ポイント

特集!ポイント高還元のクレジットカードはどんなカード?

更新日:

メインカードにするならポイント高還元カード!

tokusyu_pointkangen_creditcard_01

還元率1%を超えるカードは高還元率カードと呼ばれています。「100円の利用で1円分のポイント還元」というものだが、日常的にカードを使っていれば毎月10万円の利用は一般的です。
10万円で現金払いでは得られなかったポイントが1,000円分得られるとなったらそのお得さがわかると思います。
しかし、還元率が1%以上であればどれでもいいというわけでもありません。ポイントの種類が重要になってきます。
例えば、ローソンなどで使えるPontaポイントが貯まったり、特定のモール(独自の通販サイト)を経由する事でポイントアップするカードも多々あります。
自分のよく利用するサービスや店舗がポイントアップ対象になっているカードを選ぶということ非常に大事になってきます。

ポイントを貯めてオトクに使う!

クレジットカードは付帯保険や独自サービスの機能性だけではなく最大の魅力はポイント還元率ではないでしょうか。

ポイント還元率とは、利用金額に対して何円相当のポイントが返ってくるかを示します。100円利用するごとに1円相当のポイントが返ってくるカードの還元率は1%となります。
普段の買い物で、ポイントバックやキャッシュバックを多く受けることができるクレジットカードでショッピングや公共料金の支払いを集約すれば、ポイントがどんどん貯まります。
高還元率カードには年会費があるケースが多いです。もちろん無料の高還元率カードもありますが、単純に還元率が高いカードが得になるという考え方でなく、クレジットカードの年間利用額によって、最もお得なクレジットカードが決まると考えましょう。

貯めたポイントの交換先は各社のポイントプログラムよって違いはありますが頻繁に利用するネットショッピングサイトや交通系電子マネーやギフト券、航空系マイルなど様々です。
貯まったポイントを目的にあわせ、無駄なく効率的に交換できるクレジットカード会社を選ぶのがベターです。

ポイントの貯めやすさで決める

高還元率クレジットカードを選ぶ際に最も重要なのはライフスタイルにマッチしたクレジットカードをチョイスすることです。クレジットカードにはそれぞれの特徴や得意分野があります。ライススタイルで最も利用頻度の高いクレジットカードでなければ例え高還元のクレジットカードを所持しても宝の持ち腐れになってしまいます。使い方を考慮したうえで最適な高還元クレジットカードを選びましょう。

例えばポイントの付く例として、

● 公共料金の支払い
● 携帯電話の支払い
● 電子マネーのチャージ
● ネットショッピングの利用
● 加盟店スーパーのポイントデー
● ETCカードの利用
● 入会後の限定ポイント

利用している電子マネーやネットショッピングサイトなどクレジットカードによってポイントの還元率も様々です。それぞれの条件に合ったクレジットカードを選ぶことで効率的にポイントを貯めることができます。ライフスタイルで必要なクレジットカードで賢く貯めましょう。

tokusyu_pointkangen_creditcard_0002

ポイントの交換先が重要

ただひたすらポイントを貯めたとこで交換先に必要なもの目的なものがなければポイントの対牛弾琴(たいぎゅうだんきん)になってしまいます。何の意味も効果も得られないですよね。
そこで、貯めたポイントをお得に交換、利用するために目的にあったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

例えば交換先の例として、

● ギフト券(AmazonやiTunes等)
● 商品券(JCB・VISA等)
● ポイント交換(楽天・Yahoo!・Tポイント等)
● 携帯会社ポイント(dポイント・auWALLTE等)
● 電子マネーに交換
● 航空系マイルに交換

どのような目的でポイントを利用するかは人それぞれ様々ですが、ポイントを何に使うかでポイントの付加価値は変わってきます。交換目的にもよりますが、基本的に商品等に交換するのはメリットがありません。お金の価値が明確なものへの交換がベターでしょう。特にポイント交換やマイルの交換にはクレジットカードのポイントが有効活用できます。このようにお金の価値を見出せる交換が最も効率的な交換方法となっています。

電子マネーの還元率

今では電車やスーパー・コンビニなどで電子マネーを活用している方が増えてきています。便利な電子マネーもクレジットカードでのチャージで、さらにお得にポイントを貯めれるツールとして各種ポイントを貯めているユーザーや航空系マイラーには外せない活用方法として注目されています。ポイントやマイルの取りこぼしを防ぐためにもクレジットカードでの電子マネーチャージを活用しましょう。

● 楽天Edyの場合

楽天Edyのチャージで最もお得なクレジットカードはリクルートカードです。
実は楽天カードよりもお得になっているのです。リクルートカードの還元率は驚異の1.2%です。楽天Edyは加盟店の利用で200円=1Edyポイントが付きます。リクルートカードで楽天Edyにチャージすると1.2%のポイントが還元されます。つまり、ポイントの2重取りで、1.7%のポイント還元となります。

もちろん、楽天カードもお得な還元率になっています。楽天カードの還元率は1.0%になっているので楽天Edyの利用とチャージで1.5%のポイント還元です。確かに数字上ではリクルートカードがお得になりますが、支払金額でによっては楽天カードと同率の還元率になる場合があります。
リクルートカードの還元率は100円=1.2ポイントですが、端数は切り捨てられます。
例えば400円=4.8ポイントの獲得になりますが、端数を切られて4ポイントの獲得になります。つまり、500円以上のお支払いでお得になる計算になります。しかしながらリクルートカードが高還元クレジットカードであることは間違いありません。

● WAONの場合

WAONのチャージで最もお得なクレジットカードは、やはりイオンカードセレクトです。
イオンカードセレクトはチャージの際に200円=1WAONポイントが貯まります。さらに、電気・電話・NHK受信料の支払いで1件につき5WAONポイント、イオン銀行を給与振込口座に指定すると毎月10WAONポイントのボーナスがそれぞれ貯まるので、イオン系列を頻繁に利用する方にとってはポイントがザクザク貯まるクレジットカードになっています。また、WAON利用時にも200円=1WAONポイント貯まります。
還元率で見ると、0.5%とそれほど高くないですが、イオン各店のボーナスポイントデーを利用することで最大7倍のWAONポイントを獲得できます。
イオン各店では毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日と、それぞれポイントアップデーを開催してます。比較的頻繁に開催しているため利用しやすく、またポイントが貯めやすくなっています。
現在WAONはファミリーマート、ミニストップ、ローソン、ポプラ、サークルKサンクス、スリーエイトなど利用できるコンビニが増えている点も魅力的な一つです。

WAONの場合はJALカードもお得なクレジットカードの一つです。
JALカードとWAONを紐づけすることでチャージ時に200円=1マイル貯まります。
さらに、ショッピングマイル・プレミアムに加入していると100円=1マイル貯まる高還元率となります。ショッピングマイル・プレミアムに入会している仮定で説明すると、1000円のチャージで10マイル、WAONを1000円利用して5マイル、合算して1000円で15マイル貯まります。これはJALのマイルを貯めている方にとってオトクしかありませんね。JALカードとWAONはJALマイラーの高還元クレジットカードになっています。

● nanacoの場合

nanacoのチャージで最もお得なクレジットカードはリクルートカードです。
楽天Edyチャージと同様にリクルートカードの1.2%の高還元が大変お得になります。楽天Edyとの違いは還元率です。nanacoは100円=1nanacoポイント貯まります。つまり、リクルートカードでチャージした際に付くポイントを合計すると2.2%の還元率になります。つまり、楽天Edyよりもnanacoの方が還元率が高くなります。
また、nanacoでは、市町村の水道料金や国民健康保険料(税)、自動車税などの公共料金や税金、年賀状の支払いができます。この際、nanaco利用時のポイントは付きませんが、クレジットカードにチャージしたポイントが付くので、通常クレジットカードでは支払いができない税金等も賢く利用することでポイントを貯めることができるのです。
セブンイレブンやイトーヨーカードー系列でのお買い物が多い方には確実におすすめします。

また、楽天カード(JCB)もおすすめの一枚になります。しかしnanacoチャージ時にお得をしたいなら楽天カードのJCBブランドを選びましょう。
JCBブランド以外を選んでしまうとnanacoにチャージはできても楽天スーパーポイントは貯まりません。nanacoを使ってポイントを貯めるならJCBブランド一択です。国際ブランド選びには注意して選びましょう。

クレジットカードのセレクト

一言で高還元クレジットカードと言ってもライススタイルに合ったクレジットカードでない限りポイントの無駄になります。あくまで重要な判断基準は貯めたポイントの使い道、またポイントの貯めかたです。ライフスタイルの利便性を考慮したうえで、クレジットカードの使いやすさ、ポイントの使いやすさを把握してクレジットカードを選びをしましょう。

ライフスタイルに合った高還元クレジットカードを見つけることでお得と節約を手に入れることができます。

-ポイント

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.