コンビニ

コンビニに強いクレジットカードがすぐ理解できる徹底解説

更新日:


 

tokusyu_conbini_creditcard_01
実は少額でもコンビニでクレジットカードを利用することで現金払いよりもポイント還元率が高く、生活の中で利用頻度の高いコンビニならザクザクとポイントが貯まっていきます。 コンビニでのカード払いに慣れると、現金払いがもったいなく感じられることでしょう。

コンビニに強いカードのメリットは、なんといっても提携先の豊富さです。

例えば「Pontaカード」「Tポイントカード」は提携先や連携が充実しているので、あらゆるライフシーンでの利用が可能になっています。さらに貯まったポイントの使い道もリアル、ネットを問わずライフシーンに多い提携先が多いので日々の買い物がより楽しくなります。

コンビニではサインレスでOK

コンビニでのクレジットカード払いにためらいがある理由として、「少額で恥ずかしい」「サインや暗証番号入力がめんどくさい」など理由が挙げられますが、実は少額決済の場合は暗証番号入力もありませんし「サインレス」となっていますので、小銭を出すよりも断然支払いがスムーズで効率的です。

きっと便利さとお得さを実感できることでしょう。

コンビニでの少額決算だとサインレスで決算できると上記で述べましたが、注意も必要です。

多少の違いはあるものの10,000円を基準にサインが必要になるようですが、少額決済の多いコンビニでは、基本サインレスと思って問題ないでしょう。ちなみに、支払回数については、金額にかかわらずすべて「1回払い」となりますので注意してください。

公共料金などには使えない

コンビニ決算はすべての商品やサービスに対してクレジットカードが使える訳ではありません。電気・ガス・水道料金や携帯料金などの公共料金、自動車税などの税金などはクレジットカード払いができませんので注意が必要です。

tokusyu_conbini_creditcard_02

しかし、セブン-イレブンとファミリーマートでは、クレジットカード支払いが可能になっています。ファミリーマートの場合、ファミリーマートが発行しているファミマTカードを使うことで、公共料金や携帯電話料金の支払もクレジットカード決済可能ですが、公共料金支払いの場合はTポイントが付かないため、ファミマTカードを利用するメリットはあまり感じられません。

例えばセブンイレブンでは

セブン-イレブンの場合では、セブンカードプラスを使いnanacoにチャージをし、チャージしたnanacoポイントを使い公共料金や携帯電話料金の支払いすることで、公共料金200円毎に1nanacoポイントが付きます。

一般のクレジットカードでnanacoチャージしてもnanacoポイントは付きませんが、セブンカードプラスはnanacoチャージでもポイントがつく特典でありますので、公共料金はnanacoポイントで支払い出来るという仕組みを組み合わせた使い方もできます。

tokusyu_conbini_creditcard_03

やはりクレジットカード払いにすることでのメリットはなんといってもポイントが貯まることです。

その中でも、チャージ時に1.2%の還元率になり、利用時のポイント還元率で最大3%の還元率ポイントが貯まるリクルートカードは特におすすめのクレジットカードになります。

また、楽天カード(JCB)もおすすめの一枚になります。

しかしnanacoチャージ時にお得をしたいなら楽天カードのJCBブランドを選びましょう。

JCBブランド以外を選んでしまうとnanacoにチャージはできても楽天スーパーポイントは貯まりません。nanacoを使ってポイントを貯めるならJCBブランド一択です。国際ブランド選びは注意して選びましょう。

nanacoの特徴として楽天カード(JCB)でnanacoにチャージして市町村の水道料金や国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金や税金、年賀状の支払いができます。

この際、nanaco利用時のポイントは付きませんが、楽天カード(JCB)でnanacoにチャージしたポイントは付きます。通常クレジットカードでは支払いができない税金等も楽天カード(JCB)を賢く利用することでポイント貯めることができるのです。

また、ダブル獲りも可能なサービスなどもあるので少額のコンビニ支払いでもお得感が大きいです。還元率を考えると電子マネーを活用するよりも、クレジットカード払いにしたほうがポイントが貯まりやすいケースが多いでしょう。

例えばファミリーマートでは

ファミリーマートはファミマTカードを発行しています。ファミリーマートやTポイント提携店でお得なるサービス特典が満載です。ファミマTカードはTポイントカードやTSUTAYAの会員証としても利用できるので利便性が広がる、とっても便利なクレジットカードになっています。

