お金をためる

貯金1,000万を20代の内に達成するには?割合・到達する年齢について解説

貯金1,000万を20代の内に達成するには?

20代のうちに貯金1,000万を達成するのは不可能ではありません。

むしろ、明確な目標設定と計画的な行動によって、若いうちからの資産形成が現実のものとなります。

もちろん、20代で貯金を1,000万円貯める道のりは単純ではなく、節約はもちろん、収入の増加や賢い投資戦略など、多角的なアプローチが不可欠です。

多くの人が憧れる貯金1000万円という目標ですが、それを20代で達成するためには、普段の生活スタイルの見直しから始める必要があります。

毎日の小さな支出に目を向け、無駄を省きながらも、ストレスなく生活できる節約術を見つけなければなりません。

さらに、収入を増やすための副業や投資といった選択肢も積極的に検討するなど、20代で1,000万円の貯金を貯めるには、多角的な視点を持ちましょう。

本記事では、貯金1,000万円を20代で実現するための実践的な方法や、20代で貯金が1,000万円ある人の割合などを解説します。

最後まで目を通して、20代での貯金1,000万円達成に役立ててください。

※本ページにはPRが含まれます。

20代で貯金が1,000万円ある人はどのくらいいるの?

まずは20代で貯金が1,000万円ある人の割合を見ていきましょう。

20代の貯金事情を考察する上で参考になる資料として、政府や日本銀行などとも協力して運営されている「金融広報中央委員会」が発表した資料があります。

今回は同委員会が令和4年に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」をもとに20代の貯金事情を探っていきましょう。

20代で貯金が1,000万円ある人は4%に満たない

金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査(令和4年)によると、金融資産保有額が1,000万円以上1,500万円未満の人は、単身の場合7.3%、2人以上の世帯で10.8%という結果でした。

こちらは全年齢の平均の割合です。

では、20代の場合はどうでしょうか。

同資料によると、20代で1,000万円以上1,500万円未満の貯金がある人は単身の場合1.9%、2人以上の世帯の場合3.6%という結果でした。

以下の表を見てください。

年代 金融資産保有額が1,000万円以上1,500万円未満の割合(単身/2人以上世帯)
20代 1.9%/3.6%
30代 6.8%/8.7%
40代 12%/10%
50代 7.7%/11.6%
60代 9.2%/10.9%
70代 7.8%/12.7%

表を見てもわかる通り、1,000万円以上1,500万円未満の割合の中で最も低い年代が20代です。

20代や30代では、社会人としての経験が浅く、給与水準も比較的低低めで、資産を築くための時間も限られているため、この年代での1,000万円到達者は他年代と比べて明らかに少ないのが一般的です。

