話ではありますが、子供の前では避けるべきです。

金銭問題で親同士が揉めることは非常にデリケートな問題で、子供にとって不安や混乱の元となります。

この記事では、お金の話が原因で夫婦や親子間に生じる喧嘩を避ける方法と、もし起こってしまった場合の対処方法を解説

このページで学べること

  • 親がお金の話で喧嘩することで子供に与える影響
  • お金の話で夫婦喧嘩した時の対処方法
  • お金の話で夫婦喧嘩をしないための方法
  • お金の話で親子喧嘩になった時の対処方法

※当記事は2024年現在の情報になります。

※本ページにはPRが含まれます。

親が子供にお金の話を聞かせるのは悪いこと?

親が子供にお金の話をすること自体は悪いことではありません。

子供が将来お金管理ができるようになるために、必要なことでもあります。

しかしながらお金の話を以下のような形で聞いてしまうと、子供に悪影響を与える可能性が高いので注意が必要です。

  • 何度も「お金が無い」を理由に我慢させられる
  • お金の話をすると親が怒る・親子喧嘩になる
  • 親にお金に関する苦労話ばかりされる
  • 両親がお金の話で喧嘩している

特に両親がお金のことで喧嘩していると、お金に対する不安が募りやすいです。

親がお金の話で喧嘩している場合に子供に与える影響を次の章で紹介します。

親がお金の話で喧嘩することで子供に与える影響

親が頻繁に喧嘩していると、子供に対して心理的虐待になる可能性もあります。

子供の将来にも関わってきますから、両親が子供の前で喧嘩するのは避けたほうが良いです。

以下に、親がお金の話で喧嘩することで子供に与える影響をまとめました。

親がお金の話で喧嘩することで子供に与える影響

  1. 子供の自己肯定感が下がる
  2. 子供が感情を抑圧するようになる
  3. 子供が対人関係で支障をきたすようになる
  4. 子供のトラウマになる

子供の自己肯定感が下がる

両親がお金の話で喧嘩していると、子供は自分のことを大切にされていないと感じる可能性があります。

愛情を感じられないと子供の自己肯定感が下がり、自分の事を責めてしまう性格になりやすいです。

消極的な性格になり、物事を決めることが苦手になることもあるでしょう。

子供が感情を抑圧するようになる

両親の喧嘩に怯え、子供が言いたいことを飲み込んでしまうこともあります。

特にお金の話で喧嘩しているならば「自分が生まれたことによってお金がないんだ」と捉えることも多いでしょう。

子供がストレスを抱えていても、罪悪感から自分の気持ちを押し殺すようになってしまうパターンもあります。

子供が対人関係で支障をきたすようになる

厚生労働省の資料から、DVを目撃することは子供の脳に影響を与えることが分かります。

お金のことで揉めて一方の親が暴力を振るっているのを見てしまうだけでも、児童虐待時と同様に前頭前野や海馬などの部位に萎縮や減少する恐れがあるのです。

子供の脳が変化すると相手の表情や感情を読み取ることが難しくなったり、感情をコントロールできなくなる可能性があります。

生まれてきた時には脳に何の問題も無かったとしても、親の喧嘩によって将来の対人関係に支障をきたすこともあるので注意が必要です。

子供のトラウマになる

親同士がお金で揉めている様子を見て、トラウマになってしまう子供もいます。

ひどい場合は喧嘩によりPTSDを発症することもあり、落ち着きがなくなる、精神的に不安定になる、暴力的になるということもあるでしょう。

ストレスにより食欲不振や頭痛などの身体的な変化が起きることもあります。

喧嘩内容がお金に関することであれば、お金に対してネガティブなイメージを持つことも考えられます。

お金について考えることが嫌になって金銭管理ができなくなり、将来的に借金などのトラブルを引き起こす要因にもなるでしょう。

お金の話で夫婦喧嘩した時の対処方法

お金の話で親が喧嘩をすると、子供の健やかな成長を妨げることにも繋がります。

このため子供の前では喧嘩を避けることが必要になりますが、もし喧嘩をしてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

