オススメのクレジットカードの特徴を解説【2018年最新版】

クレジットカードニュース編集部

ニュース

2016年度調査でクレジットカードの保有率は84.2% 平均保有数は3.2枚との結果!

更新日:


 

 

クレジットカードの保有率調査

クレジットカードの保有率は84.2%、保有者一人あたりの平均保有枚数は3.2枚となりました。なお、保有枚数2枚が25.2%、1枚が23.0%、3枚が20.7%となり、「2枚持ち」が最も多い結果となりました。
1番多く使うクレジットカードの理由のTOPは「ポイントやマイルが貯めやすいから」(46.0%) となり、カードの利用にあたっては、ポイントやマイルを最も重視する傾向にあるようです。

皆さん結構多くのクレジットカードをもっているんですねー、使わないカードは整理した方がいいかもしれません。

 😛 最新情報をお届け!クレジットカードニュース編集部のTwitter・Facebookページのフォローをお願いします!

クレジットカード保有者の月平均生活費

クレジットカード保有者の世帯あたり月平均生活費は18.2万円で、前年度より2千円減少しました。

月平均クレジットカード利用額は6.2万円となり、生活費に占めるクレジットカードの利用割合は34.3%となりました。

利用業種は、「オンラインショッピング(インターネット通販)」(37.4%) 、「携帯電話料金」(29.1%)、「スーパーマーケット」(26.0%)がTOP3となり、生活の様々な場面でクレジットカード決済が浸透していると言えます。

電子マネーの保有率が8割を突破!

電子マネーの保有率は80.7%となり、継続して増加しています。特に、首都圏においては、前年度の87.8%から90.0%に増加しました。

利用業種は、「鉄道・地下鉄・バス」が半数近く(46.7%)をしめ、次に「コンビニエンスストア」(43.8%)、3位が「スーパーマーケット」(27.7%)となり、スピーディな決済が求められるシーンで電子マネー決済が浸透していると言えます。

本調査は、JCBが2000年以降毎年、日本全国の一般消費者3,500人(20代から60代の男女。JCBカードの保有有無は不問)に対して、インターネットにより行っているものです。

amazon

🙂関連のおすすめ記事!

消費者の10人に7人が、銀行・保険サービスや退職後プラン検討時のロボアドバイザー利用に肯定的

  アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、世界の消費者の10人に7人が、銀行・保険サービスや退職後プランについて決断する際、ロボアドバイザー・サービス(人間の代わりにコンピュータがアドバイスを提供するサービス)を積極的に利用すると回答しています。 一方、複雑な事柄については従来通り、人に相談し …

続きを見る

🙂関連のおすすめ記事!

リクルートライフスタイルが職場の飲み会に対する期待と参加実態を調査

  「ポジティブ」なイメージが優勢、主要な飲み会の参加率は8割以上! 期待することは「コミュニケーション」女性は「個人では行けない店、料理」「経費での実施」に期待が高い この記事の目次(もくじ)1 職場の飲み会、ポジティブなイメージがネガティブをやや上回る2 期待すること1位は「コミュニケーション」。女性は男 …

続きを見る

-ニュース

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2018 AllRights Reserved.