出典:「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)」

出典:「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)」

20代で貯金1,000万円を目指すポイント3選

20代で貯金1,000万円を目指すなら、やみくもに貯金をするのはおすすめできません。

ポイントを押さえてお金を貯めなければ、20代のうちに1,000万円の貯金を達成するのは難しいです。

ここでは、20代で貯金1000万円を達成するためのポイントとして、以下の3点を解説します。

20代で貯金1,000万円を目指すポイント3選

  1. 出費を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 資産運用に着手する

①出費を減らす

貯金1,000万円を目指す20代は、出費を減らす工夫を凝らさなければなりません。

まず、自分の収入と支出を正確に把握してください。

毎月の収入と必要経費をリストアップし、どのようにお金が使われているかを確認します。

これには、食費、交際費、趣味や娯楽にかかる費用など、小さな出費も全て含める必要があります。

次に、無駄な出費を見つけ出し、削除または減額しましょう。

定期的なサブスクリプションサービスや頻繁な外食は、見直す価値のあるポイントです。

自炊をする、無料のエンターテイメントを利用する、公共交通機関を使うなど、小さなライフスタイルの変更が出費を大きく削減します。

出費を減らす実例をいくつか見ていきましょう。

固定費

「固定費」の見直しは、出費を減らし、より多くの貯金を可能にするためのカギとなります。

特に一人暮らしをしている場合、家賃、水道光熱費、インターネットや携帯電話の通信費など、毎月一定して支払う出費が重なり、大きな負担となります。

これらの固定費を如何に抑えるかが、資金を有効に活用する第一歩です。

まず家賃ですが、住む場所によって大きく変動します。

今の住環境が本当に必要なのか、もっと安い地域、物件に移ることでコストを抑えられないかを考え、必要であれば引っ越しを検討しましょう。

共用部分が多いシェアハウスなども、プライバシーは少々犠牲になりますが、家賃を下げる上では有効です。

次に水道光熱費です。

節水や省エネの工夫をすることで、出費を減らしやすいのでぜひチャレンジしましょう。

例えばシャワーの時間を短縮したり、電気代が高いピークタイムを避けて家電製品を使用したりするなど、日々の小さな習慣の積み重ねが大きな節約に繋がります。

また、通信費も見直すポイントです。

現在契約している携帯電話やインターネットのプランを再確認し、実際の使用量に見合っていない場合は、より安いプランや他のプロバイダへの切り替えも視野に入れましょう。データ通信の使用量を抑える工夫も効果的です。