ここでは、お金の話で夫婦喧嘩した時の対処方法を解説します。

お金の話で夫婦喧嘩した時の対処方法

  1. 感情的にならない
  2. 素直に謝る
  3. 解決策を冷静に話し合ってみる

感情的にならない

喧嘩で一番避けたいのが、感情的な発言をしてしまうことです。

両親ともに感情的になってしまうと、喧嘩がヒートアップしてしまう可能性が高いです。

喧嘩を長引かせないためにも、一旦落ち着いてから話し合いをするのが良いでしょう。

素直に謝る

もし喧嘩をしてしまったら、謝ることも大切です。

自分が正しいと思っていると引けなくなってしまいますが、相手の言い分に理解を示すことでお互いに謝りやすくなります。

素直に謝ることができれば、お互いの考えに寄り添った解決策を見出しやすくなるでしょう。

解決策を冷静に話し合ってみる

頭に血がのぼった状態では、正常な判断ができない状態になってしまうこともあるでしょう。

喧嘩をするのではなく、一度冷静に話し合ってみるのも効果的です。

怒りに任せて頭ごなしに怒鳴るより、冷静に話し合うことで対策を考えやすくなります。

お金の話で夫婦喧嘩をしないための方法

続いては、お金の話で夫婦喧嘩しないための方法を紹介します。

親同士の喧嘩を避けるには、日頃のやり取りに気を配ることが大切です。

お金の話で夫婦喧嘩をしないための方法

  1. 定期的にお金について話し合う時間を作る
  2. 日々の感謝を忘れない
  3. 一緒に食事をとる
  4. 否定から入らない
  5. イライラを口に出す前に一呼吸置く
  6. 貯金を増やす方法を一緒に考える

定期的にお金について話し合う時間を作る

お金の話はタイミングを逃すと、つい感情的になって喧嘩になってしまうこともあります。

そのため、定期的にお金について話し合う時間を設けましょう。

お金の使い方や貯蓄の目標などを具体的に話し合えば、お互いの理解が深まります。

夫婦で月に一度は話し合うなどと決めておくと、意見を溜め込まずに発言しやすくなるでしょう。

また、話し合う時は感情的にならず冷静に、お互いの意見を尊重するようにしてみてください。

日々の感謝を忘れない

相手の努力を認め、日頃から感謝の気持ちを伝えることも大切です。

相手に対して尊敬の意志が伝われば、信頼関係を築きやすく喧嘩も避けやすくなります。

お金に関する話題を話す時にも、相手を尊重する姿勢を見せることでピリピリした状態にならず話しやすくなるでしょう。

一緒に食事をとる

夫婦で一緒に食事を摂る時間は、お互いの理解を深めるチャンスです。

お金の話をするのも大切ですが、日常的に何気ない会話をすることも喧嘩を避けることに繋がるでしょう。

普段会話をしないのにいきなりお金の話をされるのと、日常会話の中でお金の話題が出るのとでは、相手の受け取り方に大きな差が生まれます。

時間がなくて毎日一緒に食事できない場合でも、時間を見つけて話す時間を取りましょう。

否定から入らない

お金の話をする際には、否定から入らないようにしましょう。

否定されると相手は反発心を抱き、喧嘩に発展しやすくなります。

まずは相手の意見に同調し「あなたの考えももっともだけど、自分は〇〇とも思う」のように共感する姿勢を見せましょう。

イライラを口に出す前に一呼吸置く

お金の話をする際には、イライラを口に出す前に一呼吸置きましょう。

冷静になってから話すことで、喧嘩を避けた話し合いができる可能性が高いです。

感情的にならずに、一緒に考えることが解決への近道となります。

貯金を増やす方法を一緒に考える

お金の不安から喧嘩に発展してしまうのなら、原因を排除してしまえば喧嘩を避けられる可能性があります。

夫婦で家計を見直し、貯金を増やす方法を一緒に考えるのも一つの方法です。

貯金を増やすことで、将来の不安を解消することができるでしょう。

お金の話で親子喧嘩になったら

親子間でもお金の話題はデリケートな問題です。

塾や子供の進路、お金の使い道などで喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

子供を心配する気持ちから指摘する親が大半だと思いますが、伝え方を間違えると子供の成長に悪影響を及ぼします。

夫婦間の喧嘩と同様に親子間の喧嘩でも、まずは落ち着いて冷静に対処することが大切です。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

お金の話で親子喧嘩になった時の対処方法

  1. 子供自身を否定しない
  2. 子供の言い分を聞く
  3. 長引かせない
  4. 仲直りのきっかけを作る

子供自身を否定しない

喧嘩の際に、お金の話ではなくつい子供自身のことを指摘してしまうこともあるのではないでしょうか。

お金の話で揉めていたはずなのに「だからあなたはダメなのよ」「こんなことになるならお前を産まなければよかった」などと叱るのはNGです。

子供自身を否定すると、子供は自信を失い親子関係が悪化する可能性があります。

性格や存在を否定するような言葉は使わないようにしましょう。

子供の言い分を聞く

子供の意見だからと言い伏せようとせず、言い分をしっかり聞いてあげましょう。

いつまでも子供扱いせずに、1人の人間として立場や感情を理解しようとする姿勢も大切です。

子供が何を考え、何を感じているのかを聞いて共感すれば、冷静に解決策を見つけやすくなります。

長引かせない

喧嘩を長引かせるとお互いの感情がさらに高まり、解決が難しくなります。

お金に関することで喧嘩が起きたとしても、なるべく長引かせないことが重要です。

思春期の子供なら一時の感情で家出をしてしまい、思わぬトラブルに巻き込まれることも考えられます。

早期解決を目指し、前向きな対話を心がけましょう。

仲直りのきっかけを作る

 

