JCBカード

誰でも分かる!最強コスパ【JCBプラチナ】の審査難易度&魅力は?

JCBプラチラカードは招待制じゃない

JCBのクレジットカードの中で、申込で手に入るカードの中では最高ランクのJCBプラチナ

高いステータス性と充実したサービスにも関わらず、プラチナカードにしてはリーズナブルな年会費とあって、コスパは抜群です

2年連続で顧客満足度No.1※になるほどの人気があるJCBプラチナ。

この記事では、誰にでも分かりやすく審査難易度やJCBプラチナの魅力について解説します。

※パワー2019-2020年クレジットカード顧客満足度調査。

JCBプラチナの審査難易度は?

JCBプラチラの審査難易度は?

JCBプラチナの申し込み対象者について、公式サイトには以下の記載があります。

25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
学生の方はお申し込みになれません。

年収要件として具体的な金額が提示されていませんが、口コミ情報や、審査通過者の声から、年収400万円~500万円が目安となっています。

正社員としてそれなりに働いていれば、十分に発行できる可能性があると言えます。

JCBプラチナの申し込みからカード発行までは最短で3営業日、1週間ほどで手元に届きます。

また、JCBプラチナを新規に申し込む場合、JCBゴールドと同時に申し込むことが可能です。

この場合、もしJCBプラチナの審査に落ちたとしても、JCBゴールドの審査に通ればJCBゴールドが発行されます。

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

アップグレードでJCBプラチナは手に入る

JCBゴールド

「JCBプラチナの審査に落ちてしまった・・・」

悲しいですが、まだ諦める必要はありません。

JCBプラチナを手に入れる方法は、新規申込だけではないからです。

JCBからのJCBプラチナへのインビテーション(招待)や、JCBゴールドからのアップグレードで手に入れることができます。

  • JCBの一般カードやJCBゴールドカードを利用することでJCBプラチナへのインビテーション(招待)が貰える
  • JCBゴールドカードからJCBプラチナへアップグレード申請をする

JCBからの信用を積み上げることで、上級カードであるJCBプラチナへの道が開けます。

新規で申し込むよりも、利用実績が信用となり、審査に通りやすくなるようです。

どうしてもJCBプラチナを手に入れたければ、JCB一般カードやJCBゴールドカードから始めるのも一つの方法です。

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

JCBプラチナの魅力は?

JCBプラチナの主な魅力をまとめました!

  • リーズナブルな年会費
  • 24時間365日利用できる「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • コース料理が2名以上で1名分無料になる
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 世界中の空港ラウンジを無料で利用できる

ここからは、JCBプラチナの魅力的なサービスについて詳しく解説します。

JCBプラチナの年会費は?

JCBプラチナの年会費は27,500円(税込)です。

一般的なプラチナカードは年会費55,000円(税込)以上するものが多いことから、JCBプラチナはコスパに優れるカードと言えます。


JCBプラチナは、家族カードが1名まで無料なため、夫婦で持つことで実質1枚13,750円(税込)で持つことができます。

2枚目以降の家族カードは、年会費3,300円(税込)で作ることができます。

家族カードなら、リーズナブルな年会費で、本会員と同様のサービスが受けられるのでお得です。

JCBプラチナの基本情報
年会費 27,500円(税込)
発行まで 最短3営業日(手元に来るまで1週間ほど)
貯まるポイント OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%~
保険 海外・国内旅行傷害保険:最高1億円
ショッピング保険:最高年間500万円
追加カード 家族カード:1枚無料、2枚め以降3,300円(税込)
ETCカード:無料

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

秘書のような「プラチナ・コンシェルジュデスク」

秘書のような「プラチナ・コンシェルジュデスク」

JCBプラチナならではのサービスとして、24時間・365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」が用意されています。

旅行の手配・予約、ゴルフ場・チケット・レストランの案内等、様々な相談を、24時間365日いつでも専任スタッフが受けてくれます

旅行やゴルフ等の手配を自分でするのは、時間もかかり、負担も大きくなります。

プラチナ・コンシェルジュにまかせることで、時間と労力を自分にとって有意義な事に使うことができます。

例えるなら、自分に専属の執事・秘書がついたような、便利なサービスです。

グルメベネフィット

グルメベネフィット

「グルメ・ベネフィット」というサービスでは、有名レストランの所定のメニューを2名以上で予約すると1名分の料理が無料になります。

国内の厳選されたレストランで利用できるため、プライベートで大切な人との会食や、ビジネスでの接待で非常に役立つサービスです。

年に数回利用すれば、簡単にJCBプラチナの年会費の元をとることができます。

JCBプラチナの実力を発揮させるサービスですね。

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯

旅行傷害保険

年会費が安いカードの場合は旅行傷害保険も海外のみである場合がほとんどですが、JCBプラチナは国内・海外とも対象で最高1億円の補償が自動付帯で付いています。

自動付帯というのは、JCBプラチナで旅行代金を支払っていなくても補償される保険のことです。

クレジットカードで旅行代金の支払いを行うことを条件に補償される「利用付帯」と比べて非常に手厚い補償となっています。

カード会員の家族も対象となっており、補償内容も最高峰と言えます。

■JCBプラチナの旅行傷害保険
保険内容 カード会員 家族会員
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯)  
入院日額 5,000円
手術 最高20万円
通院日額 2,000円
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯) 最高1,000万円
治療費用 1,000万円 200万円
賠償責任 1億円 2,000万円
携行品損害 年間最大100万円
1旅行中最大100万円
年間最高100万円
1旅行中最大50万円
救援者費用等 1,000万円 200万円

旅行傷害保険の他にも、乗り継ぎなどで航空機が遅れてしまったり、手荷物が紛失した場合などに補償してくれる航空機遅延保険もついています。

■航空機遅延保険
補償内容 保険金額 保険金支払いケース
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度 遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円限度 出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度 到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に購入した場合

年間最高500万円まで補償していくれる「ショッピングガード保険」

ショッピングガード保険

JCBプラチナで購入した商品の破損や盗難などの被害にあった場合にも、国内・海外での利用を問わず年間500万円まで補償されます。

商品の破損や盗難による損害を、購入日から90日間補償してくれます。

1事故3,000円の自己負担が発生しますが、高額商品を購入する際は、JCBプラチナで決済しておけば安心です。

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

世界中の空港ラウンジを無料で利用できる

世界中の空港ラウンジを無料で利用できる

JCBプラチナを持ったなら絶対に使いたいサービスがプライオリティパスです。

プライオリティパスは、世界約140の国の約500都市で約1,200カ所の空港のラウンジが利用できます。

ワンランク上の空港ラウンジを利用できるため、長い待ち時間をゆったりと過ごすことができます。

プライオリティパスは別途申し込みが必要ですが、年会費・1回ごとの利用料金はJCBが負担してくれるので、何回でも無料で利用することができます。

プライオリティパスが無くても、日本国内の主要な空港のラウンジが無料で利用できます。

カード会員が無料なのはもちろん、同伴者1名まで無料で利用できます。

その他優待サービス

JCBプラチナなら、他にも多くの魅力的なサービスを受けることができます。

ホテル・旅館の宿泊料金の割引優待から、日常のお買物で貯まるポイントの還元率をアップさせるものなど、生活のあらゆる場面でお得な優待が受けられます。

国内外の有名ホテルをお得な会員価格で利用できる

国内外の有名ホテルをお得な会員価格で利用できる

JCBプラチナには、JCBが選んだ日本各地のホテルや旅館をお得に利用できる「JCBプレミアムステイプラン」というサービスがあります。

日本各地の高級ホテル・旅館が厳選されており、お得な会員限定価格で宿泊できます。

中には大手の予約サイトよりもリーズナブルな価格となっているプランもあり、お得感のあるサービスとなっています。

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

JCB Lounge 京都

JCB Loung京都

JCBプラチナは、空港ラウンジ以外のもJCBの用意したプラチナ会員専用の「JCB Lounge 京都」を、同伴者1名まで無料で利用できます。

JR京都駅中央改札口近くにあるのでアクセスの良さは抜群です!

