電子マネー

Suicaの残高を確認する方法6選!

更新日:


 

日頃からお世話になっているSuicaですが、残高がわからないと改札でみっともない目にあいます。ネットで残高確認もできますが、ログインしてからでないとできないので結構面倒です。確認できるのは有り難いですが、もっと簡単にできる方法はないでしょうか。

ICカードリーダーで確認

Suicaは電子マネーなので、読み取り機があれば確認は簡単です。読み取り機は、家電量販店に行けば二千円程度で購入できます。

Suicaに限らず、他の電子マネーの確認もでき、ついでにチャージまで出来る優れものもあります。家電量販店のポイントなどで交換してみてはいかがでしょうか。

読み取り機があれば、パソコンでも可能です。外出する前にパソコンで残高を確認し、不足していればチャージしてから出かければいいです。

電車の中が混んでいる場合、スマホで確認することもできません。パソコンで確認できれば余裕をもって確認できます。通勤通学の途中は結構慌ただしいです。また、電車の中ではゆっくり寝ていたい人もいるでしょう。

パソコンの確認は時間がかかるわけではありません。Suicaを読み取り機に近づければ残高確認をすぐにできます。いざとなったらすぐにクレジットカードでチャージできますから、余裕をもって外出できます。

🙂 当サイトの人気記事

アコムACマスターカード通常のクレジットカードの審査に通らない方はACマスターカード!
過去の審査履歴不問。土日も取得可能!どうしてもクレジットカードが欲しい人に大人気! 🙂 【過去に審査落ちした人必見!】最短当日取得可能!審査基準が違う アコムACマスターカード完全ガイド!年会費無料!

スマホで確認

スマホで確認すれば簡単です。アンドロイドスマホは、もともとiDやQUICPayなどの電子マネーを利用できます。iPhoneも現在のモデルなら一緒ですよね。

アプリの中にはSuicaの残高を確認することができるものがあります。スマホで確認できれば、電車の中で確認できますよね。駅でチャージすれば改札で止められることはありません。

アンドロイドをお使いの方ならSuica readerというアプリで確認することができます。

Suicaで自販機の支払もできますが、チャージしてなければ飲み物も買えません。電車の中でも確認できるスマホのアプリは大変便利だと言えます。しかも、スマホを使うわけですから追加のアイテムもいりません。一番リーズナブルでお勧めできる方法だと言えます。

改札で確認

Suicaで改札を出ると読取機付近の液晶画面に残額が出ます。表示は一瞬のうちに消えるわけではなく、しばらく表示されますから確認できます。通常、気にしている人は多くないでしょうが、このことを知っていると便利です。

改札で止められてしまったら意味がありませんが、残額が100円単位になったら危険信号だとわかるはずです。人によってチャージするタイミングはマチマチでしょうが、毎日利用する金額の2日分程度は残しておいた方が賢明です。

ギリギリだと忘れてしまう可能性があります。改札やコンビニで残額不足になるとみっともないですよね。

 🙂 29歳以下なら絶対おすすめ!

JCBカードEXTAGE
2018年3月31日まで
JCBカードEXTAGE!最大11,000円分プレゼント中!
将来のJCBユーザーを囲い込むために準備された本気の特典満載!Amazonでポイント4倍!セブンイレブンでポイント3倍!年会費無料で海外旅行傷害保険2,000万円が付いた29歳以下限定のスペシャルカード
公式サイトJCBカードEXTAGE公式サイト
JCBカードEXTAGE公式サイト

自販機で確認

Suicaは駅の自販機で利用できます。朝、自販機でペットボトルのお茶を買ってから出かける人もいるでしょう。会社の自販機などもSuica対応の機種が増えています。現金管理の必要がないため、自販機の設置業者も管理が楽なのです。

自販機でSuicaなどを利用すると残額表示がされます。自販機の投入金額が表示される画面です。いつも、100円単位の金額しか表示されないのに、1万円単位の金額が表示されると違和感を持つかもしれません。

Suicaの残額は外出先でも確認できるチャンスが何度もあるわけです。

コンビニで確認

コンビニでSuicaを利用しても残額確認ができます。この場合、レシートに表示されます。コンビニの買い物をした際に「レシートはいらない」という人も多いです。

クレジットカード利用の人は別として、現金支払の人はレシートを見ていない人もいるでしょう。しかし、Suica利用者はレシートをもらった方がいいです。

レシートで残額確認をして、そのあとで捨ててもいいでしょう。たいてい不要レシート入れがありますよね。

面倒だったらオートチャージ

こんな感じでSuicaの確認方法はいっぱいあります。でも、そんなことはしたくないという人もいるでしょう。忘れてしまう人もいます。

そのような人はオートチャージが便利です。VIEWカードはすべてオートチャージに対応していますから、お勧めです。定期券情報を書き込みできるタイプのVIEWカードは更に便利です。

オートチャージの金額は自分で設定できます。先ほど二日分程度の金額をチャージしたほうがいいと述べましたが、その金額をオートチャージの金額にすればいいのです。

オートチャージの設定をしておけば、残高不足の心配はありません。残高確認は必須ではありませんし、オートチャージなら改札で止められる心配はありません。

🙂関連のおすすめ記事!

SuicaとPASMOはどっちがいい?SuicaとPASMOの違いや基本情報と特徴をを分かりやすく解説!

  この記事の目次(もくじ)1 SuicaとPASMOとは?2 PASMO基本情報3 SuicaとPASMOの違い4 まとめ SuicaとPASMOとは? 今回は交通系ICカード・電子マネーのSuicaとPASMOの違いについて解説したいと思います。 両方とも鉄道系電子マネーですから、改札機にタッチすれば鉄道 …

続きを見る

審査が甘いクレジットカード

🙂関連のおすすめ記事!

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説【2017年最新版】

 💡 初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。 審査申込み基準が甘いクレジットカードから申込んで、クレジットカードの利用履歴を積み上げてから、審査基準の高いカードへとス …

続きを見る

-電子マネー

Copyright© クレジットカードニュース編集部 , 2017 AllRights Reserved.