仲直りのきっかけを作ることで、子供との関係を修復することができます。

子供が好きな食べ物を作ってあげたり、子供が欲しがっていたものをプレゼントするなど何かしらのきっかけを作りましょう。

もので釣るわけではなく、お互い意地を張って主張を曲げない状態を打破するための対策になります。

きっかけができたらお互いに悪かった点を謝罪し、今後の関係改善に向けて努力しましょう。

お金のことで悩む方はキッズ・マネー・ステーションを活用しよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

お金のことで悩みがある方は、キッズ・マネー・ステーションを活用するのもおすすめです。

名前の通り子供に対するお金教育ができるサービスでもありますが、大人向けの金融教育講座も展開しています。

お金の基礎から貯金の仕方、投資の仕組みまで、お金のプロから様々なことを学べて相談もできるのがメリットです。

子供と一緒に参加できるプログラムも用意されているため、親子間でお金ついて考えたい方にも最適でしょう。

オンライン講座もあるので時間に縛られずに勉強できるのも魅力です。

文部科学省検定の高等学校家庭科教科書に掲載されるなど、内容もしっかりとしていて分かりやすいですよ。

興味のある方は、公式サイトから講座内容をチェックしてみてくださいね。

今回のおさらい

最後に、今回の記事内容をおさらいしていきます。

子供にお金の話をするのはダメ?

A.子供にお金の話をするのは、金銭感覚を身につけるのに必要なことでもあります。

子供の時から正しいお金の知識が身についていれば、将来金銭トラブルに巻き込まれる状況も回避しやすくなるでしょう。

ただし、ネガティブなお金の伝え方をすると悪影響を与える可能性が高いです。

親が子供にお金の話をする場合は、なるべく自分で考えられるように工夫して伝える必要があります。

親がお金の話で喧嘩すると子供に悪影響を与える?

A.親がお金の話で喧嘩をすると、子供に悪影響を与えます。

日常的な喧嘩は子供の成長を阻害し、子供がお金に対してネガティブなイメージを持ってしまう可能性が高くなります。

ひどい場合はPTSDになったり、脳に影響を与える可能性があるので要注意です。

お金に対してネガティブなイメージを持ってしまうと、正常な金銭感覚が身につきにくくなることも考えられます。

お金の話で夫婦喧嘩しないためには?

A.お金の話で夫婦喧嘩しないためのコツは、以下の通りです。

  • 感情的にならず、冷静に話し合う
  • 自分に非があれば素直に謝る
  • 定期的にお金について話し合う時間を作る
  • 日々の感謝を忘れない
  • 否定から入らない
  • イライラを口に出す前に一呼吸置く
  • 貯金を増やす方法を一緒に考える

親同士の喧嘩を避けるには、普段のコミュニケーションが重要になります。

一緒に食事をするなど話す時間を作り、お互いの考えを聞く機会を持つと良いでしょう。

お金の話で親子喧嘩しないためには?

A.お金の話で親子喧嘩しないためには、以下のことを実践してみてください。

  • 子供自身を否定しない
  • 子供の言い分を聞く
  • 子供扱いせず、1人の人間として話をする
  • 小さいからお金について学ぶ機会を与え、話し合う時間を作る

子供の場合も日頃のコミュニケーションが大切です。

子供だからと意見を蔑ろにせず、きちんと話を聞いてあげましょう。

また、子供が小さいうちからキッズ・マネー・ステーションなどのサービスを活用してお金について学ぶ機会を作るのも効果的です。

 親子でお金について話ができていれば、喧嘩になることも少なくなるでしょう。

親がお金の話で喧嘩すると子供の将来に影響することもある

親子でお金の話をすることは金銭感覚を身につけるのに良いことではありますが、親がお金の話で喧嘩することは子供に悪影響を及ぼしかねません。

子供の将来のためにも、お金の話で喧嘩しないように夫婦で話し合って対策を立てることが大切です。

夫婦間での金銭問題を解決するためには、日常での会話が不可欠になります。

また、親子間でのお金に関する喧嘩では、子供の意見だからと蔑ろにしてしまいがちです。

しかし親が話を聞いてくれないと不安になったり不信感を抱きやすいため、子供の考えも1人の人間の意見として聞くようにしましょう。

夫婦・親子間で信頼感が生まれれば、喧嘩を避けることに繋がります。

お金の話で親子間の関係が悪化しないよう、家庭内のコミュニケーションを大切にしましょう。

-子供のお金教育をする

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス