おすすめ

年収500万円で持てるおすすめのクレジットカードの特徴や審査申請基準を解説

年収500万円で持てるおすすめのクレジットカードの特徴や審査申請基準を解説

クレジットカードには年会費無料のものからハイクラスの方がもつ俗にいうブラックカードと幅広くあります。

年会費が高くなれば高くなるほど、クレジットカードの決済機能に留まらず付帯してくるサービスで、人生を豊かにしてくれることがあります。

 

クレジットカードで人生が豊かになる訳ないと思う方もいるかと思いますが、実際は一理あります。

高級感満載な会員情報誌などが手元に届くようになり今まで見たことのない景色のレストランやブランドを目にすることが増えたり、

リムジンの送迎サービスがあったり、スーパーカーと呼ばれるような車を格安でレンタルするなどの付帯するサービスを利用することで今まで足を踏み入れたことのない世界が身近になります。

充実した付帯サービスを受けようと思うと年会費もそれなりに高くなります。

その分クレジットカードの審査も厳しくなり、ある程度の年収がないと審査が通らなくなりますが、年収が約500万円クラスであれば持てるクレジットカードの選択肢はかなり増えてきます。

貴方の人生をもっと豊かにしてみたくはありませんか?

🙂 この記事では、年収500万円で持てるおすすめのクレジットカードの特徴と審査申請基準を解説します!

 

金属製のクレジットカード チタンカード

ラグジュアリーカードチタン

 

公式サイト 夜の街でモテる金属製ラグジュアリーカード チタンカード!法人契約も開始!公式サイト

 

「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」とは新生銀行グループのアプラスが発行しているクレジットカードになります。

もしかしたら、まだ知らない人もいるかもしれません。

ラグジュアリーカードは日本では2016年11月から新たに発行されたクレジットカードとなり国際ブランドは、MasterCardとなります。

金属製のクレジットカードはラグジュアリーカードとアメックスのセンチュリオンカードだけでしたが、アメックス・プラチナカードも2018年10月15日よりメタルカードを発行を開始しました。

アメックスの金属製のクレジットカードは基本的にはインビテーション制(招待制)となります。

自分から申込みができる金属製のクレジットカード ラグジュアリーカード

カード自体が表面は金属製で、裏面はカーボンで構成されている41もの特許技術を使って製造された重量のあるクレジットカードとなるため、高級感はかなり高くなります。

 

海外旅行傷害保険が最高1億2千万円、国内旅行傷害保険が最高1億円、世界1,200ヵ所もの空港ラウンジが利用できるプライオリティパスの年会費429ドル必要なプレステージ会員が無料、レストランで所定のコースが1名様分が無料、空港と自宅の国際線手荷物無料宅配が往復最大3個無料などの他のカードとは上を行くサービスとなっています。

 

チタンカードの年会費は?

MasterCardの最高峰に位置するクレジットカードとなりますが、その中で一番安い年会費でも55,000円(税込)となります。

チタンカードの年会費 55,000円(税込)

家族カードの年会費は16,500円(税込)となり、同居のご家族の方(18歳以上)が申し込むことができます。

年会費は高価ですが付帯サービスが最高クラスのラグジュアリーカードです。

公式サイト 夜の街でモテる金属製ラグジュアリーカード チタンカード!法人契約も開始!公式サイト

 

チタンカードの審査申請基準は?

ラグジュアリーカードのブラックカードの年会費は?

審査申込み基準は「20歳未満の方および、学生の方はお申込みいただけません」となっています。つまり、「安定した収入があり、社会的信用を有する方」を目安としていると考えられます。

ただ、ラグジュアリーカードのブラックカード申込み書類の記入例に、年収2,000万円と記入している記入例があるので、ラグジュアリカードブラックカードの場合は年収2,000万円程度は必要になるかもしれません。

 

チタンカードは年収500万円でも審査に通った例があるため、以前に別のクレジットカードでの事故情報などがなければ年収500万円程度あれば発行可能なようです。

 

ラグジュアリーカード公式サイト

公式サイト 夜の街でモテる金属製ラグジュアリーカード チタンカード!法人契約も開始!公式サイト

 

  • 20歳以上(学生除く)
  • 他のクレジットやローンで数カ月の延滞がない方

🙂 チタンカードついては次の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね!

ずっしり重いメタルカードのラグジュアリーカードを詳しく解説
ずっしり重いメタルカードのラグジュアリーカードを詳しく解説

Mastercardカードブランドの最高峰のクレジットカードであるラグジュアリーカード。 「Luxu …

「食」から人生に豊かにしてくれるダイナースクラブカード

すぐわかる!ダイナースクラブカードの特徴

🙂 ビッグニュースです!ついにダイナースクラブカードが初年度年会費無料キャンペーンを開始しました!

通常22,000円の年会費が1年間無料!無料でハイステータスカードを試せるチャンス到来ですよ!

 

\ ダイナースクラブカード  /

新規お申込みとお得な情報はこちら

 

CMなどのメディア戦略をしてないため、身近ではないため知らない人もいるかもしれませんが

ダイナースクラブカードは、医師、弁護士や大手企業の会長や社長クラスの方が持っているクレジットカードです。

ここ最近は年収500万円以上の方であれば審査が通るクレジットカードとなり、年会費24,200円(税込)と少し高めの年会費となります。

 

ダイナースクラブカードに付帯してくるサービスは、レストランのおすすめコース1名分が無料、国内・海外旅行傷害が最高1億円、世界800ヵ所以上の空港ラウンジが無料、空港から自宅への手荷物宅配サービスが無料と付帯しているサービスなど充実したサービスが魅力です。

ダイナースクラブカードの年会費は?

ダイナースクラブカードの年会費は24,200円(税込)となります。

家族カードは配偶者・両親・18歳以上(高校生を除く)の子供であれば、年会費5,500円(税込)で何枚でも発行できます。

しかも、家族カードの旅行傷害保険は本会員と同じ補償内容となります。

ダイナースクラブカードの審査申込み基準は?

ダイナースクラブカードの気になる審査申込み基準は27歳以上の方と一般的なクレジットカードと比べると制限が厳しくなっています。

「安定した収入があり、社会的信用を有する方」を目安としていると考えられます。

安定した収入ですが、およそ税込年収500万円以上あれば問題ないと言われています。

ただ、以前クレジットカードやローンで数カ月の延滞などの事故情報がある場合は5年以上たっていないと審査通過は難しくなります。

2016年10月までは、「カード発行クイック診断」というものがあり、年齢/年収/クレジットカード利用の有無(直近3ヶ月)/クレジットカード支払いの延滞確認(過去1年)を入力するだけで、申込みが可能かどうかの診断をしてくれていました。

現在はクイック診断は廃止されていたり、審査申込み基準に年収〇〇〇万円以上と記載もないことから、現在は窓口を広げていると言われています。

27歳以上の方で年収が400万円以上でも審査が通る可能性もあります。

  • 27歳以上の方
  • 日本国内に住所がある
  • 他のクレジットやローンで延滞がない方

🙂 ビッグニュースです!なんとついにダイナースクラブカードが初年度年会費無料キャンペーンを開始しました!

通常22,000円の年会費が1年間無料!無料でハイステータスカードを試せるチャンス到来です!

\ ダイナースクラブカード  /

新規お申込みとお得な情報はこちら

持ちやすくなった話題のダイナースクラブカードに通過!申込みを解説
持ちやすくなった話題のダイナースクラブカードに通過!申込みを解説

  以前のダイナースクラブカードは入会資格が厳しく医師、弁護士や大手企業の役職者など、ハイ …

続きを見る

 ダイナースクラブの保険は?

最高1億円の海外・国内旅行傷害保険つき!

ダイナースクラブカードの旅行傷害保険は国内・海外で最高1億円となっていますが、適用に条件があります。

海外旅行傷害保険の場合は、自動付帯といってダイナースクラブカードを持っているだけで適用となる保険が最高5,000万円(自動付帯)で、ダイナースクラブカードを利用して旅行商品を購入した場合に適用される保険が最高5,000万円(利用付帯)となっていて合計で最高1億円の保険内容になります。

国内旅行傷害保険の場合は、ダイナースクラブカードを利用して旅行商品を購入した場合に最高1億円(利用付帯)の保険が適用となります。

せっかくダイナースクラブカードを持っているのであれば保険額が大きく適用されるように必ずダイナースクラブカードで旅行商品を購入しましょう!

また、ダイナースクラブカードのすごいところは家族カードでも同じ補償内容になっているところです!

🙂 ダイナースクラブカードの付帯してくるサービスなど詳しくは次の記事で解説しているので参考にしてみて下さいね!

ダイナースクラブカードの特徴・審査基準や評判を解説!
ダイナースクラブカードの特徴・審査基準や評判を解説!

数年前のダイナースクラブカードは入会資格が厳しく医師、弁護士や大手企業の役職者など、ハイクラスの方し …

🙂 ビッグニュースです!なんとついにダイナースクラブカードが初年度年会費無料キャンペーンを開始しました!

通常22,000円の年会費が1年間無料!無料でハイステータスカードを試せるチャンス到来ですよ!

\ ダイナースクラブカード  /

新規お申込みとお得な情報はこちら

ダイナースのクレジットカード5枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!
ダイナースのクレジットカード5枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!

ダイナースクラブカードは数年前まで入会資格が厳しく、医師・弁護士や大手企業の役職者など、ハイクラスの …

ダイナースクラブにインタビュー! クレジットカードおすすめのステータスカードの魅力を聞いてきました。
ダイナースクラブにインタビュー! クレジットカードおすすめのステータスカードの魅力を聞いてきました。

今回クレジットカードとキャッシュレス編集部は国際5大ブランドであるダイナースクラブさんにインタビュー …

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメックスは空港などでの勧誘がも多く、知名度は抜群です。

その中でもアメックス・ゴールドは、ゴールドとしての輝きがまぶしくキラキラしているため、アメックス・ゴールドを持つことを憧れる方も多いようです。

アメックス・ゴールドの国内旅行傷害保険は最高5,000万円、海外旅行傷害保険は最高1億円、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスの年会費(99ドル)が無料、レストランのおすすめコース1名分が無料、空港から自宅の往復を手荷物無料宅配サービスなどのサービスが付帯しています。

憧れのままにせずに、これを機に申し込んでみてはいかがでしょう?

 

\アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード/


 

 

アメックス・ゴールドの年会費は?

アメックス・ゴールドの年会費は31,900円(税込)です!

家族カードは原則、配偶者・ご両親・18歳以上の子供となります。

家族カードの発行は、最大6枚までを原則となり1枚目のみ年会費無料で2枚目以降の年会費は13,200円(税込)となります。

家族カードの旅行傷害保険は本会員とは少し異なりますが、しっかりした補償内容となります。また、カード会員の家族まで補償してくれます。

 

アメックス・ゴールドの審査申請基準は?

アメックス・ゴールドの審査申込み基準は?

アメックスの審査申込み基準は共通で「満20歳以上で定職のある方」となっています。残念ながらパートやアルバイトの方は申込みが出来ませんが専業主婦の方はOKです。

専業主婦の方の場合は、年収欄に配偶者の方の年収を記入して大丈夫です。

定職があり他のカードの支払い実績がきちんとしていれば、20代で年収350万円程度で発行の可能性はありますよ。

 

\アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード/


 

 

アメックス・ゴールドの保険は?

旅行傷害保険は国内最高5,000万円・海外最高1億円 家族も補償対象

アメックス・ゴールド旅行傷害保険は国内で最高5,000万円(自動付帯)、海外の場合は自動付帯で最高5,000万円・利用付帯で最高1億円になってます。

さらにアメックス・ゴールド保有者本人と生計を共にする配偶者や親族は家族カードを持っていなくても最高1,000万円の補償が付いているんです。

家族カードを持っている場合は国内・海外とも最高5,000万円の補償(利用付帯)を受けられます。

また、アメックス・ゴールドを利用して購入した商品の破損や盗難などの被害を年間500万円まで補償してくれるショッピング・プロテクションという保険も付いています。

さらに、一般的なクレジットカードには付いていない航空機遅延保険(海外旅行)が付いています。

航空機遅延保険は、飛行機が遅れたり欠航になった際に損害を補償してくれる保険の事です。

🙂 アメックス・ゴールドについては次の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね!

 

\アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード/


 

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(アメックスゴールド)の特徴と審査申請基準を解説!
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(アメックスゴールド)の特徴と審査申請基準を解説!

本家アメリカン・エキスプレス社が発行するアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは一般的にアメックス …

アメックスのクレジットカード13枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!
アメックスのクレジットカード14枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!

アメリカン・エキスプレス社が発行するクレジットカードは、世界中から認められているステータス性の高いカ …

 

お手ごろ価格で持てる三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

\ 三井住友ゴールドカード /

公式サイトはこちらへ

 

 

三井住友VISAゴールドカードは初年度年会費無料で、次年度以降は11,000円(税込)で持てるゴールドカードとなります。

ただ、申込みできる年齢が30歳以上限定となっており、大人のクレジットカードといった感じです。

しかも年会費もWEB明細書などの条件次第では年会費が最大4,400円(税込)となります。

年会費が高いゴールドカードに比べたら付帯サービスは少なくなりますが、高機能家電を使いこなせないのと一緒で、付帯サービスが充実していても利用しなければ、その年会費を払う意味がありません。

三井住友VISAゴールドカードは、国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円、国内主要空港ラウンジが無料などの付帯サービスが付帯しています。

 

三井住友カード ゴールドの年会費は?

三井住友カード ゴールドの年会費は?

三井住友カード ゴールドは、なんといってもゴールドカードにも関わらず低コストで持つことが可能なクレジットカードとなります。

初年度年会費無料で、次年度以降は11,000円(税込)です。

マイ・ペイすリボはリボ払いのことになり、支払いがリボ払いになりますが、マイ・ペイすリボは初回はリボ払い手数料がないため、毎月の支払い設定を限度額いっぱいにしていたら、実質1回払いと同じことになります。

なので、マイ・ペイすリボに申込みをしても何も問題ないかと思います。

家族カードは生計を共にする配偶者・満18歳以上の子供(除く高校生)・ご両親に限ります。

家族カードは、1枚目のみ年会費無料で2枚目以降の年会費は1,100円(税込)となります。

 

三井住友ゴールドカード公式サイト

公式サイト 30歳以上限定!三井住友VISAゴールドカード 公式サイト

公式サイト 20代限定!三井住友VISAプライムゴールドカード 公式サイト

  • 新規入会&Vpassアプリログインでもれなく利用金額の20%プレゼント!(最大8,000円分)
  • さらにApplePay・GooglePayへの新規設定&利用エントリーで、もれなく2,000円分の利用代金がタダ!

 

三井住友カード ゴールドの審査基準は?

三井住友カード ゴールドの審査基準は?

三井住友VISAゴールドカードの審査申請基準は「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっています。

30歳以上限定となっており、どんだけ年収があっても申し込むこともできません。20代でどうしても三井住友VISAカードが作りたい場合は、三井住友VISAプライムゴールドカードへ申込みしてください。

 

三井住友カード ゴールドの保険は?

三井住友カード ゴールドの保険は?

三井住友VISAゴールドカードの海外・国内旅行傷害保険は自動付帯1,000万円、利用付帯4,000万円の合計5,000万円となります。

しかも、家族カード会員も同補償なうえに、同行する家族まで補償する家族特約付きとなります。

家族特約の補償金額は、本会員・家族会員よりは低く設定されております。

ショッピング保険は最高300万円と手厚い補償となっております

 

三井住友ゴールドカード公式サイト

公式サイト 30歳以上限定!三井住友VISAゴールドカード 公式サイト

公式サイト 20代限定!三井住友VISAプライムゴールドカード 公式サイト

  • 新規入会&Vpassアプリログインでもれなく利用金額の20%プレゼント!(最大8,000円分)
  • さらにApplePay・GooglePayへの新規設定&利用エントリーで、もれなく2,000円分の利用代金がタダ!

 

🙂 三井住友VISAゴールドカードついては次の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね!

三井住友カードゴールドの特徴や審査申請基準を詳しく解説!
三井住友カードゴールドの特徴や審査申請基準を詳しく解説!

三井住友カードゴールドは、ステータス性とコストパフォーマンス性を両立させたクレジットカードとなります …

 

オンライン入会で初年度年会費無料のJCBゴールドカード

JCBゴールドカード

JCBは、日本唯一の国際ブランドカードです。

他の信販会社にJCBブランドを提供していますが、同時に自社でも「オリジナルシリーズ」としてクレジットカードを発行しています。

年会費11,000円(税込)でゴールドカードとしてサービスが付帯しており、空港ラウンジサービス海外旅行傷害保険は最高1億円・国内は最高5,000万円と基本はしっかり押さえています。

正統派と言っていいほど典型的なゴールドカードです。安くはない年会費が必要ですし、サービス内容も使うかどうかはわかりません。

しかし、基本を押さえたサービスを提供しているため、利用者は不満を覚えることはありません。

\ JCB ゴールドカード  /

公式サイトはこちらへ

 

 

JCBゴールドカードの年会費は?

JCBゴールドカードの年会費は?

JCBゴールドカードの年会費は、11,000円(税込)となりますが、オンライン入会をすると初年度年会費無料となります。

家族カードは、1名分は年会費無料となり2人目から年会費が1,100円(税込)となり、生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方であれば申込み可能となります。

 

JCBゴールドカードの審査申請基準は?

JCBゴールドカードの審査申請基準は?

JCBゴールドの審査申込み基準は「20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。」「学生の方はお申込みになれません。ゴールドカード独自の審査基準により発行します。」となっています。

JCBは、カード申込みの方になるべく早く届けるために最短当日発送で翌日にカードが自宅に届くという運用を行っているので審査も速そうです。

🙂 ツイッターには30分で審査完了の通知が来た人もいるようですよ。

 

JCBゴールドカードの保険は?

JCBゴールドカードの保険は?

旅行傷害保険は海外旅行で自動付帯で5千万円、利用付帯で5千万円で合わせて最高1億円・国内旅行が自動付帯で最高5千万円になっています。

家族会員の方も同じ補償となります。

また、国内・海外とも航空機遅延保険が付帯しています。これは、飛行機が遅延などで発生した食事代やホテル代を補償してくれる保険となります。

国内まで航空機遅延保険が付帯しているカードは少ないので、かなり手厚いです。

さらに海外の旅行傷害保険の場合は、配偶者や親族は家族カードを持っていなくても最高1,000万円の補償が付いているんです。

また、JCBゴールドカード利用して購入した商品の破損や盗難などの被害を年間500万円まで補償してくれるショッピングガード保険も付いています。

🙂 JCBゴールドカードについて詳しくは次の記事で解説していますので参考にしてみてくださいね!

日本が誇る唯一の国際ブランド!JCBゴールドカードの特徴や審査申請基準を解説!
JCBゴールドの特徴や審査申請基準を解説!

日本唯一の国際ブランドの「JCB」が発行するゴールドカードです。 JCBゴールドは一般的にプロパカー …

\ JCB ゴールドカード  /

公式サイトはこちらへ

 

 

SPG、マリオットホテルのゴールドエリート会員になれるSPGアメックス

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

 

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、一般的にSPGアメックスと呼ばれ、高級ホテルグループの「マリオット・インターナショナル」のSPG/マリオット リワードの会員プログラムであるゴールドエリート会員資格が付いてくるホテル界最高のクレジットカードとして人気を誇っています。

元々、SPGとマリオットは別グループでしたが、現在は統合しマリオットリワード、SPG、ザ・リッツ・カールトン・リワードすべてのホテルで特典を受けることができます。

2019年の初旬に新しいプログラム名とブランドを利用開始しました。

ゴールドエリート会員になるには通常、年間10回以上の滞在、または25泊以上の宿泊を達成というとんでもない条件をクリアしないといけません。

SPGアメックスの年会費は34,100円(税込)家族カードは17,050円(税込)になっています。

ゴールドエリート会員になると、マリオットグループのホテルに泊まる際に客室のアップグレード、レイトチェックアウト、ポイントをもらえたりします。

SPGアメックスを1年更新するたびに、無料宿泊をプレゼントされます。つまり年会費31,000円は元が取れるようなものです!

空港ラウンジも同伴者1名様も無料で利用できるうえに、国内旅行傷害保険は最高5千万円、海外旅行傷害保険で最高1億円としっかりした補償が付帯しています。

 

\スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード/


 

 

SPGアメックスの年会費は?

SPGアメックスの年会費は?

 

SPGアメックスの年会費は34,100円(税込)となります。

少し高めではありますが付帯してくるゴールドエリート会員になれるのでお得なぐらいです!

家族カードの年会費は17,050円(税込)となり、「原則、配偶者・ご両親・18歳以上の子供」となり家族カードの発行は、最大6枚までとなります。

家族カードとして年会費が高い割には、一番の魅力であるゴールドエリート会員には加入することができません。

 

SPGアメックスの審査申請条件は?

SPGアメックスの審査申込み基準は?

SPGアメックスの審査申込み基準は「満20歳以上で定職のある方」となっています。残念ながらパートやアルバイトの方は申込みが出来ませんが専業主婦の方はOKです。

専業主婦の方の場合は、年収欄に配偶者の方の年収を記入して大丈夫です。

SPGアメックスは、定職があり他のカードの支払い実績がきちんとしていれば、20代前半で年収は300万円以上で発行出来たとの報告も多数あります。

 

\スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード/


 

 

SPGアメックスの保険は?

SPGアメックスカードの旅行傷害保険は国内で最高5,000万円・海外で利用付帯で5,000万円、自動付帯で5,000万円合わせて最高1億円になっていて、さらにSPGアメックス保有者本人と生計を共にする配偶者や親族は家族カードを持っていなくても最高1,000万円の補償が付いていますよ。

家族カードを持っている場合は国内・海外とも最高5,000万円の補償(利用付帯)を受けられます。

自動付帯で、海外のみになりますが航空機遅延保険も付帯しています。

 

🙂 SPGアメックスについて詳しくは次の記事で解説していますので参考にしてみてくださいね!

スターウッドプリファードゲストカード(SPGアメックスカード)の特徴や審査申請基準を詳しく解説!
スターウッドプリファードゲストカード(SPGアメックスカード)の特徴や審査申請基準を詳しく解説!

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは日本では2013年から発行を開始し …

 

\スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード/


 

 

ドコモユーザにおすすめのdカード GOLD

日経トレンディで1位獲得!dカード GOLD

公式サイト ドコモの利用料金の10%が毎月貯まる!dカード GOLD公式サイト

 

 🙂 dカードGOLDなら持っているだけで、他社のクレジットカードでの携帯料金10%分ポイントがつきます。

別に他社のクレジットカードポイントもプラスして付与されるのでポイントの二重取りが可能です!

ドコモのゴールドカード、dカード GOLDは日経トレンディの2017年10月の特集記事でゴールドカード部門1位を獲得しました。

なんといっても毎月のドコモの利用料金の10%のポイントが貯まる点です。

なので、毎月1万円程度の電話代がかかっている方は、1,000ポイント還元されますよ!

年会費は10,000円(税込)となり、海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円、国内主要空港のラウンジも無料で利用出来たりと年会費10,000円(税込)なのに、しっかりした付帯サービスとなります。

 

dカード GOLDの年会費は?

dカード GOLDの年会費は?

dカード GOLDの年会費は10,000円(税込)となります。

家族カードは1枚目年会費無料で、2枚目以降は1,100円(税込)となり、生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、お子様、およびご両親が申込みできます。カード GOLDの審査申請基準は?

 

dカード GOLDの審査申込み基準は?

審査は最短5分で完了

dカード GOLDの審査申込み基準は「満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること」となっているので配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方もOK!

🙂 審査結果は最短5分で入会審査完了のメールが届きますよ!

さらにdカード GOLDが手元に届く前でも、dカードアプリから設定を行うとすぐにiDを利用することができるので、カードが無くてもすぐに買い物に利用する事ができますよ。

  • dカード GOLDはカードが届く前でも、すぐにスマホでiD決済が利用できるからポイントも貯まります!

\ dカード ゴールド /

公式サイトはこちらへ

 

 

dカード GOLDの保険は?

dカードGOLDの付帯保険

dカード GOLDの年会費は税込10,000円と少し高額ですが、ゴールドカードならではの高額な保険が付いています。

海外旅行傷害保険は最大1億円、dカード GOLDを持っていない家族も最大1,000万円補償されます。もちろん家族カードを持っていれば家族も1億円の補償ですよ。

ゴールドカードなので国内旅行傷害保険も最大5,000万円が付いています。海外旅行傷害保険は自動付帯、国内旅行傷害保険は利用付帯になっています。

 

🙂 dカード GOLDについては次の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね!

ドコモdカード GOLDの審査申請基準や特徴を解説!ドコモ利用で10%お得!
ドコモdカード GOLDの審査申請基準や特徴を解説!ドコモ利用で10%お得!

ドコモのゴールドカード、dカード GOLDは日経トレンディの2017年10月の特集記事でゴールドカー …

 

\ dカード ゴールド /

公式サイトはこちらへ

 

 

還元率が最大の特徴!オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド

公式サイトオリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド公式サイト

 

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド(Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD)は、CMでお馴染みのオリコカードの中でも一番有名なカード「オリコカード・ザ・ポイント」の上位版ゴールドカードです。

Amazonで2.5%のポイント還元、楽天市場では2.5%以上で最大16%のポイント還元になる超高還元ゴールドカードですが、年会費は1,950円(税込)と格安になっているのが最大の特徴になります。

Amazonと楽天市場の両方で2.5%以上の還元率なのでネットショッピングの利用が多い方におすすめというか絶対持っていた方がいいクレジットカードです。

年会費が安いので付帯してくるサービスは他に比べる少ないですが、めったに海外旅行などに行かないのであれば、付帯サービスよりは年会費が安い方が嬉しい方もいるかと思います。

そんな方におすすめのゴールドカードとなります。

国内・海外の旅行傷害保険も付いているのでメインカードとして十分に利用できますよ!

 

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの年会費は?

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの年会費は?

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの年会費は1,950円(税込)と、かなり格安のゴールドカードなります。

しかも、税込みの金額です。

家族カードも18歳以上の家族で3名まで無料で作成することができます。

 

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの審査申込み基準は?

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの審査申込み基準は?

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの審査申込み基準は「原則として年齢20歳以上 安定した収入のある方」のみになっています。

安定した収入があればいいので派遣社員の方やパート・アルバイトの方も申込みOKです。

以前クレカや金融機関での事故情報がなければスムーズに発行できる可能性が高くなっています。

 🙂 専業主婦の方でも配偶者の方に安定した収入があれば申し込みできますが、家族カードの発行の方が年会費無料なのでおすすめです。

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドは、定職があり他のカードの支払い実績がきちんとしていれば、年収は200万円~300万円程度でも大丈夫です。

他のカードなどでキャッシングの残高が残っていても申込みできます。

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドはゴールドカードというイメージで審査が厳しい印象を持たれていますが、多くの方にとって拍子抜けするくらい、すんなりと通る可能性があるカードなんです。

 

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの保険は?

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの保険は?

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドの海外旅行傷害保険は自動付帯で最高2,000万円、国内旅行傷害保険は利用付帯で最高1,000万円となります。

年会費が安いため、付帯する旅行傷害保険も他に比べると低くなりますが、あまり海外旅行に行かないのであれば、足りない分は任意保険に加入すればOKです。

基本的にはポイントを貯めやすいクレジットカードとなります。

 

まとめ

年収500万円で持てるクレジットカードという切り口で今回はご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、年収500万円以下でも申し込めるクレジットカードも紹介しております。

年収500万円以上の方でも年会費無料のクレジットカードを利用しても、まったく問題ないかと思いますが、TPOに合わせてクレジットカードを使い分け、どうせなら付帯してくるサービスをフル活用し、自分を高めてみてはいかがでしょうか?

貴方の知らない世界がそこに待ってます。

おすすめのデビットカード9枚の審査や特徴を詳しく解説!
【最新版】おすすめデビットカードを厳選!審査や特徴を詳しく解説

デビットカードはクレジットカードと違い、銀行の口座が開設できれば発行でき、VISAやJCBの加盟店で …

-おすすめ

© 2021 クレジットカードとキャッシュレス