食費

食費節約は、出費を大きく減らす効果的な手段の一つです。

外食を控えて自炊に切り替えれば、無駄な出費の削減だけでなく健康的な食生活にもつながります。

確かに外食は便利ですが、日々の食事を外食に依存すると、大きな出費は避けられません。

食事を自宅で準備することで、食材のコストのみで済み、外食時に比べると費用を抑えられます。

また、一度に多めに調理し、余った分は冷凍保存するなどの工夫をすると、時間とコストの両方を節約できます。

買い物

買い物は出費を抑えるための重要なポイントです。

普段何気なく行っている買い物ですが、その方法を少し変えるだけで、支出を大幅に減らせます。

大前提として、必要なものだけを購入するように心がけましょう。

あらかじめ作成したショッピングリストに基づいて購入する習慣を身につければ、衝動買いや無駄遣いなどが防ぎやすいです。

次に、セールや割引を上手に利用します。

メールマガジンやアプリを通じてセール情報を入手し、計画的に購入することで、お得な買い物に繋がります。

同時にセール品を購入する際には、本当に必要なものであるかを再確認しましょう。

安いからといって不要なものを買ってしまうと、結局のところ無駄遣いにつながります。

②収入を増やす

貯金を増やすには、出費を抑えるだけでなく収入も増やさなければなりません。

20代はキャリアの初期にあり、給与が比較的低いケースが一般的ですが、さまざまな方法で収入を増やす取り組みが必要です。

まず、現在の職場での昇進や昇給を積極的に目指しましょう。

定期的な評価面談で目標を明確にし、目標を達成するための努力を続ける意識が大切です。

また、資格やスキルを身につけることで、仕事での評価を高め、給与アップにつなげられます。

次に、副業やパートタイムの仕事を探すのも一つの方法です。

自分の主職以外に時間を見つけ、副業で収入を得ることは、貯金を増やす効果的な手段となります。

もちろん、副業をする際には現在の職場の規則を確認し、問題がないか同課を確認してください。

フリーランスとしての活動も選択肢となり得ます。

得意分野を活かせば、フリーランスとして大きな収入を得られるチャンスがあります。

③資産運用に着手する

現在の円預金の金利を考えても、貯金だけでは目標の1,000万円に届くのは難しいです。

そこで取り組みたいのが資産運用です。

多くの人が「資産運用は難しい」と感じがちですが、最近では非常に取り組みやすい制度が整っています

まず、NISAやiDeCoなどの優遇税制を利用した投資は、初心者でも始めやすい選択肢となっています。

これらの制度は、一定期間投資から得られる利益にかかる税金が免除されたり、延期されたりするもので、初心者でも取り組みやすい仕組みです。

特に、つみたてNISAは少額から長期間、定期的な投資を前提としており、投資初心者が市場の変動リスクに対応しやすい仕組みとなっています。

ただし、資産運用には常にリスクが伴う点は理解しましょう。

資産運用の基本は、リスクとリターンのバランスです。

自身のリスク許容度に合った運用方法を選び、分散投資を心がけましょう。

20代で貯金1,000万円を貯める上で知っておくべき情報4選

上では、20代で貯金1,000万円を達成するために抑えるべきポイントを解説しました。

続いては、20代で貯金1,000万円を達成するために知っておくべき情報やマインドなどを解説します。

上で解説した内容とあわせて理解し、目標達成に役立ててください。

20代で貯金1,000万円を貯める上で知っておくべき情報4選

  1. 複利の仕組み
  2. 早めに始めて長く続ける
  3. 買い物よりも貯金を優先する
  4. 無理は禁物

①複利の仕組み

金融商品を扱う際には、複利についての知識が役立ちます。

複利は投資から得られる利益が再投資され、その利益自体が更なる利益を生むという循環によって、投資総額が増加する仕組みです。

このプロセスは「金利の複合効果」とも呼ばれます。

具体例で説明しましょう。

仮に10万円を銀行に預け、年利1%の単利で運用する場合、10年後の総額は10万円に毎年1,000円が加算されるので、110,000円になります。

これが単利の仕組みです。

しかし、同じ10万円を年利1%の複利で運用した場合、1年目の終わりに得られる利益(1,000円)が元本に加えられ、2年目以降はこの新しい元本(10万1,000円)に対して1%の利益が付与されます。

2年目の終わりには、元本は10万2,010円になります(1,000円ではなく、1,010円の利益)。

このプロセスが繰り返されるため、10年後の総額は単利の場合よりも多くなる仕組みで、複利の効果は長期間にわたるほどに顕著です。

②早めに始めて長く続ける

20代の初めから賢く貯金を始める利点は、時間と複利の力をフルに活用することにあります。

この期間、小さな額でも積極的に貯金を継続することで、長期的な安定した将来を手に入れることが期待できます。

「早めに始める」の重要性は、先ほど解説した複利がもたらす効果の大きさにも関係する要素です。

同じ金額を貯金する場合でも、20代で始めた方が30代からよりも、将来手にする総額は大きく異なります。

金利が資金に加算され、その金利がさらに金利を生むという複利の効果で、資産は雪だるま式に増加していきます。

また、貯金は「長く続ける」ことも同じくらい重要です。

一時的な試みではなく、一貫した努力が資産形成には必要となります。

生活を切り詰めて苦しむことなく、計画的に、そして無理なく続けられる節約策を見つける必要があります。

③買い物よりも貯金を優先する

20代で貯金1,000万円を達成するためには、「買い物よりも貯金を優先する」意識が重要です。

この生活スタイルを確立するには、給与が入った瞬間に貯金用の口座へ一定額を移す「先取り貯金」が効果的です。

出費よりも貯金を優先することで使える金額に制限がかかり、必然的に出費を抑えられます

先取り貯金では、資金を定期預金や財形貯蓄に預ける方法があります。

これらは、お金を引き出す際の手間が多少あり、思わぬ出費を防ぐためにも効果的です。

また、貯金のための口座は給与口座とは別に設け、日々の生活費と明確に区別しましょう。

④無理は禁物

さまざまな方法やポイントを解説しましたが、20代で貯金1,000万円を達成するには無理な貯金は禁物です。

無理な貯金方法を選ぶと、逆にストレスが蓄積し、思わぬ散財の原因になり得ます。

貯金は「継続は力なり」の精神で臨むべきものです。

一度に大きな額を貯めようとするのではなく、無理なく続けられる範囲でコツコツと続けましょう。

こうすることで、貯金を苦痛ではなく、日常の一部として受け入れられます。

貯金に疲れたら、頑張った自分へのご褒美として、多少の出費に対しても寛容になりましょう。

適度な娯楽やリラクゼーションは、心身の健康を保ち、貯金へのモチベーションを維持するためにも必要な投資です。

20代で貯金1,000万円をためるためにさけるべきこと4選

ここまでは、20代で貯金を1000万円貯める上で必要な要素を解説しました。

次は、逆に不必要なものや避けるべき行動などを解説します。

いくらここまで解説した点を押さえても、やってはいけないことも同時にやっていては、20代での貯金1,000万円は達成できません

ここで解説する内容を意識して、着実な目標達成を目指しましょう。

20代で貯金1,000万円をためるためにさけるべきこと4選

  1. 衝動買いや不要な買い物
  2. キャッシング
  3. 後回しの貯金
  4. おおざっぱな資産管理

①衝動買いや不要な買い物

20代での貯金1,000万円達成を目指す際、最も注意すべきは「衝動買いや不要な買い物」を避ける意識です。

消費社会の中、多くの誘惑に晒されながら生活する私たちは、友人の持ち物に影響されたり、メディアの推奨に流されたりして、本当に必要ではないものを手に取ってしまいがちです。