Tポイントを利用していてファミリーマートの利用頻度が多い方にはファミマTカードはおすすめの一枚になります。

tokusyu_conbini_creditcard_04_01

ファミリーマートで利用してほしい一押しのクレジットカードがあります。それは、「JALカード」です。

ファミリーマートはJALカードの特約店になっています。JALカードの支払いで通常200円=2マイル貯まりますが、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会していると100円=2マイル貯まります。

つまり、200円の利用で最大4マイル貯まる高還元率クレジットカードなのです。

JALマイルを貯めているJALマイラーのユーザーにとってファミリーマートはマイルの山となっています。JALマイラーにとってのコンビニの最優先順位はファミリーマート以外の選択肢はないと言っても過言ではないでしょう。
もちろんファミリーマートでは電子マネーWAONが利用できます。しかしながら、特約店であるファミリーマートではJALカード優先と考えておきましょう。

Yahoo! JAPANカードはTポイントカード付帯でクレジット還元率1%になります。
ファミリーマートで利用した場合、提示200円=1ポイント+カード払い100円=1ポイントで1.5%還元の高還元率になるので、ファミマTカードの特典である、カードの日(火曜・土曜)やレディースデイ(水曜)、ファミランクが適用されない場合はファミマTカードよりもYahoo! JAPANカードの還元率の方が高くなることになります。

また、ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスは2016年2月3日、経営統合後のコンビニエンスストアブランドを「ファミリーマート」に一本化すると正式発表しました。ユニー傘下の「サークルK」「サンクス」は順次ファミリーマートに変更します。統合することによりファミリーマートの店舗数はローソンを抜いて業界2位(1位はセブン-イレブン)となることで、さらに利便性も広がることになります。

このように、利用するクレジットカードの種類よって特典やサービスは様々です。生活圏でのライフスタイルに合ったクレジットカードを利用することで、よりお得を実感できます。

例えばローソンでは

ローソンで、dカードを利用すると驚異の5%還元です。

● dカード決算で請求時3%OFF
● dカード決算で1%ポイント還元
● dカード提示で1%ポイント還元

ローソンのお買い物おいてdカードは最強のクレジットカードあり、トップクラスの還元率になります。貯まったポイントをローソンで使える利便性もユーザーにとっては嬉しいポイントです。

tokusyu_conbini_creditcard_05

ローソンには「JMBローソンPontaカードVisa」というオフィシャルクレジットカードがあります。

こちらは、クレジットカード利用で100円=2Pontaポイントが、さらに請求時にも1,000円(税込)ごとに5Pontaポイントが貯まります。

また、ローソンで現金払いする時にはJMBローソンPontaカードVisaを提示するだけで100円につき1ポイント貯まります。

Pontaポイントの最大の特徴はJALマイルに交換できることです。通常Pontaポイントは2ポイント単位から交換でき、交換の上限もないので無駄なくマイルに移行できる点で最も優れたポイントサービスになっています。さらに使い方次第では最大のマイル還元率は2.25%と驚異の還元率になります。

飛行機をあまり利用しないJALマイラーに必須のクレジットカードになっています。また、電子マネーのWAONを利用できるのでWAONを利用してのマイル獲得もできます。

リクルートカードもローソンをお得に利用できるクレジットカードです。

リクルートカードの還元率は1.2%となりクレジットカード利用でリクルートポイントが非常に貯まりやすくなっています。

貯まったリクルートポイントは1リクルートポイント=1Pontaポイントに交換できPontaの提携先で利用可能です。また、Ponta経由でdポイントにも交換できるため利便性がぐーんと広がります。

交換したdポイントはマクドナルドやdマーケット等で利用することも可能、またドコモのケータイ料金にも使えてさらに便利で節約にもなります。

ぜひ、一度スムーズで効率的なコンビニ決算をスマートにご利用してみてはいかがでしょうか。

大学生・専門学校生におすすめクレジットカード!審査や限度額・旅行保険も詳しく解説

🙂関連のおすすめ記事!

学生におすすめクレジットカード4選!審査基準や口コミ・旅行傷害保険も解説

  この記事の目次(もくじ)1 学生向けカードは審査の申込み基準が甘い2 学生向けクレジットカードとはどんなもの?3 大学生・専門学校生に人気のクレジットカード4 学生カードは利用限度額は低め!5 学生のうちから上手にポイントを貯めよう!6 39歳以下限定ポイント2倍のJCB CARD WとJCB CARD …

続きを見る

-コンビニ

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.