フリードリンクサービスや荷物の預かりサービス、情報誌の閲覧や電源付きPC用スペースが用意されています。

観光・ビジネスで京都を訪れた際の、ちょっとした待ち時間に利用するのにちょうど良さそうですね。

ユニバーサルスタジオジャパンの JCB LoungeもOK

ユニバーサールスタジオジャパン内にあるJCBラウンジも利用可能です。

このラウンジはプラチナカード以上を持っていないと利用できない特別なラウンジになっています。

ラウンジは「ザ・フライング・ダイナソー」の施設内に設置してあります。

ラウンジでは休憩や雑誌の閲覧、ドリンクサービスや、アトラクションの「ザ・フライング・ダイナソー」に優先的に搭乗できるといった優待が受けられます。

「ポイント」は通常のJCBカードと同じ

ポイントは通常のJCBカードと同じ

JCBプラチナのポイント還元率は通常のJCBカード各種と同じになっていて1,000円で1ポイントが貰えます。

1ポイントは5円相当ですので還元率は0.5%となります。

JCBオリジナルシリーズパートナーで最大10倍のポイントを獲得できる

基本還元率は0.5%と、決して高還元率とは言えないJCBプラチナ。

JCBオリジナルシリーズパートナーという対象店舗で利用すると2倍~10倍のポイントが貯まります。

  • Amazonでポイント3倍!
  • セブンイレブンでポイント3倍!
  • スターバックスカードへのオンラインチャージでポイント10倍!

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

Oki Dokiランド経由のネットショッピングで還元率アップ

JCBの運営するポイントモールに「Oki Dokiランド」があります。

OkiDokiランドを経由してネットショッピングをすることで、通常の2倍~20倍のポイントを獲得できます。

対象となるショップも、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど有名どころが名を連ねます。

利用方法も、OkiDokiランドにログインしてから目的のショップへアクセスしてショッピングするだけと非常に簡単です。

年間利用金額に応じてポイント還元率がアップする

JCB STAR MEMBARSという、年間の利用金額に応じてポイント還元率がアップするサービスがあります。

JCBプラチナの場合、年間利用額が300万円以上で、最大還元率0.85%まで上がります。

■JCB STAR MEMBARSのポイント還元率
年間利用額/ステージ名 還元率
30万円以上
スターePLUS
0.60%
50万円以上
スターβPLUS
0.65%
100万円以上
スターαPLUS
0.80%
300万円以上
ロイヤルαPLUS
0.85%

JCBカードの最高峰「JCB THE CLASS」を目指せる

JCBプラチナをメインに使っていけばJCBの最高峰カード「JCB THE CLASS」入手への道が開くことになるでしょう。

JCB THE CLASSは、ブラックカードというランクになります。

JCBからのインビテーション(招待)でのみ手に入れることができます。

JCB THE CLASSの年会費は55,000円(税込)と、ブラックカードの中ではリーズナブルな年会費となっています。

どうせなら、最高方のブラックカードである「JCB THE CLASS」を目指してみたいですね。

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

JCBプラチナは、プラチナカードに相応しい、コンシェルジュデスク、最高1億円の旅行傷害保険、プレミアムなサービス等が充実しています。

充実したサービスにも関わらず、リーズナブルな年会費も大きな魅力です。

また、JCBプラチナは、プラチナカードの中でも、比較的に入手しやすいカードとも言えます。

この機会に、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

JCBプラチナのスペック表を掲載します。参考にしてみてくださいね。

カード名称 JCBプラチナ
カードデザイン  JCBから新たに3券種のクレジットカードが登場です。8年ぶりのJCBオリジナルシリーズのリニューアルになります。 2017年10月24日から募集を開始します。今回追加されたカードは「JCBプラチナ」・「JCB CARD W」・「JCB CARD W plus L」の3種類!
入会方法 WEB/申込書
入会基準(年齢) 25歳以上
年会費(税込) 本会員 27,500円(税込)
家族会員 1名無料、2名以降 3,300円(税込)/1人
付帯保険 海外旅行傷害保険 最高1 億円(カード利用条件無)※家族特約有
国内旅行傷害保険 最高1 億円(カード利用条件無)
ショッピングガード保険
(国内・海外)
年間最高500 万円
JCBオリジナルシリーズ
パートナーサービス
<ポイント優待店>
JCB ORIGINAL SERIES パートナーでのカード利用でさらにポイント優遇あり
ゴールドサービス 空港ラウンジ 対象※同伴者1 名無料
Gold Basic Service 対象
その他の付帯サービス プライオリティ・パス
グルメ・ベネフィット
JCB プレミアムステイプラン
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCB LOUNGE(*)
JCB Lounge 京都 等
コールセンター お問合せ プラチナ・メンバーズデスク
旅行手配・レストラン予約など プラチナ・コンシェルジュデスク

\ 今なら新規入会でもれなく8,000円分プレゼント! /

VIPブラックに輝くJCBカードはコチラ

 

-JCBカード

© 2021 クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部