こうした衝動買いは、貯蓄を大きく圧迫します。

購入を検討する際には、「本当に自分に必要か?」という問いを常に投げかけるべきです。

自分の生活においてそのアイテムがなくても成り立つのであれば、そもそも必要のない買い物である可能性もあります。

また、購入する前に一呼吸置くという方法も効果的です。

欲しいと思ったものは、まずは「カートに入れる」だけにしておき、少なくとも一晩はそのままにしてみましょう。

この間に冷静な判断ができるようになり、必要ないものであればカートから出す決断がしやすくなります。

②キャッシング

20代で貯金1,000万円を目指す際、キャッシングは避けるべきポイントです。

キャッシングは一見便利に思えるサービスで、現代はクレジットカードを利用して手軽にお金を借りられます。

反面、高い利便性には高い金利が伴い、計画的な貯金を大きく妨げる要因となります。

借り入れた資金には預金金利を上回る利息がかかるため、本来貯めるべき資金が利息の支払いに消えてしまい、貯金が思うように進まなくなる恐れが大きいです。

さらに返済期日のプレッシャーは精神的な負担にもなり、心身の健康をを損なう原因にもなります。

したがって、無理なく計画的に貯金を進めるためには、キャッシングを利用せず、生活レベルを見直し、自分の収入に合った支出を心がけてください。

日々の小さな支出に注意を払い、自分の手元にある資金だけで生活する習慣を身につけましょう。

③後回しの貯金

「後回しの貯金」は、1,000万円を目指す20代にとって大きな障害となります。

給料を受け取った際、最初に生活費や娯楽にお金を使ってから残金を貯金する方法は、20代で貯金を1,000万円ためるうえではおすすめできません。

なぜなら、先に支出をしてしまうと、気がついたときには手元の資金が不足しているケースが多いからです。

このアプローチでは、無意識のうちに予算をオーバーし、必要以上の出費を引き起こすリスクがあり、貯金を「残り物」扱いすることで、目標額に届く前に資金が底をつく恐れも大きくなります。

効果的な貯金の秘訣は「先取り」です。

給料が入ったら、まず貯金に回すのが正しい順序であり、自分自身を厳しくコントロールできます。

④おおざっぱな資産管理

おおざっぱな資産管理は、1,000万円の貯金目標達成への道のりを険しくする要因です。

俗にいう、「どんぶり勘定」という行為ですね。

例えば、毎月10万円の貯金を目指しているのに、「今月は9万5000円でも良いか」と安易に考えては、将来的に大きな痛手となります。

このような姿勢が続けば、数年後には目標から大きく乖離した金額になってしまいます。

お金の管理に際しては、精密さが大切で、出入金は細かく記録し、計画された金額に対する逸脱がないかのチェックを繰り返さなければなりません。

貯金は「大体このくらい」というあいまいな姿勢で取り組むものではなく、具体的な目標金額を設定し、目標対して忠実に行動しましょう。

こうした厳格な資産管理が、自分の支出を把握し、無駄遣いを削減する助けとなります。

また、貯金の進捗状況をきちんと確認することで、自らにリアルタイムでフィードバックを与え、必要に応じて支出の調整や計画の見直しがしやすくなります。

20代で貯金1,000万円を達成するロードマップ

では、ここまでの解説を踏まえて、20代で貯金1,000万円を達成するロードマップを考えましょう。

今回は以下の男性を例にとり、20代で貯金1,000万円を達成するロードマップを想定しました。

モデルの現在の状況

  • 22歳
  • 年収320万円
  • 保有資産120万円

この状況から30歳までの8年間で、残りの880万円を貯める必要があります。

単純計算で見ると、月々約9万2,000円(880万円÷96ヵ月 = 91,666円)を貯金する必要があります。

320万円の年収を基に、各種手当てを含めた月収は約27万円と見積もりますが、社会保険料や税金を考慮すると手取りは大体22万円程度です。

この中から約9.2万円を貯金に充てると、実質的な生活費は限られますが、計画的な生活を送ることで達成は不可能ではありません

将来的な給与アップや賞与等のボーナスを考慮に入れると、さらに現実的な計画も立てられます。

例えば、年間の貯金目標を100万円と設定し、賞与等から50万円、そして毎月の給与から約4万2,000円(500万円÷12ヵ月)を貯金する方法です。

これにより、生活費に回せる金額が増え、計画の達成がより現実的になります。

このように、20代で貯金1,000万円を達成するには綿密な事前計画が必要です。

見切り発車ややみくもな貯金はやめましょう,。

20代で貯金1,000万円を達成できたら?

20代で貯金1,000万円を無事達成した後は、管理と成長方法に注意を払う必要があります。

預金保険制度はある程度の安心を提供してくれますが、それだけに頼るのは得策ではありません。

この制度は銀行が破綻した場合に預金者の資産を守るもので、最大1,000万円までの元本とその利息を保証しています。

1,000万円以上は保護外となるため、より賢い資産の管理が必要です。

資産を分散させるために、別の銀行の口座に預金を振り分ける方法があります。

これにより、複数の銀行がそれぞれ保険の対象となり、1,000万円を超える資産を有していても、全額が守られるようになります。

また、ただ預けるだけではなく、投資にも目を向けるべきです。

インフレのリスクから資産を守り、さらに資産を増やすためには、株や債権、不動産など多様な投資手段を考慮する必要があります。

資産の維持と同時に育成にも気を配り、さらに資産を充実させましょう。

20代で貯金1,000万円を達成できれば安心?

無事20代で貯金1,000万円を達成できれば、残りの人生は安心でしょうか?

結論からいえば、決して安心ではありません

参考までに、貯金1,000万円でどの程度の期間生活できるかを考えましょう。

月に約25万円の生活費を見込むと、単純計算で約3年4ヶ月の生活が見込めます。

しかしこれは、固定費や変動費、そして予期せぬ出費が一切ない、という理想的な状況下での話です。

人生は多くのステージから成り立っており、結婚や子育て、住宅購入、あるいは自身のビジネスを立ち上げるなど、さまざまなライフイベントにお金を必要とします。

これらの大きな出費は、日々の生活費とは別の計画を要します。

加えて、人生の後半に備え、老後の資金計画も重要です。年金だけでは不足するケースが多いため、自己資産で賄える部分を増やす心がけが望ましいです。

また、将来的な医療費や介護費用も見据え、早い段階からの準備が求められます。

20代で貯金1,000万を達成する知識は「キッズ・マネー・ステーション」で身につけよう

キッズ・マネー・ステーション,ロゴ

20代で1000万円もの貯金をするのは、決して簡単ではありません。

日々の節約や計画的な貯金はもちろん、お金に関する知識も必要です。

そんな時におすすめなのがキッズ・マネー・ステーションです。

幼時から大学生までの生徒や親子に向け、貯金や節約、投資など、20代で1,000万円の貯金を貯めるために必要な知識に詳しい講師が、金融に関する知識がない人にも理解できるよう、金融について分かりやすく解説してくれます。

20代で貯金1,000万円を貯めるには、早めの行動が大切です。

早いうちから金融に関する知識を身につけ、20代で貯金1,000万円を達成するための準備を整えましょう。

まとめ~20代で1,000万円を貯金するのは不可能ではないが厳しい道のり~

この記事では、20代で1000万円を貯金しようと考えている方に向け、押さえるべきポイントや必要なマインドなどを解説しました。

20代で1000万円の貯金を作るのは、決して簡単ではありません。

20代はまだ給料もシニア世代と比較すると低いケースがほとんどな上、多くのポイントを押さえる必要があります。

ただやみくもに貯金をしても、20代のうちに1,000万円もの貯金を作るのは難しいです。

20代で1,000万円の貯金を作るためには、節約はもちろん資産運用も欠かせません。

投資などを活用して資産を順調に増やせれば、1,000万円の貯金も夢ではありません。

そのためには、正確で信頼性の高い知識が必要です。

「キッズ・マネー・ステーション」では、金融や投資、貯蓄などに必要な知識や情報をわかりやすく解説してくれます。

ぜひ受講して、20代での貯金1,000万円達成に役立ててください。

-お金をためる

© 2024 クレジットカードとキャッシュレス